J’sNAVI NEO

記事更新日: 2021/08/24

執筆: 編集部

編集部コメント

J’sNAVI NEOは『経費精算+旅費交通費精算』ができる便利な経費精算システムです。導入した企業からは「操作がシンプルで使いやすい」「サポートの対応がスピーディーで丁寧」「自社ルールに合わせた承認フローが設定できる」など高く評価されています。社員数300名~1,000名の企業での導入が多いですが、あらゆる企業規模に対応可能です。最安プランは月額30,000円~で、会計システムとの連携もしやすいので、使いやすさと充実した機能性を求める企業におすすめです!

経費精算システムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

経費精算システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする8サービスの資料をダウンロードできます。

J’sNAVI NEOだけ知りたい方はこちら

J’sNAVI NEOの資料を請求
1. チケット手配

新幹線や航空機、ホテルなどのオンラインチケットを手配できる

2. 精算データのマッチング

請求データと利用実績・社員の精算データを簡単にマッチングできる

3. 勘定科目自動仕訳

社員が精算した際に勘定科目や税区分を自動で紐づけできる

良い点

出張が少ない企業の場合は、経費精算機能のみ導入することも可能。低コストで無駄なく導入できるのが大きなメリットです。

悪い点

機能が充実している分、一般的な精算システムと比較すると利用料金が高額です。

費用対効果:

最安プランは月額30,000円~ですが50名で利用すれば、一人当たり600円の低コストで利用できます。標準機能が充実しているので、コスパ面でも導入企業から高く評価されています。

UIと操作性:

購買データや利用データを自動的に取り込むことで入力作業の手間を省けます。

サポート体制:

導入前から導入後まで専任チームがシステム運用を徹底サポートします。

社外連携:

経路検索ソフト(乗換案内)、交通系ICカード 、コーポレートカード 、領収書のAI-OCR読込 、スケジューラー連携など、外部連携機能が豊富です。

J’sNAVI NEOの3つの特徴

1. 精算業務の数字の突き合わせが不要に

「J'sNAVI NEO」で出張の手配を行った場合、新幹線や航空機等の利用にかかった交通費やホテル代を自動的に突き合わせします。

チケットの利用実績データは伝票に取り込むことができるので、精算時の入力の手間を削減することが可能です。

また、精算者が精算時に摘要項目を選択するだけで、勘定科目や税区分などは自動的に紐付けされるので、仕訳作業を省略することができます。

さらに、部門ごとの販管費・原価の制御や、源泉税を伴う精算にも対応。

FBデータ作成や会計システムとの連携(CSV出力・API連携・アドオン開発)も可能なため、「J'sNAVI NEO」を導入するだけで経理業務全般を効率化できるのが大きなメリットです。

なお、取り込んだデータは編集ができないため、経費処理の不正防止にも役立ちます。


会計システムとの連携イメージ

 

2. 旅費・交通費精算にも対応、法人カード連携もOK!

「J'sNAVI NEO」では、電車やバス・タクシーなどの近隣交通費や交際費などもまとめて精算が可能です。

法人カードとの連携が可能なので経費精算のキャッシュレス化を促進することができます。

どうしても発生してしまう領収書については、スマホアプリで撮影することにより、AI-OCR機能でデータを読み込み、精算時のデータ入力の手間を省略できるので安心です。

なお、「J’sNAVI NEO」の電子帳簿保存法対応パッケージを利用すれば、自社の要件に対応した経費精算システムの導入に加えて、税務署への申請もきめ細かなサポートを受けることができるため、経費精算業務のペーパーレス化をスムーズに進められるでしょう。


各種システムと連携し業務効率化


いずれの精算業務においても、企業ごとの社内規程をシステム内のルールとして設定することが可能です。

規程外の精算を行おうとするとアラートを表示し、不正や入力ミスを予防。

システム内で規程に合う申請かどうかしっかりチェックできるため、承認者の負担軽減にもつながるでしょう。

3. 出張手配から経理管理まで一元管理

「J'sNAVI NEO」は旅のプロフェッショナルでもあるJTBが提供する出張管理にも強い経費精算システムという特徴をもっています。

出張の申請・手配から旅費の精算までワンストップで管理することで、経理担当者の業務を大幅に効率化できます。

手配したチケットは会社への一括請求となり、個人立替や仮払いなどの小口現金をなくすことができるというのが嬉しいポイント!

経理担当者だけでなく、社員の負担まで軽減させることで、通常業務への影響を最小限に抑えることが可能です。

旅費の精算後はBTM(ビジネストラベル・マネジメント)にて出張業務を細かく分析。

出張の実態をレポートにまとめ、見える化することで出張者の意識を高めることができます。


出張管理がワンストップで完了
 
 
 

J’sNAVI NEOの資料を無料ダウンロード

 

J’sNAVI NEOの料金プラン

  J's NAVI NEO ベーシック J's NAVI NEO スイート
初期費用 0円~ 0円~
月額費用 30,000円~ 35,000円~


経費精算をラクにできるベーシックプランの場合、
初期費用0円~、月額費用は30,000円~となっています。

一方、スイートプランには、新幹線・航空機・ホテルなど、国内外のチケットをオンライン手配できたり、チケットの不正手配を防止する機能が使用可能です。

また、導入コンサルティングサービスでは、他のシステムとの連携など、各種カスタマイズに対応できます。

なお、一ヶ月の無料トライアルも用意されています。

J’sNAVI NEOの資料を無料ダウンロード

 

J’sNAVI NEOの評判・口コミ

スピーディに社内に定着した
株式会社池田模範堂様

例えば申請時の入力項目もそれほど多くなく思っていたより簡単。今のシステムの方がいい、という評判も聞こえてきました。システム切り替えから1ヶ月半。運用がしっかりと定着するのには1年ぐらいかかるのかと予想していたのですが、これほど早いタイミングで高評価を得ることができたのは良かったと思っています。

クラウド化で時間や場所を問わず、申請や承認ができる環境を実現
パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社様

以前は、自分で調べて金額を入力する必要があったが、「J’sNAVI NEO」の路線検索は駅を指定するだけで、金額が自動的に算出されるので、入力が楽になりミスも減リました。またクラウド型なので、時間・場所を問わず利用できる点もとても良いです。

※「J'sNAVI NEO」公式HP参照

 

まとめ

J'sNAVI NEOは国内外への出張に必要なチケット手配から精算までワンストップで管理できるため、出張者・承認者・経理担当者など経費管理に携わる全ての社員の負担を大幅に軽減します。

ICカードやコーポレートカードの利用明細による精算にも対応しているため、キャッシュレスを推奨している企業にもうってつけのシステムです。

一ヶ月の無料トライアルも実施しているので、まずはお試し利用で導入を検討してみてはいかがでしょうか。

J’sNAVI NEOの資料を無料ダウンロード

画像出典元:「J'sNAVI NEO」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

経費精算システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】経費精算システム選びのお役立ち資料
経費精算システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ