製造業向け経費精算システムについて

【最新比較】おすすめ製造業向け経費精算システム7選!選び方は?

記事更新日: 2021/06/14

執筆: 編集部

製造業の経費精算は、現場で働く従業員にとっては面倒な申請作業が負担になっていたり、原価計算や「技能手当」「生産手当」「皆勤手当」など細かい申請が多いため、通常の会社より経理担当者の負担もかなり重くなっているというケースが見られます。

そのような課題を解決できるのが経費精算システムです。

この記事では、製造業向け経費精算システムおすすめ7選や選び方のポイントを解説していきます。

おすすめサービスの比較を無料で!

製造業向け経費精算システムの資料を一括ダウンロード

おすすめの製造業向け経費精算システム3選

1. 詳細なデータ分析で不正申請が防止できる!『Concur Expense』

画像出典元:「Concur Expense」公式HP

特徴

Concur Expense(コンカーエクスペンス)は世界150カ国、4万社以上で導入されている米国製の経費管理クラウドサービスです。

経費精算の全自動化を特徴としており、スマホから経費の精算・承認が可能で電子帳簿保存法に対応しています。また、経路検索システムや交通系ICカードと連携し経費明細の自動取り込みも可能なので、違反申請の自動チェックが簡単です。

豊富な機能の中から必要な機能のみを選んで使用することができ、またユーザー数に応じた料金体系のプランがあるため、製造業界の国内大手企業をはじめ中小企業にも幅広く利用されています。

メリービズ株式会社 経理コンサルタント

経費精算のプロ 長谷龍一による「Concur」の総評

メリービズ株式会社にて導入コンサルタント及び部門責任者として、ベンチャー企業から東証一部上場企業まで、請求・入出金・経費精算・月次決算業務等、数十社以上のサポートに従事。

グローバル展開しているような大企業に特に利用されている

Concurはかなりカスタマイズしやすいサービスです。例えば、会社に則った承認ルートにする、ワークフローにする、ということが簡単にできます。
 
世界でもかなり利用されているシステムですので、グローバル展開しているような大企業に特に利用されているイメージがありますが、最近では、29,000円程度で利用できる、Expense Standardという中堅中小企業・スタートアップ向けの新たなプランを出しているので、大企業以外にも利用しやすいシステムになっているのではないでしょうか。
 
外貨対応もしているので、海外出張が多い企業にとっては、大変心強い存在です。

料金プラン

・初期費用:0円
・月額費用:29,000円~/50ユーザー

詳細は以下の資料をダウンロードしてご確認ください。

ConcurExpenseの資料を無料ダウンロード

 

 

2. 管理画面のカスタマイズがしやすい!『楽楽精算』


画像出典元:「楽楽精算」公式HP

特徴

楽楽精算は、株式会社ラクスが提供する国内製システムです。

シンプルで分かりやすいUIにより、誰でも迷うことなく操作が可能です。画面のレイアウトは自由にカスタマイズできるため、複雑な日当計算や各種手当にも柔軟に対応できます。

さらに、申請内容と科目が自動で紐づく自動仕分け機能が搭載されているので、仕訳の手間を大幅に削減することもできます。

初期費用はかかってしまうものの、更新費やカスタマイズ費用は発生せず月額利用料だけで運用できるため、カスタマイズのたびにコストを心配することなく利用できるメリットがあります。

メリービズ株式会社 経理コンサルタント

経費精算のプロ 長谷龍一による「楽楽精算」の総評

痒いところに手が届く、使い勝手の良いシステム

楽楽精算は、細かい機能や連携できる外部サービスも多く、痒いところに手が届く経費精算システムです。カスタマイズ性が非常に高く、料金は50ユーザーあたり3万円と、中小規模の企業から大企業まで対応できるシステムといえます。

システム設定が比較的容易であり、営業によるサポート対応が迅速、といった口コミも聞きます。

マネーフォワードやfreeeのような、グループウェア同士の連携には劣りますが、間口が非常に広く、会計ソフトはどうしても動かせないが、経費精算システムは移行して、DX化したいなどのニーズがある企業におすすめします。

料金プラン

・初期費用:100,000円
・月額費用:30,000円~/50ユーザー 

無料トライアルが用意されています。

 

3. 初期費用0円で最低利用期間の縛りなし!『ジョブカン経費精算』

画像出典元:「ジョブカン経費精算」公式HP

特徴

ジョブカン経費精算は有名なジョブカンシリーズのうちの一つで、初期費用・サポート費用が0円で始められます。

また、最低利用期間やユーザー数の縛りがないため、従業員数が50名未満の企業や、経費精算システムを試してみたい企業に向いていると言えるでしょう。

低価格といっても経費精算に必要な機能が全て揃っているので安心です。

例えば、スマホ申請・承認機能やICカード読み取り機能、自動仕分・振込処理機能などがあります。また、他のジョブカンシリーズとの連携はもちろん、Googleアカウントやチャットツールなどの外部連携も可能です。

メリービズ株式会社 経理コンサルタント

経費精算のプロ 長谷龍一による「ジョブカン経費精算」の総評

管理側でストレスなく進めることができるシステム

ジョブカンは勤怠管理に強いシステムですが、勤怠管理にも関連する、経費精算にも力を入れています。CMを最近目にした方も多いのではないでしょうか。

業務面では、データの出し入れが非常に楽であることが特徴です。インポート、エクスポートがスムーズに行なえます。
外部サービスとの連携、freeeや弥生仕様のデータをぱっと出しやすく、管理側でストレスなく進めることができるシステムと言えるでしょう。

ジョブカン勤怠を既に利用中の企業はまず検討してみてください。

料金プラン

・初期費用:0円
・月額費用:400円/1ユーザー 

無料トライアルが用意されています。

詳細は以下の資料をダウンロードしてご確認ください。

ジョブカン経費精算の資料を無料ダウンロード

 

 

その他のおすすめ製造業向け経費精算システム

経費BankⅡ

画像出典元:「経費BankⅡ」公式HP
 

特徴

「経費BankⅡ」は初期費用0円で操作性の高いワークフローを実現しており、SBIビジネスソリューションズが運営する経費精算システムです。

操作の簡単さ・分かりやすさを目指すことで操作ミスや計算ミスを無くしており、信頼性と確実性を重要視する企業には最適です。

さらに、データサーバの保守運用もお任せでき、操作性が良いためミスを減らせるので、業務効率化に効果的です。

料金プラン

初期費用: 0円

基本プラン:3,300 / 月~(税込)

※オプション機能の有無や契約ID数により変動します。

詳細は以下の資料にてご確認頂けます。

経費BankⅡの資料を無料ダウンロード

 

 

jinjer経費

画像出典元:「jinjer経費」公式HP

特徴

jinjer経費は、交通費や経費の申請から承認までをPCだけではなく、スマホでもおこなえます。

また、今までExcelで申請していたものがシステムで自動化できるようになり、煩雑な経費管理のオペレーションを効率化できます。

メリービズ株式会社 経理コンサルタント

経費精算のプロ 長谷龍一による「jinjer経費」の総評

薄く広く利用できるところがjinjer最大の魅力

jinjer経費の魅力は、他のグループウェアとは違い、人事労務系のツール中心に連携して利用できるところにあります。これは、jinjerを運営する株式会社ネオキャリアがもともと人材系サービスから始まったことに由来します。
 
一般的な経費精算のグループウェアは、お金関連の業務を中心に構築されています。しかし、jinjerはむしろ人事・勤怠・労務・マイナンバーに至るまで、人事労務関連の業務を中心に構築されているサービスです。
 
そのため、薄く広く利用できるところがjinjer最大の魅力です。様々な業務ができる中の一つに経費精算があるので、お金関連中心ではなく、人事領域を中心として業務を進めたい企業には非常に良いです。

料金プラン

初期費用:100,000円に加えて月額利用料1人あたり500円が必要です。

無料トライアルもありますので、安心して利用できます。

詳細は以下の資料をダウンロードしてご確認ください。

jinjer経費の資料を無料ダウンロード

 

 

RECEIPT POST


画像出典元:「RECEIPT POST」公式HP

特徴

RECEIPT POST(旧: Dr.経費精算)の最大の特徴は、領収書の画像を撮影して送るだけかんたんに経費申請ができること。

似たような機能を持つ経費精算システムは多くありますが、それらが機械による自動入力であるのに対し、RECEIPT POSTはオペレーターが代行入力してくれるため、入力精度が圧倒的に高く、手直しの手間がかかりません。

また、会計ソフトとも自動連携が可能なため、経費精算にかかるコスト・時間ともに軽減可能です。

料金プラン

初期費用:100,000円~

月額費用:60,000円~

詳細は以下の資料をダウンロードしてご確認ください。

RECEIPT POSTの資料を無料ダウンロード

 

 

マネーフォワードクラウド経費

画像出典元:「マネーフォワードクラウド経費」公式HP

特徴

マネーフォワード クラウド経費は、スマートフォンがあれば経費精算が完結するため場所を選ばず、タイムリーに経費の確認や承認ができます。

外出先で急に経費が発生する場面でも、問題なく運用が可能なのが魅力的です。

メリービズ株式会社 経理コンサルタント

経費精算のプロ 長谷龍一による「MFクラウド経費」の総評

連携面が非常に優れている

マネーフォワードは、会計ソフトの一部として経費精算システムをリリースされているので、連携面が非常に優れています。

マネーフォワード内の連携はもちろん、勘定奉行などともしっかり連携することができます。また、承認経路のカスタマイズが他社システムに比べてもかなり優れているので、そういった面でも利用しやすいです。
従来の経理に則ったシステムになっているため、ある程度経理に慣れている人にとっては、非常に利用しやすいはずです。

せっかく利用するなら、マネーフォワード クラウド会計と一緒に利用してみてはいかがでしょうか。マネーフォワード クラウド会計シリーズのターゲット層でもある、中小企業に特におすすめします。

料金プラン

マネーフォワードクウラド経費は、基本料金と従量課金の2つの料金が発生します。

基本料金は以下の表の通り、スモールビジネスとビジネスの2パターンです。

基本料金 スモールビジネス ビジネス
月額 3,980円 5,980円

 

6人以上で利用する場合、基本料金に加えて1ユーザー当たり500円の従量課金が必要です。

 

 

製造業向け経費精算システムの3つの選定ポイント

1. 製造業に特化した項目

製造業の経費精算は「食費補助」「経験者手当」「満了金」といった他の業種ではあまり見かけない手当が多数存在します。

これら製造業特有の手当に加え、材料費・労務費・製造経費などの原価計算に結びつく経費項目が設定された「製造業に特化したシステム」を選択しましょう。

また、自社独自の経費精算ルールを自由に設定できるなど、カスタマイズ性の高さも大切です。

2. モバイルデバイス対応のもの

生産現場ではPCを一人一台持ってない場合があるため、経費精算をする機会が限られており、申請・承認を電子化するのは簡単なことではありません。

そのため、誰でもどこからでも申請できるモバイルデバイス対応で、入力項目が簡単なシステムがおすすめです。

さらに、上長による承認や差し戻しがモバイルでもできるもの、領収書をスマホで撮るだけでいい電子帳簿保存法対応のものなら、承認者や経理担当者側の負担も軽減できます。

3. 経路検索ソフトなど他システムとの連携

モバイルデバイス対応のものを選択すると便利な反面、簡単に申請できるがゆえに不正申請がおこなわれる可能性もあります。

そこで、不正申請防止に役立つ他システムとの連携があるものがおすすめです。

例えば「経路検索ソフト連携」や「交通系ICカードの利用区間読み取り」、「タクシー手配連携」などがあれば、交通費の計算が合っているか即座に確認でき不正防止に役立ちます。

製造業向け経費精算システムのメリット3つ

1. 現場従業員の負担軽減

厳密に時間管理されている製造現場では、紙・Excelで経費精算を行うことや、承認のハンコを押すためだけの時間を捻出するのは大変なことです。

製造業向け経費精算システムを導入し申請~承認の流れを電子化すれば、従業員や監督者など現場の負担を大幅に軽減できます。

さらに、電子帳簿保存法に対応していれば領収書・請求書原本の貼り付けが不要になるため紛失などの恐れもなく、省スペースにも貢献します。

2. 経理担当者の負荷軽減

製造業の経理担当者は、複雑な手当を含む経費精算だけでなく原価計算や棚卸計算、徹底したコスト削減などさまざまなタスクを抱えています。

経費精算システムを導入し自動化することで、経理業務全般の負荷を軽減できます。

例えば、自動仕訳機能や振込データ自動作成機能などを利用して入力作業を減らすことができたり、自動チェック機能により利用用途や上限額のチェックといった確認作業を任せたりすることが可能です。

3. 経費支出の見える化

経費精算システムの分析機能では詳細な経費データが把握でき、経費支出を見える化することが可能です。

経費の使用実績を集計することで当初予算との比較や必要経費の見直し、経費の発生予測といった分析ができます。

可視化により経費の効果的な使い方がわかれば、各拠点や他部署に情報を共有し生産性を上げる機会につなげるなど、従来の経理業務にとどまらず戦略的な情報を生み出すことが可能になります。

製造業向け経費精算システムのデメリット2つ

1. 初期設定の手間

導入時、製造業特有の各種手当や自社のルールに沿うものにしようとすればするほど、初期設定に手間と時間がかかり、なかなかスタートできない、従業員に浸透しないという事態になってしまいがちです。

初期設定が複雑な場合は、設定代行があるものやデータ取込み機能があるサービスを選ぶとスムーズに導入できるでしょう。

2. ランニングコスト

経費精算システムの料金体系は1ユーザーごとに料金がかかる場合が一般的で、従業員を多く抱える製造業では、月々のランニングコストが高額になることが予想されます。

また、最低契約人数や更新費、カスタマイズ費用などが発生する場合もあり気をつけなければなりません。

費用対効果が見込めるか、無料トライアルなど試した上で導入を検討することをおすすめします。

まとめ

製造業向け経費精算システムは現場の従業員・承認者・経理担当者の全員が満足できるサービスです。

カスタマイズ性や機能面とランニングコストのバランスを見ながら、あなたの会社に最も役立つ製造業向け経費精算システムをぜひ見つけてみてください!

なお、経費精算システム全般についてはこちらの記事で解説しています。より広くサービスを比較検討したい場合には、ぜひ参考にしてみてください。

画像出典元:O-dan

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

製造業向け経費精算システムの資料を一括ダウンロード

編集部が選んだ製造業向け経費精算システム

製造業向け経費精算システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ