Racco

記事更新日: 2019/10/08

執筆: 編集部

運営コメント

大人数の出張手配を毎月行うとなると、その業務工数は莫大に膨れ上がり、業務の生産性低下につながることも少なくありません。今回ご紹介する「Racco(ラッコ)」は、出張にかかる事務作業を一元管理できるシステムのため、作業工数の削減に役立つでしょう。

1. 予約データ管理

予約データをシステム内で一元管理できる

2. まとめて請求

宿泊施設や航空券など、出張費用をまとめて会社に請求できる

3. 出張予約の制御

エリアや役職ごとに宿泊上限金額を設定できる

良い点

「Racco」は楽天トラベルが提供する出張管理サービスで、初期費用は無料、国内宿泊施設や航空券、レンタカーの手配などを月額無料で利用できる点がメリットです。

悪い点

「Racco」には会社請求の「Racco TypeA」と個人清算の「Racco TypeB」があり、「Racco TypeA」では与信審査があるためすぐに利用できないことがあります。

費用対効果:

初期費用、月額料ともに無料で利用できます。

UIと操作性:

申込書提出後2~3日後にアカウントが発行され、初期登録完了後からすぐに利用できます。

社外連携:

1,000名以上の企業では、自動連携サービスを利用できます。

Raccoの3つの特徴

1. 予約データをひとまとめで管理

「Racco」は、出張予約のデータを管理画面内で一元管理できるサービスで、「出張者名、時期、出張場所、出張費用」をリアルタイムに確認でき、データはCSVでのダウンロードも可能です。

また、出張規定に合わせて予約を制御することもできます。出張規定に反する予約は「警告」または「禁止」のアラート表示が画面上に出現するため、今まで不透明であった出張費用を透明化することが可能。余分な出張費の大幅な削減に役立ちます。


制御機能で内部統制を強化

2. 清算スタイルで選べる2タイプ

「Racco」は、希望するスタイルにあわせて会社請求の「Racco TypeA」と個人清算の「Racco TypeB」の2つのタイプから清算スタイルを選択可能。「Racco TypeA」では国内ホテル、国内航空券(ANA、JAL)、海外航空券、国内レンタカーの手配ができます。

 一方、「Racco TypeB」では国内ホテルの手配のみ可能です。国内の航空券、海外の航空券、国内のレンタカーの手配は行えないため注意が必要です。


2つのプランから選べる

3. 法人限定プランあり

「Racco」は初期費用や月額料は無料で利用できるサービスで、出張手配に関わるコストの削減に役立ちます。

また、法人限定プランとして契約企業限定の「シークレットプラン」が用意されていて、一般利用者が予約できない特別プランをお得な価格で利用できます。


法人限定「シークレットプラン」あり

 

料金プラン

詳細はお問い合わせをする必要があります。

評判・口コミ

出張経費の削減と利用者の利便性向上が実現
三菱日立パワーシステムズ株式会社様

予約から精算まで一気通貫でできるので、非常に便利です。本人の立て替えが不要で、ホテルのチェックイン・アウトの際、支払のやりとりが発生しないので、スピーディーに出発できるのも利用者に好評です。また、出張後の精算時に領収書の提出等、面倒な作業をする必要もありません。

請求書1枚で素早い計算処理ができる
株式会社はてな様

50泊分くらいの領収書を回収してチェックし、社員が立て替えている場合には一人ひとりに支払いもしていました。それが、楽天トラベルから送られてくる請求書1枚だけで済みます。従来は領収書の回収に3~4日かかっていたのが、月初の営業日にクリック1つで必要なデータを揃えられるようになったわけです。これは非常に助かりますね。

※「Racco」公式HP参照

まとめ

「Racco」は、ひとつの管理画面で複数の出張手配データを管理できる便利なシステムで、法人用または個人用2つのタイプから利用方法を選択できます。

そして、「Racco」の強みは、なんといっても初期費用や月額料利用無料で利用できるという点でしょう。高額な初期費用を投じなくてはならないサービスでは、導入自体を躊躇してしまいますが、「Racco」なら”とりあえず使ってみる”という感覚で気軽に試すことができるのです。

出張手配に莫大な時間がかかっている方は、この機会に「Racco」を導入して、時間や経費の削減を目指してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「Racco」公式HP

その他の【出張管理システム】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ