BTOL

記事更新日: 2022/09/27

執筆: 桐野ひさや

編集部コメント

出張者も管理者も使いやすい出張手配管理システム

「BTOL」はシンプルなシステム構成で、使いやすさを重視した出張手配管理システムです。

はじめて出張手配管理システムを導入する企業でもスムーズに出張手配ができる操作性で、スマホやタブレットから24時間オンライン予約ができます。

一度BTOLにログインすれば予約サイトごとにログインする必要がないシングルサインオン(SSO)対応で、専門の出張手配オペレーターによるメールリクエスト予約にも対応。

海外出張にも対応し、現地通訳やWiFiルーターなどの手配にもメールリクエストで対応しています。

出張管理システムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

出張管理システム(BTM)を徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする7サービスの資料をダウンロードできます。

BTOLだけ知りたい方はこちら

BTOLの資料を請求
良い点

全国の新幹線がオンラインで予約可能、交通系ICカードに連携させてチケットレスでの乗車も可能となり便利です。

悪い点

JRのキップ等の乗車券を紙で発行してもらいたい場合には1梱包あたり600円(税別)の送料がかかります。

費用対効果:

UIと操作性:

SSO対応でサイトごとのログイン操作が不要。オンライン予約とオペレータによる手配、国内・海外どちらにも対応できて便利です。

ポート体制(運営会社の):

専門の予約手配オペレーターがサポートしてくれるので、小回りの利いたサポートが受けられます。

BTOLの導入メリット4つ

1. スマート&スムーズなシステム

BTOLは、スマートかつスムーズに出張に関わる手配を実現できる出張手配管理システムです。

スマホから24時間予約が可能なので、出張予定に変更があっても場所や時間を選ばず出張予約・変更・取り消しができます。

シンプルなシステム構成で、出張手配システムを初めて使う出張者・管理者も迷わず操作できるでしょう。

専門の予約手配オペレーターサポートも利用でき、海外出張のメールリクエスト予約機能も利用可能です。


手軽な出張手配ができるシステム構成

2. チケットレスで出張者の立替が不要

従来の出張手配では、一時的に出張費用を立て替えたり、チケット発券などの手間があったり、出張者の負担がありました。

BTOLは出張費用を会社一括請求になるため、出張者の個人立替が必要ありません

また、チケットレスのためチケットの発券漏れや紛失の恐れもなく、身軽に出張に向かうことができるでしょう。

突然の出張対応はもちろん、旅行会社の営業時間に縛られることもないので、多忙な営業社員も効率的に営業活動に集中できます。


身軽な出張手配が可能

3. 出張手配にかかわる課題解消に繋がる

BTOLは出張者の出張手配を手軽にするだけでなく、経費削減や請求処理の効率化など、管理者の課題も解消できます。

法人専用料金でコストを削減し、会社一括請求で請求、支払いもスムーズに処理できるでしょう。

出張申請フローを設定できるため、出張規定の整合性チェックもできます。

空出張などのコンプライアンス違反も防止できるので、出張管理ツールとしても効果的です。


出張者・管理者それぞれの課題を解消

4. スマホやタブレットからいつでも予約可能

BTOLは交通機関予約システムを順次追加していて、メールリクエスト予約によるオペレーター予約も可能です。

オペレーター予約では、国内・海外問わず小回りの効くサポートをしてもらえるため、予約不備の心配がありません。

導入時に審査が完了しているサプライヤーであれば、スマホやタブレットから24時間いつでも予約可能です。

万一出張先で予約変更が必要になった場合でも、スマホからすべて変更手続きができるので慌てずに済みます。


手軽に出張予約が可能

資料請求リストに追加する 

BTOLのデメリット

乗車券を紙で発行する場合には送料がかかる

JRのキップなど、交通機関の乗車券を紙で発行してほしい場合には、別途送料が必要です。

配送の期間もかかるため、原則出発日の3営業日前15時までに申し込む必要があります。

Eチケットを利用すればBTOLの管理画面からダウンロードするだけなので、コスト削減のためにはEチケット利用を社内に推奨しましょう。

BTOLの料金プラン

BTOLは、連携利用するサービスによって料金が異なります。

導入決定後は、テスト稼働や社内説明会の開催、マニュアルの配布など、初めてBTMシステムを導入する企業へのサポートも行っています

  基本プラン
初期費用 要問合せ
月額費用 ¥30,000〜

 

競合製品との料金比較

競合サービスの中には初期費用・月額費用が無料で利用できるものもありますが、精算業務までできるBTMシステムは少ないです。

また、BTOLは法人専用料金で出張手配が可能なので、ランニングコストを削減出来る可能性もあります

  BTOL 出張手配プラス J’sNAVI NEO
初期費用 要問合せ 無料 要問合せ
月額費用 ¥30,000~ 無料 ¥30,000~
(税別)
無料デモ あり あり あり
(30日間)

 

資料請求リストに追加する 

BTOLを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

出張手配に関わる業務を効率化したい企業

BTOLは出張手配から出張管理、精算業務など、出張手配に関わる業務の効率化が実現できます。

高い操作性を優先したシステム構成で手間なく出張手配できるので、業務効率化したい企業におすすめです。

BTMシステムでは珍しくシングルサインオンが利用できるため、予約サイトごとにログインする手間がありません。

海外出張手配のサポートを受けたい企業

ユーザーからの要望を取り入れてシステム強化をしているBTOLは、海外出張のメールリクエスト予約にも対応しています。

BTOLを運用している南海国際旅行による予約手配が可能なので、海外出張を安心して手配したい企業におすすめです。

出張者が不便なく業務に集中できるよう、専門の予約手配オペレーターが出張をサポートしてくれます。

資料請求リストに追加する 

向いていない企業

コストを最小限に抑えたい企業

BTOLはシンプルでスマートな出張手配が可能な出張管理システムであるものの、導入内容によってはコストが高くなる可能性があります。

競合サービスの中には初期費用・月額費用無料のものもあるため、コストを最小限に抑えたい企業にはあまり向いていません。

ただし、法人専用料金で出張手配ができるようになるので、出張にかかるコストの削減は可能です。

まとめ

BTOLは使いやすさを重視し、出張者だけでなく管理者の業務効率化も実現する出張管理システムです。

スマホやタブレットから24時間予約可能なため、急な出張にも対応できるでしょう。

出張にかかるコストは会社に一括請求されるので、出張者の立替や多数の請求書・領収書など経理処理も軽減できます。

 

資料請求リストに追加する 

画像出典元:「BTOL」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

出張管理システム(BTM)の資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

出張管理システム(BTM)
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ