ムビラボ

4.0

記事更新日: 2021/05/06

執筆: 編集部

編集部コメント

「ムビラボ」は動画制作で悩んでいる会社にはうってつけです。近年、スマートフォンの普及から動画の用途は、確実に増えてきています。動画制作を自分たちで行うハードルは高く、機材等のコストがかかります。大量の動画コンテンツを安く制作したい会社は重宝するでしょう。

動画・映像制作サービスを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

動画・映像制作を徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

ムビラボだけ知りたい方はこちら

ムビラボの資料を請求
1. 業界最安価の価格

業界最安値の1本2万円で作成可能

2. 安値で大量生産が可能

月間で最大1,500本の動画制作が可能

3. 今までにない効果測定・検証

離脱箇所・完全視聴率・アクセス経路等の効果測定を過去データと比較しながら検証

良い点

外注ではコストパフォーマンスが悪いとされている動画を安価で多量に制作できます。独自の業界システムで動画制作をオペレーション化することで、高品質の動画が制作可能です。

悪い点

電話での相談が平日の10時から19時のみなので、休日や時間外に連絡をとることができません。

費用対効果:

動画制作業界の中でも徹底的にコスト削減し、業務を効率化することで優れたコストパフォーマンスを実現させています。

UIと操作性:

ヒアリングシートを提出することで絵コンテを作成してもらい、打ち合わせにそって動画撮影・制作してもらえます。

知名度:

これまで動画制作はクラウドソーシングで外注されることが多かったため、これから認知が上がっていくでしょう。

デザイン:

膨大な動画制作実績があり、テンプレートでなく全てオリジナルの作品を制作してくれるので、要望に合った動画を納品してもらえます。

サポート体制:

ヒアリングシートや絵コンテなどでしっかりと打ち合わせしてもらえます。

ムビラボの3つの特徴

1. 安くても高いクオリティの動画を制作できる

「ムビラボ」の最大の特徴、それは安くて質が良い動画を制作できること。価格が安いほど品質も悪くなるイメージを持つ人も多いですが、企画・ディレクションは日本本社スタッフが行っているため、企画がぶれない動画づくりが可能です。

作業パターンもマニュアル化されており、作業フローも最大限効率化されているため、徹底的に無駄なコストを削減し、価格を抑えることができています。


無駄なコストを削減し高品質な動画を安く制作

2. 作業工程の削減で動画の大量生産を実現

「ムビラボ」は撮影・編集を完全セクション別に分けて作業分担を細かく行うことで、効率的に作業を進めています。それにより1人あたりの作業工程が削減され、動画を大量生産できるのです。

また、専用の作業管理・指示ツールのもと、独自の編集ツールをマニュアル化して使用しているため、作業員が入れ替わったとしても安定した動画制作を継続できます。


 
大量生産を可能にする仕組み

3. 動画の効果検証でさらに効果の高い動画づくりに反映できる

月間約1,000本の動画制作ノウハウを可視化させることで、制作した動画を過去データと比較し、より良い動画制作に活用できます。

「ABテストパッケージ(動画広告制作・運用)」を利用すれば、高速にPDCAサイクルを回しながら今後の動画制作に役立てることが可能です。

複数パターンの動画を制作して比較することで、今後どのような動画を制作し続ければ効果的であるかが明確になるので、方針を定めて動画制作できるようになります。


 
動画を検証・効果測定

 

料金プラン


動画制作の予算と選択するプランによって利用料金が変わってきます。

制作する動画が実写なのかアニメーションなのかや、モデルを使用するか、ナレーションを入れてもらうかによっても料金が変動するので、あらかじめ制作する動画のイメージがどのプランに該当するかを確認しておきましょう。

制作する動画のジャンルによっても大まかに料金が設定されているので、参考にしてみてください。







 

ムビラボの資料を無料ダウンロード

 

ムビラボの評判・口コミ

コンサルティング

51〜100人

ランニングがなく使った分だけでよいので合理的

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

発注した本数に比例して費用がかかるシステムのため、初期費用はかからず、月4本の依頼で大体20万円程度かかっている。 

使いやすいと感じた点を教えてください。

中途採用者研修用に利用を開始。一番使いやすい点は、繁忙期や閑散期等のタイミングにあわせて、こちらから作成してもらいたい本数、予算を相談して発注できる点。他のシステムだと使用しない際もランニングコストが発生するが、ムビラボは発注しなければランニングコストがかからないため、非常に使い勝手がいいと感じた。 

不便だと感じた点を教えてください。

動画の作成に対する問い合わせが、平日の営業時間に限られてしまう点は、結構つらい。通常業務と比較して、中途採用者研修資料はどうしても作業順位が劣後してしまうため、内容を確認して問い合わせる時間が遅くなりがち。問い合わせても連絡がとれないため、不明点の解決が翌日に持ち越し(週末だと土日を挟むため週明けになる)になる点はあ、非常に不便だと感じた。 

他の会社にもおすすめしますか?

普段から動画作成を業務で行なっていないのであれば、とてもおすすめできる動画制作システムだと思う。動画作成が必要なタイミングは会社によりけりだと思うので、発生する費用が使った分で済むのは合理的で、ランニングコストの節約になる。

まとめ

動画制作で事業の幅を広げようとしている会社には最適なサービスとなっています。費用を抑えながら会社の魅力を存分に引き出してくれる動画を制作してもらえるからです。

外注ではコストパフォーマンスが悪かったり、品質に満足できない場合もありますが、「ムビラボ」の豊富な動画制作経験が満足いく動画づくりに貢献してくれるでしょう。

ムビラボの資料を無料ダウンロード


画像出典元:「ムビラボ」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

動画・映像制作の資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

動画・映像制作
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ