マネーフォワード アーリーペイメント

4.0

記事更新日: 2021/06/13

執筆: 編集部

資金繰りを改善したい企業におすすめのファクタリング「マネーフォワード アーリーペイメント」。

まず最初に、マネーフォワードケッサイ取締役CTO兼SREの篠原 祐貴氏に、起業LOG編集部がきいたマネーフォワード アーリーペイメントの総評を紹介します。

マネーフォワードケッサイ株式会社 取締役

篠原 祐貴

ヤフー株式会社にて新規サービス立ち上げ、株式会社Schooの初代CTO、メドピア株式会社での技術部長などを経験。その後、合弁会社で新規サービスをリリースした後、2016年12月にマネーフォワード入社。現在はマネーフォワードケッサイで現在取締役CTO兼SRE として開発に従事。

最短2営業日で資金調達が可能

マネーフォワード アーリーペイメントは売掛金の早期資金化による資金調達サービスです。
 
手元の売掛金で資金調達ができるため、融資やエクイティでの調達よりも早くキャッシュを確保することが可能です。マネーフォワード アーリーペイメントなら最短2営業日で資金調達が可能なので、売上を伸ばすための必要資金をすぐにほしいなどのタイミングで活用していただけると効果的です。
早くお金を確保したい会社にとって、第三の選択肢になれれば良いと考えております。
 
業界でも最安級の手数料を実現しているので、早く安く資金調達をしたい企業様にはぜひ利用していただきたいです。
マネーフォワードケッサイ株式会社 取締役 篠原祐貴がスタートアップにおすすめするSaaS 4選
編集部コメント

手数料率は1.0%~と業界最安水準、資金繰りを改善したい企業におすすめのファクタリングです。請求時点のみではなく、発注時点での債権買取も可能なので、広告代理店やクリエイティブ業界など案件着手〜入金までのサイトがかかる、前だしの費用が多く発生する企業に使われています。また東証プライム上場マネーフォワードグループの子会社による運営という点で安心して利用できます。

ファクタリングを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

ファクタリングツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする7サービスの資料をダウンロードできます。

1. 最安水準の手数料率

手数料率は1.0%~で業界最安水準で利用できる

2. 高額の資金調達も可能

数億円の対応実績あり

3. 発注時点での債権買取

請求時点のみではなく、発注時点での債権買取が可能

良い点

手数料率が業界最安水準です。また資金調達可能額が大きく、運営会社の信頼性もあります。スピーディーな事業拡大のために繰り返し利用する企業も多いです。

悪い点

最安水準の手数料率に比べ、審査は他のファクタリングに比べ少し厳しめ。初回審査は5~10営業日程度かかります。但し、2回目以降は最短2営業日程度での対応が可能です。

費用対効果:

UIと操作性:

銀行融資に比べ、かんたんな審査で利用できます。

運営会社の信頼性:

東証プライム上場のマネーフォワードグループ100%子会社のため、安心して利用できます。

マネーフォワード アーリーペイメントの特徴4つ

1. 手数料率が業界最安水準

マネーフォアード アーリーペイメントの特徴は手数料率の低さです。

マネーフォワード アーリーペイメントの手数料は1.0~10.0%程度となっており、業界最安水準です。

また調達できる金額も、最低数万円から最高で数億円までとかなり大きい額の資金調達にも対応しています。

手数料率の低さと調達可能金額の大きさから、急成長中のスタートアップや中小企業まで、用途に応じて幅広く利用されています。

2. 上場企業グループの高い信頼性

次に紹介するマネーフォワード アーリーペイメントの特徴はその信頼性です。

東証プライム上場マネーフォワードグループの100%子会社のため、安心して利用できます。

お金が絡む取引の場合、相手企業の信頼性は最も気になることのひとつと言えます。

特にファクタリングサービスの中には、ホームページもしっかりしていないようなサービスがあるのも事実です。

その点、マネーフォワード アーリーペイメントは株式会社マネーフォワードの子会社のため、非常に安心して利用できます。

 

3. 発注時点での債権買取も可能

一般的にファクタリングサービスでは請求書を買い取ってくれますが、マネーフォワード アーリーペイメントの場合は発注時点の債権も買い取ってくれます。つまり発注書ベースでの買取を行ってくれるのです。

広告業界やシステム受託を行う企業では、案件を受注しても入金までの期間があくため、その間の広告費・人件費・外注費を払えないという資金繰り上の理由で案件受注を断念してしまう場合も少なくありません。

その点、請求時点ではなく発注時点の債権を買い取ってくれるマネーフォワード アーリーペイメントはこのような課題を解決できる数少ないファクタリングサービスといえます。

資金繰りを改善を通して、売上拡大・追加の案件受注につなげることができます。

4. スピード入金

マネーフォアード アーリーペイメントの最大の特徴は入金までが早いことです。

売掛金買取のため銀行融資よりも審査が容易で、その分入金までの時間も短くなります。

初回審査は5~10営業日程度、2回目以降は最短2営業日で入金されます。

ただこれは安い手数料率の引き換えともいえますが、他のファクタリングに比べると初回審査は比較的時間がかかるほうだといえます。


マネーフォワード アーリーペイメントの仕組み
 

 

マネーフォワード アーリーペイメントの料金プラン

1.0%~10.0%の手数料率で利用できます。

実際の手数料率は、審査によって決まります。

 

マネーフォワード アーリーペイメントの評判・口コミ

小売

101〜250人

「資金繰りが大変」「今すぐにお金が必要」な会社にはおすすめ

利用にかけた費用

手数料が20%ぐらいです。

使いやすいと感じた点を教えてください。

請求書がない状態であっても、受注段階から売掛金の買い取りをしているところは助かりました。入金までのスピードがとても早いのいも助かりました。

不便だと感じた点を教えてください。

  • 審査に時間がかかる
  • 審査が結構厳しい

というところです。特に初回利用の際には、審査期間が10日ぐらいかかります。「今すぐに資金が必要」「明日どうなるかわからない」という状況だと、審査待ちの時間は生きた心地がしませんでした。初回の審査の基準を改定してほしいです。

他の会社にもおすすめしますか?

厳しい審査を通過すれば入金までのスピードは非常に速いので、「資金繰りが大変」「今すぐにお金が必要」といった状態の会社には向いていると思います。コロナによる影響を多大に受けている会社などは、かなり助かるでしょう。

小売

51〜100人

即日で資金調達で出来て便利

利用期間 

2020年4月~2021年現在まで

使いやすいと感じた点を教えてください。

・最低数万円から数億円と、対応している金額の幅が広い

・即日でも処理してもらえる

この2点が、資金繰りをしていく上で特に助かったし、便利でした。

不便だと感じた点を教えてください。

個人事業主の売掛債権の買い取りには対応していないことから、弊社と同グループにある事業所(個人事業主として運営する事業所)の資金繰りができませんでした。個人事業主にもサービスの対応してもらえたらもっと利用しやすいと感じました。

他の会社にもおすすめしますか?

最短で2~3日で資金調達ができるので、即日で資金調達がしたい法人には業種を問わずおすすめです。

まとめ

広告代理店やクリエイティブ業界の企業など案件着手からの入金までの時間がかかる、前だしの費用が多く発生する企業におすすめのファクタリングサービスです。

マネーフォワード アーリーペイメントの利用により資金繰りを改善し、売上の拡大や追加の案件受注につなげることができるでしょう。

業界最安水準の手数料率であり、また上場企業の100%子会社であるため、安心して利用できます。

一方でファクタリングのなかでは初回審査に比較的時間がかかる点には少し注意が必要です。

審査に多少時間がかかる分、手数料率が低く、継続的にビジネスに利用できる資金調達サービスといえるでしょう。

 

画像出典元:「マネーフォワード アーリーペイメント」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ファクタリングの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

ファクタリング
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ