ネクストICカード

記事更新日: 2018/11/05

執筆: 編集部

運営コメント

ネクストICカードは交通費や通勤情報をもとに、簡単に勤怠管理を行うことが可能です。そのため、経理管理に伴う工数を大幅に削減することができます。

1. ICカードを利用した簡単入力

手入力ミスを防ぎ、内容はブラウザで簡単に確認できる

2. 管理の工数を効果的に削減

勤怠管理・経費精算・交通費精算を1つで管理

3. サポート体制も万全

充実のサポートを無料で利用可能

良い点

通勤定期として使用しているICカード情報を利用することで、勤怠情報、交通費精算、経費管理を同時に行う事が可能になります。

悪い点

ICカードをプライベートで使用している場合も、使用情報を一緒に取り込んでしまいます。削除処理もできますが、誤って削除した場合は復旧することができません。

費用対効果:

勤怠管理および経費管理の工数削減に十分効果がありますが、少人数で利用する場合は割高になるでしょう。

UIと操作性:

ICカードをかざすだけなので、勤怠情報などを従業員が手打ちする必要はありません。

社外連携:

ICカードから取り込んだデータはCSVデータ形式で出力できるため、CSVデータ形式を取り込める他社会計ソフト等と連携ができます。

サポート体制:

導入検討時点から専任のコンサルタントが担当し、サービス利用中も無料でサポートが受けられます。

ネクストICカードの3つの特徴

1. 使い勝手を最優先に考えた勤怠管理、経費管理

日々の勤怠記録と交通費は、ICカードをリーダーに通すだけで入力完了です。あとは自動的にクラウドで管理されます。記録はブラウザで遠隔地からも確認できます。

ICカードを利用する各メンバー用にマイページが用意されており、ブラウザにて各自で確認することができます。出勤したら時刻が反映されるので、その時点でデータをすぐに確認できます。

交通費データの確認、編集、削除も可能です。行先・備考の入力や、業務外の交通費データの削除などデータ整理も手軽にできます。

申請もマイページからワンクリックにて処理が進められます。

また機能カスタマイズにも柔軟に対応しており、部署毎の定時設定、日ごとの勤務時間の変更対応、指定地点間のガソリン代算出などが設定可能です。

運用イメージ

2. 勤怠情報と交通費情報を一元化した経費管理が可能

ICカードから入手した各種情報は、その内容を適切に判断してクラウドにて保持されます。勤怠関連のデータに関しては3年6か月、交通費精算・経費精算のデータについては、7年6か月を上限とします。

勤怠情報であればICカードをかざした時間、交通費情報ならばICカードにて清算した拠点と距離、もしくはICカードを利用した買い物情報なども物品購入経費として適切に分別、管理されます。

経理担当者からは従業員ごとの勤怠情報・交通費情報が一度に確認することが出来ます。

勤怠情報や経費情報の申請・承認処理はブラウザから可能となっていますが、申請書フォーマットのPDFで出力することもできます。さらにCSVフォーマットでの出力にも対応しており、「弥生会計」や「勘定奉行」などの他社製会計ソフトへの利用も可能です。

勤怠管理機能もしくは交通費精算機能どちらかでも契約していれば、経費精算機能は現在無料にて利用できます。

限定期間サービスと銘打っていますが、期限は2018年8月現在明確に提示されてはおらず、今後の機能拡張により有料サービスとなる可能性を示唆するまでに留まっています。

経費精算機能イメージ

3. 専任コンサルタントが無料でサポート

ネクストICカードは導入を検討する時点から専任のコンサルタントが担当し、適切なプランや導入機器の推奨機種など、細かいサポートを行っています。

またサービス利用中も利用方法などのサポートを受けることができ、これらは全て基本利用料に含まれているので、別途料金が発生することはありません。

充実サポート対応イメージ

料金プラン

初期費用は無料です。プランは、基本利用料と、使用したい機能の組み合わせで決定されます。

基本利用料は利用人数に関わらず、月額10,000円の固定料金です。機能利用料は1ユーザ毎の料金となり、勤怠管理は月額200円、交通費精算は月額400円です。

経費精算機能は、勤怠管理または交通費精算の機能を使用する場合に限り、無料で使用できます。

この他、初期導入機材として、ICカードリーダとなるタブレット(価格.com調べで30,000円前後~)、またはWindows7以上のPCが必要です。NFC機能搭載が付いていれば利用可能ですが、推奨機器以外は動作保証がされないため、導入時にコンサルタントに問い合わせる必要があります。

まとめ

ネクストICカードは、これまで従業員1人1人が手入力に費やしていた手間を軽減してくれる、画期的なサービスです。

初期投資としてICカードリーダさえ用意すれば、経費情報をクラウド環境にて管理できる点も魅力です。ただしICカードは業務専用として従業員1人1人が管理する必要があります。

ネクストICカードは通勤用ICカードを配布でき、大勢の従業員を管理する企業にオススメです。特に手入力による情報ミスが無くなること、毎回の入力値チェック行程も最小限で済むため、経理管理に伴う工数が大幅に削減できる点が魅力の1つでしょう。

初期導入機器として必要なICカードリーダは別途費用が発生するため、推奨機器を含めコンサルタントと相談してから、導入を検討してください。

画像出典元:「ネクストICカード」公式HP

その他の【経費精算システム】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ