C-stream

記事更新日: 2019/08/09

執筆: 編集部

編集部コメント

「C-stream」は完全クラウド型の動画ストリーミング配信システム。事前に録画した動画はもちろん、ライブ動画の配信にも対応しています。また、「C-stream」のシステムを利用したeラーニングシステムやセミナーシステムの構築も可能です。運営会社は映像制作も行っており知識が豊富。これから動画制作を始める企業にもおすすめです。

動画・コンテンツ配信を比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

動画・コンテンツ配信ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする1サービスの資料をダウンロードできます。

1. VOD(ビデオ・オン・デマンド)

予め録画した動画をWEB上で配信できる

2. LIVE(ライブ)

ビデオカメラで撮影した映像をタイムリーに配信できる

3. eラーニングASP

動画やライブ映像をeラーニング用の動画として配信できる

良い点

プログレッシブダウンロードとは異なり、セキュアな環境下での動画配信が可能。ライブ配信ができるので、研修のための出張頻度を減らせ経費削減に役立ちます。

悪い点

ログインIDやパスワードによる動画の保護ができないため、共有範囲の制限について従業員への意識徹底が欠かせません。

費用対効果:

初期費用0円、月額5,000円から利用可能。従量課金制なので無駄がありません。

UIと操作性:

C-stream専用サイトから簡単に動画の管理ができます。

セキュリティ体制:

動画は高品質ストリーミングにより暗号化され保護されます。

C-streamの3つの特徴

1. ストリーミングサービスでセキュアな環境を実現

「C-stream」はWEB上で安定した動画配信を実現するストリーミングサービス。

YouTubeやニコニコ動画が採用しているプログレッシブダウンロードと異なり、専用のサーバーに動画をアップロードして動画を配信します。


ストリーミングサービスのイメージ


ストリーミングサービスによる動画配信は、配信専用サーバーを介して届いた映像をすぐに視聴者へ届けることが可能。

動画をダウンロードして再生する必要がないので、動画コンテンツの盗難を防げ、企業内だけで共有したい動画を配信するのにうってつけです。

「C-stream」では、視聴環境や回線速度に合わせて動画の画質を調整するマルチビットレート配信もできるため、どんなデバイスを用いていてもなめらかな再生を実現。

視聴途中に再生が不安定になることもないため、動画の視聴途中での離脱も予防できます。

2. ライブ配信に対応

「C-stream」はライブ配信に対応。

ライブ配信に必要なサーバーのレンタルも2時間単位で契約できるため、一般的なライブ配信サービスよりもコストを抑えて配信できます。

その上、「C-stream」では2台のサーバーにてライブ配信を支えるため、万が一1台の配信サーバーが停止してもすぐにカバー。

ライブ配信がトラブルにより途切れる心配がありません。


「C-stream」ライブ配信の仕組み


ライブ配信当日は運営会社である大宮商会のスタッフが無料でサポート。

大宮商会は映像制作会社でもあるため、機材トラブル時も電話にて対策方法をレクチャーしてくれます。

「C-stream」では、ライブ配信を視聴するための視聴者IDとパスワードの発行にも対応。視聴者を限定することで、安全にライブ配信を行えます。

3. eラーニング用動画配信にも対応

「C-stream」の動画配信技術葉eラーニングにも対応。

初期費用は別途必要ですが、従量課金制なので利用頻度が少なくても無駄なコストが発生しません。

そのため、企業の従業員教育にも活用しやすいです。

「C-stream」のeラーニングでは、動画だけでなく音声やPDF、選択式問題を組み合わせた学習が可能。

受講権限の付与や学習進捗管理にも対応しており、eラーニングに必要な機能を網羅しています。


「C-stream」のeラーニングシステムでできること


操作方法も非常に簡単で、既に導入している他システムとの連携にも柔軟に対応。

従業員教育だけでなく、WEBスクールの開講や動画販売にも対応しているため、動画を活用したビジネスを検討している企業にもおすすめのシステムと言えます。

料金プラン



「C-stream」は初期導入費用は無料です。

月額料金(配信費用)は税抜5,000円~で、一月の動画配信容量が10GBを超えた場合、超過配信量により上記の料金が加算されます。

評判・口コミ

問題出題型講義とスライド配信型講義を利用
株式会社H様

年1回の学習なので月額0円で従量課金ということに大きく魅力を感じた。 月額0円の料金プランを選択した。年額5万円程度で収まっており、非常に満足。格安でも、各問題ごとの統計や受講生の成績管理の機能は充実しており問題ない。

動画配信型講義に利用
一般社団法人Y様

セミナー映像は、欠席した人向けなので、会員が1000人いても実際に視聴するのは1/10以下であり、会員数でなく、実際に視聴した時間に応じた課金を採用している当システムは他社と比較しても非常に低価格でWEBセミナーを実現できた。映像制作なども行っている会社なので映像への造詣も深く、映像機材の選定から撮影のコツまでアドバイスいただいたのがありがたかった。

※「C-stream」公式HP参照

まとめ

「C-stream」は動画制作会社が運営していることもあり、動画配信においてまさに痒い所に手が届くシステム。

動画制作や配信に関わる相談にも無料で応じてもらえるため、新たに動画制作をスタートさせたい企業でも安心して利用できます。

「C-stream」ならビデオ・オンデマンド配信だけでなく、ライブ配信やeラーニングシステムの構築も低価格で実現。

今後動画を用いたビジネスを拡大したい企業にもおすすめです。

画像出典元:「C-stream」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

動画・コンテンツ配信の資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の動画・コンテンツ配信

起業ログが厳選する動画・コンテンツ配信
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
ULIZA
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ