プログラミングスクールについて

おすすめプログラミングスクール12選を比較!失敗しない選び方は?

記事更新日: 2019/11/22

執筆: 編集部

独立やキャリアアップのために、プログラミングを習得したいと考える方は多いでしょう。しかし目的に合ったプログラミング言語の選択やスキルの習得は、初心者には難しく、時間がかかります。

できれば短期間で、実践的なスキルを身に付けたいと思いませんか?

プログラミングの学習を効率的に行いたい方におすすめなのが、プログラミングスクールです。

今回は数多くあるプログラミングスクールの中から、おすすめの12選をご紹介します。それぞれの特徴やプログラミングスクールのメリット・デメリットをまとめたので、比較検討のご参考にしていただければと思います。

プログラミングスクールで学べることは?

プログラミング言語やIT業界に必要なスキルを習得するためのスクールのことをプログラミングスクールと言います。

プログラミングスクールでは、日本のみならず海外でも人気の高いJavaや、Webアプリケーション開発に使われることの多いPHPなどのプログラミング言語を学べます。

プログラミングスクールに通うと、

・プログラミングの基礎知識

・目的に合った実践的なスキル

など、エンジニアを目指す方が必要なものを効率的に習得することが可能です。キャリアアップや独立につながりやすいスクールだと言えます。

自分にあうプログラミングスクールの3つの選定ポイント

1. 受講スタイルは「通学」か「オンライン」か?

プログラミングスクールには、通学制のスクールとオンラインスクールがあるため、自分に合った学習方法を考慮して受講スタイルを選択する必要があります。

タイトなスケジュールの中で空き時間を使って学習したい方や、一人で黙々と勉強したい方には、オンラインスクールが合っているでしょう。

一方、講師と直接やり取りをしながら重点的に学習したい方や、仲間と勉強することでモチベーションが上がる方には、通学制のスクールがおすすめです。

通学とオンラインでは時間の使い方や学ぶ環境が大きく異なるため、受講スタイルは選定する際の大事な要素と言えるでしょう。

2. 期間はどれくらいか?

プログラミングスクールで学習する期間は、1ヶ月や6ヶ月などスクールによって様々であるため、受講する期間を考慮して選ばなければいけません。

期間に重きを置いてプログラミングスクールを選定する際は、目的の明確化が重要です。

キャリアアップしたい、独立する時に困らないようにしたいなど、しっかりと目的を持つと、1ヶ月の学習で良いのか、数ヶ月かけて十分に学習するべきなのか、といった判断ができるようになります。

目標を実現するために、学習にどのくらいの時間を要するべきなのかを今一度考えて選定しましょう。

3. 「無料」か「有料」か?

無料のスクールと有料のスクールにはそれぞれにメリットがありますが、独立を考えている方やキャリアアップをしたい方には、有料のプログラミングスクールがおすすめです。

無料のプログラミングスクールは、企業に受講者を紹介し報酬を得るしくみになっているため、就職や転職をしなければいけません。転職してキャリアアップを目指す場合も、有料のスクールの方が転職先の幅が広がるでしょう。

通学制のスクールに通う場合は特に、費用をかけてでもしっかり学びたいという意欲のある人が集まるため、モチベーションの向上にも繋がります。

おすすめのプログラミングスクール3選

1. 短期間で学べる!『GEEK JOB(ギークジョブ)』

画像出典元:「GEEK JOB」公式HP

特徴

「GEEK JOB」は、短期集中型で技術を習得できるプログラミングスクールです。大学生の就職、社会人の転職、Webアプリ開発の3つのコースがあります。1番の特徴は、通学とオンラインをどちらも利用できる点でしょう。

チャット機能が備わっており、自宅学習でもプロのエンジニアから丁寧な回答がもらえます。開校時間、チャット利用は共に、祝日を除く10:00~21:00となっています。

できること

・プログラミング未経験でもステップアップしながら学習できる
・家にいながら理解できない箇所をチャットで質問可能
・プロのエンジニアから実践的な技術を学べる

料金プラン

・Webアプリ学習コース
社会人:132,000円
大学生:66,000円

・転職・就職コース
社会人:無料
大学生:無料

 

2. 時間割なしで通い放題!『DMM WEBCAMP』


画像出典元:「DMM WEBCAMP」公式HP

特徴

「DMM WEBCAMP」は、経済産業省の第4次産業革命スキル習得認定講座に認定され、ITエンジニアの就職成功率98%を誇る有名なプログラミングスクールです。

厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座であるため、条件を満たすと、支払った受講料の最大70%がキャッシュバック可能。開校時間は11時~22時までなので、日中仕事をしている方でも通いやすいでしょう。

できること

・プログラミング言語を習得可能
・チームを組み、ECサイトの開発を行う
・Web開発のすべての工程を学習できる

料金プラン

・3ヶ月間の学習プログラム(キャリアサポートを含め6ヶ月):628,000円
・分割払いの場合:月額26,000円~

 

3. 現役のプロによるサポート!『TechAcademy』

画像出典元:「TECHACADEMY」公式HP

特徴

「TechAcademy」は、ビデオチャットを利用して現役のエンジニアからサポートを受けられるオンラインのプログラミングスクールです。教育実績は、600社、30,000名を超えており、企業からも高い評価を得ています。

Java、AI、アプリ、WordPressなど、19種類のコースを用意しているのが大きな特徴です。複数のコースをセットで受講することも可能なので、自身の目的に合ったスキルを身に付けられます。

できること

・iPhoneアプリの制作・Swiftの学習
・機械学習のライブラリを使って実装を行う
・WordPressを理解し2つのテーマを開発

料金プラン

・はじめてのプログラミングコース4週間の場合:99,000円~

コースにより料金が異なります。

 

その他のおすすめプログラミングスクールサービス

Aidemy Premium Plan

画像出典元:「Aidemy Premium Plan 」公式HP
 

特徴

「Aidemy Premium Plan」は画像認識・自然言語処理・アプリ開発などの知識や技術の習得を目指す、Pythonに特化したAIプログラミングスクール。

受講期間内なら特別コースを除くコースの学習が無制限にできるため、さまざまなジャンルの知識を深めたい人にもぴったりです。オンラインのサポートも充実しており、転職相談にも応じてくれます。

料金プラン

「Aidemy Premium Plan」の受講料は1ヶ月あたり14,400円~。3ヶ月・6ヶ月・9ヶ月という受講期間を元に3つのプランが用意されているため、初心者・エンジニアなど現在の状況に合わせて最適なプランを選べます。

尚、受講開始後2週間以内なら全額返金に対応。万が一学習内容に満足できない場合でも安心です。

 

CodeCamp

画像出典元:「CodeCamp」 公式HP
 

特徴

「CodeCamp」は現役エンジニアによるレッスンがいつでもどこでも受講できるオンライン完結型のプログラミング学習サービス。わからないことはその場で解決できるため、プログラミング初心者でも着実に学習を進めていけます。

レッスンは当日の予約・変更が可能。急な残業が入っても従業員の予定にあわせて利用できます。

料金プラン

「CodeCamp」には学習期間に合わせて3つのプランがあります。「2ヶ月プラン」は148,000円、「4ヶ月プラン」は248,000円、「6ヶ月プラン」は298,000円と期間が伸びるほどお得。また、別途入学金が30,000円必要です。 

上記のプラン以外に、別途2ヶ月398,000円~始められるプログラミングレッスン受け放題の「プレミアムプラスコース」などもあり、より多くの知識・スキルを身につけたい方におすすめ。詳細はお問い合わせする必要があります。

 

 ヒューマンアカデミー


画像出典元: 「ヒューマンアカデミー」 公式HP
 

特徴

資格取得専門スクールとしておなじみの「ヒューマンアカデミー」には、就職に強いと評判のプログラミングスクールがあります。プログラミングの基礎から実践まで学べるカリキュラムを、豊富な実績を活かし段階的に設定。

プログラミング初心者でも実務に役立つスキルを全国どこからでも学べます。

料金プラン

「ヒューマンアカデミー」の受講料は315,530円から受講可能。必要な受講料はコースにより異なります。また、どのコースを選択しても一律11,000円の入学金が必要。尚、受講期間はコース毎に決められています。

 

INTERNET ACADEMY

画像出典元:「INTERNET ACADEMY」 公式HP

特徴

「INTERNET ACADEMY」は、初心者から学べるWebに特化したスクールです。母体がWeb制作会社であるだけに、そのカリキュラムは実践を意識したものとなっているため、卒業後は即戦力として活躍できます。

Web業界でプログラマーとしてのスキルアップを考えている人にはおすすめのスクールです。

料金プラン

コースにより様々です。無料体験や教育訓練給付金が利用できるコースもあります。

詳細はお問い合わせをする必要があります。

 

TECH::EXPERT

画像出典元:「ATECH::EXPERT」 公式HP

特徴

「TECH::EXPERT」は、未経験でもエンジニアとしての技術を身に着けられるプログラミングスクールです。

有名企業へのヒアリングを重ね、1年かけて現場で使える技術力を高める教育プログラムを作り上げました。学習後、すぐにITエンジニアとして戦力になれるでしょう。

料金プラン

短期集中スタイルは30,000円/月、夜間・休日スタイルは40,000円/月と料金が異なります。万が一、学習スタイルなどに満足できなかった場合は2週間以内であれば返金可能です。

 

リナックスアカデミー


画像出典元:「リナックスアカデミー」 公式HP

特徴

「リナックスアカデミー」は、業界トップクラスの資格合格実績を誇るITエンジニア・プログラマー専門スクールです。

未経験者・初心者のIT教育に強く、少人数制・ライブ授業・受講生のことを考えた研修内容で、好評を得ています。企業の研修としては資格取得できるコースがおすすめです。

 

TECH::CAMP


画像出典元: 「TECH::CAMP」 公式HP

特徴

「TECH::CAMP」は、プログラミングを学んでスキルアップを目指している方におすすめです。最短1ヵ月で学習でき、基礎学習を基本としてスキルアップを目指します。今の職場でさらにスキルアップしたいという方におすすめです。

料金プラン

月額料金は14,800円、初回月は入会費用148,000円が必要です。紹介割引やともだち割引などもあります。1週間以内にキャンセルする場合は全額返金してくれます。

 

KENスクール

画像出典元:「KENスクール」 公式HP

特徴

「KENスクール」の講師は派遣ではなく社員がほとんど。そのため、コストを抑えつつ高品質で安定性のある企業研修を提供しています。

研修内容はIT基礎研修からSE向け研修、AI研修など幅広い分野をカバー。それぞれを組み合わせることもできるため、企業のニーズにマッチする企業研修を効率よく開催できるでしょう。

 

DIVE INTO CODE

画像出典元: 「DIVE INTO CODE」 公式HP

特徴

プログラミングスクールの「DIVE INTO CODE」では、企業の新人研修や内定者フォローに最適な法人研修を実施。法人研修は講義形式とオンライン形式から選択できる上、社員教育担当者は1人1人の学習進捗を確認できます。

従業員のプログラミング知識を確かなものにし、着実に高めていきたい企業におすすめのスクールです。

 

プログラミングスクールのメリット3つ

1. 手厚いサポートが受けられる

プログラミングスクールで学習すると、プロのエンジニアからの手厚いサポートが受けられます。

十分に理解できていない箇所をそのままにしてしまう、理解するために長い時間を費やしてしまうなど、独学では勉強が思うように進まない場合もあるでしょう。このような状況が続くと、モチベーションが下がってしまう方も多いのではないでしょうか。

プログラミングスクールでは、通学・オンライン共に、疑問点に対して講師からの丁寧な説明が受けられるので、独学よりも学習内容を理解しやすく、勉強に躓くことがなくなります。

転職してキャリアアップを目指す方のために、自己分析や面接対策などのキャリアサポートを実施しているプログラミングスクールもあります。充実したサポートが、目標を達成するための助けとなることでしょう。

2. 実践的なスキルが身に付く

プログラミングスクールを利用すると、プログラミングの基礎はもちろん、実践的なスキルを身に付けられることが大きなメリットです。

多くのプログラミングスクールでは、目的に合わせたプログラミング言語の基礎知識を学んだ後、アプリやサービスの開発をしながら応用を学ぶという流れのカリキュラムを組んでいます。

また、カリキュラムだけでなく、講師としてプロのエンジニアが在籍していることも、実践的なスキルが身につく理由の1つです。

エンジニアと関わりを持ち、実際に現場で使われている技術を学ぶことは、プログラミングスクールだからこそ得られるメリットと言えるでしょう。

3. 短期間で学習できる

プログラミングスクールでは、受講者が短期間で技術を習得できるカリキュラムを構築しているため、数ヶ月程で講座を終えることができます。

独学だと、疑問点を解決するために多くの時間を費やしてしまったり、基礎の段階で理解できずに勉強に対するモチベーションが低下してしまいがちです。

特に日中仕事をしている方の場合は、時間の制約があるため、効率的に勉強をしたいと思うでしょう。

独学でゼロからプログラミングを学ぶには膨大な時間を費やしますが、プログラミングスクールを利用すると、最短で1ヶ月からプログラミングを習得できるため、時間を有効に使うことが可能です。

プログラミングスクールのデメリット3つ

1. 費用がかかる

プログラミングスクールで学習するデメリットに、受講費用が挙げられます。

無料で利用できるプログラミングスクールもありますが、就職や転職が必須なので、フリーランスや起業を目指す方には不向きでしょう。

転職によるキャリアアップを目標としている方にも、有料のスクールがおすすめ。就職成功率が高いためです。過去の実績があり企業から高い評価を得ていることが多く、キャリアサポートも充実しているため、希望に合った就職が可能となります。

受講費用はスクールによって異なるため、複数のプログラミングスクールの費用を比較して、十分に検討する必要がありそうです。無料体験を受けて、教材やサポートが費用と見合っているか確認して決めるとよいでしょう。

2. 問題解決能力が伸びない

プログラミングスクールで学習を始めると、勉強中に疑問点がある時は、すぐに講師から回答がもらえるようになります。

サポートが受けられるのは良いことですが、「分からなければ聞けば良い」と思って学習を進めると、自分で深く考える力が付きません。

独学は、自力で答えを導き出し理解を深めていく必要があるため、エンジニアやビジネスマン、起業家にも必須のスキルである問題解決能力が高くなります。

プログラミングスクールで学習する際は、サポートを上手に利用し、自分で考えることを意識しながら勉強すると良いでしょう。

3. モチベーションが低下する

一般的に、オンラインのプログラミングスクールでは、モチベーションが下がりやすいと言われています。

オンラインスクールでモチベーションを維持できない大きな原因は、同じ志を持った仲間ができないことや自分のペースで学習することです。

しかし、通学制のプログラミングスクールでも、モチベーションが低下する可能性は十分にあります。

原因は下記のような点です。

・講師と相性が合わない

・勉強の進みが早く、ついていけない

・受講前に考えていたカリキュラムと実際のものが違う

共に受講する仲間の理解度が高いと、学習の進め具合が早くなるでしょうから、ついていけずに焦りを感じる場合があります。

カリキュラムや講師との相性も大事なポイントです。無料体験や無料相談で、自分に合うスクールかどうかをしっかり確認しましょう。

まとめ

今回ご紹介したプログラミングスクールで学習すると、プロのエンジニアである講師からのサポートを受けながら、実践的なスキルが学べます。

プログラミングスクールのカリキュラムは、短期間で技術が習得できるように構築されているため、時間を有効に使いながら学習を進められるでしょう。

プログラミングを習得したい方は、ぜひ今回紹介したプログラミングスクールを検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:O-dan

プログラミングスクールのITツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ