FREENANCE

記事更新日: 2020/05/07

執筆: 編集部

編集部コメント

FREENANCEはWEBサイト内から簡単に登録できて、手数料も良心的、審査が進めば即日振込、振込手数料も無料です。少額から申し込めるので、フリーランスや個人事業主の方にとって銀行の融資を待つより、利用しやすいファクタリングサービスといえます。

ファクタリングを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

ファクタリングツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする1サービスの資料をダウンロードできます。

無料でアカウント作成

メールアドレスを入力するだけで簡単に、無料でアカウントを開設できる。

買取手数料は3%〜

個人事業主(フリーランス)向けのファクタリングとしては手数料が3%〜10%とかなり低く設定されているので利用しやすい。

最短当日振込

アカウント情報を入力すると審査をしてもらえ、少額からの利用も可能。

良い点

個人事業主、フリーランスを中心としたファクタリングなので、手数料も安価で、個人情報を守るため、口座名義を好きな名前に変えられるなど、利用しやすいです。

悪い点

個人間の取引には利用できません。法人口座からの振込のみの受付です。

費用対効果:

フリーランスで手数料が3%〜なのでちょっとした資金不足にも利用できます。

UIと操作性:

手数料が安くて、アカウント作成・契約もWEBから簡単に申し込めます。

FREENANCEの3つの特徴

1.無料のフリーナンス振込専用口座

FREENANCE」では希望の口座名義で開設し、口座維持手数料が無料で使用できます。

また、フリーナンス振込専用口座を振込先とすることで発注先の企業に対して、2つの信用を与えることができます。

・反社会的勢力データベースに掲載されていないことを証明します。

・万が一の場合にもあんしん補償によって発注先企業も守られます。

2.手数料は振込専用口座を使えば使うほどお得に

FREENANCEの手数料は請求書額面の3%〜10%となっていますが、振込専用口座を使えば使うほど、手数料は下がります。

取引先に即日払いの利用は認知されません。

3.黒字倒産をゼロに

1万円〜と少額から申し込めて、手数料も良心的なので、ライターやデザイナー、材料費が必要なクリエイターなどのちょっとした資金繰りにも活用でき、利用しやすいです。

取引先の支払いが遅くても気にせず、仕事に集中できるのはありがたいサービスといえます。

FREENANCEの料金プラン

信用情報や請求金額によって変動しますが、手数料は3%〜10%となっています。

 

まとめ

FREENANCEの特徴・評判・料金について解説しました。

この機会に是非導入を検討してみてはいかがでしょうか。


画像出典元:「FREENANCE」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ファクタリングの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他のファクタリング

起業ログが厳選するファクタリング
ファクタリング
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ