KENスクール

記事更新日: 2019/11/13

執筆: 編集部

編集部コメント

「KENスクール」の講師は派遣ではなく社員がほとんど。そのため、コストを抑えつつ高品質で安定性のある企業研修を提供しています。研修内容はIT基礎研修からSE向け研修、AI研修など幅広い分野をカバー。それぞれを組み合わせることもできるため、企業のニーズにマッチする企業研修を効率よく開催できるでしょう。

1. C、組み込み研修

C言語の取得から組み込みまで学べるコース

2. IT基礎研修

基本情報技術者試験等の合格を目指すコース

3. SE向け研修

エンジニアとしての技術向上を目指すコース

良い点

正社員の講師が責任を持って研修を行うため、講師の当たりはずれがないと評判。オンライン教材も分かりやすいと好評です。

悪い点

初心者研修に強いスクールなため、多少知識がある場合は物足りなく感じることもあるようです。

費用対効果:

企業研修の費用はケースごとに決定されるため、無駄なく利用できます。

UIと操作性:

オンラインコンテンツはすっきりとして見やすく、操作しやすいです。

サポート体制:

わからないことはその場で解決できる環境が整っているため、初心者でも安心して学習できます。

KENスクールの3つの特徴

1. 教育のプロフェッショナルが指導

「KENスクール」では創立以来、外注の講師ではなく正社員として採用された講師による講義のみを実施。在籍講師数は業界トップクラスです。

日々新たな技術が誕生するIT業界ということもあり、講師向けのトレーニングを定期的に実施。最新の技術を指導できる高い教育力を維持し続けています。

プログラミング未経験者を「0」とするなら、その「0」を「1」にすることに重きを置いており、即戦力となりうる人材を育てるのが得意なスクール。IT技術力だけでなくビジネススキルまで身につけられるカリキュラムは、多くの企業から絶賛されています。


経験豊富な講師陣が丁寧に指導

2. オリジナルドキュメントシートを採用

「KENスクール」では、企業研修完了時に講師が研修生1人1人の適性や研修への姿勢を評価。ITスキルのレベルだけでなく、従業員を企業内でどう活かすべきかを判断する材料になり、希望する企業へは「オリジナルドキュメントシート」として提供しています。

オリジナルドキュメントシートの内容は技術系講座向けとビジネス系講座向けでそれぞれ内容が異なります。技術系講座ではカリキュラムを細分化し、技術の習得レベルや実技レベルを評価。

併せて講師による所感を記載することで、研修生と直接かかわりのない研修担当者でも長所や短所を理解できるよう工夫されています。今後更なる成長に必要なスキルなどもアドバイスされるため、研修内容の精査にも役立つでしょう。


オリジナルドキュメントシートのイメージ

3. 選べる受講形式

「KENスクール」は日本全国に校舎があるため、企業のニーズに合わせて柔軟に受講形式が選べます。

研修生が多い場合に便利なのは、「KENスクール」の講師を企業へ派遣してもらって行うスタイルの研修。研修に必要な機材の持ち込みにも対応しているため、企業は研修する場所を用意するだけで済みます。

一方、研修生が少ない場合は最寄りの校舎の研修室を利用した企業研修や、「KENスクール」で開講されている講座を自由に選択して参加するスタイルの通学型研修がおすすめ。「KENスクール」の企業研修は1名から申し込めるので、新入社員が少ない企業でも問題なく研修を行えます。


集合型研修中の研修室

 

料金プラン

詳細はお問い合わせをする必要があります。

評判・口コミ

最新のトレンドを研修に採用
株式会社マリノ様

研修のプロが構築したカリキュラムを提供していること、さらには毎年同じ講師陣でご対応いただいているため、研修品質が高く保たれています。前年度の振り返りを行った上で、最新の技術トレンドを取り入れるなど、毎年カリキュラムの改善を行ってもらっています。また、単元ごとにテストを実施し、報告を頂けますので、各受講生の理解度の把握に役立っています。

自由通学形式の研修が好評
日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社様

毎年受講しておりますが、CCNA・CCNP・LPICなどの資格を取得するまでサポートして頂き、従業員のスキルアップに繋がっております。また、エンジニアによっては業務が忙しく、研修を受けるタイミングの調整が難しい場合もありますが、KENスクールの場合は、受講者が好きなタイミングで受講出来る点が、エンジニアからも評判が良いですね。

※「KENスクール」公式HP参照

まとめ

「KENスクール」は低コストで高品質な企業研修を実現できる人気のプログラミングスクール。全国展開しているスクールなので、様々な受講形式を提供できる点も大きな魅力です。

そのため、大企業はもちろん、今まで企業研修を諦めていた中小企業にもおすすめ。企業研修をその後の実務に最大限活かすサポートも充実しているため、社員1人1人のスキルを余すことなく伸ばしていけるでしょう。

関連記事

おすすめプログラミングスクール12選を比較!失敗しない選び方は?

この記事ではプログラミングスクールのメリットやデメリット・選定ポイント・おすすめのスクールなどを徹底解説します。

画像出典元:「KENスクール」公式HP

その他のプログラミングスクール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ