BORDER

記事更新日: 2019/10/02

執筆: 編集部

運営コメント

今回ご紹介する「BORDER」は、海外出張のフライト予約からホテルの手配まで、チャットで相談できるクラウド型サービスです。出張の目的でフライトの予約やホテルの手配をする際、特に海外出張の場合では国内とは勝手が異なることが多いため、事務手続きに莫大な時間を要することも少なくありません。「BORDER」なら、そのようなお悩みを一気に解決できます。

1. 適切な提案の提供

過去データから要望にあった提案を受けられる。

2. 管理者向け管理機能

手配済みの航空券やホテルのチケット情報をダウンロード、確認できる。

3. ドキュメント検索機能

管理者側で出張者のチャット状況を確認できる。

良い点

問い合わせから5分程度で応答、適切な出張手配の提案を受けられるサービスです。平日は20時、土曜日は17時まで対応しているため、急な相談も可能という点がメリットです。

悪い点

「BORDER」では、緊急事態の対応を原則メールで行います。そのため、緊急事態発生時には少々不自由を感じる可能性があります。

費用対効果:

システム利用料が0円、手配料は1人1,000円で利用できます。

UIと操作性:

ダウンロード後すぐに利用でき、難しい操作は必要ありません。

社外連携:

オンライン出張サービスと連携できます。

BORDERの3つの特徴

1. 多種多様な手配に対応

「BORDER」は、航空券やチケットの手配だけでなく、レンタカー、通訳・ガイド、通信機器、会議室、送迎、ビザの手配にも対応しています。海外出張に慣れている方でも、これらの手配を全て自分で行うとなると、それだけで莫大な時間と手間を必要とします。

「BORDER」では、これらの面倒な作業をチャットでオペレーターと相談しながら手配でき、しかも短時間で完結します。これなら、時間的な余裕がない方や海外出張に慣れていない方でも簡単に手配の手続きを済ませることができるでしょう。


多種多様な手配に対応

2. 簡単機能で出張者の負担を軽減

「BORDER」の航空券手配や宿泊施設の手配方法はとても簡単で、一から自分で探すのではなくスタッフ推奨の航空券や宿泊施設の中から選択するだけです。また、予約したチケットはシステム内で保管されるため、紛失する心配がありません。

さらに、こうして行われた手配状況は社内で常時確認できるため、出張前に出張申請を提出する手間も省けます。


チケットはシステム内で保管

3. 情報を自動集約

システム内に出張者全員の情報が集約されるため、管理者は出張者を個別に管理するのではなく、一括で管理できます。また、取りまとめた出張情報を手作業で入力する必要もありません。

さらに、システム内に正確な情報が記録されているため、出張者に対して手配内容を確認する手間も省けます。つまり、これまでの出張手配に関する情報収集にかけていた時間を他の作業にあてることが可能となり、業務の効率化を図ることができるのです。


出張管理の簡素化が実現

 

料金プラン

システム利用料金は無料、渡航の手配料は1名につき1,000円(往復・片道)です。

評判・口コミ

作業の簡素化が実現
シミズ工業株式会社様

これまでは、事務所でパソコンを開き、社内のメールを開かないと対応できなかったフライト手配案件も、出先からスマホで対応できるので便利になりました。また、「BORDER」にアクセスすればすべてのフライト情報が入っているので、手配の都度自社サーバーに情報を保存する手間も無くなり、作業が簡素化されました。

工数の削減に成功
株式会社モンスター・ラボ様

以前のやり方では、短くても半日はかかっていました。「BORDER」の場合は、早ければ30分で手配が終わることもあり、工数が減ったと実感しています。弊社は急な出張が多いのですが、迅速に対応していただけるので業務に支障をきたさずに済み、助かっています。

※「BORDER」公式HP参照

まとめ

「BORDER」は、1対1のチャットだけでなくグループチャットにも対応した出張手配サービスで、出張者、管理者ともに手配にかかる時間的なコストを大幅に削減できるというメリットがあります。

また、システム利用料は無料、航空券手配料は1人1000円というリーズナブルな料金で利用できる点も魅力です。

出張手配をより合理的に時短で完結させたい方は、この機会に「BORDER」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「BORDER」公式HP

その他の【出張管理システム】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ