リクルートダイレクトスカウト

記事更新日: 2022/10/31

執筆: 桐野ひさや

編集部コメント

採用コストと工数を削減し、選考に集中できるスカウトサービス

「リクルートダイレクトスカウト」は、導入コスト0で即戦力人材をスカウトできる採用エージェントサービスです。

採用したい人材の条件やスカウト文面を設定すれば、あとはリクルートがスカウト業務を代行してくれるため工数を圧倒的に減らせます。

高年収の優秀な人材が約7割を占める独自データベースをもとにスカウトが実施されるので、より自社にマッチした人材に出会えるでしょう

スカウト送信数や候補者の選考状況については自社で管理する必要がありますが、スカウト送信や求人数は無制限のためさまざまなポストで募集がかけられます。

中途採用サービスを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

中途採用サイト(転職エージェント)を徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする12サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

スカウト条件を共有後はリクルートが候補者の抽出、スカウト送信してくれるのでスカウト工数を大幅に削減できます。

悪い点

代行はスカウトのみで、候補者とのやりとり(返信に対する回答や選考の案内)は自社対応となります。

費用対効果:

初期費用無料で成功報酬型のため、競合のスカウトサービスよりもコストを抑えることが可能です。

UIと操作性:

求人情報やスカウト文面を登録すれば、候補者の抽出やスカウト送信はリクルートダイレクトスカウトが対応してくれます。

知名度:

大手人材企業であるリクルートが運営している人材紹介サービスのため、競合サービスと比較しても、知名度は抜群です。

 リクルートダイレクトスカウトの導入メリット4つ

1. 選考に集中できるスカウト代行サービス

多忙な人事担当者に代わり、候補者の抽出やスカウト送信などのスカウト活動はリクルートダイレクトスカウトが代行してくれます。

スカウト送信数や求人掲載数は無制限で、さまざまなポストのスカウト条件が選択可能です。

求人票やスカウト条件さえ設定しておけば、後はレスポンスがあった人材への面談や選考対応のみで済むため、スカウト工数を大幅に軽減できるでしょう。

直接スカウトする手間がない分選考に集中できるので、効率的に採用活動ができます。

スカウト工数を軽減して、効率的な採用活動が実現

2. 毎月13,000人を超える人材にアプローチが可能

リクルートダイレクトスカウトは、月間の登録者が毎月13,000人を超える人材スカウトサービスです。

登録している年代の約半数が30〜40代と、経験豊富で即戦力になりうる人材と出会える可能性が高いでしょう。

経験している業種や職種も多彩で、これまでの採用活動では出会えなかった人材と接点をもてる可能性があります。

高年収帯の登録者が多く、ハイスキルな人材に直接アプローチできるのもポイントです。

独自のデータベースで即戦力人材と出会えるチャンスも

3. 採用の打ち手を増やせる導入コスト0

リクルートダイレクトスカウトは、導入コストがかからない成功報酬型スカウトサービスです。

成功報酬は入社決定後に理論年収に基づいて算出されるため、予算にあわせてスカウト人数を決定することもできます。

採用人数を増やしたい企業にとって、課題となりがちな採用コストを大幅に削減できるでしょう

スカウト送信数や求人掲載数によってコストが増えることもないので、採用の打ち手を増やすことが可能です。

ランニングコストがかからない成功報酬型

4. 抜群の知名度でアクティブな求職者が多数登録

リクルートダイレクトスカウトに登録している人材の約7割は、最終アクセスが1ヶ月以内と転職への意欲がある登録者が多いともとれます。

もとから就職や転職活動支援サイトとして抜群の知名度があったリクルートですが、2021年にテレビCMが打ち出されたことでより登録者が増えました。

転職活動に積極的な人材であれば、スカウト後のレスポンスの早さも期待できます。

よりスピード感のある採用活動を実現できるでしょう。

転職活動に積極的な人材が豊富

 リクルートダイレクトスカウトのデメリット2つ

1. 年齢表記がないため、求めている年代をスカウトしづらい

リクルートダイレクトスカウトは卒業年度でしか人材検索ができないため、特定の年代に絞ってスカウトしづらいというデメリットがあります。

卒業年度早見表等である程度の年代は絞れますが、確認に時間がかかってしまうことも。

希望スカウト条件のリスト化やタグ付けもできないので、こまめにスカウト状況を確認する必要があります。

2. 配信レポート機能や選考状況確認ツールがない

送ったスカウト状況のレポート機能が搭載されていないため、返信率の把握をしたい場合は人事担当者が配信数を手動でカウントしなければなりません。

また、採用候補者とやりとりが進んでも、選考状況を確認する方法がないため、自社で管理する必要があります。

スカウト工数が軽減した分、採用管理に力をいれられるよう工夫しておくと安心です。

 リクルートダイレクトスカウトの料金プラン

リクルートダイレクトスカウトは初期費用がかからず、採用が決定した場合のみ成功報酬が発生します

導入コストがかからず、予算にあわせてスカウト人数を決定できるため、無駄のないスカウト活動ができるでしょう。

成功報酬は1名入社につき理論年収×15%となっていて、1年未満の有期雇用契約の場合は契約期間を1年間とみなして換算されます。

初期費用 無料
サービス利用料 成功報酬型
理論年収*×15%/名
データベース利用料
(税抜)
1,500,000円/年間
※データベース無料条件あり

*理論年収=「月給固定給×12ヶ月+賞与算定基準額×前年度実績賞与支給月数」

 通勤手当、時間外・休日・深夜手当等の割増賃金は含みませんが、一律割増賃金は月額固定給に含まれます。

競合製品との料金比較

リクルートダイレクトスカウトは導入コストがかからないため、競合サービスと比較すると比較的導入しやすいスカウトサービスと言えます。

成功報酬型のため毎月のランニングコストはかからず、必要最低限のコストで済みます。

無料トライアルはありませんが、採用できるまではコストがかからないので導入相談してみてもいいでしょう。

  リクルート
ダイレクトスカウト
BizReach Wantedly
初期費用 無料 要問合せ 要問合せ
費用 データベース利用料
(無料条件あり)
+成功報酬
システム利用料*
+成功報酬*
45,000円/月*~
無料トライアル なし なし
※無料の人材お試し検索機能あり
あり

*編集部の独自調査による参考情報です。詳細は直接お問い合わせください。

 リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミ

応募獲得に苦戦していた30代即戦⼒リーダークラスの⽅の採⽤に成功
A社

これまで求⼈広告、HP経由での募集が主でしたが、新しい価値を創造するDX⼈材の募集において、リーダー格の⼈材を採⽤したいが、即戦⼒となりうる⽅の応募獲得に苦戦していました。 リクルートダイレクトスカウトを導入後は、半年で約50⼈の⽅とのカジュアル⾯談を実施でき、選考にも10名の⽅にエントリー頂けました。 ⾯談・選考という重要な部分にだけ注⼒できたのがよかったと感じています。

どの求職者にも⾃社とのマッチを感じられたことが印象的
B社

採⽤担当は⾃分⼀⼈のため⼯数が限られていましたが、BPOによって⼿をかけずに運⽤可能だと考え導⼊を決定。 導⼊から半年経たずに1名から内定承諾をいただき、30名ほど⾯談したが、いずれの⽅についても⾃社とのマッチを感じられたことが印象的でした。 また、事業進捗によって採⽤要件の⾒直しが発⽣しますが、スカウト対象のこまめなすり合わせを⾏っていただいたことで安心できたのも嬉しいポイントです。

*「リクルートダイレクトスカウト」公式HP参照

 リクルートダイレクトスカウトを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

 スカウト工数を軽減したい企業

リクルートダイレクトスカウトは、直接スカウトにかかる負担を軽減したい企業におすすめです。

検索・スカウト条件やスカウト文面の設定をすれば、候補者の抽出やスカウト送信など手間のかかるスカウト業務を代行してもらえます。

スカウト工数が軽減されることで選考や面談に集中できるため、人事担当者の業務改善にもつながるでしょう

 導入コストをかけたくない企業

初期導入コストのかからないリクルートダイレクトスカウトは、採用コストを削減したい企業にも向いています。

はじめてリクルートダイレクトスカウトを利用する企業や、特定の条件に適した企業であれば導入コストがかかりません。

スカウト送信や求人情報掲載数に制限もなく、料金が発生するのは採用時のみなのでコストを気にせず利用できます

向いていない企業

 スカウト進捗状況をレポート化してほしい企業

リクルートダイレクトスカウトには、スカウト配信数や返信率などのレポート配信機能がないため、スカウト管理は自社でしなければなりません。

そのため、候補者管理は自社で管理台帳を作成するか、別の管理ツールを利用する必要があります。

ただし、すでに採用管理システムを導入している場合は、応募者情報の取り込みをするだけで済むので環境によっては手間なく採用活動ができるでしょう。

 まとめ

リクルートダイレクトスカウトは、手間のかかるスカウト工数を減らし、効率的に母集団形成ができる人材スカウトサービスです。

即戦力になりうる人材が毎月多く登録し、直接ハイスキルな人材にアプローチできるので、従来よりもスピード感ある採用活動が実現できるでしょう

多忙な人事担当者も選考に集中できる環境が整うため、業務効率化を目指している企業にもおすすめです。

 

画像出典元:「リクルートダイレクトスカウト」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

中途採用サイト(転職エージェント)の資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

中途採用サイト(転職エージェント)
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ