経費精算freee

記事更新日: 2020/02/18

執筆: 編集部

運営コメント

「経費精算freee」はクラウド会計ソフトfreeeの一機能で、面倒な経費精算業務を効率よく行えるシステムです。申請から承認まで、スマホを通じて行えるのでどこにいても作業ができます。経費精算業務を自動で簡単にしたいと考えている企業におすすめです。

1. スマホから申請可能

スマホで写真を撮ると、自動で必要な情報を読み取り入力できる。

2. 経理作業の効率化

転記・振込ファイルを自動作成でき、経理作業の効率化を図れる。

3. 部門別にデータ集計

タグ機能で部門ごとに経費データを集計できる。

良い点

「経費精算freee」は、自動で経理が行える機能がついています。そのため、従来の経理業務にかかっていた時間と比較すると、業務時間を大幅に削減できるでしょう。

悪い点

経費精算プランを利用できるのは、ベーシックプランより上のプランのみとなっています。手軽に利用できるミニマムプランでは、残念ながら利用できません。

費用対効果:

プランは3段階あり、ミニマムプランとベーシックプランの2プランのみ30日間無料で利用できます。

UIと操作性:

比較的操作しやすい画面となっています。基本的に難しい作業はなく、入力などはすべて自動で行われるため、細かい作業は必要ありません。

サポート体制(運営会社の):

分からないところはチャットや電話でいつでも聞くことができます。

デザイン:

知識不要で操作できる、シンプルで使いやすいデザインです。

導入ハードル:

PCからだけではなく、スマホからでも利用できます。アプリをダウンロードするだけなので、導入するのは非常に簡単です。

経費精算freeeの3つの特徴

1. 経費申請はスマホからすぐに行える

経費精算freee」は、スマホで領収書の写真を撮って項目を数か所埋めるだけで経費申請が行えます。

従来ですと、領収書に記載されている情報を手作業で入力する必要がありましたが、「経費精算freee」を導入することでその必要がなくなります。

また、たくさん領収書があり、面倒臭いと感じる場面においても、領収書をまとめてスキャンし申請を行えるため非常に便利です。

さらに、「経費精算freee」はスマートフォン版アプリもあるため、外出先からでもすぐに経費の申請ができます。

このことからこれまでは一度会社に戻り、交通精算を行う必要がありましたが、アプリによってその負担が軽減されるでしょう。

スマホで写真を撮る例

2. 領収書などの承認作業が簡単に行える

「経費精算freee」は、アップロードされた領収書と申請書を照らし合わせて承認作業が行えるため、申請書類に不備があれば、差し戻しも可能です。

そして、承認画面では、承認までのステータスを一覧で確認できるので、承認作業がしっかり行われているかが一目でわかります。

また経費精算の登録から承認までの作業を順番に沿って行えるため、承認漏れなどのミスを防ぐことができます。

これまで、手作業で領収書と申請書を照らし合わせて不備がないかを確認していた企業にとって、とても画期的なシステムです。

さらに、承認作業はスマートフォン版アプリからも行えるので、出張中や休憩中などのちょっとした隙間時間にも対応できます。


承認がボタン一つで簡単に行える

3. 経費精算額の反映から振込まで自動でできる

「経費精算freee」は、経理作業が自動化されているため、従来のものと比べて作業が簡単です。

申請書と領収書が承認された後、会計ソフトfreeeへの自動登録も実行できます。

これまでの経費精算の過程で必須だった、経費精算と会計処理を両方行う作業をなくせます。

また、経費の振込についても自動作成機能のついた総合振込ファイルを活用すればとても楽に実行できるのです。

加えて決済時は、申請者に通知が届くので担当者が自ら告知する必要がありません。

これらの機能により、経費精算業務は「経費精算freee」がほとんど自動で行ってくれるため、経理担当者の業務を削減できるでしょう。


経費精算画面イメージ

 

経費精算freeeの料金プラン

料金プランは3種類あり、それぞれ経費精算をどこまで楽にしたいかで申し込むべきプランが異なります。

3つのプランのうちミニマムプランとベーシックプランは、30日間無料で利用可能です。

プロフェッショナルプランのみ無料お試し期間がないので注意が必要です。

※画像に記載されている料金が、従業員が21名以下の場合です。22名以上のプランを利用したい場合は、お問い合わせください。

 

経費精算freeeの評判・口コミ

クラウド化を目指すうえで、必要なシステムだと思いました
野村ホールディングス株式会社 様

ペーパーレス化にすることで、これまでよりセキュリティが万全になると考え、「経費精算freee」を導入しました。操作性も高く、教育コストも低いため、社員が簡単に利用することが出来ました。経理業務を効率化するためには、最適なツールでしょう。

経理作業の負担を20分の1にできました
BOTANIC Inc. 様

これまでは経理の入力作業で大幅に時間がかかってしまい、会計へのモチベーションも低下していました。「経費精算freee」を導入した結果、作業量は大幅に削減できました。管理画面は直感的に利用でき、デザインも非常にわかりやすいです。

*「経費精算freee」公式HP参照

まとめ

経費精算freee」は、これまで負担となっていた経理業務の効率化を図れるツールです。

そして、経営者や経理担当者がスマホから常に財務データを確認できることも魅力の一つです。

会計業務にかかる時間を削減したいと考えている企業やこれからペーパーレス化を目指したいと考えている企業には特におすすめのツールです。

そんな会社の方は、導入を検討してみてはいかがでしょうか?


画像出典元:「経費精算freee」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

経費精算の資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の【経費精算】のツール

起業ログが厳選する経費精算
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
楽楽精算
ジョブカン経費精算
Dr.経費精算
jinjer経費
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ