Brightcove Video Cloud

記事更新日: 2021/05/13

執筆: 編集部

編集部コメント

「Brightcove Video Cloud」は高品質な動画配信かつマーケティングや分析機能を兼ね備えた、オールインワンの動画配信プラットフォームです。世界中の主要なCDNと提携しているため、視聴者はどこにいてもクオリティの高い動画を見ることができます。操作方法が非常にシンプルなため、ITリテラシーの低い方でも、簡単に動画配信・動画コンテンツマーケティング・社内研修への動画活用を実施することができます。日本でも導入企業がたくさんあり、実績のある動画配信プラットフォームです。

動画配信プラットフォームを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

動画配信プラットフォームツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

動画配信

様々なフォーマット、デバイスへの動画配信、コンテンツの一括管理、視聴解析などがオールインワンで簡単に操作することができる。

動画マーケティング

ブランド認知やEコマースなど動画を活用してお客様とのより深い信頼関係が生まれる。

社内動画配信プラットフォーム

強力なセキュリティのもと、新人研修、社内トレーニングなど企業内での社員との信頼を深める。

良い点

グローバルに動画配信したい企業にオススメ。テレビ局、新聞社、一般企業など日本を含む世界の3,000社以上で利用されており、実績が多く信頼されている動画プラットフォームです。

悪い点

オンラインマニュアルやヘルプページが少々わかりにくいです。不明な点はカスタマーサービスにその都度問い合わせる事をオススメします。

費用対効果:

利用者数や再生回数によって金額が異なるため、会社の規模に合った運用が可能です。

UIと操作性:

管理画面がシンプルでわかりやすく、動画をアップロードするだけで、トランスコードが可能です。

多言語対応:

英語と日本語を含む、六か国語に対応しています。

Brightcove Video Cloudの3つの特徴

1. 業界最速で快適な動画配信が可能

「Brightcove Video Cloud」はSaaS形式での動画配信サービスです。

一度、動画をアップロードすれば、あらゆる配信先とデバイスで視聴可能な最適な動画を自動的に作成してくれます。

視聴者を拡大でき、HTML5動画プレーヤー技術でより質の高い画像を、業界最速で快適な動画配信を行うことができます。


あらゆる配信先・デバイスで視聴可能


ライブ配信はYouTubeとFacebookに同時配信することが可能です。

またオンデマンド配信はYouTube、Facebook、Twitterに配信し、アナリティクスを集約することが可能です。

Facebook、TwitterなどのSNSへ配信するための動画コンテンツの一括管理もでき、配信が容易にできます。

品質の高さに加え、高機能であるのも Brightcove Video Cloud の強みです。

2. より深い動画マーケティングが可能

「Brightcove Video Cloud」はビジネス面での展開の幅が広いのも特徴で、ライブ中に動画広告を組み合わせて配信も可能です。

分析機能では、リアルタイムの視聴分析でコンテンツ視聴者、視聴方法、視聴時間、アクセス場所など詳しいデータが分かるようになります。

そのためある程度のターゲットを絞ってEコマースなどのキャンペーンやEメール、ランディングページで視聴者のエンゲージメントを増やすことが可能です。


ビジネスに幅広く活用!収益化も可能
 


視聴分析したデータはカスタマイズ可能なcsvファイルExcelスプレッドシートでダウンロードできるため、より深く分析することができます。

また、他社の動画分析ツールとの統合も可能です。

分析APIを連携させ、AdobeアナリティクスやGoogleアナリティクスのような高度なWeb分析プラットフォームにレポートを表示させることができます。

このように一本化された優れた動画分析機能なら、事業戦略の策定にいかすことが可能です。


優れた動画分析
 

3. 強力なセキュア環境

大手グローバル企業の要求にも耐えうるセキュリティと信頼性
 


IP制限
URLのトークン化SSO(シングルサインオン)など強力なセキュア環境の中で、会社全体のミーティングや、世界各国のチームメンバーに向けて動画配信が可能になります。

また、動画ギャラリーを活用することで、知識共有や、視聴時間の分析により、何が必要で必要でないかを判断し、効率的に業務を進めることができます。

Brightcove Video Cloudの料金プラン

再生回数やCDNストレージの容量等により価格が変動します。

30日間の無料トライアルが可能ですので、一度試してからの導入をオススメします。

Brightcove Video Cloudの評判・口コミ

のべ10万回の再生を安定して提供
ソフトバンク株式会社

SoftBank World 2019では動画配信をする旨を、積極的に告知しました。「Brightcove Video Cloud」を利用した動画配信で、来場者数は1.4倍となり、動画再生回数はなんと10万回を超えました。ユーザーインターフェースが分かりやすく、どんな現場でも対応できるので、今後も積極的に動画を配信していきたいと思っています。

オペレーションコストの削減に成功
全日本空輸株式会社

「Brightcove Video Cloud」を利用する前は、パートナー企業を含めた動画素材がバラバラに保管されていました。そのため、管理や運営のコストがかかり、煩雑になっていました。「Brightcove Video Cloud」を利用してからはスムーズな動画管理ができ、オペレーションコストを3割削減することができました。

*「Brightcove Video Cloud」公式HP参照

まとめ

今回は「Brightcove Video Cloud」の特徴や評判・口コミ、料金について解説しました。

安定して高い品質の動画を、グローバルに配信したい企業におすすめできます。

導入事例も多く、Brightcove Video Cloud は信頼・実績のあるプラットフォームです。

どの業界でも動画戦略は、運営において欠かせないものになっています。どんどん増えていく動画を、管理し有効に使っていくことが大切です。

無料体験もある Brightcove Video Cloud を、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「Brightcove Video Cloud」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

動画配信プラットフォームの資料を一括ダウンロード

その他の動画配信プラットフォーム

起業ログが厳選する動画配信プラットフォーム
動画配信プラットフォーム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ