動画制作について

【最新比較】おすすめの動画制作サービス14選をご紹介!

記事更新日: 2019/11/20

執筆: 編集部

近年、個人ブログやSNSはもちろん、企業PRでも動画が使用されるケースが増えています。

しかし実際に自分で動画を作成するとなると、イメージ通りの動画撮影は意外と難しいことがわかります。

こんなときに検討したいのが、動画制作サービスです!

今回は世間に数多く展開されている動画制作サービスの中から、おすすめの14選をご紹介します。

選び方も合わせて解説するので、比較検討の参考にしてください。

動画制作サービスとは?

動画制作サービスとは、企業イメージや商品の特徴などを視覚的にアピールするための動画を制作できるサービスです。

仮に自社で動画を作成するには

・シナリオやコンテンツの作成
・役者や背景・小物などの調達
・規定時間内に収まる動画として編集

など様々な工程や技術が必要となりますが、動画制作サービスに全て任せることで、動画編集に詳しい従業員が居なくても、企業のイメージ通りの動画が出来上がります。

こうして出来上がった動画は企業サイトや営業用資料として、また新人教育や求人募集時の企業紹介としても活用することが可能です。

動画制作のために専門担当者を置く必要もなく、費用を抑えることができる点も魅力でしょう!

使ってみよう!おすすめの動画制作サービス3選!

1. アニメーション動画といえば『Crevo』

画像出典元:「Crevo」公式HP

特徴

「Crevo」は高品質かつ最適価格での動画制作を可能とする動画制作サービス。国内外約5,000名のクリエイターから専属の制作チームを組み、フルサポートしてくれる点が安心です。特にアニメーション動画は業界No.1を謳っており、大手企業からスタートアップまで様々な業種・目的・用途に合わせた制作実績を持っているため、幅広い業種に対応してくれます。

機能

・最適な制作チームを案件ごとにアサイン
・専属スタッフがフルサポート
・効率的なコミュニケーションを実現

 

2. 制作注文から納品まで全て丸投げ『カチコ』 


画像出典元:「カチコ」公式HP
 

特徴

「カチコ」は、動画制作の制作注文から納品まで全てお任せできる動画作成サービスです。

初めての方も低料金プランから用意されており、1本無料お試しで動画制作が可能など、導入ハードルが低いのが特徴です。特に短時間動画の制作に強く、15秒動画からお手頃価格で依頼できます。必要な素材撮影からスケジュール手配も全てお任せでき、作成後の動画の活用プランまで提案してくれる点も魅力です。

機能

・短時間動画・高品質動画制作
・撮影はもちろん素材の準備もお任せできる
・作成した動画の活用方法をご提案

料金プラン

・お試しプラン: 0円 / 1本
・月額19,800円プラン: 19,800円 / 月1本
・月額39,800円プラン: 39,800円 / 月3本
・月額49,800円プラン: 49,800円 / 月5本

 

3. ハイクオリティ映像なら『Shibuya Movie』

画像出典元:「Shibuya Movie」公式HP

特徴

「Shibuya Movie」は、商品や企業の魅力をまるで本物の映画のような世界観で制作するハイクオリティな動画制作サービスです。公式サイトの映像実績ページでは数多くの制作動画を公開しており、クオリティへの自信がうかがえます。またコラムにて数々の情報を発信したり、動画を作ったその先を見据えて対応したりする姿勢により、企業から信頼を得続けています。

機能

・完全オーダーメイドの安心感
・手軽な映像作成から細部までこだわった演出まで幅広く対応
・実写映像とアニメーションを組み合わせ可能

料金プラン 

・Entry Plan:200,000~
・Light Plan:500,000~
・Basic Plan:1,000,000~
・Premium Plan:2,000,000~

 

その他の動画制作サービス

payless

画像出典元:payless 公式HP
 

特徴

オリジナルの写真や動画の入手に悩んでいないでしょうか。「payless」は高品質・低価格で広告用のあらゆる写真・動画制作に対応しているので、手軽に費用を抑えながらこだわりのある写真や動画を手に入れたい際に最適のサービスです。

料金プラン

写真撮影の中でも撮影プランによって利用料金が変わってきます。

  • モデル撮影プラン料金:108,000円〜/5時間
  • モデル撮影プラン料金:145,000円〜/8時間
  • プロフェッショナル撮影プラン料金:60,000円〜/3時間
  • プロフェッショナル撮影プラン料金:88,000円〜/5時間
  • プロフェッショナル撮影プラン料金:120,000円〜/8時間
  • 空中撮影プラン料金:60,000円〜/3時間

いずれのプランも使用する機材や出張交通費、スタッフの人数などによってオプション料金が追加になります。

また、動画撮影の場合は以下の基本料金が設定されています。

  • 動画撮影料金:78,000円〜/3時間
  • 動画撮影料金:138,000円〜/8時間
  • 動画編集料金:48,000円〜(基本料金)

こちらも使用機材や編集内容によってオプション料金がかかります。

 

PROOX

画像出典元:PROOX 公式HP
 

特徴

PROOX」は映像制作をして終わりではなくコンサル型が特徴のため、企業の課題や特徴をしっかりと理解した上で積み上げたノウハウを元に動画を制作・マーケティングします。

毎月100本以上の製作実績から着実に積み上げた広告効果を可視化し、動画の制作やコンサルティングに活かす仕組み作りができています。

料金プラン

各社の予算に合わせて動画制作をしますが、基本的には4プラン用意しています。

実写・撮影の動画や1分~2分程度の映像編集・ナレーションができるエントリープランは30〜50万円。

オリジナルフルアニメーションやプロモーション、事業紹介動画に適したスタンダードプランは50〜80万円。

CGやハイクオリティな演出を含み、CMなどの広告に利用できるような動画はプレミアムプランで80〜150万円。

最近話題のセルアニメや全国放送のCM、企画プランニングを含むハイグレードプランは200万円〜です。

 

FILMBANK

画像出典元:FILMBANK 公式HP

 

特徴

高画質なアニメーション動画を利用した効果的なマーケテイングツールです。会社のサービスやコンセプトをアニメーションを通して視覚的、直感的に伝えることが可能になります。プレゼンを効果的に進める最強のツールとして活躍すること間違いなしです。

 

ラクスル

画像出典元:ラクスル 公式HP

 

特徴

CMマーケティングで悩んでいる会社にはうってつけです。会社の過去の実績をもとに効果的なテレビCM、マーケティングを提案してくれます。

手軽に費用を抑えながらこだわりのあるテレビCMを作れる充実したプランが魅力なので、効率的なマーケティングが必要な会社でも重宝するでしょう。

料金プラン

・トライアルプラン:30万円
・1週間集客プラン:50万円
・1ヶ月ブランディングプラン:100〜150万円
・1ヶ月認知最大プラン:200〜350万円

CM制作の予算と選択するプランによって利用料金が変わってきます。

CMを利用してどの程度視聴者に認知させたいかによって、CMを放映する回数や期間が異なります。CMを放映することでどのような効果を狙っているかを明確にしておきましょう。

ちなみにトライアルプランでは制作のみの提供なので、CM制作は初めてだけれど実際に自社のCMを作ってみたいというユーザーにはおすすめのプランです。

 

90 Seconds

画像出典元:90 Seconds 公式HP

特徴

「90 Seconds」は、企業のための動画制作プラットフォームで、東京をはじめシンガポールやシドニーなど、世界中どこでも好きな動画を制作することが可能です。

また、FacebookやYouTubeなどに対応した動画の制作も可能ですので、導入することで企業をPRする方法の幅がさらに広がるでしょう。

 

ムビラボ

画像出典元:ムビラボ 公式HP

特徴

「ムビラボ」は動画制作で悩んでいる会社にはうってつけです。近年、スマートフォンの普及から動画の用途は、確実に増えてきています。

動画制作を自分たちで行うハードルは高く、機材等のコストがかかります。大量の動画コンテンツを安く制作したい会社は重宝するでしょう。

 

Magisto

画像出典元:Magisto 公式HP

特徴

「Magisto」は熱意や感情をそのまま顧客に伝えることができるビデオマーケティングが手軽に始められるツールです。

素材があればわずか数分でAIエディタがビジネス動画を編集してくれるので、後は配信するのみ。動画がどれだけ見られているかはグラフにできるのでビデオマーケティングのノウハウが蓄積されます。

料金プラン

プレミアム・プロ・ビジネスの3種類プランがあります。

プロでは5分以内、ビジネスでは10分以内と動画の長さや行える機能に差があります。

プロとビジネスは無料トライアルがあるので使用感を確かめてから導入可能です。

 

Borderless

画像出典元:Borderless 公式HP

特徴

「Borderless」は動画制作クリエイター自ら企画・提案・打ち合わせ・納品まで担当。企業とクリエイターの間に別の人材を挟まないことで、コミュニケーションを円滑化します。

コミュニケーション力も兼ね備えたクリエイターに動画制作を依頼することで、企業のニーズを反映した動画がスムーズに制作できるでしょう。

料金プラン

「Borderless」の利用料金は動画制作の分野・内容等により変動します。

 

Viiber

画像出典元:Viiber 公式HP

特徴

動画制作に関わる費用を低コストに、かつ明確にしたことで人気を博しているのが動画制作ツール「Viiber」。「動画の世界を変える。動画で世界を変える。」というミッションの下、自身もメディアを運営することでクライアントの目線に立った動画制作の企画・提案を行っています。

思い描く通りの動画を低予算短納期で実現できるでしょう。

料金プラン

Viiberの基本的な料金体制は30万円~/60万円~/100万円~の3タイプ。

さらにリーズナブルなプランとして写真・動画素材販売サイトPIXTAの素材を使用すれば15秒の動画を14万8,000円~制作できるサービスもあります。

 

CM STUDIO

画像出典元:CM STUDIO 公式HP

特徴

「CM STUDIO」はテンプレート式かアンケート式のどちらかで動画を簡単に制作でき、専門知識が一切必要のないツールです。直感的な操作で制作し、動画のプレビューまでは無料なので、出来栄えを確認した上で料金を支払えます。

料金プラン

動画は1本5万円で複数動画を制作する場合はチケット制プランがお得になります。

プレビューで納得いったクオリティのものが納品されるため、制作結果がイメージと違うという事が無く、安心して購入可能です。

プレビューまでは無料で操作可能なので、使用感と制作結果を確認した上で支払えます。

 

VideoLicious

画像出典元:VideoLicious 公式HP

特徴

「VideoLicious」はモバイル1台で簡単にビジネス動画を社内制作でき、あらゆるビジネスシーンに対応した動画を配信可能です。

動画は4つのステップで完成し、一律料金のため大量に動画を制作しても料金は変わりません。セールスシーン・イベントレポート・社内広報など使用シーンを選ばない動画の制作が実現します。

料金プラン

動画の制作本数は関係なく一律料金で費用が発生するため、多くの動画制作を考えている会社に合っています。

 

動画制作サービスの3つの選定ポイント

1. 制作側にどこまで丸投げできるか

動画制作サービスを利用する最大のメリットは、より効果的な動画をできるだけ企業側で費用や工数をかけずに制作できる点です。

そのため、どの部分まで動画制作サービスにお任せできるのかを確認しておきましょう。

・イメージを画像に起こすコンテ作成
・動画全体のシナリオ作成
・必要な役者や小物の選定・撮影

など、色々な工程を得て動画は制作されます。

予算とのかねあいもありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

また、制作工程の間も企業の持つイメージに合っているかを都度確認できるようなサポートがあると、より満足できる作品に仕上がるのでおすすめです。

2. 納期はどのくらいかかるのか

まずは、動画制作サービスに発注してから手元に作品が届くまでの期間を確認しておくことはマストです。動画作成を依頼してからあまり日数がかかるようでは、イメージ通りに活用できなくなるかもしれません。

例えばキャンペーン用動画を制作する場合は、キャンペーン開始時期に完成していることはもちろんですが、映像への季節感が実際に公開する時期とずれてしまっては、効果も半減です。

また一度作った動画を長く活用したいと思う場合は、内容を適時新しくしていくことが必要になりますが、元画像の一部だけ更新可能か、その場合費用は安くなるのか、など細かい部分も含めてサポートしてくれるかも確認しましょう。

3. 動画の活用方法を提案してくれるか

動画制作サービスに依頼して完成した動画は、自社サイトをはじめとしたネット上での公開に適した動画となっています。

せっかく作成した動画ですから、より効果的に動画を配信し、より多くのユーザから注目してもらいたいものです。

そのため、たとえば動画に対するSEO対策(検索サイトでより上位にヒットするよう対策する)など、ネット上で効果的に展開する手段などは知っておきたいところ。

こういったノウハウは動画制作サービス側もたくさん持っていますので、納品した作品について効果的な手段を提案してくれるかを確認してみましょう。

動画制作サービス導入のメリット

動画制作サービスには大きく3つのメリットがあります。

1. 動画制作ノウハウがなくても、動画制作が可能

「動画で商品や企業を紹介しようと思っても何から始めたら良いのか…」と悩む企業には、動画制作サービスはうってつけです。

「具体的にどうしたら良いか」から「動画が完成した後はどのように活用すれば良いのか」まで、全て動画制作サービスにお任せすることができます。

2. 企業イメージを誰もがわかりやすい形に展開

社員同士で伝わるイメージは、不特定多数が理解できるとは限りません。文章や静止画だけではどうしても伝えきれない雰囲気や手順、実際のイメージを伝えるには動画は最適です。

動画制作サービスは映像のプロのため、一番魅力が伝わるシナリオや映像シーンなどを提案・作成してくれます。

3. 利用シーンに合わせて動画を用意できる

作成した動画はどこで活用するかにより、動画の時間やクオリティなどを変えたいと思うことがあるでしょう。PRとして使用するならよりインパクトのあるイメージで、商談で使用するなら詳細情報がわかりやすく伝わる動画を使いたいと思うものです。

こうしたリクエストにも動画制作サービスは答えてくれるため、同じテーマでも色々なパターンの動画を使い分けることが簡単になります。

動画制作サービス導入のデメリット

一方で、動画制作サービスを導入するデメリットもいくつかあります。

クリエイターが多く選択に悩む

動画制作サービスでは、国内外に数千名~数万名のクリエイターネットワークを持っており、この中から、専属スタッフとしてマッチングするクリエイターを選ぶのは一苦労です。

また、クリエイタースタッフは動画制作サービス会社の社員では無く、契約しているクラウドワーカーから選ばれるケースが多く、スタッフの腕も得意分野もピンキリのため、相性の良いスタッフに当たるかも運しだいになります。

2. イメージしていたクオリティと差が出る場合も

いざ映像が出来上がってみたらイメージと異なっている、というケースは避けたいところです。

そのため、制作過程では小まめにスタッフとの意思疎通を行っておくことは重要です。もし無料サービスなどがあれば、実際の動画イメージも把握できるため、利用すると良いでしょう。

まとめ

起業ログ編集部おすすめの動画制作サービスを比較紹介しました。

今回ご紹介した動画制作サービスの導入によって、企業イメージや商品の特徴をユーザに強くアピールすることで、企業への注目度ももっとUPすることでしょう。

一度動画制作サービスを活用してみたいと考えている方は、ぜひ今回紹介したツールを始めとした動画制作サービスの導入を検討してみることをおすすめします!

動画制作のITツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ