MOOGA

記事更新日: 2019/08/09

執筆: 編集部

編集部コメント

「MOOGA」は操作がシンプルで使いやすい動画配信サービス。一般企業の動画配信に必要な機能だけを搭載することで、抜群の操作性と低コストを実現しました。導入プランは利用シーンに合わせて選べる4パターンを用意。初めて動画配信サービスを利用する企業でも導入しやすい料金設定になっています。

動画・コンテンツ配信を比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

動画・コンテンツ配信ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする1サービスの資料をダウンロードできます。

1. 動画配信

企業のホームページや従業員教育用サイトに埋め込む動画を配信できる

2. 画質自動判定

視聴者の視聴環境に合わせた画質を自動で判定する

3. 視聴動向分析

動画の視聴回数等の分析ができる

良い点

従業員教育などにも使いやすい価格設定。その上操作も非常に簡単なので、他サービスから乗り換える企業も多いです。

悪い点

ライブ配信やVR、360°動画といった高度な動画配信機能には対応していません。

費用対効果:

容量2GBまでなら月額15,000円で導入可能。中小企業でも導入しやすいです。

UIと操作性:

動画閲覧ページを自動生成する機能等を搭載しており、簡単な操作のみで動画を配信できます。

サポート体制:

電話によるサポートにも対応。メールよりもスピーディに問題を解決できます。

MOOGAの3つの特徴

1. セキュアな環境での動画アップロードが簡単

企業内で活用したい動画を共有する場合、YouTube等一般に開放された動画配信サービスを利用する企業も多いです。

しかし、従業員教育用の動画や新商品関連の動画は広く一般に公開するものではありません。

そこで活躍するのがセキュアな環境下での動画配信を実現する「MOOGA」です。

「MOOGA」なら、視聴ユーザーに個別のIDとパスワードを発行できる上、動画毎にパスワードも設定可能。

動画ごとに公開範囲を設定し、特定のユーザーにのみ公開することもできます。


視聴してもらうユーザーを一覧からドラッグするだけ


これらの設定は、サイトに動画を埋め込んだときにも利用可能。「MOOGA」のクラウドを利用したストリーミング配信により、限られた範囲内での動画配信を実現します。

2. 視聴者の利便性が高い

「MOOGA」はパソコン・タブレット・スマートフォンなどあらゆるデバイスからの視聴に対応。

ユーザーの視聴環境に合わせて最適な画質を自動判定するため、「大画面で視聴すると動画が粗い」「モバイル端末で視聴すると動画が重くて進まない」といったトラブルを予防。

どのデバイスからのアクセスでも快適な視聴を約束します。

長時間の動画にはチャプターを追加。一度視聴画面から離脱した後、再度アクセスした際でも同じ内容を重複して視聴する必要がなくなります。

数百本の教育用動画を有している企業の場合、従業員は自身に必要な動画を探すことから始めなければなりません。

しかし「MOOGA」なら動画ごとの視聴グループが作成可能。

ID・パスワードを使ってログインすれば今確認すべき動画のみ表示されるため、隙間時間を利用した視聴でも時間を有効に使えます。


動画はユーザーに見て欲しい順番に配置可能

3. 余分な機能を省いて低コストを実現

「MOOGA」の魅力は機能性の高さだけに留まりません。

「MOOGA」は一般的な動画配信サービスよりも低コストでの導入が可能。導入コストの低さは、どんな企業にとっても大きな魅力となるでしょう。

無料の動画配信サービスもありますが、やはり無料のサービスではセキュリティ上の不安が残ります。企業の製品情報、独自のセールスノウハウなどは企業内でのみ共有すべき情報。そのため、それらの動画を配信するために、独自システムを構築している企業も多いです。

ただ、独自の動画配信システムを構築・維持するには専門スタッフの配置等運営コストが嵩みがち。しかし「MOOGA」なら月15,000円からセキュアな環境での動画配信が可能になります。

「MOOGA」は企業向けの動画配信に不要な機能は排除し破格ともいえる導入コストを実現。

逆に企業の動画を情報漏洩の心配なく配信できる環境を整えることに尽力しており、安心して導入できます。


不要な機能は排除


高度な動画配信技術よりも情報漏洩等と無縁な環境で動画配信をしたい。そんな企業に最適なシステムです。

料金プラン


「MOOGA」には料金プランが4つ用意されています。

10分程度の動画の場合、「ライト」プランで40本程度アップすることができます。

「スタンダード」プランなら400本、「プレミアム」プランなら1000本、「プラチナ」プランなら2000本程度の動画に対応。

また、それぞれのプランで、10GBの容量追加(5,000円)やアカウントIDを100個追加(10,000円)という2つのオプションが選択できます。

動画の容量は撮影環境により大幅に変わります。

一度無料お試しアカウントを発行しアップロード可能な動画の件数を確認しておくと、導入プランを決定する際に役立つでしょう。

評判・口コミ

全国各地の社員への情報共有に利用
株式会社丸井グループ様

ウェブ社内報の配信ツールとしてMOOGAを活用。月例会議や、社内で開かれた講演会などの様子を動画配信することで、全国各地の社員の方へのスムーズな情報共有を実現しました。

自社サーバーより快適な運営が可能に
株式会社ゼミネット様

総合資格就職対策ネットスクールにて教育動画をMOOGAで配信。もともと自社サーバで動画配信システムを運営しておりましたが、セキュリティ向上やコストパフォーマンスの面からMOOGAへの切り替えを行いました。

※「MOOGA」公式HP参照

まとめ

「MOOGA」は取扱商品やサービスを紹介する動画をサイトに掲載したい企業はもちろん、従業員教育に動画を活用したい企業にもおすすめ。

動画に閲覧用IDとパスワードを設定できるので、動画の内容が外部に漏れる心配もありません。

複数の動画を一括アップロードできる機能や、視聴ユーザーをCSVデータを活用して一括登録できる機能など、コンテンツ作成担当者の業務を軽減する機能も満載。

これから新たに動画を活用したサービスを展開したい企業にもうってつけです。

画像出典元:「MOOGA」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

動画・コンテンツ配信の資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の動画・コンテンツ配信

起業ログが厳選する動画・コンテンツ配信
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
ULIZA
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ