OneStream

記事更新日: 2022/03/16

執筆: 山川知沙

編集部コメント

誰でも簡単に会員制動画サイトを作れるプラットフォーム

「OneStream」は月額9,800円の低価格から利用できる動画配信プラットフォームです。動画配信サイト作成・運用に必要な全てが揃っているので、誰でも簡単に動画サイトを構築できます。

低コスト&短時間で手軽に動画配信サイトを作りたい企業にはうってつけです。不特定多数への配信には向きませんが、対象を絞った限定配信が得意なので、セミナーや研修動画などの配信にも向いています。

動画配信プラットフォームを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

動画配信プラットフォームを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする7サービスの資料をダウンロードできます。

OneStreamだけ知りたい方はこちら

OneStreamの資料を請求
良い点

低価格かつ、コーディングやデザインなど専門スキルがなくても動画サイトを作れます。iOS、Androidの専用アプリを制作でき、ストアリリースのサポートがあるのも嬉しいポイントです。

悪い点

動画へのコメントと返信(1回まで)は可能ですが、チャット機能はありません。ユーザーとのコミュニケーションはシンプルです。

費用対効果:

月9,800円〜の低価格でユーザ数も無制限。エンジニアの人件費を抑制でき、利用者が増えるほどコスパが向上するサービスです。

UIと操作性:

とにかく少ない工数でサイト構築が可能です。基本プランでも分析・マーケティング・カスタマイズまで機能が揃っています。

導入ハードル:

即日の導入可能。14日間の無料トライアルもあり、トライアル中に作成したコンテンツをそのまま有料版へと引き継げます。

サポート体制:

初期費用は0円ですが、初期の導入サポートもあり、運用開始後も1on1のサポートを受けることができます。

OneStreamの導入メリット5つ

1. 安く早く簡単に動画サイトが作れる

「OneStream」は、エンジニアでなくても低コスト・短時間で手軽に動画配信サイトを作れる動画配信プラットフォームです。

配信したい動画はいつでもアップロード可能。

アップロードした動画は自由にタグやカテゴリを設定でき、一連のプレイリストとして簡単にまとめられます

これなら、コーディングやデザインスキルなど専門知識がなくても、簡単に動画サイトが作成できますね。

さらに、初期費用は0円、月額料金は9,800円〜と低価格から利用できるのも大きな魅力!

14日間の無料体験もあり、動画やプレイリスト、会員など、無料体験中に登録した情報は全てそのまま引き継げるので安心です。


タグ設定も簡単



簡単1分で動画サイトを構築できる

2. 会員制もサブスクリプション制も自由に設定

「OneStream」なら簡単に会員制の動画サイト作成が可能。

今、学習塾やジム、セミナーなど会員制を敷く企業が、「OneStream」を活用し次々に動画ビジネスをスタートさせています

「OneStream」では、ロゴや動画をアップロードするだけで、ユーザ向けの専用ページが自動作成されます。

グループごとの配信もできるので、オンラインセミナーなどにうってつけですね。

さらに、オプション機能にはなりますが、ユーザ課金の設定も可能。

月額・年額の選択や課金金額の設定など、課金方式もカスタマイズできます。


グループごとの公開も可能

3. 優れたユーザビリティ

「OneStream」で作成された動画サイトはPCのみならず、スマホにもばっちり最適化できます。

オプションではありますが、iOS、Androidの専用アプリを「OneStream」からエクスポートでき、ストアリリースのサポートがあるのも嬉しいポイントです。

アプリがあれば、電車の中でもカフェでも、ユーザーはどこにいても快適にコンテンツを視聴できます。


スマホから簡単に動画の視聴ができる

また、ユーザーは動画に対して自由にコメントを書き込めます。

動画を視聴して感じた疑問などをすぐに書き込めるので、迅速に疑問や問題を解決できます。

Youtubeなどではコンテンツへの誹謗・中傷が後をたちませんが、会員制のサイトならコメントのルールを設けるなど、一定の秩序が保てます。

それは、コメントを書く側のユーザにとっても安心できる環境であり、YouTubeではなかなかつくり出せない環境です。

さらに、ユーザは動画に添付された資料を簡単にダウンロード可能。

社内研修などで活用すれば、社員はいつでもスマホで動画と資料を視聴でき、とても便利です。

4. 視聴分析もできる

「OneStream」では、どのユーザがどの動画をみているのか、管理画面から確認・分析できます

再生回数や閲覧者数だけでなく、誰がどのコンテンツを視聴しているのかまで細かく確認できるので、オンラインスクールなどの学習系サイトのほか、企業での社内研修にも最適です。

個別視聴分析とサイト視聴分析機能を活用すれば、常にサイトのブラッシュアップが可能。動画サイトの作りっぱなし状態を防げます。


管理画面から分析可能

5. Proプランはライブ配信にも対応

「OneStream」では、ユーザに向けたライブ配信もできます。

学習塾やジムなどのオンラインスクール、企業での研修などで、より活用の幅が広がることでしょう。

使い方は簡単。「OneStream」にZoomのミーティングIDやウェビナーIDを入れるだけで、会員に配信することができます。

運営側はZoomのアカウントが必要ですが、ユーザはZoomのアプリをダウンロードするなどの余分なストレスなく、「OneStream」上で視聴できます。

資料請求リストに追加する

 

OneStreamのデメリット2つ

1. テンプレート機能がない

他の動画配信プラットフォームの中には、多様なテンプレートが用意されたサービスもありますが、「OneStream」には残念ながらテンプレートの機能はありません。

一つの画面でサクサクと動画サイトを作成していける反面、デザインの選択幅が狭いのが残念なポイントです。

2. チャット機能はない

「OneStream」にはチャット機能はなく、動画へのコメント機能のみです。

コメントへの返信は1回までなので、ユーザとのコミュニケーションはシンプルなものになるでしょう。

文字ベースで議論を深めることには向かないため、社内研修などに「OneStream」を利用する場合には、先にご紹介したライブ配信機能を活用したウェビナーが主体になるでしょう。

OneStreamの料金プラン

「OneStream」の初期費用は無料です。

有料プランは3種類。主に動画容量数で料金が異なります。

最低利用期間の縛りはありません。

Businessプランでは独自のドメインを設定できるので、自社独自の動画サイトや動画サブスクリプションサービスを展開したい企業におすすめです。

今なら、14日間の無料体験を試せます。

  基本プラン Proプラン Businessプラン 
月額固定費用 9,800円(税別) 19,800円(税別) 要問合わせ
動画容量 10GBまで 30GBまで 要相談
機能 ・基本機能
・アカウント数無制限

・基本機能
・アカウント数無制限
・LIVE配信

など

・基本機能
・アカウント数無制限
・LIVE配信
・独自ドメイン
・課金カスタマイズ
・専用アプリエクスポート
・エンドユーザ用ヘルプデスク設置

など

 

競合製品との料金比較

以下の表のとおり、月額料金はサービスにより大きく異なります。

基本的に月額料金は、動画容量によって決まってくることが多いですが、「Vimeo」のように、週での容量数が決まっている代わりに月額料金がめちゃくちゃ安いなど、各種サービスによって様々です。

導入の際には、自社の目的をしっかり見定め、コストに無駄がでないよう慎重に選びましょう。

  OneStream クラストストリーム Vimeo
初期費用 0円 0円 0円
月額費用 9,800円〜 55,000円〜 700円〜
動画容量 10GB 1,024GB 5GB/1週間

 

資料請求リストに追加する

 

OneStreamを導入すべき企業

「OneStream」が向いている企業はズバリ、次の3つ。

1. 会員制の動画サイトを簡単に作成し運営したい企業
2. 動画コンテンツを利用し社内研修を行いたい企業
3. 動画サブスクリプションサービスを始めたい企業

それぞれ詳しく解説します。

1.会員制の動画サイトを簡単に作成し、運営したい企業

4つのメリットでもご紹介したとおり、「OneStream」のメリットは特別なスキルや知識を必要とせず、誰でも簡単に動画サイトを作れること。

エンジニアでなくても、誰もが動画サイトを作成できる簡易さです。

また、動画管理をはじめ、会員管理や視聴分析の機能も搭載されているため、他システムと連携するなどややこしい作業は不要

サイト運営も楽々行えます。

2.動画コンテンツを利用し社内研修を行いたい企業

「OneStream」は限定配信が得意なプラットフォーム。その強みは企業内でも活かせます。

例えば、社内研修。研修動画サイトを作成し、社員のみに限定配信すれば社外秘の情報でもセキュリティも安心です。

また、社員別に視聴の有無を確認できるので、確実に社員に研修を受けさせられるのもポイントです。

動画サイト内で社員からの質問を受けることもできます。

他には、マニュアルの配信やナレッジの共有などで利用できそうですね。

3.動画サブスクリプションサービスを始めたい企業

「OneStream」のオプション機能を利用すれば、ユーザ課金のカスタマイズが可能。

ハードルが高そうな動画サブスクリプションサービスの運営も、システム内で手軽に行えるのが魅力です。

さらに、iOS・Androidの専用アプリの配信も可能。

はじめは範囲を絞ってスタートし、軌道に乗ってきたら徐々に対応範囲を広げていく…というようなビジネス展開も実現できます。

資料請求リストに追加する

 

向いていない企業

不特定多数に配信したい企業

「OneStream」は限定配信が得意なプラットフォームです。

Youtubeのように不特定多数を相手に発信する場合には向いていません。

デザインにとことんこだわりたい企業

「OneStream」ではコーディングもデザインスキルも不要。

誰でも簡単に動画サイトが作成できますが、その反面、デザイン性は期待できません。

文字の装飾やサイズ程度は編集できますが、テンプレートも用意されておらず、個性的なサイトを作りたい企業には向かないでしょう。

まとめ

「OneStream」は低価格で利用でき、誰でも簡単に会員制の動画サイトが構築できるプラットフォーム。

エンジニアが確保できない企業やとにかく低コストで自社独自の動画サイトを構築したい企業におすすめです。

限定配信が得意でもあるので、セミナー動画や研修動画の配信に力を入れていきたい企業にも向いています。

資料請求リストに追加する


画像出典元:「OneStream」公式HP、O-DAN(オーダン)

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

動画配信プラットフォームの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

動画配信プラットフォーム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ