日程調整ツールについて

【無料あり】おすすめ日程調整ツール14選を徹底比較!商談・飲み会に使えるのは?

記事更新日: 2022/12/01

執筆: 挾間章子

日程調整ツールは、会議や商談などのビジネスシーンから、飲み会やイベントなどの個人的な予定まで、複数のメンバーの日程をシステム上で簡単に調整することができる便利なツールです。

この記事では、おすすめの日程調整ツール14選の比較、特徴、選び方やメリット・デメリットを徹底解説していきます!

おすすめサービスの比較を無料で!

日程調整ツールの資料を一括ダウンロード

このページの目次

日程調整ツールとは

日程調整ツールとは、会議や商談などのビジネスシーンから、飲み会やイベントなどの個人的な予定まで、複数のメンバーの日程をシステム上で簡単に調整することができる便利なツールです。

特に、最近は働き方改革、コロナ感染の影響など様々な要因を受けて、多様な働き方をしている従業員を抱える企業も多く、ビジネスシーンにおいても、日程調整ツールの導入が進んでいます

日程調整ツールの種類

日程調整ツールを大きく分けると「予約受付型」と「候補提案型」の2種類があります。

予約受付型

画像出典元「aipo」公式HP 

予約受付型とは、カレンダー上で主催者が空いている候補日時を表示し、参加者がその中から都合の良い日を選ぶスタイルです。

最も身近な予約受付型は、美容室やネイルサロンなどのオンライン予約などが挙げられます。

候補提案型

画像出典元「アイテマス」公式HP

一方候補提案型とは、主催者が予めいくつか候補日時を決め、その中から参加者に都合の良い日を複数ピックアップし選ぶスタイルです。

人数の多い日程調整の場合には、この形をとって参加人数が最も多い日を選ぶという使い方ができます。


日程調整ツールが使えるシーン

日程調整ツールが使えるシーン

日程調整ツールは、以下のようなシーンで活用できます。

  • 社内・社外会議
  • 営業アポイントメント
  • 採用面接
  • 研修・勉強会
  • 飲み会
  • 趣味のイベント
  • SNSのオフ会
  • 食事会
  • 休日の当番決め
  • アルバイトのシフト など


プライベートから重要な商談まで、日程調整ツールは様々なシーンで活用することができます。

【無料でもらう】日程調整ツールの資料をダウンロード

 

日程調整ツールのメリット

メリット: 日程調整の効率化

日程調整ツールを導入すれば、これまで多くのやり取りが必要だった日程調整の工数が圧倒的に削減され効率化が実現します。

具体的には、以下のようなことが実現可能です。

  • 複数人との日程調整が一括でできる。
  • ツール上で一括で情報共有できる。
  • ダブルブッキング・調整ミスを減らせる。
  • 工数が減りコア業務に集中できる。

デメリット:コストがかかる

日程調整ツールは、無料で使えるものも多くありますが、特にビジネス目的のものには多機能で有料のものもあります。

具体的にどの程度の機能が必要なのか、利用シーンや利用頻度などを考えて、コストをかける価値があるかどうかは検討しましょう。

【無料で使える】幹事さんにおすすめ!ログイン不要の3大日程調整ツール

SaaSログ編集部では、実際にツール・サービスを使って、比較や評価をしています。


今回は、面倒なログイン不要で、忘年会・新年会シーズンでもサクッと日程調整できる人気の日程調整ツール3つを実際に使ってみました。

結論から言うと、累計利用者数2,500万人の『調整さん』が主催者・参加者画面がデバイス問わず入力しやすくおすすめです!

『伝助』『トントン』は、モバイル利用の場合であれば、『調整さん』同様に使いやすい仕様です。

その理由も含めて各ツールを細かくご紹介していきます。

1. 累計利用者2500万人突破『調整さん』

画像出典元:「調整さん」公式HP

調整さんの特徴

調整さんは、累計利用者2500万人を誇る無料の出欠管理・日程調整ツールで、飲み会やイベントの調整で一度は使ったことがある方も多いのではないでしょうか。

調整さんを使った日程調整は、たったの3ステップで、アカウント登録不要、ログインしなくても利用できます

PC・タブレット・スマホのいずれからでも作成可能で、自動で調整用のURLが発行されるので、それをメンバーに共有するだけで完了です。

カレンダー連携できないので、もしカレンダー連携が必要な方は、『調整さんカレンダー』や『TimeRex』を利用した方が良いでしょう。

調整さんの機能

予約受付型 × 候補提案型
グループウェア連携 × 候補日自動抽出 ×
URL送信 複数人での
日程調整
Web会議ツール連携 × チャットツール
/SFA
×
リマインド
メール
× ログイン 不要

 
但し、無料の会員登録すると、調整履歴が見られます。

調整さんの料金プラン

▶初期費用:無料
▶月額利用料:無料

編集部も『調整さん』使ってみた!

【主催者入力画面】

共有用のURLを作成するまで、20秒以内でした。

このURLをそのままメールやLINEに張り付ければ、後は参加者が入力してくれるのを待つだけですので、めちゃくちゃ簡単ですね!

【参加者ブラウザ入力画面】

参加者入力画面も、非常にシンプルでわかりやすいUIで、主催者にとっても日時に参加可能人数の合計が表記されるなど使いやすいです。

【参加者モバイル入力画面】

調整さんは、モバイルでも基本のUIは同様に、シンプルで見やすい仕様になっています。

2.  幅広い年代層に使いやすい『伝助』

 画像出典元:「伝助」公式HP

伝助の特徴

伝助は、ログイン不要、完全無料で使える日程調整ツールです。

ガラケーにも対応していたり、日程調整で参加人数の多い日はハイライト強調など、幅広い年代層にも使いやすい仕様になっています。

伝助の機能

予約受付型 × 候補提案型
グループウェア連携 × 候補日自動抽出 ×
URL送信 複数人での
日程調整
Web会議ツール連携 × チャットツール
/SFA
×
リマインド
メール
ログイン 不要



伝助の料金プラン

▶初期費用:無料
▶月額利用料:無料

編集部も『伝助』使ってみた!

【主催者入力画面】

伝助は、基本的な入力内容は、調整さんと同じなんですが、広告表示が多く、UIが若干見ずらい印象を受けました。

候補日も、日時は左カラムのカレンダーから選択できますが、時間は入力オプションを使ってもテキスト入力と同じ手間を感じました。

【参加者ブラウザ入力画面】

伝助の参加者入力画面も、ボタン入力式で手間がなく、主催者側も参加人数の合計が色付け表示される見やすいですが、大きい割合を占める広告表示が気になる人には気になるでしょう。

【参加者モバイル入力画面】

 

一方でモバイル入力画面を見ると、広告表示も気にならず、フォーマットはブラウザ版と同じですが、見やすい印象を受けました。

3.  ブタさんマークが可愛いUI『トントン』

画像出典元:「トントン」公式HP

トントンの特徴

トントンは、Webブラウザ版・スマホ版が提供されている無料のスケジュール調整ツールです。

アカウント登録不要で、とにかくシンプルな入力画面に3ステップ入力するだけで、URLが発行されます。

「日程調整のみ」に特化したツールのため、リマインド機能や連携機能なく、プライベート向きのツールです。

トントンの機能

予約受付型 × 候補提案型
グループウェア連携 × 候補日自動抽出 ×
URL送信 複数人での
日程調整
Web会議ツール連携 × チャットツール
/SFA
×
リマインド
メール
× ログイン 不要

 

トントンの料金プラン

▶初期費用:無料
▶月額利用料:無料

編集部も『トントン』使ってみた!

【主催者入力画面】

トントンも、調整さん・伝助と入力内容は基本的に同じなのですが、URLを削除する利用するパスワード設定ができたり、時間帯もプルダウンで選べるなど、他2ツールのちょっと手間だなと思う部分をカバーしている印象です。

シンプルで見やすいUIで、個人的には、主催者画面はこの3つのツールの中なら一番使いやすいと感じました。

【参加者ブラウザ入力画面】

主催者側の入力画面は使いやすいのに対して、参加者側の入力画面は工数が多くて面倒な印象を受けました。

参加可能な時間帯を細かく設定できるのはメリットかもしれませんが、一括選択ができないので、いちいち30分毎の時間枠を変更していく必要があります。

【参加者モバイル入力画面】

モバイルの場合、ブラウザ版と違い日時選択がラジオボタン式になっていて、入力しやすいです。

伝助・トントンは、モバイルで利用した方が使いやすさを感じることができるでしょう。

【無料で使える】日程調整もできる身近なツール

1. 手っ取り早く日程調整するなら『LINEスケジュール』

 画像出典元:「LINE」公式HP

LINE スケジュールの特徴

LINE スケジュールは、コミュニケーションツール・LINEに標準搭載されている、日程調整のための機能の1つです。

LINEユーザー同士なら、トークルームの「日程調整」を開き、イベント名や説明文・候補日程を入れ、参加者を選択してメッセージを送れば、メンバーに通知が入ります。

トークのついでに日程確認もできるため、気軽に日程調整したい人に最適といえるでしょう。

LINE スケジュールの機能

予約受付型 × 候補提案型
グループウェア連携 × 候補日自動抽出 ×
URL送信 複数人での
日程調整
Web会議ツール連携 × チャットツール
/SFA
×
リマインド
メール
× ログイン


URLの発行をすれば、「友だち」以外とも日程調整は可能です。

LINE スケジュールの料金プラン

▶初期費用:無料
▶月額利用料:無料

2.  お店の予約も一緒にできる『ぐるなび 調整丸』

 画像出典元:「調整丸」公式HP

調整丸の特徴

調整丸は、飲食店情報のサイト「ぐるなび」の運営会社株式会社ぐるなびが提供する飲み会やパーティの日程調整、お店選びに最適な幹事のお役立ちツールです。

候補の日程やお店を入力して作成したURLを参加者に送信し、返信をもらうだけの非常にシンプルな作りで、日程だけでなくぐるなびの店舗情報を追加できるので、投票形式でお店選びも可能です。

調整丸の機能

予約受付型 × 候補提案型
グループウェア連携 × 候補日自動抽出 ×
URL送信 複数人での
日程調整
Web会議ツール連携 × チャットツール
/SFA
×
リマインド
メール
× ログイン 不要

 

調整丸の料金プラン

▶初期費用:無料
▶月額利用料:無料

法人向け日程調整ツール9選比較表

日程調整ツール比較表

表をみるとわかりますが、無料のものから有料多機能のものまで、ベーシックな機能自体は、実はそれほど大きく違いがありません

ただし、連携ツールの種類やカスタマイズができるかなどで、無料と有料のツールの差が出てきます。

詳細は、次の章からご確認ください。

【無料で使える】おすすめ法人向け日程調整ツール

1. 100人までなら完全無料『TimeRex』

 画像出典元:「TimeRex」公式HP

 

TimeRexの特徴

TimeRexは、完全無料から利用できる法人向け日程調整ツールで、

1対1や少人数の日程調整はもちろん、3者間以上ので日程調整は、投票形式で行えます。

また、他ツールとのAPI連携も優れており、営業支援システム、採用管理システムなどとのサービス連携ができたり、Google Analyticsと連携させれば、日程調整ページのPVやコンバージョン数の計測も可能です。

TimeRexの機能

予約受付型 × 候補提案型
グループウェア連携 Google/Outlook 候補日自動抽出
URL送信 複数人での
日程調整
Web会議ツール連携 zoom/Teams/Meet チャットツール
/SFA
Slack/Chatwork/Zapier
など
リマインド
メール
サイトへの埋込機能

 

TimeRexを実際に使った人の評判・口コミ

医療

1001人以上

 

ウェブマニュアルなので確認が面倒

ウェブマニュアルなので、マニュアルを開きながら見るのが面倒です。英語と日本語に対応しているが、中国語に対応していないので、社内の中国系の方との連携が取りにくいです。

金融/保険

2人〜10人

 

Gooleカレンダーとの連携が簡単

お客様との面談が多い会社におすすめ。Googleカレンダーなどの外部のカレンダーと連携できるので、都度スケジュールを確認せず日程調整ができるため。


TimeRexの口コミをもっと見る

TimeRexの料金プラン

TimeRexの料金プランは、100人までの利用であれば完全無料で利用可能です。

その他にも機能によって、ベーシック・プレミアムの全3プランあるので、詳細は公式HPにてご確認ください。

  フリー ベーシック プレミアム
月額料金
(年払い・税込)
0円 825円 1,375円
チーム・ユーザー管理 100人まで
複数人のスケジュール
を考慮した日程調整
3人まで



 

2. 予定の優先度を考慮できる日程調整ツール『eeasy』

 画像出典元:「eeasy」公式HP

eeasyの特徴

eeasyは、多数の特許による高機能性が強みで、上場企業、有名ベンチャーなど3万社以上の導入実績を誇っています。

予定の優先度を考慮する、仲介型の日程調整などの独自技術で、より使いやすい日程調整ツールとなっています。

 

eeasyの機能

予約受付型 候補提案型
グループウェア連携 Google/Outlook 候補日自動抽出
URL送信 複数人での
日程調整
Web会議ツール連携 zoom/Teams/Meet チャットツール
/SFA
あり
リマインド
メール
要問合せ 予定の優先度を
考慮する

 

eeasyの料金プラン

eeasyの料金プランは、月間の調整回数が6回未満の人は無料、月間の調整回数が6回以上の人は月額935円/人(税込)になります。

  あまり調整しない社員 よく調整する社員
月額料金 無料 935円/人


その他、オプションサービスとして、グループ用の予約受付ページを利用する場合は、以下のオプション料金がかかります。

  ライト ベーシック ビジネス
月額料金 10,780円 25,080円 53,680円
作成可能ページ数 3ページ 10ページ 30ページ

 

3. 完全無料でGoogleカレンダー連携『アイテマス』

画像出典元:「アイテマス」公式HP

アイテマスの特徴

アイテマスは、全機能完全無料で使えるGoogleカレンダーと連携させて使う日程調整ツールです。

また、「予約受付型」「候補提案型」の両方を実装しているため、状況に応じて最適な日程調整の仕方を選ぶことができます。

アプリ版、Webブラウザ版のどちらにも対応してるため、ビジネスユースだけでなく、プライベートでも活用できるでしょう。

アイテマスの機能

予約受付型 候補提案型
グループウェア連携 Google 候補日自動抽出
URL送信 複数人での
日程調整
Web会議ツール連携 Zoom/Meet チャットツール
/SFA
×
リマインド
メール
プッシュ通知

 

アイテマスを実際に使った人の評判・口コミ

サービス/外食/レジャー

31人〜50人

 

色が少なくぱっと見で把握できない

色のバラエティーが少ないため予定ごとの色分けができず、ぱっと見で予定を把握できない。

その他

11人〜30人

 

相互に予定を共有できる

個人同士の予定の把握であればシンプルで使いやすく、面談だけでなく授業の予定などの共有も簡単にできるので、個人で塾などを経営している方におすすめしたい。


アイテマスの口コミをもっと見る

アイテマスの料金プラン

完全無料。

 

4. 用途に合わせた日程調整が無料でできる『スケコン』

 画像出典元:「スケコン」公式HP

スケコンの特徴

スケコンは、AIによる自動日程調整とオンライン名刺交換が簡単にはじめられる日程調整ツールです。

1対1、複数人、社内の日程調整や、空き時間確認など様々な用途に合わせた日程調整が可能です。

また、オンライン名刺交換がURLなしでもアドレス帳に登録されるため、リモートワークのユーザーからコミュニケーションの1つとしても好評です。

スケコンの機能

予約受付型 候補提案型
グループウェア連携 Google/Outlook 候補日自動抽出
URL送信 複数人での
日程調整
Web会議ツール連携 Zoom/meet/Teams チャットツール
/SFA
Slack/Chatwork/blastmail
リマインド
メール
× ログイン 不要

 

スケコンの料金プラン

スケコンの料金プランは3種類あり、月8回までの日程調整であれば無料で利用できます。

  フリープラン スタンダードプラン ビジネスプラン
月額料金(年払い) 0円 660円 990円
日程調整回数制限/月
(主催の場合)
8回 20回 無制限


3種類の機能には大きな違いはなく、月の日程調整回数の違いと考えて良いです。

詳細の機能に関しては、公式HPよりご確認ください。

 

【有料で多機能】おすすめ法人向け日程調整ツール

1. 多機能でコスパ良し『aipo (アイポ)』

 画像出典元:「aipo」公式HP

aipoの特徴

aipoは、シンプルな操作性で幅広い年代・属性の人にも使いやすい日程調整・スケジュール管理が行えるグループウェアです。

チームや会議室の予定を1つのカレンダーで管理でき、日程調整を行う際もカレンダーの候補日をURLで参加者へ送り、参加者に日程を選んでもらだけで日程調整が完了します。

チャット、社内ポータル、タイムカード、ワークフローなど月額料金をプラスすれば、使いたい時に機能追加することもできます。

aipoの機能

予約受付型 候補提案型
グループウェア連携 Google/Outlook/iCloud 候補日自動抽出
URL送信 複数人での
日程調整
Web会議ツール連携 × チャットツール
/SFA
Slack
リマインド
メール
要問合せ 出欠確認



aipoを実際に使った人の評判・口コミ

IT

11人〜30人

 

サイボウズのほうがおすすめ

以前の会社ではサイボウズを使っており、社内スタッフのやりとりは全てサイボウズ内で行っていました。サイボウズはクラウド型で、いつでもどこでも受信送信メールが確認できて便利だったので、Aipoよりはサイボウズをおすすめすると思います。

税理士事務所

31人〜50人

 

ワークフロー機能で仕事の漏れ防止

ワークフロー機能は、経費精算の際にペーパーレスで経理に資料提出ができる。


aipoの口コミをもっと見る

aipoのプラン

  ミニマム ベーシック プレミアム
月額料金/ユーザー
(税込み)
385円 495円 770円
容量 ユーザー数×1GB ユーザー数×2GB ユーザー数×4GB


5ユーザーから利用可能です。

各プランによって、利用できる機能が異なりますので、詳細は以下の資料よりご確認ください。

【無料】aipo含む日程調整ツールの資料をダウンロード

 

 

2.  複合や出向など複数組織に所属する人におすすめ『Spir』

 画像出典元:「Spir」公式HP

 

Spirの特徴

Spirは、「予約受付型」「候補提案型」「投票型」の3種類で日程調整ができるビジネスカレンダーです。

個人向けとビジネス向けのプランがあり、特にビジネス向けでは副業や出向先など複数組織に所属する働き方であっても、1つのカレンダーに統合し表示・管理でき、現在の働き方のトレンドに対応しています。

タイムゾーンを最大3つまで表示でき、グローバルな企業でも利用しやすい仕様になっています。

Spirの機能

予約受付型 候補提案型
グループウェア連携 Google/Outlook 候補日自動抽出
URL送信 複数人での
日程調整
Web会議ツール連携 Zoom/Meet/Teams チャットツール
/SFA
×
リマインド
メール
タイムゾーン対応



Spirの料金プラン

Spirの料金プランは、個人プランとチームプランの2つがあり、個人プランは無料で利用できます。

  個人プラン チームプラン
    Starter Essential Standard Growth Enterprise
月額料金 0円 6,600円 22,000円 55,000円 88,000円 要問合せ
利用可能
人数
個人 5人まで 20人まで 60人まで 120人まで 121人以上


プランによって利用できる機能が異なりますので、詳細は公式HPをご確認ください。

 

3. 当日までのフォローアップもできる『調整アポ』

画像出典元:「日程調整アポ」公式HP 

調整アポの特徴

 

調整アポは、日程調整と当日までのフォローアップを自動化できる法人向けの日程調整ツールです。

利用中のGoogleカレンダーやOutlookなどのグループウェアと連携し、候補日を自動抽出した予約ページをURLとして参会者に送信、参加者が候補日から日時を選ぶだけで日程調整が完了します。

またWeb会議システムやチャットツールなど様々なツールとの連携もでき、当日までのリマインドやWEB会議URLの自動発行、会議室の同時予約などのフォローアップも自動化できます。

調整アポの機能

予約受付型 × 候補提案型
グループウェア連携 Google/Outlook/Garoon 候補日自動抽出
URL送信 複数人での
日程調整
Web会議ツール連携 zoom/Teams/Meet/webex チャットツール
/SFA
Slack/Chatwork/Salesforce
など
リマインド
メール
会議室/WEB会議同時予約

 

調整アポの料金プラン

調整アポの料金プランは、スタンダード、エンタープライズ、プレミアムの3種類がありますが、詳細はお問合せが必要です。

 

4. シンプル機能でサクッと調整『biskett』

画像出典元:「biskett」公式HP

biskettの特徴

biskettは、Googleカレンダーと連携し、たった3ステップで日程調整が完了する便利な日程調整ツールです。

日程調整の際は、自動抽出された候補日のカレンダーのURLを発行し、参加者がが都合のよい日を選択すると、カレンダーに自動で反映される仕組みです。

リマインドメールや会議室同時予約など、基本の必須機能は網羅されています。

biskettの機能

予約受付型 候補提案型 ×
グループウェア連携 Google 候補日自動抽出
URL送信
(メール/LINE/
Facebook)
複数人での
日程調整
Web会議ツール連携 × チャットツール
/SFA
Slack
リマインド
メール
会議室同時予約

 

biskettの料金プラン

  Personal Basic Standard Premium Advanced
月額料金 825円 1980円 5,390円 16,500円 要問合せ
ユーザー数 1名まで 3名まで 15名まで 50名まで 要問合せ

 

 

5. 1対1から大人数の日程調整まで『waaq Link』

画像出典元:「waaq Link」公式HP

waaq Linkの特徴

waaq株式会社が提供する日程調整ツールです。

日程調整方法として「予約受付型」「候補提案型」「投票型」の3種類を備えており、1対1から大人数の日程調整まで幅広く対応します。

waaq Linkの機能

予約受付型 候補提案型
グループウェア連携 Google/Outlook 候補日自動抽出
URL送信 複数人での
日程調整
Web会議ツール連携 Zoom/Meet/Teams チャットツール
/SFA
要問合せ
リマインド
メール
HP埋込機能

 

waaq Linkの料金プラン

▶初期費用:要問い合わせ
▶月額利用料 :要問い合わせ

日程調整ツールの選定ポイント

1. 日程調整の方法が適しているか

「予約受付型」「候補提案型」「投票型」など日程調整の方法がいくつかあることは既にお伝えしてきました。

1対1の日程調整が多いのか、複数人での日程調整が多いのかなどによって、日程調整の仕方も異なってきます。

特にビジネスユースの場合は、できるだけ複数の日程調整の方法が備わっているものを選んだ方が無難でしょう。

2. 必要な機能が備わっているか

個人の飲み会やイベント向けであれば、アカウント登録不要でシンプルに日程調整の機能だけあれば十分かもしれません。

一方で会議や面接などのビジネスユースであれば、多少のコストが発生しても、カレンダーやWeb会議ツールとの連携があるものがベストです。

必要な機能が備わっているのかを確認しておきましょう。

3. 使いやすいUIか

日程調整ツールは、「日付を選ぶだけ」「○×を選ぶだけ」など、直感的に使えるUIがベストです。

日程調整をしたい全ての相手が、Web上でのやり取りになれているとは限らず、使いにくいUIだと、「面倒くさい」と放置されてしまうおそれがあります。

多機能なツールを選択するとしても、使いやすさを犠牲にしないことは重要です。

まとめ

日程調整ツールで日程調整を行えば、担当者は面倒なやり取りから解放されます。

メールや電話に煩わされることがなくなる分、本来の業務に集中しやすくなるでしょう。

またテレワークや多様な出勤形態を認めている企業は、会議スケジュールを組むだけでも一苦労となっているのではないでしょうか。

日程調整ツールを導入すれば、日にちの決定から会議のURL発行まで一気通貫で行えます。

業務効率の向上・社員の負担軽減を目指すなら、日程調整もツールで自動化するのがベストです。

是非今回ご紹介した無料のツールから試してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:O-dan

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

日程調整ツールの資料を一括ダウンロード
起業ログが厳選する日程調整ツール
日程調整ツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ