STREAMED

3.9

記事更新日: 2021/06/15

執筆: 編集部

編集部コメント

STREAMEDは領収書や紙の証憑をスキャンするだけで1営業日でデータ化できる、記帳代行・経費精算サービスです。高精度のAIとオペレーターによる二重チェックで99.9%の高精度を実現。枚数の制限なく翌営業日に仕訳データの形で納品してくれるため、大量の領収書処理にお悩みの会計事務所に特におすすめです。

経費精算システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

経費精算システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする5サービスの資料をダウンロードできます。

1. 領収書から経費データを一括取込み

領収書のスキャンで、1営業日以内にデータ化。手書き領収書にも対応。

2. AIが読み取り・仕訳判断

AI活用のOCRと人の二重チェックで99.9%の高精度。仕訳もAIが判断するためスピーディ。

3. 数多くの会計ソフトとの連携が可能

大手会計ソフトを含む20数種類のソフトと連携してデータ活用できる。

良い点

対応書類が領収書、請求書、通帳、クレジットカード明細、現金出納帳、手書き証憑と他社に比べ幅広いです。料金プランがシンプルでわかりやすい点も魅力です。

悪い点

企業、個人事業主プランの場合はスマホ撮影画像のスキャンにも対応していますが落ちることがしばしばあるため、随時アップデートがされています。

費用対効果:

初期費用0円。会計事務所プランの場合、顧問先や事務所内の利用人数追加が無制限のため非常に利用しやすいです。

UIと操作性:

会計知識がなくても簡単に利用できる。スキャンも100枚を15分で高速処理可能。

セキュリティ:

データは全て暗号化。情報セキュリティマネジメント認証「JIS Q 27001:2014(ISO/IEC27001:2013)」取得済み。

サポート体制:

ウェブ会議による導入支援やセミナーも随時開催。電話・チャットサポートも充実。

STREAMEDの3つの特徴

1. AI活用で高精度かつスピーディ

STREAMED(ストリームド)は、領収書やレシートをスキャンするだけで翌日にデータ化してくれるサービスです。

驚くべきはその正確さ。AIを活用した高精度のOCRとオペレーターによる二重チェックで、手書きの領収書も99.9%の精度でデータ化します。

弥生会計など他社のスキャンサービスでは、手書き文字は非対応なところも多く、結局手入力に頼る部分が残ってしまうため、この機能は大変有り難いですね

対象書類も、領収書、請求書、通帳、クレジットカード明細、現金出納帳と多岐にわたります。

さらに、納期もたったの1営業日と大変スピーディです。

スキャンも1枚ずつ行う必要はなく、100枚あたり約15分で完了できます。

決算期などに一気に領収書がたまり、1日でも早くデータ化したいとお困りの会計事務所などで特に重宝されています。


スキャンのイメージ

2. 優れたデータ化と会計ソフト連携

STREAMEDでは、取り込んだデータの勘定科目もAIが判断し、仕訳データの形で納品してくれます。

軽減税率やキャッシュレス還元にも対応しており、面倒なチェックの手間を減らすことができます。

修正作業を自動学習する機能があるため、使いこむほどさらに確認作業がスピーディになります。

また、それらのデータは、国内外の主要会計ソフトとデータ連携しているため、シームレスな取り込みが可能です。

さらに、運営会社はビジネス向けクラウドの大手、株式会社マネーフォワードの子会社であるため「マネーフォワード クラウド」とのデータ連携やサポートも手厚く、安心して導入を進めることができます。

利用可能な会計ソフトの例
 

3. 会計事務所向けの嬉しい機能

STREAMEDには、これまで大量の証憑の処理に課題を抱えてきた会計事務所向けの嬉しい機能が沢山あります。

まず、依頼枚数には制限がなく、大量に溜まった領収書も必ず1営業日でデータ納品してくれます。

繁忙期の事務処理だけのためにスタッフを増員したり、残業をお願いする必要がなくなり、現場のスタッフの働き方が改善したと導入事務所で好評です。

また、顧問先が増えても料金は変わらないため、事務所の拡大によるコスト負担増の心配がないところも嬉しいですね

さらに、ウェブ会議による導入支援やチャットサポートや会計事務所向けの業務フローセミナーなども無料で提供しており、スタッフ教育の手間も大幅削減。

導入事務所の満足度が92.4%と高い点も納得です。


手厚いサポート

 

STREAMEDの料金プラン

上記は会計事務所向けのプランです。

初期費用は0円。月額利用料は1万円+1件あたり20円と業界内でも安価な水準です。

企業・個人事業主向けプランの場合は、月あたりの対応件数によって、最低料金月額980円~利用可能です。

なお、推奨スキャナーの購入割引特典もあるため、詳細はお問い合わせください。

全プランに無料お試しがあるため、導入前に精度とスピード感を体感してみるとよいでしょう。

STREAMEDの導入事例

他社製品では不可能だった高い精度が決め手
三井不動産株式会社

OCRを中心とした他ベンダーとも比較をしましたが求めているほどの精度にはならず、結局全て確認する必要がありました。そのため、AI OCRと人力オペレータを組み合わせ、高い精度を担保する仕組みを持ったSTREAMEDに決めました

テレワークでも大活躍!
ユナイテッド・アドバイザーズ税理士法人

STREAMEDは、証憑をアップロードするだけで仕訳データとして納品され、クラウド上でデータ化の結果が確認できるため、テレワークで大活躍しています。顧問先ごとに専用のフォルダーをDropbox上に用意し、顧問先にスキャンしてもらう運用などをして運用しています。

*「STREAMED」公式HP参照

STREAMEDの評判・口コミ

会計事務所

11〜30人

仕訳機能の体感読み込み率は99.8%

利用にかけた費用

基本料金は約1万円。複数のスタッフで利用しているため総計は月額14万円程度かかっています。

使いやすいと感じた点を教えてください。

ベースになる仕訳機能に優れています。体感の読み込み率は99.8%と、失敗がほぼありません。年末や確定申告時期はパーセンテージが少し下がりますが、2000件登録するうちの5~6件程度のミスで抑えられています。そのミスも、こちらの画像の選定や送り方に問題があったとも考えられるので、気になっていません。

不便だと感じた点を教えてください。

ブラウザベースだからかもしれませんが、仕訳を勘定科目に変更する際に、反応がやや鈍いところです。また、STREAMEDを使う前に、請求書をJUST PDFのOCR機能で出納用にデータ化し直しているのですが、この工程がやや手間です。

外部連携はしやすいと感じましたか?

仕訳機能は、弥生会計と連携して自動化できています。マネーフォワードの子会社のツールだからなのか、柔軟で使いやすいです。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。繁忙期の確定申告時期でも、スキャンして今日の午前中に送れば翌日の午前中には完了します。その精度は高く、業務効率化に確実に役立つと思います。

税理士事務所

2〜10人

複合仕訳が必要な入力も正確に行える

利用にかけた費用

税理士事務所3人で使い、月額12万円ほどかかっています。

使いやすいと感じた点を教えてください。

領収書の入力と仕訳業務をお願いしていたパートの退職を機に導入しました。そのときのパートさんはスキル上の問題で現金出納帳くらしかできなかったのですが、STREAMEDは複合仕訳を切る必要がある入力も正確に行えます。できる仕事の幅や精度を考えるとメリットが大きく、STREAMEDを職場のスタッフとして利用している感覚です。

不便だと感じた点を教えてください。

基本的に便利なのですが、会計専門で使っている身としては次第に欲が出てきます。強いて言えば、合計請求をする際に請求書の中の明細も仕訳する機能があるともっと便利だと思いました。仕訳作業は本当に専門的で複雑なので、そこが簡略化されるとありがたいと思います。

他の会社にもおすすめしますか?

会計知識のある人や会社には特におすすめできます。複合仕訳などは一度学習させる必要がありますが、一度学習すれば、その作業は正確です。教育コストや間違いのチェックも不要なので、スキルの低いパートさんを雇うよりも、結果的にはお得かもしれません。

小売

51〜100人

現金出納帳形式の入力までに手間がかかる

使いやすいと感じた点を教えてください。

他のツールとの連携がしやすかったという点です。私達の会社では、オンプレミス型のPCA会計をメインの会計ソフトとして使っていました。導入前は会計freeeも検討したのですが、柔軟な連携が期待できなかったのでSTREAMEDに決めました。実際に使ってみて、クラウドとオンプレミスを柔軟に接続してくれるサービスだと感じています。

不便だと感じた点を教えてください。

現金出納帳形式の入力までに手間がかかることです。現状では、請求書からスムーズに現金出納帳の型式にしたり、PDFの帳票からExcelに変換したりすることはできません。AI-OCR機能付きのサービスを導入して、請求書やPFDをSTREAMEDで利用できるようにする必要があるでしょう。

外部連携はしやすいと感じましたか?

不満はありません。STREAMEDは自動記帳サービスの中では最古参で機能面も充実しています。弥生会計、らんらん財務会計との連携もしやすいです。

他の会社にもおすすめしますか?

便利に使えるかどうかは会社によります。AI-OCR機能付きのサービスが導入できる、または既に導入されているのであれば便利に使えると思いますが、環境を整えるために想定外のコストがかかるのであれば、他のツールを検討しても良いと思います。

製造

51〜100人

会計専門家が使いやすい業務フローを想定したシステム

使いやすいと感じた点を教えてください。

領収書の読み込み機能が付いていた点や、会計専門家に使いやすい業務フローを想定したシステムになっていた点です。経費精算freeeも領収書の読み込み機能はあったのですが、会計初心者に合わせた作りだったので、とても使いにくかったです。STREAMEDは、私達のような会計業務職に合わせたフローでスムーズに作業できて、ストレスがありませんでした。

不便だと感じた点を教えてください。

強いて言えば、導入当初は機能が少なかったという点です。ただ、順次機能が追加されており、今はかなり機能面も強化されたと感じています(例えば、銀行の総合振り込みの仕訳が自動化された)。

現在も明細の仕訳をもっと細かくしてほしいなどの希望はありますが、不便を感じるというほどではありません。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめできます。もし多少不便があっても、改善・強化されるケースが多いです。使う側が業務の進め方をSTREAMEDの特徴に合わせることで、より使いやすくなることもあると思うからです。

商社

51〜100人

領収書をスキャンするだけでデータ化できる

使いやすいと感じた点を教えてください。

  • 領収書をスキャンするだけでデータ化できるところ
  • AIとオペレーターによる二重チェックで、ミスを防いで管理できるところ

不便だと感じた点を教えてください。

弊社で取り入れているプランが関係しているのか、データが落ちることが結構あります。それが業務に大きく支障がでるわけではありませんが、頻度が高いので多少は改善してほしいと思いました。

他の会社にもおすすめしますか?

領収書の管理が非常に楽になるので、領収書が頻繁に出てくる営業職のような従業員が多い会社は、導入のメリットが大きいでしょう。作業が楽になるだけでなく、そこにかける人員も時間も削減できると思います。

通信

251〜500人

初期費用無料で、複数枚の領収書を数時間でデータ化できる

利用にかけた費用

初期費用は無料です。月額費用は1万1,000円です。

使いやすいと感じた点を教えてください。

使い方に関して電話で問い合わせたときに、すぐに教えていただけました。特に使い始めたばかりの頃は、ツールの使い方に関して分からないことが多かったのですが、電話すると遅くても1時間以内につながりました。じっくり話を聞きながら理解できるまで説明して頂けるので、ありがたかったです。

不便だと感じた点を教えてください。

領収書の項目が多いと、上手く読み取れないことがありました。新入社員の歓迎会用に、ビンゴ大会で購入した商品の領収書をスキャンしてデータ化しようとしたのですが、10種類以上の商品があったためか一部正確に読み取れない項目がありました。経費申請をやり直すことになってしまって不便でした。

外部連携はしやすいと感じましたか?

クラウド会計と連携して、データを数分で共有してCSV形式にできました。連携しやすかったです。

他の会社にもおすすめしますか?

初期費用無料で、複数枚の紙の領収書を数時間でデータ化できるので、

  • 領収書の保管に困っている
  • 経費申請をネット上で済ませたい

と考えている会社におすすめです。

サービス

51〜100人

スキャナーを別途購入する必要がある

使いやすいと感じた点を教えてください。

手書きの領収書でも、スキャンするだけで処理できるのは良いと思いました。読み込み率が高い点、データ化が早い点にも満足しています。

不便だと感じた点を教えてください。

領収書のスキャンデータを取り込むために、スキャナーを別途購入する必要があるところです。その分場所が取られますし、使い慣れるまでの時間が余計にかかる気がします。わざわざ購入しなくても、例えば自社の印刷機と連携させるなどできれば、もっと使い勝手が良くなると思いました。

他の会社にもおすすめしますか?

経費精算を手入力で確認していて、別途スキャナーを置く場所などに困らない会社であれば、検討してみていいと思います。使いこなせれば、作業は格段に効率化できるでしょう。

流通

51〜100人

領収証をスキャンをするだけでいいという手軽さが気に入りました

使いやすいと感じた点を教えてください。

領収証をスキャンをするだけでいいという手軽さが気に入りました。手書きの領収証でもしっかり読み取ってくれて、仕訳データも24時間以内には納品してもらえるので、とてもありがたいです。

不便だと感じた点を教えてください。

機能面には気になることはないのですが、クラウドのため、通信状況の影響を受けたときには困っています。読み込みが遅かったり急に落ちたりというイレギュラーな状態が頻繁に起こるときには、非常に不便だと感じてしまいます。

他の会社にもおすすめしますか?

領収証の管理が非常に楽になるので、おすすめします。経費精算や管理の方法を変えて、ミスも減らせると思います。

外食

51〜100人

領収証の取り扱いが多い営業に特におすすめ

利用にかけた費用

初期費用:不明 月額費用:10,000円程度

使いやすいと感じた点を教えてください。

領収証のスキャンをするだけで処理できるので、特別な能力が必要ない点が嬉しいです。煩わしい経費計算が短時間で簡単にできるようになったので、非常に便利でありがたいツールだと思いました。

不便だと感じた点を教えてください。

基本的には便利なのですが、クリック後の動作がワンテンポ遅かったり、急に落ちたりすることなどが度々発生すると、イライラしました。作業中に急なエラーが発生して作業がストップしてしまったこともあります。そこにはかなりのフラストレーションを感じたので、もっと改善してほしいところです。

他の会社にもおすすめしますか?

領収証の取り扱いが多い営業のような職種には、特におすすめしたいです。経費計算に関する無駄な作業は格段に効率化できると思います。

まとめ

この記事ではSTREAMEDの特徴・評判・料金を解説しました。

枚数の制限なく翌営業日に納品してくれるスピード感と、99.9%の信頼できる精度が魅力のサービスです。

膨大な領収書や経費情報の入力や管理に人件費がかかっている会計事務所・企業におすすめです。

無料トライアル期間でその使い勝手を実際に確かめてから導入を検討してみてください。

画像出典元:「STREAMED」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

経費精算システムの資料を一括ダウンロード

その他の経費精算システム

経費精算システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ