ファクタリングについて

【2022年版】おすすめのファクタリング20選|手数料も徹底比較!

記事更新日: 2022/07/21

執筆: 編集部

新しい資金調達方法として注目を集める「ファクタリング」。

営業自粛の影響で資金繰りが厳しくなる中、特に中小企業や個人事業主の間で利用が増えています

最短即日から利用できるため、銀行融資では間に合わない!といった場合にも有効です。

しかしながら、初めて利用する方にとっては「使って本当に大丈夫なのか?」「どのサービスを選べばよいかわからない」と不安な点も多いと思います。

今回起業ログでは、ファクタリングに詳しいペイトナー株式会社(旧yup株式会社) 代表取締役社長 阪井 優氏に取材を実施

ファクタリングサービスのプロからのアドバイスも参考に、ファクタリングの基礎知識から選定ポイント・おすすめのサービス18選を比較紹介していきます。

この記事に登場する専門家

ペイトナー株式会社(旧yup株式会社) 代表取締役社長

阪井優

ペイトナー株式会社(旧yup株式会社)代表取締役社長。1989年大阪府生まれ。NTTドコモ、コイニー(2018年に「hey」のグループ化)を経て、2019年にyup株式会社を創業。「TechCrunch Tokyo 2019」ファイナリスト、「2021 Forbes JAPAN 100」今年の顔100人にも選出。友人のフリーランスの資金繰りの大変さに衝撃を受けたことを原体験として、フリーランス向け報酬即日払いサービス『ペイトナー ファクタリング(旧 先払い)』の開発を行っている。

 

監修記事

阪井優さんが監修・コメントしている起業LOGの記事はこちら

> 続きを見る

ファクタリングサービス比較一覧表

まずは、この記事で紹介している優良ファクタリングサービスの特徴を一覧にまとめました。

気になる手数料や手続きの方法、スピード感などをチェックしてみてください。

表のとおり、ファクタリングサービス各社には、手続きの差に加え、法人向け/個人事業主向け、2者間/3者間などの対象や種類の違いなどがあることがわかります。

次の章からは、ファクタリングのそもそもの仕組みや、種類の違い、比較のポイントについて、詳しく説明していきます。

ファクタリングとは

ファクタリング(Factoring)とは、保有している『入金前の請求書』をファクタリング会社に買い取ってもらうことで売上金を早期に調達する方法です。

この債権譲渡の手続きは民法上に規定されており、ファクタリングは合法的なサービスです。

ペイトナー株式会社(旧yup株式会社) 阪井 優

ファクタリングは「借りない資金調達」とも言われます。サービスや役務の提供があったうえで、売上が確定しているものを先にもらうという行為なので、お金だけを貸し借りすることには抵抗がある...という方でも利用しやすいでしょう。

 

銀行融資との違い

銀行融資との違いは主に「時間」と「手数料」です。比較すると、

時間

  銀行融資:約1ヶ月程

 ファクタリング:最短で即日も可能

手数料

 銀行融資:借入金に対し年数%の金利

 ファクタリング:2%~数十%の手数料がかかる

このほか、銀行融資には担保が必要となりますがファクタリングでは必要ありません。また、どちらの方法も審査書類の準備は必要です。

2者間と3者間ファクタリングの違い

資金調達を目的としたファクタリング(買取型ファクタリング)には、2つの種類があります。

取引先に連絡されない「2者間」取引先の承諾が必要な「3者間」です。


2者間の特徴は売掛先にファクタリングを利用していることがわからない点です。

企業とファクタリング会社の2者の間だけで話が完結するのでスピーディに取引が完了しますが、その分審査基準は厳しくなり、手数料も高めになります。

3者間では、売掛先にファクタリングの利用(売掛債権の売却)の承諾を得る必要があります。

3者の合意が必要な分時間がかかりますが、その分手数料は安く抑えられます

手数料の平均相場やスピード感の目安は以下をご参考ください。

  手数料相場 スピード目安 審査難易度
2者間ファクタリング 10%~20% 即日~1週間 厳しい
3者間ファクタリング 1%~10% 1週間~2週間以上 比較的易しい

 

ペイトナー株式会社 阪井 優

「少額でも今すぐ資金が欲しい」という場合は2者間がおすすめ。逆に、利用する金額が高額なので取引先に知られても問題ないという場合や、時間が多少かかっても大丈夫な場合は、3者間を利用して手数料を抑えましょう。

 

個人事業主向けと法人向けファクタリングの違い

ファクタリングは、月毎の収支が変動しがちなフリーランスや個人事業主にも嬉しいサービスです。

法人向けファクタリングでは、数期分の過去の決算書類や銀行通帳のコピーなどの提出書類を重要視しており、銀行融資と似たような審査が行われます。

一方、個人事業主・フリーランス向けファクタリングでは、決算書ではなく、確定申告書の提出や、事業の実態がわかる資料から信用力を判断するケースもあります。

必要書類については各サービスごとに異なるため、査定前に問い合わせるか、各社のHPで確認しましょう。

ペイトナー株式会社 阪井 優

個人事業主やフリーランスでは、一般的な法人とお金の出入りの仕方も異なっており、決算書などの資料もないことが多い。そういった部分を加味し、事業のHPや取引先とのやりとり履歴、SNS履歴などを審査に活用するようなサービスもあります。

 

ファクタリングの仕組みについてもっと詳しく知りたい方は下記の記事もご参考ください。

 

ファクタリングの4つの選定ポイント

1. 利用限度額

まずは買い取ってほしい売掛金の金額に対応しているかどうかを調べましょう。

最小買取額が30万円でもOKなところもあれば150万円以上に設定しているところもあります。特に少額の場合は注意が必要です。

最大買取額に関しては500万円までといった小口専門の会社もあれば、1億まで可能な大手のファクタリング会社も存在しています。

2. 手数料

ファクタリングの手数料は利子のように後払いするのではなく、通常は債券(請求書)の売却額から差し引かれます

したがって、手数料が高くなると、調達できる資金額も少なくなってしまいます。

かといって手数料が安すぎる場合はトラブルに遭う可能性もあり、安ければいいとは限りません。

なお、実際の手数料率は、業者の査定結果と共に確定するので、なるべく複数のファクタリング会社に査定を依頼し、比較するようにしましょう。

ペイトナー株式会社 阪井 優

対面査定を必須とするサービスでは、人件費などのコスト分、手数料が高くなる傾向にある。オンライン完結型のサービスの方が適正で利用しやすい手数料を設定している場合が多いのでおすすめ。

 

3. 対応スピード

前述のとおり、売掛先企業を通さない2者間ファクタリングの方が3者間ファクタリングよりも対応スピードは早くなります。

審査書類の揃い具合や売掛金の期日、混雑状況などによって異なるものの、2者間ファクタリングでは即日~1週間ほど、3者間ファクタリングは1~2週間程度かかります。

また、「対面不要・webだけで完結」などの方法で対応スピードが早い会社もあるので、申し込み方法や審査までの過程についても注目しましょう。

4. 信頼性

ファクタリングを利用するにあたり、サービス提供会社の信頼性も重要なポイントです。

中には、理由なき高額な手数料を取るような悪徳な業者が紛れている可能性もあります。

サービス提供会社の情報(所在地や代表者名、資本金等)や取引実績などは必ず確認しましょう。

また、2者間ファクタリングであると示しておきながら、回収が少しでも遅れると取引先に連絡をしてしまう業者も中にはあるようです。

過去に困ったケースに当たった方がいないかどうか、利用者の口コミも確認するようにしましょう。

ペイトナー株式会社 阪井 優

サービス提供会社本体や親会社などが上場しているか株主に銀行が入っているかなども信頼度の高さを保証できるポイントです。お金に困っている状況だと、きちんとHPがあるか、連絡の仕方がずさんでないかなど、最低限当たり前と思えるポイントも見過ごしてしまう方もいるので、その点は特に注意しましょう。

 

おすすめのファクタリング6選



1.『ビートレーディング』


画像出典元:「ビートレーディング」公式HP

特徴

ビートレーディングはファクタリングサービスの中でも実績が多く顧客のリピート率が高い会社です。

これまでに37,000社の資金調達を支援した実績があり、ファクタリング業界では老舗のサービスと言えます。

女性オペレーターによる丁寧な対応と、必要書類が2つと少ない点も強みの一つです。

アフターフォローも充実しており、ファクタリング後の資金繰りアドバイスなども依頼できる点も魅力的です。

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
2者間 4~12%
3者間
 2%~9%
オンライン・対面・出張・郵送

 

ポイント

・3者間ファクタリングが2%~9%、2者間ファクタリングが4~12%と比較的低め。
 利用者と取引先の規模によって変動します。
・買取額:3万〜7億円(上限ありの中で7億円は他社と比較しても最大規模)
・現金化スピード:最短5時間

実際に利用したユーザーの口コミ

サービス

2~10人

 

やりとりがスムーズで柔軟度も高い

とにかく急ぎだったので、すぐに連絡をくれたところに決めました。メールでのやり取りがスムーズでした。fax等でも対応してもらえたので、柔軟性があって良かったです。

IT

251~500人

 

延長提案の対応に困った

ファクタリングの利用期間を延長しないかという提案を何度もされて、対応に困りました。一時的な資金の確保のために利用を始めたため、1年以上利用することは考えていなかったのですが、余裕を持った資金調達をしておいた方が今後のためになると毎週電話やメールで提案されて、対応に余計な時間を使わなければなりませんでした。


ビートレーディングの口コミをもっと見る

ビートレーディング 含むファクタリングの資料をDL

 

 

2.『アクセルファクター』


画像出典元:「アクセルファクター」公式HP

特徴

アクセルファクターは、審査通過率9割以上とスピーディーさを誇るファクタリング会社です。

資料不足・用意できないなどで断られてしまうようなケースでも、アクセルファクターでは代替書類を使って柔軟な対応を行い、資金難を解決へと導きます。

即日での対応を基本とし、資料の確認をできる限り簡素化してスピーディーな審査を実現しています。

手数料率は2者間 3%~、3者間 2%~と、業界内でもかなり低いですが、上限は公表されていないため申込み時には注意しましょう。

このほか、少額取引をはじめ介護報酬債権や診療報酬債権といった医療債権のファクタリングも行っており、個人事業主から中小企業まで幅広く対応しています。

書類不足でお困りの方や医療債権をお持ちの方におすすめのサービスです。

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
2者間 3%~
3者間
 2%~
対面・郵送

 

ポイント

・買取額:下限無し~1億円
・現金化スピード:1,000万円までなら最短24時間以内 ※200万円までなら最短3時間
・設立:2018年 8月
・医療債権の取り扱いあり
・スピード重視の2社間ファクタリング、価格重視の3社間ファクタリングが選択可能

料金プラン

  • ~100万円:8%〜15%
  • 101~500万円:5%~13%
  • 501~1,000万円:2%~8%

実際に利用したユーザーの口コミ

金融

51~100人

 

少額でも対応してくれる

対応の幅が広いところ(売掛金がわずか50万円でも買い取っていただけた)、即日の現金受取が可能なところなどが便利だと感じました。

IT

251~500人

 

書類に記入する項目が多い

資金調達は短時間で完了したものの、申し込みに必要な専用の書類に、ファクタリングサービスを利用した過去の経歴などを事細かに記入しなければなりません。書類の作成には1時間以上を使ってしまったので、かなり面倒ではありました。


アクセルファクターの口コミをもっと見る

アクセルファクター 含むファクタリングの資料をDL

 

 

3. 『マネーフォワード アーリーペイメント』

画像出典元:「マネーフォワード アーリーペイメント」公式HP



 

特徴

マネーフォワード アーリーペイメントは、手数料率1%~と低さが魅力。調達可能額も、最高で数億円までとかなり大きい額の資金調達にも対応しています!

最大の強みは、運営会社は東証一部上場企業のグループ会社が提供しているため信頼性が他のサービスに比べて高く、安心感があります。

相談はオンラインからOKで、審査は見積り無料なため気軽に相談できるのも大きなメリット!

2営業日以内に手続き完了するので、急ぎで利用したい場合におすすめです。

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
1%~10%
  原則オンライン(必要時は対面)

 

ポイント

・買取額:50万円~数億円
・現金化スピード:最短2営業日
・発注時点での債権も買い取り可能
・設立:2017年 3月

実際に利用したユーザーの口コミ

小売

51~100人

 

対応金額の幅が広い

最低数万円から数億円と、対応している金額の幅が広い、即日でも処理してもらえる、この2点が、資金繰りをしていく上で特に助かったし、便利でした。

小売

101~250人

 

初回の審査は時間がかかる

特に初回利用の際には、審査期間が10日ぐらいかかります。「今すぐに資金が必要」「明日どうなるかわからない」という状況だと、審査待ちの時間は生きた心地がしませんでした。初回の審査の基準を改定してほしいです。


マネーフォワード アーリーペイメントの口コミをもっと見る

 

 

4. 『入金QUICK』


画像出典元:「入金QUICK」公式HP

特徴

「入金QUICK」の買取手数料は0.5%からで、業界最安水準の請求書買取サービスです。

SBIビジネス・ソリューションズ株式会社がサービス提供する「請求QUICK」のオプションサービスとして、2022年6月にリリースされました。

買取申請はわずか2ステップで、請求QUICK上から好きなタイミングで簡単に申請できます。

2者間取引によるファクタリングなので、取引先に知られることなく急な資金ニーズに対応できます。

初回は最短6営業日かかるものの、2回目以降は最短2営業日での早期資金化が可能です。

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
2者間 0.5%〜4.0%
    オンライン

 

ポイント

・買取額:30万円~
・現金化スピード:最短2営業日
・設立:1989年9月(請求QUICK)
・請求QUICK(請求書管理システム)の機能も利用できる
・専任担当者のサポート支援あり

料金プラン

買取対象とする請求書の合計金額30万円以上が買取対象となります。

複数の請求書をまとめて買取申請することが可能です。

利用上限枠 300万円〜(上限設定なし)
買取可能額 30万円〜
手数料 請求書買取金額の0.5%〜4.0%
取引先への通知 なし
債権譲渡登記 なし
担保/保証人 なし

 

入金QUICK 含む資料を一括DL

 

 

 

5. 『GMO BtoB 早払い』


画像出典元:「GMO BtoB 早払い」

 

特徴

「GMO BtoB早払い」は、注文書の買取も可能なファクタリングサービスです。

素早い資金調達に加え業界最低水準の利用料金により、リピート率86%以上という実績を誇ります。

大型案件の受注で急な仕入れ資金が必要だけれど手持ち資金に余裕がない、など資金繰りの悩みを抱えている企業におすすめのサービスといえるでしょう。

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
1%~
  対面・出張訪問

 

ポイント

・買取額:100万円~1億円
・現金化スピード:最短2営業日
・設立:1995年3月
・注文書の買取ができるので受注段階で資金調達可能
・対面、オンラインでのサポート支援あり

料金プラン

料金プランは2つ用意されていますが、継続タイプがおすすめです!

  スポットタイプ 継続タイプ
(2回以上の利用)
期間・頻度 都度 1年間
債権買取額 300万円〜1億円 100万円〜1億円/回
買取社数 1社〜 2社〜/回
注文書買取手数料率/回 2.5%〜12.0% 2.0%〜12.0%
請求書買取手数料率/回 1.5%〜10.0% 1.0%〜10.0%
対象債権(注文書/請求書買取) 原則、6ヶ月以内に入金となる
受注により発生する債権
原則、6ヶ月以内に入金となる
受注により発生する債権
譲渡禁止債権 買取対象 買取対象


※詳しくは以下の資料をダウンロードしてご確認ください。

GMO BtoB 早払い 含むファクタリングの資料を一括DL

 

 

6.『ベストファクター』


画像出典元:「ベストファクター」公式HP
 

特徴

ベストファクター」は、担保や保証人不要で利用可能なファクタリングサービスです。売掛金の確認が取れれば誰でも利用できます。

また償還請求権なしのサービスなので、万が一売掛金が回収困難になっても、返済の保証を求められることがない点もポイントです。

最短で即日入金、買取率も92%とかなり高く、取り扱い業種も幅広いので実績が多いサービスですが、契約時には面談(出張訪問も可)が必要な点は理解しておきましょう。

今後の資産計画を提案してくれるなど長期の取引でも信頼できます。

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
2者間 5%~
3者間
 2%~
対面・出張訪問

 

ポイント

・買取額:30万円以上~1億円
・現金化スピード:最短即日
・設立:2017年1月
・買取率92%以上
・会社の規模にもよりますが、業界最低水準の2%〜の手数料となっています。

実際に利用したユーザーの口コミ

サービス

11~30人

 

中小零細企業にはおすすめ

小口案件にも対応していただけます。最初の面談と手続きは手間ですが、運転資金を確保したい場合は、利用するだけのメリットはあります。

サービス

11~30人

 

契約は対面のみ

郵送やWEB面談は対応していないので、こちらから出向くか向こうからこちらに来てもらうかしなければなりません。仕方がないのかもしれませんが、初期コストがかかってしまう点は、ちょっと躊躇しました。


ベストファクターの口コミをもっと見る

 

 

その他のおすすめファクタリングサービス

PayToday

画像出典元:「PayToday」公式HP

特徴

PayToday」はフリーランスや個人事業主、中小企業の資金調達を支えるファクタリングサービスです。

低リスクで安全性の高い債権であることが前提条件ですが、それゆえに業界最低水準の1%~上限9.5%の手数料を実現

AIファクタリングにより即日振込も可能、面談も不要なので、安心して、思い立ったらすぐ利用できるのが強みです。

なお、オンライン完結に注力するため2社間ファクタリングに強みがある分、3者間ファクタリングには積極的には対応していません。

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
1%~9.5%
  オンライン・訪問

 

ポイント

・買取額:10万~5,000万円
・現金化スピード:最短即日
・設立:2021年1月本格始動
・最大90日後の債権まで買い取り可能
・「PayToday」システム自体の初期費用・月額費用は不要


債権の安全性や業種、その他諸々の条件により手数料が決まってくるので、一度お問い合わせしてみることをおすすめします。

実際に利用したユーザーの口コミ

IT

250~500人

 

オンラインでの書類提出が簡単だった

資金を振り込む銀行口座の書類など数えるほどの書類のデータをアップロードして提出しただけで申し込みできたので、効率よく申し込みが完了できてありがたかったです。

IT

251~500人

 

入金完了メールが遅かった

入金自体は即日で行って頂けて助かったのですが、入金が完了したことを示すメールが入金から2日後になって届いて、手数料がどのように決まったのかなどの疑問を解消するまでに時間がかかったので少し不便さを感じました。 


PayTodayの口コミをもっと見る

 

 

OLTA

画像出典元:「OLTA」公式HP

特徴

OLTA(オルタ)は、申し込みから契約までの手続きを全てオンライン上で行えるクラウド型のファクタリングサービスです。

そのため、紙の書類やハンコのほか対面での面談も一切不要となり、審査完了まで24時間(1営業日)以内というスピーディーな対応を実現しています。

また、新生銀行やNTT西日本と業務提携を結んでおり信頼性が高いのも魅力のひとつです。

買い取り額に下限上限の設定がなく法人・個人事業主を問わずお申し込みが可能で、譲渡禁止債権でも買取対応をしていますが、3者間ファクタリングには対応していません。

手続きをネットで済ませたい方や、手数料を抑えたい方におすすめです。

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
2%~9%
  オンライン

 

ポイント

・買取額:下限上限なし
・現金化スピード:24時間以内審査、即日振込
・設立:2017年 4月
・譲渡禁止特約付債権の買取可能

実際に利用したユーザーの口コミ

IT

11~30人

 

忙しい時でも無理なく利用できる

特に多忙で面談の時間を確保するのが難しいという会社や、近くにファクタリング会社がない地方の会社にお勧めします。

IT

51~100人

 

オンラインの分サポートが弱いと感じることも

OLTAは全てオンラインで完結できるため、初めて使う人にとっては「必要書類等に対するサポートが弱い」と感じる人はいるかもしれません。(他社は営業さんなどが電話でサポートしてくれる場合もあるため)


OLTAの口コミをもっと見る

 

 

QuQuMo


画像出典元:「QuQuMo」公式HP

特徴

「QuQuMo」は、オンライン完結でスピードを追求する新たな資金調達サービスです。

申込みから入金までの最短時間は、最速2時間という圧倒的なスピードが特徴。

万全のセキュリティ対策がされているので、情報漏えいの心配もなく安心して利用ができます。

スピード入金が可能なので、とにかく早く資金を確保したいという企業におすすめです。

 

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
2者間 1%~
  オンライン

 

ポイント

・申し込みから最速2時間で入金
・法人/個人事業主/フリーランス問わず誰でも取引ができる
・必要書類は請求書と通帳のコピー2点だけ
・債権譲渡登記の設定が不要

QuQuMo 含むファクタリングの資料をDL

 

 

ウィット

画像出典元:「ウィット」公式HP

特徴

ウィットは500万円以下の小口債権を専門に扱うファクタリング会社で、成約まで電話一本の非対面式のサービスが特徴です。

大手のファクタリング会社で敬遠されがちな30万円の小口債権を、95%で買取実績を誇っています。また、電話一本で成約までできる手軽さと最短2時間というスピード対応で、時間に追われる個人事業主や中小企業の経営者の方をサポート。

東京だけでなく仙台と福岡に支店があり全国的に対応しているほか、金融機関に借入金がある場合や開業して間もない場合でも対応しています。

少額の売掛金をお持ちの方、時間がない方におすすめのサービスです。

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
5%~
電話・オンライン

 

ポイント

・買取額:30万~500万円
・現金化スピード:最短2時間~即日
・設立:2016年 11月
・信用審査なし

実際に利用したユーザーの口コミ

メーカー

2~10人

 

対応が早い

レスポンスが早く、申し込んでから素早くお電話いただきました。必要書類をその場で教えていただき、こちらも素早く対応することができました。

メーカー

2~10人

 

手数料が10%ほど引かれた

貸金ではないため信用情報などは傷つきませんが、手数料が思ったより高く、請求書の査定が低いと手に入る金額はさらに少なくなりますので、メリットが感じられません。


ウィットの口コミをもっと見る

 

 

事業資金エージェント

画像出典元:「事業資金エージェント」公式HP

特徴

事業資金エージェント」は、500万円までなら対面不要で、最短3時間で資金調達が可能です。

保証金・担保が不要で利用でき、最大2億円まで対応可能です。

2億円規模の売掛金の場合は、最短3日を有しますが、1,000万円までは担当者が出張してくれて、即日対応してくれます。

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
1.5%~ 要問合せ オンライン

 

ポイント

・買取額:100万円以下~2億円まで
・現金化スピード:1,000万円まで即日対応
・設立:2015年11月

 

ペイトナー ファクタリング


画像出典元:「ペイトナー ファクタリング」公式HP

特徴

「ペイトナー ファクタリング(旧 先払い)」請求書をアップロードするだけで即日報酬を受け取れる、フリーランス向けのファクタリングサービスです。

細かな業務を一人でこなす忙しいフリーランスにとって、便利なサービスが詰まっています。

利用者からの満足度は98.5%と高評価。また、最短60分での受け取りが可能なスピード感は業界内でも圧倒的です。

事業資金の立替に悩んでいたり、支払いサイクルが不安定で生活が安定しなかったり、常に仕入資金不足で悩んでいるフリーランスの方にぜひおすすめしたいサービスです。

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
10%
  オンライン

・最短即日(60分)での対応が可能

料金プラン

初期費用 0円
月額費用 0円
サービス利用料 申請金額の10%
振込手数料 利用者負担


申請金額からサービス手数料(申請金額の10%)と振込手数料(250円)を差し引いた金額が振り込まれます。

なお、解約に伴う手数料は発生しません。

▶︎振込金額の例

申請金額が100,000円の場合
・サービス手数料:10,000円
・振込手数料:250円

振込金額=89,750円

 

 

 

FREENANCE  byGMO


画像出典元:「FREENANCE」公式HP

特徴

FREENANCE(フリーナンス)はWEBサイト内から簡単に登録できて、手数料も良心的、審査が進めば即日振込、振込手数料も無料です。

少額から申し込めるので、フリーランスや個人事業主の方にとって銀行の融資を待つより、利用しやすいファクタリングサービスといえます。

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
3%~10%
    オンライン

・買取金額:1万円~上限は与信結果による

 

No.1ファクタリング

画像出典元:「No.1ファクタリング」公式HP

特徴

No.1ファクタリング」はオンラインで契約でき、来店なしで全国から利用可能な点は、昨今のコロナ禍対応としても魅力的です。

満足度92%の信頼性もあり、初めてのファクタリングサービス利用にも安心です。

手数料の安さや即日融資などと言った表面的な条件の良さだけではなく、ファクタリングサービスを利用する企業の立場に立って、最終的に経営課題を解決するための総合的なサポートを手数料内で行ってくれる点が魅力的です。

他社にはない「乗り換えサービス」も実施しているため、現在、他のファクタリングサービスを利用中の方でも、お問い合わせしてみる価値があります。

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
1%~ 要問合せ   対面・出張訪問

 

ポイント

・買取額:5,000万円まで
・現金化スピード:最短翌日
・設立:2016年1月
・満足度92%

 

 

日本中小企業金融サポート機構


画像出典元:「日本中小企業金融サポート機構」公式HP

特徴

郵送による契約方法で、現場を離れることができない責任者の方でも往訪せず契約できます。

契約から入金まではわずか30分なので急な資金繰りでも安心して利用できます。非営利団体なので手数料が安いのもありがたいです。

なお、コロナ禍前までは郵送による契約が主流でしたが、現在は「オンライン契約」も展開しています。

 

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
1.5%~10% 電話・対面・オンライン

 

料金プラン

自身の会社の規模や取引先の規模にもよりますが、全体的に手数料はかなり低めに設定されています。

実際に利用したユーザーの口コミ

コンサルティング

51~100人

 

手数料の相談に乗ってくれた

審査のための必要な書類が最低限だったところ、そして売上などの現実をみながら手数料の相談にのってもらえたところです。また、入金までの時間が最短だったのも嬉しかったです。お陰でなんとかその場の危機を乗り越えられました。 

IT

251~500人

 

手数料が引き上げられた

使用する前に見積もりを行った段階では手数料は調達した金額の2%になると教えて頂いたのですが、実際に使用したところ手数料が3.5%になったと連絡が来て、手数料が上がった理由も教えて頂けず、不便さを感じました。


日本中小企業金融サポート機構の口コミをもっと見る

 

えんナビ

画像出典元:「事業資金エージェント」公式HP

特徴

えんナビ」は24時間365日対応で、審査開始から最短1日で資金化が可能なファクタリングサービスです。

買取可能額は最低50万円からなので、個人事業主や小規模事業者も利用できます。ファクタリング会社の多くは、小口の利用を嫌がる傾向があるため、小口利用を考えている方に特におすすめのサービスです。

また、税金滞納や赤字決済、債務超過などの理由で、他社から融資を断られた場合でも、法人・個人事業の経営者で、売掛金があるという条件を満たしていれば、えんナビで対応してもらえます。

万が一、売掛金が回収不能になっても支払い義務がないので、リスクなく資金調達が行えます。

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
5%~
要問合せ   オンライン・出張訪問

 

ポイント

・買取額:30万円~5,000万円
・現金化スピード:最短即日対応
・設立:2017年4月
・小口利用も可能

実際に利用したユーザーの口コミ

IT

251~500人

 

説明が具体的でわかりやすかった

サービスを利用する上で追加で費用がかかることはないかなど、不安に感じていたことを質問させて頂いた際に1つ1つ丁寧にお答え頂けたので、不安を解消して使えたのでありがたかったです。

サービス

11~30人

 

早急の依頼対応には追加費用も

手数料は5%程度だったと思います。業界の中では安い部類だったという印象ですが、早急の対応依頼時などには別途追加の手数料が発生していました。


えんナビの口コミをもっと見る

 

 

アクティブサポート 

画像出典元:「アクティブサポート 」公式HP

特徴

アクティブサポートの最大の特長は償還請求権がないため、「リスクを負う心配」がないことです。

万が一売掛先が倒産してしまった場合にもアクティブサポート側が支払いを負担してくれるため、安心度が高いです。

また資金調達は最大1億円まで可能。手続きも簡易審査なので、通帳と請求書のみで可能です。

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
2%~14.8%
要問合せ 対面・郵送・出張

 

実際に利用したユーザーの口コミ

サービス

101~250人

 

取引先に知られずに利用できる

取引先にファクタリングを利用したことがバレることがなく、売上金を確実に、そして瞬時に現金化できるところです。それまでの処理スピードが非常に速いのも便利です。

サービス

51~100人

 

入金額がいくらになるかわかりづらい

売上金から手数料が引かれてしまうので入金額の予想が立てづらいところが正直不便に感じました。最初から手数料を引いた金額を提示してくれるように改善されれば予想も立てやすくなるし、利用しやすくなっていくというように感じました。


アクティブサポートの口コミをもっと見る

アクティブサポート 含むファクタリングの資料をDL

 

三共サービス


画像出典元:「三共サービス」公式HP

特徴

三共サービスは創業18年の信頼と実績があり、手数料は業界最安基準1.5%〜です。最短翌日スピード審査で、すぐに資金化可能です。

また三共サービスには元行員・ノンバンク社員など金融業界に精通したスタッフが在籍しているため、様々な経営状況に合わせたサポート体制が整っている点も魅力です。

東京都内以外の場合でも、FAX・郵送・メールで対応してくれるので全国で利用可能なサービスです。

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
2者間 5%~8%
3者間1.5%~5%
  電話・FAX・郵送・メール

 

料金プラン

事務手数料は買取金額によって変動しますが、業界最安基準1.5%〜。

※登記手数料がかかる場合があります。

実際に利用したユーザーの口コミ

IT

51~100人

 

初心者でも使いやすかった

ファクタリング初心者の企業にも懇切丁寧にサポート頂ける体制や分かりやすさという点が他社と比べた時の最大の魅力だと思います。他に利用していたOLTAよりもサポートサービスと初回導入時の使い勝手の良さがあると考えています。

その他

11~30人

 

上限額が低いのが難点

売掛債権の買取額が最高3000万円までなので、それ以上の債権は買取してもらえませんでした。そのため、上限までを利用しました。他社と比較すると低めの金額なので、もう少し額を上げてもらえると助かります。


三共サービスの口コミをもっと見る

 

 

電子請求書早払い

画像出典元:「電子請求書早払い」公式HP

特徴

電子請求書早払いは、インフォマートとGMOペイメントゲートウェイによる共同サービスで、資金調達が簡単にできるファクタリングサービスです。

導入企業40万社のプラットフォームを運営するインフォマートと、決済インフラ分野で国内トップレベルのシェア率を誇るGMO-PGの上場企業2社による協同サービスのため、安心して利用することができます。

また、業界最安値水準の1.0~6.0%という手数料の低さも大きな特徴です。

借入金の負担なく資金調達がしたい、新事業に投資したいけれど手元にキャッシュがないと悩んでいる企業にはおすすめです。

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
1%~6%
    オンライン



実際に利用したユーザーの口コミ

IT

251~500人

 

短期間で確実に資金調達できる

申し込みから2日ほどで資金調達できたことです。オンライン上で必要な書類を提出して審査をしてもらい、2日で希望した金額を調達できたので、経営に支障を出さずに仕事を進められてありがたかったです。

IT

251~500人

 

追加の勧誘が何度も来た

必要がないのに、何度も「資金調達をしないか」と確認する連絡があったことです。取り引き先から費用を支払ってもらい利用の必要がなくなった後も、何度も連絡がありました。


電子請求書早払いの口コミをもっと見る

 

ファクタリングのTRY

画像出典元:「ファクタリングのTRY」公式HP

特徴

ファクタリングのTRYは即日入金や手数料の安さの他に24時間電話がつながるホットラインがあり、親身に相談に乗ってくれるのでファクタリングする上で安心して取引が可能です。

手数料率・サービス種別

 手数料率 法人 個人事業主 2者間 3者間  手続き
5%~20%
  オンライン

 

実際に利用したユーザーの口コミ

IT

251~500人

 

相手の会社に怪しまれずに資金確保できた

情報を厳重に管理してもらいながら資金を得られたのもメリットです。新規事業で取引を開始し始めたばかりの会社から無事に資金を集められるか不安があって利用しました。相手の会社に怪しまれることなく資金を確保できて、安心して事業を軌道に乗せられたのはありがたかったです。

サービス

51~100人

 

債券譲渡登記ではバレてしまう

法人としてのシステムを利用する場合は債権譲渡登記が必要であるということが大きな手間でした。取引先や銀行に債権譲渡登記にバレたくなくてもバレざるを得ない、というのが不便だったので、この部分は改善してほしいです。


ファクタリングのTRYの口コミをもっと見る

 

 

ファクタリングのメリット3つ

1. すぐに資金調達ができる

ファクタリングはすぐに資金調達できる点が最大のメリットです。

保有する売掛債権を資金化するファクタリングでは、審査のスピードが圧倒的に早く即日振込みという場合も多く発生します。

また、初めてファクタリングを利用する場合でも即日で現金化できる可能性があり、急に現金が必要になった場合など重宝します。

2. 銀行融資よりも審査のハードルが低い

ファクタリングでは審査のハードルが低く、比較的容易に資金調達できます。

銀行から融資を受ける場合は担保や保証人が必要とされるほか、会社の当座預金額や税金滞納などの信用状態が重要になります。

しかし、ファクタリングでは担保や保証人が不要で必要書類も少なく済みます。これは会社の信用状態よりも売掛先企業の方が重要視されるという違いがあるためです。

ペイトナー株式会社 阪井 優

審査に通りやすいよう、「商売・事業の実態が分かるもの」を用意しておくとよい。個人でも資料を作成したり、SNSやブログでも良いので事業について発信している履歴などを残しておくと有利。また法人であれば事業内容のわかるHPは作っておくべき。

 

3. 信用低下のリスクを負わずに資金調達できる

資金繰りが厳しいことを知られてしまったら、取引先との関係に悪影響が出るのではないか、銀行の融資に影響がないかなど心配になりますよね。

2者間ファクタリングの場合では、自社とファクタリング会社との間で完結するため、最後まで取引先や銀行に知られることなく資金の調達が可能です。

信用低下のリスクを負わずに資金調達できる点もファクタリングの大きな魅力です。

ファクタリングのデメリット2つ

1. 悪徳業者が潜んでいる可能性がある

ファクタリング業界は法規制が十分に整っていると言い切れず、ファクタリングを隠れ蓑にした悪徳業者が潜んでいる可能性があります。

手数料が相場以上に安すぎる・高すぎる場合や、契約書を残さないまま話を進められる場合などトラブルに巻き込まれないように、利用する際には十分に注意が必要です。

2. 他の資金調達方法よりも手数料が高い

借入金の金利やカードローンの利息に比べ、ファクタリング手数料が高い点がデメリットに挙げられます。手数料が高すぎる場合は調達資金が少なくなり、後々経営状態が苦しくなることも考えられます。

長期的なキャッシュフローも考えた上で賢く利用していきましょう。

ペイトナー株式会社 阪井 優

ファクタリングは、すぐに資金調達できる一方、支払いサイクルも一般的に1~2ヶ月と短く手数料も融資に比べると高い。長期的にまとまったお金を借りることを考える方は、ファクタリングを使うとコストが膨らみすぎるので、それ以外の調達方法を考えることも必要

 

まとめ

今後ファクタリングは、ますます有用な資金調達方法となっていくでしょう。

本記事でご紹介した選定ポイントやメリット・デメリットについて踏まえた上で、あなたの会社にふさわしいファクタリング会社をぜひ見つけてください。

ファクタリングをうまく利用し、経営状況を改善していきましょう!

画像出典元:O-dan

 

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ファクタリングの資料を一括ダウンロード

ファクタリングに関連する記事

ファクタリング
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ