プロエンジニア

記事更新日: 2021/03/24

執筆: 編集部

編集部コメント

「ITエンジニアの技術を習得したから」と就活に余裕持っていたのになかなか就職先が決まらないという方は少なくありません。しかしエージェントの力を借りれば、思いの外あっさりと希望の業界へ内定が決まることもあります。今回は「プロエンジニア」というエージェントをご紹介していきます。キャリアコンサルタントが在籍し、あなたのキャリアをしっかりサポートしてくれるサービスです。

エンジニア採用サービスを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

エンジニア採用サービスツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする2サービスの資料をダウンロードできます。

1. キャリアサポート

専門のキャリアコンサルタントによるアドバイスを受けられる

2. 無料IT研修

IT研修を無料で受けられる

3. エンジニア転職ガイド

セミナーなど、エンジニアの転職に役立つイベントに参加できる

良い点

「プロエンジニア」はITエンジニアに特化したエージェントで、無料で利用できるというメリットがあります。また、案件数は3500を超えているため、希望の業種や職種を絞って就活しやすいです。

悪い点

職種やスキル、勤務地、雇用形態などで絞って就活できますが、条件次第では内定までに時間がかかる可能性があります。

費用対効果:

無料で利用でき、IT研修も無料で受けられます。

UIと操作性:

経験ゼロでも個人のペースで利用できるため、研修も不安なく受けられるでしょう。

社外連携:

多数の企業と提携しています。

プロエンジニアの特徴3つ

1. 実践的にキャリアアップできる仕組み

「プロエンジニア」は、ITの知識が全くない方でも利用できるエージェントで、無料研修制度も整っています。

また既に何らかのスキルを習得している方に対しては、新しい技術の習得を支援する研修が用意されているので、スキルの幅を広げたい方にもおすすめです。

なお「プロエンジニア」には専門のキャリアコンサルタントがいるので、技術習得で迷いや不安がある方は、まず相談してみることをおすすめします。


研修制度が充実、キャリアコンサルタントがあなたをガッチリサポート

2. 職種や業種などを絞り込んで就活

「プロエンジニア」は数多くの企業と提携しており、職種、業種、スキル、勤務地などで絞り込んでの就活が可能です。

ITといっても開発系やインフラ系、データベース系、ITコンサルタントなど、いろいろな職種があります。

また業種もサービス系から通信系、ゲーム系、メディア系など多岐に渡りますが、「プロエンジニア」では条件を絞り込むことで、希望にピッタリの業種や職種を見つけやすいという特徴があります。


条件の絞り込み検索が可能

3. 雇用形態ごとの就活が可能

「プロエンジニア」では、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、フリーランス(常勤or在宅)というように、雇用形態を絞って就活できます。

これまでの就活エージェントでは、正社員や契約社員など、常勤または非常勤の雇用形態の案件が多いという特徴があり、フリーランス案件はほとんど見当たらない場合が多数ありました。

一方「プロエンジニア」なら、常勤だけでなく在宅勤務のフリーランス案件もあるので、常勤できない方でもしっかり就活できます。


正社員案件
 

フリーランス案件も多数登録
 

フリーランス支援制度も充実

 

プロエンジニアの料金プラン

基本的に無料で利用できます。

まとめ

技術を習得しても、就活の段階で思うような仕事に巡り合えないのがITエンジニアです。

今回ご紹介した「プロエンジニア」では、個人のスキルや希望に合わせた就活サポートを受けられるため、早い段階で希望の仕事に巡り合える可能性が高いのです。

また、スキルに不安がある方には無料IT研修制度が用意されているので、他業種からの転職を考えている方でもじっくりと就活に取り組むことができます。

利用には事前登録が必要ですが、説明だけ聞いてみたいという方は、まずは公式HPから問い合わせすることをおすすめします。

画像出典元:「プロエンジニア」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

エンジニア採用サービスの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するエンジニア採用サービス
エンジニア採用サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ