ハイ!経費

記事更新日: 2018/10/07

執筆: 編集部

運営コメント

ハイ!経費はICカードと連携することにより交通費を簡単に計算することができ、経費を一元管理するため不正を防止することもできます。1アカウント300円とコストを安く使用することができるのも魅力の1つでしょう。

1. 経費申請機能

社外のスマホから経費申請ができる

2. 運賃申請機能

ICカードの経路と運賃を入力することにより、交通費の申請が可能

3. 不正経費申請防止機能

ハイ!経費システムで誤入力を防げるうえに、不正チェックが可能

良い点

経費精算並びに、申請の手間を大幅に省くことができ、ペーパーレスの実現や交通費の申請もスマホだけで簡単に申請可能です。

悪い点

ある程度のPCとインターネットの知識が必要で、会計ソフトとの連携ができなければメリットは半減します。

費用対効果:

低コストなところが「ハイ!経費」の一番の魅力と言えるだけに、費用対効果は抜群です。

UIと操作性:

スマートフォンからの操作が可能なためお手軽。PCの入力画面もわかりやすく操作性は良いと言えます。

導入ハードル:

本格的な導入の前にお試し期間もあるので、自社に合うか確認ができます。

知名度:

元々知名度のある会社である株式会社オフィス24。「トータルソリューションカンパニー」と謳うだけに知名度は高いです。

ハイ!経費の3つの特徴

1. 交通費などの経費の計算

特に営業職で、出張などが多い職種では、ハイ!経費はとても頼りになるシステムと言えます。

一般的な交通費の経費申請の流れは、交通費の申請、経理担当が申請された交通費を計算し間違いがないが無ければ承認され、経費が支払われる流れとなっています。ここまでの時間が、一般的に45分ほどかかります。

この作業が、月に数件であればさほど忙しくないですが、職種によっては月に100件もしくはそれ以上あるかもしれません。

ハイ!経費を導入すればこの作業時間が約80%も短縮され、7.2分で解決することができます

削減効果80%

申請方法も簡単で、スマートフォンから申請することでわざわざ会社に戻る必要がなく、異動の際は空いている時間に申請することが可能です。

他にも交通系ICカードで専用のカードリーダ(PaSori)を使えば、乗車履歴を読み込むことができ、そこから申請・承認ができるため時間の節約にもなります。

2. 経費申請の不正防止

出張や営業などの移動で使用した交通費の経費について、会社に請求できるかどうかということは具体的に法律で定められている訳ではありません。そのため、社内で交通費について規定を作り、しっかりとしたルールを決めておくことは重要になります。

しかし交通費を申請する際、申請する側はどの区間を通りどのような交通機関を利用し、それにいくらかかったか申請します。申請された側の経理担当は、その申請に嘘がないか調べて、承認しなければなりません。

以上のような作業は面倒な申請で、数字に間違いが起こることもあるでしょう。

ハイ!経費ではスマートフォンや交通系ICカードで申請でき、自動で計算してくれるため申請する側は間違うことがありません。

スマートフォンでの入力画面

パソコンでの入力画面

また経理担当も、入力された情報をハイ!経費が計算してくれることで、一気に負担が軽くなります。申請・承認・清算の流れができることで、不正防止にも繋がりミスの防止も減るでしょう。

3. 常に最新の交通費で計算、合わせて日当も計算

様々な交通機関の運賃は、必ずしも同じというわけではなく、燃料代の変動などで運賃は変わっていきます。その際、経理担当は過去の資料は当てにならず、毎度調べなければなりません。

ハイ!経費では、常にバージョンアップを繰り返し現在の運賃で計算してくれるため、経理担当が価格変動を調べる手間が省き、コストを削減することが可能になります。

また、海外への出張時の交通費や宿泊費なども、外貨レートを含めて自動で計算してくれます。

常に最新バージョンで使える

他にも、社員、管理職、役員など、役職によって日当などの単価が変わってきます。経理担当は役職を確認し、日当の計算をしなければなりませんが、ハイ!経費であれば役職別に単価を登録しておけば自動で計算してくれます。

このように、ハイ!経費は宿泊費が必要な出張や海外出張どちらでも対応することができるのです。

料金プラン

1アカウントあたり月額300円(税別)で使用することができ、導入する際は初期費用1,000円(税別)がかかります。

例えば、10人で使用する場合、10,000円(税別)と月額3,000円(税別)がかかる計算になります。

まとめ

ハイ!経費は、1アカウント300円(税別)初期費用1,000円(税別)のローコストで以上のような効果があります。これまで1時間以上かかっていた交通費の計算時間が大幅に削減され、さらに間違いが少なくなるうえに不正防止にも役立ちます。

クラウド型のシステムなので、設定が完了すればすぐに利用開始が可能。トライアル期間もあるので使用感を確かめることもできます。

交通費計算・出張費の管理で悩んでる会社はぜひ一度、検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

【厳選3選】もう迷わない!経費精算システムを企業規模に合わせ徹底比較

経費精算・交通費精算システムを一覧で紹介!特におすすめな経費精算システムを企業規模・ニーズに合わせて徹底比較・解説します。経費精算システムの選び方は?

画像出典元:「ハイ!経費」公式HP

その他の【経費精算システム】のツール

ページトップへ