STREAMED

記事更新日: 2018/09/05

執筆: 編集部

運営コメント

STREAMEDはスキャナを用いることで、簡単にデータを読み込むことができます。さらに、運営会社は経費精算サービスのMFクラウドも提供しているので、データ化した情報を会計ソフトに取り込み利用することも可能です。

1. 領収書から経費データを一括取込み

領収書のスキャンで、1営業日以内にデータ化。手書き領収書にも対応

2. 数多くの会計ソフトとの連携が可能

大手会計ソフトを含む20数種類のソフトと連携してデータ活用できる

3. セキュリティも万全

データ化した情報は暗号化して厳重管理

良い点

自動データ化に対応する書類が領収書、請求書、通帳、クレジットカード明細、現金出納帳と幅広いです。

悪い点

スマホカメラでの撮影にも対応していますが落ちることがしばしばあり、評判はあまり良くありません。

費用対効果:

経費管理の工数削減に十分効果があります。

UIと操作性:

一括スキャナで自動データ化できるので、手打ちする必要がありません。

セキュリティ:

自動データ化はオペレータがセキュリティ管理された専用の部屋で行っており、データは暗号化されています。

サポート体制:

ヘルプセンターが設けられており、Q&Aも豊富です。

 STREAMEDの3つの特徴

1. 日々の経費はスキャナに入力

日々の経費は、領収書をスキャナに通すだけで入力完了です。あとは運営会社が全てデータ化してくれます。対応スキャナを使用すれば、複数文書を短時間で取り込むことも可能です。

また対象となる書類は、領収書、請求書、通帳、クレジットカード明細、現金出納帳と多岐にわたり、手書き書類にも対応されているため、データ入力時間の大幅な削減、および金額の間違い・入力忘れを未然に防ぐことができます。

経費入力イメージ

2. 数多くの会計ソフトとデータ連携

STREAMEDにて自動データ化した情報は、CSVデータでダウンロードすることが可能です。データを各種会計ソフトに取り込み、利用することが容易になります。

運営会社はクラウド会計「MFクラウド」も運営しており、データ連携のサポートも厚く、経費管理の効率化がより期待できます。

さらに、大手ソフト「弥生会計」「freee」等、国内外20種類の会計ソフトと連携が可能です。既に対応会計ソフトを使っている場合、会社の資産を有効活用することができます。

利用可能な会計ソフトの例

3. 幅広い企業規模に対応

STREAMEDは一般企業・個人事業主だけではなく、会計事務所向けにもサービスが展開されています。一般企業より膨大な数となる入力データも、100枚なら15分程度で依頼完了でき、自動で1営業日以内にデータ化されます。

会計事務所と言えば、領収書や請求書などの経費情報は、一般企業より膨大な数を取り扱う職種です。STREAMEDを導入することで、決算期や確定申告も安心して任せられ、従業員が残業して作業する時間が削減できます。


会計事務所プランのメリットイメージ

 

料金プラン

サービス初期費用は無料です。プランは、一般企業用プランと会計事務所用のプランで分かれています。

個人事業主・中小企業向けプラン

一般企業用(個人事業主含む)プランには、無料で試せるフリープランが用意されています。自動データ変換は10回、保持期間は90日という制限がありますが、使い勝手を試すには十分でしょう。

有料プランでは、月単位での自動データ化の回数によって、300円(月5回まで)、1,950円(月100件まで)の2種類が用意されています。プランの変更は月単位で可能なので、領収書が少ない月は月額300円、量が多い月だけ月額1,950円のプランに変更するといった使い方もできます。

会計事務所プラン

会計事務所用のプランは、月額基本料12,000円です。毎月100仕訳が月額基本料に含まれ、以後101仕訳から1仕訳ごとに20円課金されます。

例として、1000仕訳を適用する場合の料金は、下記のようになります。

12,000円+(20円×900仕訳)=30,000円
※1,000仕訳[内訳]600枚(領収書、レシート、請求書)、400行(銀行通帳)での料金例

また、STREAMEDを利用するためには、最低1台のスキャナが必須です(一例:富士通ScanSnap iX100 18,880円~)。複数の文書を一括スキャナするためには、さらにその機能を持ったスキャナが必要です(一例:富士通ScanSnap iX500 37,199円~)。

まとめ

STREAMEDはこれまでの手入力に費やしていた労力を軽減してくれる画期的なサービスです。初期投資としてスキャナを用意すれば、経費情報をセキュリティの整っているクラウド環境で管理することができます。

STREAMEDは膨大な経費情報の手入力、および管理に人件費がかかっている企業にオススメです。

特に会計事務所プランがあるように、その筋のプロ向けにも提供されているという信頼と実績があります。スマホアプリの改良については、今後に期待です。無料トライアル期間でその使い勝手を実際に確かめてから導入を検討してみてください。

画像出典元:「STREAMED」公式HP

その他の【経費精算システム】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ