ライフサポート倶楽部

3.5

記事更新日: 2021/03/24

執筆: 編集部

編集部コメント

手間やコストをなるべくかけずに福利厚生を充実させたいと考えている企業におすすめの福利厚生サービスです。自社独自のキャンペーンや制度を取り入れるなどカスタマイズにも柔軟に対応、保養所の運営なども任せられます。

福利厚生サービスを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

福利厚生サービスツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする6サービスの資料をダウンロードできます。

1. 多種多様なサービスメニュー

レジャーから介護・育児まで様々なサービスを提供できる

2. インフォメーション機能

自社独自のキャンペーンや制度を案内できる

3. 会員証・クーポン配信機能

従業員は出先でもスマートフォンなどで優待の利用が可能

良い点

従業員数101名以上であれば1人あたり月額350円という低コストで充実の福利厚生サービスが利用可能。サポート体制もしっかりしているので、従業員のニーズや要望にすぐに対応できます。

悪い点

従業員が100名未満の企業は5年ごとの更新となります。

費用対効果:

従業員が101名以上であれば1名あたり月額350円から利用できます。サービス内容が大変充実しており、費用対効果は高いと言えます。

UIと操作性:

福利厚生に関する業務代行により人事・総務での手間がほとんど無くなります。

サポート体制:

予約センターで宿泊施設の予約・相談などのほか、さまざまな問い合わせに対応してくれます。

ライフサポート倶楽部の特徴3つ

1. 企業と従業員の双方ともにメリットが期待できる

1つ目の特徴は、「企業と従業員の双方ともにメリットが期待できる」ことです。

企業メリットとして大きくは、手間なく低コストで導入でき、地域間従業員に対する福利厚生の格差が解消できることが挙げられます。

また、従業員の福利厚生の利用度や満足度が上がることによって、企業イメージ向上し、優秀な人材の確保が期待できるでしょう。運用面でいうと、補助金の使い道を明確に出来、費用対効果の検証ができるのもメリットです。

企業だけでなく、従業員にもメリットが期待できる

従業員目線としては、福利厚生がカスタマイズ可能となり内容の幅も広がるので、好きなメニューを選択できるようになります。

働くお母さんのための出産・育児に関するメニューなどワークライフバランスに配慮されたサービスも利用可能。また、ダイエットや体を鍛えるためのスポーツクラブの利用や健康診断を受診できるなど健康を増進するためのメニューも充実。

さらに、映画館やアミューズメント施設などを優待価格で利用でき、それも家族間で利用できる点が大きな魅力です。

2. 業界初の「補助金精算」が出来る料金プラン

2つ目の特徴としては、料金プランが業界初の「補助金精算」が出来るようになっていることです。


業界初の「補助金精算」でムダのない会費体系


他社の利用料金と比べて、ライフサポート倶楽部の料金プランでは、補助金が最初から含まれているのではなく清算型となっています。使った分だけ清算され、未利用分は返金となります。ムダのない会費体系で利用に応じて精算ができるのがライフサポート倶楽部ならではの特徴です。

3. 独自の福利厚生を構築できる

3つ目の特徴は、「独自の福利厚生を構築できる」ことです。

ライフサポート倶楽部では、ニーズや予算を受けて、オリジナル企画を定期的に提案、実施しています。社員旅行の手配や社員研修等のサポートしてもらえるので、行程の調整や各種手配にかけていた労力も減りますし、研修を運営会社リソルの直営施設で実施することも出来ます。

自社独自の福利厚生サービスの提供が可能となる

基本サービス+αのサポートにより、従来とは違ったイベントチケット手配が可能となったり、目新しい企画やキャンペーンを生み出せることが可能となります。従業員にとっても嬉しい福利厚生サービスの変化となることでしょう。

ライフサポート倶楽部の料金プラン

上の表の通り、従業員101名以上で、1ヶ月1名あたり最低料金として350円~500円です。

従業員100名未満の場合は、入会金45万円~、年会費2万円×5年となり、5年ごとの更新で55万円~という料金プランとなります。

ライフサポート倶楽部の評判・口コミ

IT

251〜500人

導入決定者

子育て世代を抱える会社などにお勧め

利用にかけた費用 

初期費用は無料。月額費用は10万5000円。料金プランは総合型福利厚生ライフサポート倶楽部。 

利用期間 

2020年9月~2021年12月現在も利用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

ベビーシッターなど育児の負担を減らすことができるサービスをはじめ、介護や資格取得などそれぞれの生活に合わせた多様なサービスがあったことから、導入することになりました。
 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

スマホやパソコンからサービスを選択して5分程度で手続きを完了させられた点です。仕事に活用できる資格を取得することを目指して、通信教育を申し込もうとしたのですが、検索画面から簡単に申し込み手続きを行う画面に移動できます。氏名などの基本情報を入力しただけで簡単に申し込めたので、すぐに資格の勉強を開始できてありがたかったです。 

不便だと感じた点を教えてください。 

キャンペーンの情報がなかなか見つからなかったことです。 

期間限定でお得に買い物ができるなどのキャンペーンが定期的にあるのですが、キャンペーン情報があまりにも多くて目的のキャンペーンが見当たらないことが多々あります。詳しい情報をなかなか確認できないのは、損をした感じもして残念でした。 

他の会社にもおすすめしますか? 

子育てや人間ドックなど、生活に密着した様々なサービスを、社員が気軽に利用できます。プライベートをより充実させられるので、子育て世代を抱える会社に特におすすめです。

不動産

1001人以上

営業

宿泊代などが安くなるのは良い

利用期間 

2003年10月~2019年12月 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

2回ほど、福島県に旅行に行ったときに使用しました。宿だけをこのツールで使用し、その際通常より、安い(どれくらいの割引か忘れましたが)料金で旅行ができたと思います。周りの方も結構利用して、旅行代などを浮かすために使えたので嬉しかったです。
 

不便だと感じた点を教えてください。 

確かサイトで申し込み、会社に専用の申込書を提出しないといけなかったような気がします。それがとても面倒でした。また、頻繁に使用することがないので、パスワードを忘れてしまうので使いにくいと感じました。 

他の会社にもおすすめしますか? 

使い勝手にはやや気になる点はありますが、福利厚生としてはいいと思います。安く旅行ができて、ゆっくりと贅沢な時間も過ごせますので。

その他

1001人以上

コロナ禍で利用できるサービスが縮小した

利用期間

2018年4月から2022年2月現在も利用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

健康増進のため、KONAMIスポーツクラブと連携した福利厚生として導入した

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

ライフサポートクラブマイページにアクセスすれば利用できるサービスや優待内容が一目瞭然であり、即日利用できるサービスが多いことから多々利用した。
・映画に行く予定が発生した際は必ずこの福利厚生ページから優待を得ており、その他遊園地や動物園、水族館なども割引優待が多いため利用した。

 

不便だと感じた点を教えてください。

・都心部に住む従業員にとってはメリットが多いが、地方に勤務する従業員にはかなり利用ケースが限られる。
・提携したKONAMIスポーツクラブは地方には少ないため、不平等についてクレームが多く発生した。
コロナ禍で利用できるサービス全体が縮小したため、福利厚生の見直し要請が出た。

 

他の会社にもおすすめしますか?

利用対象となる従業員の居住エリアが都心部の場合で、特に小さい子供がいる若い世代には良いかもしれないが、地方在住や幅広い年代の従業員の場合には弊社と同じ可能性があるため推奨しない。弊社はリロクラブに切り替える。

郵送

501〜1000人

利用者に合ったさまざまなサービスが用意されている

利用にかけた費用

1人あたり350円から

 

利用期間

2020年4月〜2021年12月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

映画や遊園地といった他の福利厚生サービスにもありそうなものだけでなく、育児や子育てに有効的な特典や健康的なスポーツジムの特典などがあります。利用者に合ったさまざまなサービスが用意されている点は非常に良いと思います。会社としても、企業のイメージの向上につながると感じます。

 

不便だと感じた点を教えてください。

たくさんの利用できる特典があるので、それを探すのが大変でした。また、サイトで申し込んだ後に、会社にはまた別に書類を提出する必要があるのが面倒でした。会社に利用の状況などが知られてしまうのには少し抵抗があるので、会社にまで利用状況が知られることがなければ、もっと気軽に使えます。 

 

他の会社にもおすすめしますか?

育児や子育て、ダイエットに旅行など、サービス内容の多くが生活に関係するものなので、このようなサービスと関わりの強い世代が多くいる会社におすすめです。 

小売

31〜50人

営業

社員満足度の高い福利厚生を構築できる

利用にかけた費用

初期費用のほかに年会費2万円

 

利用期間

2014年〜2020年10月

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

健康診断など会社に必要な最低限の福利厚生の構築などもライフサポート倶楽部一つでカスタマイズができます。従業員の家族構成や年齢層に合わせたサービスを選択できるので、社員満足度の高い福利厚生を構築できます。5年更新の見直しもできるので、必要期間での利用も可能です。

 

不便だと感じた点を教えてください。

利用サービスが充実しているのは良いのですが、定期的にサービス内容を見ておかないと使い忘れが発生します。ホテルやフィットネスジムの割引サービスがあるのですが、自分の対象店舗にも関わらずに使い忘れていて、後で確認すると実は使えていたわかったことが度々起きていました。

 

他の会社にもおすすめしますか?

健康診断・人間ドックといった最低限の福利厚生や、子育て世代や年齢層の高い社員に向けたサービスなど自社の従業員に合わせたサービスが選べます。満足度も向上して社員のモチベーションアップにも繋がると思います。

小売

2〜10人

導入決定者

自由に受けたいサービスは受けることが出来るが、申し込み方法が少し複雑

利用にかけた費用

入会金45万 年会費2万 

 

利用期間

2020年8月から2022年1月現在まで使用しています。

 

導入に至った決め手を教えてください。

自分の社員に対して給料面以外の待遇をしたいと思い今回加入しました。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

社員たちが自分の行きたいところや、受けたいサービスを思う存分自由に使うことが出来るのがとても便利だと思いました。特にホテルなどは格安で宿泊できたとのことですので本当に喜んでもらっていて導入してよかったと社長の立場から思いました。

 

不便だと感じた点を教えてください。

自由に受けたいサービスは受けることが出来るのだが、申し込みの方法が少し複雑で、申し込みにくいと社員から声がありました。専用サイトなどを経由しないといけないので、そこに関してとても面倒だということですね。もう少し簡素化して貰えればありがたいです。

 

他の会社にもおすすめしますか?

人数が多い大規模な会社なら1人あたりの会員金額が500円を切るのでお勧めします。経緯費でも落とすことが出来、予算的にも本当にお得なので、大企業に使ってほしいです。

まとめ

福利厚生を充実させて、従業員の満足度や企業のイメージをアップさせたいと考えている会社にはうってつけの福利厚生サービスです。

従業員が101名以上であれば1名あたり月額350円~利用することができ、導入後は福利厚生に関する手配やサポートを全て任せることができます。

また、今まで社内の担当者が労力を費やしてきた社員旅行や社員研修のサポートまでしてもらえます。毎年同じ場所、同じ内容でイベントがマンネリ化してしまっていることに悩んでいた企業も多いのではないでしょうか。

ライフサポート倶楽部を利用すれば、今まで思いつかなかったアイデアを提案してもらえたり、自社独自の福利厚生を構築することも可能なので、ぜひこの機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「ライフサポート倶楽部」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

福利厚生サービスの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】社食サービス選びのお役立ち資料
福利厚生サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ