Tebot

記事更新日: 2022/10/05

執筆: 木下千恵

編集部コメント

150社の企業の声から生まれた高機能で低価格なAIチャットボット

「Tebot」は、株式会社アノテテが提供する高機能で低価格なチャットボットです。

シナリオとAIが柔軟に問い合わせ対応を行うだけでなく、有人チャットへの切り替えも可能。

他サービスよりも価格が安く、機能も必要なものだけに絞られているため誰でも簡単に運用可能です。

過去にチャットボットを導入したことのある企業から新たにチャットボットを試験導入したい企業にもおすすめです。 

チャットボットを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

チャットボットを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする12サービスの資料をダウンロードできます。

Tebotだけ知りたい方はこちら

Tebotの資料を請求
良い点

AI型とシナリオ型の両方の機能を備え、有人チャットにも切り替え可能なので、全ての問い合わせに迅速に答えることができます。 他サービスに比べて低コストである点も魅力です。

悪い点

会話データの分析やログ蓄積機能は搭載されていますが、顧客属性データの取得など顧客データ管理機能はありません。

費用対効果:

初期費用0円、月額27,500円から利用可能。コスパ重視の企業におすすめです。

UIと操作性:

シンプルな画面設計でシナリオ構築も簡単。チャット内で選択肢を出せるので顧客の離脱率も低下させられます。

導入ハードル:

30日間の無料トライアル中にQ&A作成やシナリオ作成の無料サポートを受けられます。

 Tebotの導入メリット4つ

1. 事前学習済みの高性能AIだから導入・運用が簡単

AIチャットボットの導入の際手間となるのが事前学習。

Tebotは既に汎用的な言語データを事前学習しているため、企業独自のQ&AデータをExcelで登録するだけですぐに運用が始められます。

お問い合わせ対応効率化のために必要な機能がすべて標準搭載されており、簡単な管理画面と見やすくシンプルなUIとなっている点も導入・運用ハードルを下げてくれます。


導入サポートも万全

2. Q&A数やシナリオ分岐数が無制限で月額27,500円

Tebotはコストパフォーマンスを重視されている企業におすすめです。

他サービスと比べて月額費用が低く、よくある機能制限も設けられておりません。

現在は特別価格で提供されているため、導入には最適なタイミングと言えます。


料金体系

3. 有人チャットに切り替え可能

Tebotならチャットボットで対応しきれないものをオペレーターに切り替えて有人で対応することが可能です。

チャットボットのみの場合、顧客の複雑な質問に回答できないこともあります。

それではせっかくチャットボットを導入しても、顧客満足度の低下や、購入を検討していたのに離脱するという事態が予想されます。

Tebotのような有人チャットへの切り替え機能は、必須と言っても良いでしょう。


オペレーターによる有人チャット

4. 専属スタッフの無料サポートで導入の手間は最小限

無料トライアル期間が30日間用意されており、余裕を持って導入決定の判断が可能です。

また、Tebot導入専属スタッフが導入初期のQ&A登録やシナリオ作成を無料でサポートしてくれます。

資料請求リストに追加する 

 Tebotのデメリット

細かなチャットボット設定がしたい企業には不向き

Tebotは誰でも簡単にストレスなく運用できることを目指したサービス設計をされているため、例えばチャットボットの表示トリガーを設定したりといった細かな機能は搭載されていません。

問い合わせを自動化するために必要十分な機能を低コストでシンプルに使いたいという企業向けのサービスです。

 

 Tebotの料金プラン

先行リリース価格として以下の料金設定になっています。

他社のAI型チャットボットでは、月額100,000円以上のものもあるため、比較的安価なサービスです。

   
初期費用 0円
月額費用 27,500円~30,000円

(税表示なし)

競合製品との料金比較

ここでは、AIとシナリオ機能どちらも備えたハイブリッド型チャットボットの料金比較をしています。

sincloはトリガー設定やリアルタイムモニターなどマーケティングに活用できる機能が充実しているので、マーケティングを行いたい場合におすすめです。

AI ヘルプデスク for MS TeamsはチャットツールのTeamsに連携できる専用のチャットボットです。

すでにTeamsやMicrosoft 365を利用している企業が社内ヘルプデスクを効率化したい場合に適しています。

  Tebot sinclo AI ヘルプデスク for
MS Teams
初期費用 0円 要問合せ
月額費用 27,500円~
※先行リリース価格
29,440円~ 要問合せ

(税表示なし)

資料請求リストに追加する 

 Tebotを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

 社内ヘルプデスクやナレッジ共有に活用したい会社

社員同士が業務について確認しあう時間をチャットボットを利用して減らすことが可能です。

社内ナレッジの共有としてチャットボットを使うことで、総務部や人事部などで業務を30~50%削減できると試算されています。

社内で使用したい場合には機能的にも十分でおすすめです。

 手軽にAIチャットボットを導入したい会社

3回の打ち合わせを通して無料で導入サポートを行ってもらえるため、チャットボット導入が初めての場合にも安心です。

導入から最短20分で運用開始が可能というスピードも魅力。

価格も比較的安価のため、手軽にAIチャットボットを導入したい会社におすすめです。

資料請求リストに追加する 

向いていない企業

 細かなチャットボット設定をしたい企業

Tebotはシンプルな操作性を担保しつつ、パフォーマンスを高めるために必要十分な機能が搭載されています。

一方で、チャットボットの表示タイミングを設定するなどの細かな機能は非搭載なため、求める機能が実現できるかを問い合わせてみてください。

また、AI開発会社ならではのカスタマイズも可能。要望に応じた柔軟な対応をしていただけます。

 まとめ

「Tebot」は、150社の企業の声から生まれた高機能で低価格なAIチャットボットです。

AIによる回答やシナリオ型チャットはもちろん、有人チャットへの切替も可能なコストパフォーマンスの高いサービスと言えます。

問い合わせ対応だけでなく、社内ヘルプデスクやナレッジ共有として使用したい企業にもおすすめです。

資料請求リストに追加する 

画像出典元:「Tebot」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

チャットボットの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】チャットボット選びのお役立ち資料
チャットボット
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ