電子請求書早払い

記事更新日: 2020/09/01

執筆: 編集部

運営コメント

電子請求書早払いは、インフォマートとGMOペイメントゲートウェイによる共同サービスで、資金調達が簡単にできるファクタリングサービスです。業界最安値水準といわれる手数料の低さで、最短2営業日での振込が可能です。借入金の負担なく資金調達がしたい、新事業に投資したいけれど手元にキャッシュがないと悩んでいる企業にはおすすめです。

1. 低コスト

手数料は1.0~6.0%で業界最安値水準

2. 簡単手続き

オンラインでの手続きが可能

3. 早払い

最短2営業日で現金化が可能

良い点

申し込みから契約までオンラインで簡単に行うことができます。業界最安値と言われる手数料で最短2営業日で入金されるため、必要な資金を必要な時に調達できます。

悪い点

1取引先あたり3,000万円という制限があります。

費用対効果:

UIと操作性:

申し込みから契約までオンラインでの手続きが可能なため、紙の書類や押印は不要です。

知名度:

インフォマートとGMOペイメントゲートウェイという東証一部上場企業の協同サービスです。

導入ハードル:

オンラインで手続きが完了するため、簡単に利用できます。

電子請求書早払いの特徴3つ

1. 業界最安水準の手数料

電子請求書早払いの最大の特徴は手数料の安さです。ファクタリングの利用手数料が安いという点は、導入を検討する上で重要なポイントといえます。

一般的に、ファクタリングの手数料は5~25%、高いところだと30%にも及ぶところもあります。しかし、電子請求書早払いの手数料は1.0~6.0%で、これは業界最安値水準といわれています。

手数料が低いにもかかわらず、電子請求書早払いでは審査通過率が90%以上です。豊富な実績も含め、さまざまな規模や業態の会社で幅広く利用されています。


業界最安水準の手数料
 

2. オンライン申請で素早く現金化

次に紹介する電子請求書早払いの特徴は現金化までの時間が早いことです。最短2営業日で請求書を現金化します。

電子請求書早払いでの現金化が早いのは、申し込みから契約までの手続きがオンラインで簡単にできることも理由の一つです。さまざまな書類を紙で用意したり、押印の必要がないため、手続きはとても簡単です。

さらに、請求書の電子化も可能な電子請求書早払いは、請求作業も効率化できます。

 
 

3. 2社共同のサービスと信頼できるパートナーシップ

電子請求書早払いの特徴3つ目は、確かな実績を持つ企業2社による協同サービスであることです。

電子請求書早払いは、東証一部上場企業である株式会社インフォマートとGMOペイメントゲートウェイによる協同サービスです。そのため、法令順守の体制もしっかりと整っており、信頼性は随一といえます。2社間ファクタリングのため、取引先に知られることがないという安心感もあります。

また、このような企業によるサービスのため、実績も豊富で、企業規模を問わず、幅広く多くの企業で利用されています。手数料が最安値水準であるにもかかわらず審査通過率が90%以上であるのも、資金繰りに悩む企業にとっては安心材料の一つといえるでしょう。

さらに、インフォマートと三井住友銀行が業務提携契約を締結しているという点でも信頼できます。

大手銀行との提携で安心

 

電子請求書早払いの料金プラン

利用に際しては1.0~6.0%の手数料が必要ですが、詳細についてはお問い合わせをする必要があります。

 

電子請求書早払いの評判・口コミ

手数料の低さと丁寧なサポート
株式会社XYOU

受注から納品までの期間が長く、入金よりも支払が先に発生する映像業界では、入金の予定はあるけれど手元のキャッシュが足りないという状況がおこります。ファクタリングに関しては良いイメージはありませんでしたが、手数料が圧倒的に低く、専任担当者の丁寧なサポートから、今ではいつでも現金化できるセーフティネットのような役割と考えています。

*「電子請求書早払い」公式HP参照

まとめ

納品から入金までの期間が長く、諸経費支払のためのキャッシュに困っている企業におすすめのサービスです。それはオンラインによる簡単な手続きで、素早く資金調達ができるというのが電子請求書早払いの大きな特徴だからです。

通常、ファクタリングの手数料は5~10%といわれていますが、電子請求書早払いでは1.0~6.0%と業界最安値水準になっています。

手数料が低いにもかかわらず、審査通過率90%、最短2営業日での振込が実現するのは、東証一部企業2社による協同サービスであることの実績と信頼性によるものです。2社間ファクタリングのため、取引先企業に知られることもありません。

オンライン申請で簡単に素早く資金調達ができる電子請求書早払いは、日々の運営のためだけでなく、新規事業への投資を考えている企業にもおすすめのサービスといえるでしょう。


画像出典元:「電子請求書早払い」公式HP

その他の【ファクタリング】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ