動画配信サービスについて

【2019年版】おすすめの動画コンテンツ配信サービス7選を比較!

記事更新日: 2019/11/01

執筆: 編集部

従業員向けに共通ルールなど何かを伝えようとする場合、より正確に分りやすく伝えたいと思う場面は多くあります。

全支店・拠点へ一律に情報発信を行うこと、また様々な職種や経験年数・年齢の対象者に向けて「スピーディー」に「確実に伝わる」情報伝達を行えるようにすることは、とても重要な課題です。

こんなシーンで活用したいのが、動画による情報配信です。

しかし、どのように動画を配信するシステムを構築したら良いのか、ノウハウを持っていない企業も多いのではないでしょうか。こんなときに是非ご検討頂きたいのが、動画配信サービスです!

今回は世間に数多く展開されている動画配信サービスの中からおすすめの7選をご紹介します!

それぞれの特徴をまとめたので、比較検討する際のご参考にしていただければと思います。

動画・配信サービスとは?

法人向けの動画・配信サービスとは、社内共通ルールなどを動画で作成し配信するサービスです。

文章だけのマニュアルでは伝えにくい作業を動画で説明する研修・教育資料として、また顧客向けに営業担当者の提案資料としてなど使い方は様々。

作成された動画はセキュリティ対策がしっかりとしたクラウドサーバ上に管理されるので、視聴者は自社席のPCだけではなくスマホなどのモバイル端末からも利用でき、いつでもどこでも動画を確認できます。

共有したい情報が一部変更になってもクラウド上の動画を一部編集するだけなので、更新内容も素早く公開できます。

試してみよう!おすすめ動画・配信サービス3選!


 

1.開発から運用まで、ワンストップで!『ULIZA』

画像出典元:ULIZA 公式HP
 
 

特徴

動画配信プラットフォーム「ULIZA」が多くの顧客に支持されているのは、動画配信に関わるほとんど業務を丸投げできてしまうから。

動画配信サービスの開発から、動画配信の運用まで幅広い業務をワンストップで請け負ってくれます。

プロモーション動画や社員向け教育動画などのほか、複数拠点をつないだ生中継動画配信にも対応している汎用性が高いサービスです。

機能

・会員限定有料動画配信など、プレミアムコンテンツの配信に必要な各種機能
・動画配信サービスの受託開発やコンテンツ運用を行うプロフェッショナルサービス
・動画配信開始に必要な機能をパッケージに統合

料金プラン

料金プランは資料をご参照ください。

 

 

2. 動画で企業の「生産性向上」を実現『ビジュアモール・ムービーライブラリー』


画像出典元:「ムービーライブラリー」公式HP

 

特徴

「ビジュアモール・ムービーライブラリー」は、動画共有を手軽に実現できる法人向け動画共有サービスです。

クローズドな環境で、専用ポータルサイトから視聴、アプリケーションにより動画の投稿~共有~閲覧までを簡単に行うことができます。

また細やかな配信制御でよりセキュアな動画共有を実現するクラウドサービスです。マルチデバイスに対応しているので視聴場所も問いません。配信流量無制限で視聴し放題な料金体系も魅力です。

機能

・ブラウザで利用する「コンテンツ管理システム」の提供
・視聴者参照用の「ポータルサイト」を提供
・スマートフォン向けの撮影・閲覧用の「アプリケーション」の提供

料金プラン

・基本パッケージmini:40,000円 / 月
・基本パッケージ:100,000円 / 月
・基本パッケージZ:350,000円 / 月

※詳細はビジュアモールムービーライブラリーに直接お問い合わせください。

 

3. シンプル、簡単に動画活用するなら『MOOGA』 


画像出典元:「MOOGA」公式HP
 

特徴

「MOOGA」は「しんせつ」 「かんたん」 「わかりやすい」 にこだわった法人向け動画配信サービスです。

ユーザーや動画へのパスワード設定やストリーミングによるセキュア対応も万全、サービス連携を可能にするAPIやユーザー視聴動向の分析など、動画配信後までも考えた機能が満載です。

画質の自動判定やチャプチャー機能など視聴者に優しい機能も搭載しながら、月額1.5万円から利用できるコスパの良さも魅力です。

機能

・特定グループに期間限定で配信
・視聴環境に応じて画質を自動判定
・マルチデバイス対応

料金プラン

・ライトプラン:15,000円 / 月
・スタンダードプラン:30,000円 / 月
・プレミアムプラン:50,000円 / 月
・プラチナプラン:100,000円 / 月

※詳細はMOOGAに直接お問い合わせください。

 

その他のおすすめ動画・配信サービス

MILLVI


画像出典元:「MILLVI」公式HP
 

特徴

「MILLVI」は導入実績500件以上を誇る、国内最大の動画配信システムです。

動画の登録から配信まで、最短5分からスタートできるのが助かります。

強固なセキュリティ対応、マルチデバイス対応、視聴実績分析など必要な機能が一通り揃っていて料金は5万円から。

配信作業フローもわずか4ステップで終了とシンプルで、ライブ配信にも対応している点も魅力です。

機能

・納得の価格と充実の機能
・誰でも簡単に導入できる
・安心の実績

料金プラン 

・スタンダードプラン:50,000円/ 月
・プロフェッショナルプラン:100,000円/ 月
・エンタープライズプラン:要見積もり

※詳細はMILLVIに直接お問い合わせください。

 

C-stream

画像出典元:C-stream 公式HP
 
 

特徴

「C-stream」は完全クラウド型の動画ストリーミング配信システム。

事前に録画した動画はもちろん、ライブ動画の配信にも対応しています。また、「C-stream」のシステムを利用したeラーニングシステムやセミナーシステムの構築も可能です。

運営会社は映像制作も行っており知識が豊富。これから動画制作を始める企業にもおすすめです。

料金プラン

「C-stream」は初期導入費用は無料です。

月額料金(配信費用)は税抜5,000円~で一月の動画配信容量が10GBを超えた場合、超過配信量により料金が加算されます。

 

ひかりクラウド スマートビデオ

画像出典元: ひかりクラウド スマートビデオ 公式HP

 
 

特徴

「ひかりクラウド スマートビデオ」は、ビデオオンデマンドやLIVE動画を視聴者に配信するサービス。

簡単操作でマルチデバイスへ動画を配信できます。

動画配信サービスは高額な初期費用が必要というイメージがあるかもしれませんが、こちらのサービスはクラウド型サービスのため、配信サーバを購入する必要はありません。

料金プラン

※詳細は「ひかりクラウド スマートビデオ」に直接お問い合わせください。

 

P-stream

画像出典元:P-stream 公式HP

 
 

特徴

「P-stream」は社員教育や商品案内など、社内にある動画を簡単に配信できるサービスです。

「無広告で動画を配信したい」「簡単に導入できるサービスがない」「できるだけ安く利用したい」…このようなお悩みを「P-stream」が解決します。

料金プラン

・スターターパック:9,800円/月(税別)
・スタンダードパック:24,800円/月(税別)
・エンタープライズパック:74,800円/月(税別)
・ボリュームパック:198,000円/月(税別)

初期費用:30,000円

※詳細は「P-stream」に直接お問い合わせください。

 

動画・配信サービスの3つの選定ポイント

1.動画の作成~登録手順を具体的に確認

動画配信サービスの主な機能は、登録された動画の管理、および動画を各方面に配信することです。

配布する動画は、自分で作成しないといけません。

作成した動画の登録時には、実際どのような手順で作成を進めるのかを確認しておきましょう。対応する動画フォーマットが指定されている場合もありますので、確認が必要です。

サービスによっては動画作成アプリを提供している所もあります。その場合、アプリの対応OSが固定されている場合もありますので確認しておきましょう。

2. 料金体系を確認

せっかく動画を作成するのですから、より色々な情報を含めた動画を多数登録し、大多数に公開したいと思うケースも少なくありません。

動画配信サービスの料金体系には様々あり、公開する視聴者数や動画のデータサイズで料金プランが固定される場合があります。

また、過去に作成した動画を一緒に保存・公開したい場合には、動画配信サービスのストレージ容量も確認しておく必要があります。

当然、多くのデータを保存しておきたい場合は、より多くのストレージ容量が必要になるため、料金が上がるケースもあります。

動画の容量は、圧縮率やビットレートによって大きく変化しますので、正確な容量を確認したい場合は、無料トライアルを利用して確認することも考慮に入れておきましょう。

3. 付加サービスの有無を確認

作成した動画は、動画・配信サービスが管理するクラウド上で一括管理されます。

サービスによっては、公開した動画がどのくらい参照され、どのコンテンツにより多くのアクセスがあったか等の利用状況を収集・分析してくれる機能があります。

分析結果を検討することによって、より有効な動画を作成・活用し、より効率良く動画サービスを活用できるようになります。

また登録した動画を別途活用できるような別アプリへの連携や、公開先を絞るなどの視聴制限機能など、細かな部分に対応した機能も備わっているかも確認ポイントです。

せっかく作成した動画ですから、より長期間活用できる環境を提供してくれるサービスを選択するようにしましょう。

動画・配信サービス導入のメリットとデメリット

メリット

動画・配信サービスには大きく3つのメリットがあります。

1. 紙媒体のマニュアル作成工数を削減できる

動画には「文字」「音(声)」「映像」の情報を一度に伝えることができるため、文章のみで構成されるマニュアルよりも、多くの情報を伝えることができます。

そのため電子化を含めた文章主体のマニュアルページを一部動画参照に差し替えるだけでも、マニュアル作成工数を抑えることができるようになります。

教育テキストは全て動画で行い、確認テストのみ文章で提供するなど、適用範囲を明確にすることで、より効果的なマニュアルを作成・活用できます。

2. 非言語情報が伝わり、記憶に残りやすい

動画では「文字」「音(声)」「映像」の情報を詰め込めます。

そのため、文章だけで構成される紙のマニュアルでは伝えきれない情報を動画配信によって伝えられるようになります。

視聴者も文章で読むよりも内容が頭に入りやすく、具体的な作業内容を動画で確認することができるため、理解が早く、深くなる効果が期待できます。

3. 多拠点への情報共有が容易になる

企業の本社だけではなく支社や拠点が各地にある場合も、同じ動画を全拠点に配信することで簡単に同じ情報を複数拠点で共有できるようになります。

またマルチデバイス対応のサービスであれば、出張中の社員もスマホで確認できます。

各地の営業先の顧客へ商品概要を説明する時にも、動画配信は有効な営業ツールとして活用できるようになります。

デメリット

一方で、動画・配信サービスを導入するデメリットもいくつかあります。

1. 動画は自前で作成する必要がある

文章で読むよりも直観的に内容が判りやすいというメリットを生かすため、是非文章だけでは伝わりにくい点をポイントにした動画を作成したいところです。

しかし動画自体は、自分で用意する必要があります。

撮影機材も自前で用意する必要があります。

サービスによってはスマホアプリが提供されている場合がありますが、OSが固定されている場合もあります。

また、Youtuberのように照明やタイトル挿入などに凝りだしてしまうと、予定より作成工数が増えてしまうかもしれません。

まずはどこまでのクオリティでマニュアル作成を行うか、事前に決めておくと良いでしょう。

2. 視聴者人数・データ容量制限がある

月額料金は安くても、一度に配信できる通信データ容量や視聴ユーザ数の上限が決まっている場合があります。

もちろん視聴者無制限、データ容量無制限の方が使い方に幅は広がりますが、動画のコンテンツを小規模に分けて工夫するなど、よりポイントを絞った動画を作成・配信することでデータ容量を節約できるかもしれません。

動画の容量は圧縮率やビットレートによって大きく変化しますので、正確な容量を確認したい場合は、無料トライアルを利用して確認することも考慮に入れておきましょう。

まとめ

以上が【2019年版】「一目で分かる共有情報を!おすすめの動画・配信サービス7選をご紹介!」についてでした。

今回ご紹介した動画・配信サービスの導入によって、共有情報を効果的に全社員に素早く通知できるようになり、より作業全体の作業効率の向上も期待できるようになるでしょう。

一度動画・配信サービスを活用してみたいと考えている方は、ぜひ今回紹介したツールを始めとした動画・配信サービスの導入を検討してみることをおすすめします!

 

動画配信サービスのITツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ