社食サービスについて

【2024年比較】社員の胃袋をつかめ!おすすめの社食サービス17選を紹介!

記事更新日: 2024/04/09

執筆: 編集部

社内の食堂で一斉に昼食を食べる、いわゆる「社食(社員食堂)」で今の社員のニーズを満たせるでしょうか?

本記事では、働き方の多様化が進むオフィスに最適!「社食サービス」おすす17選を徹底比較!

比較しやすい資料の一括ダウンロードや、気になるサービスの個別ダウンロードも可能、最短・予算内で自社にぴったりのサービスを見つけたい方は、まず資料請求がおすすめです!

 

おすすめサービスの比較を無料で!

社食サービスの資料を一括ダウンロード

このページの目次

目次を開く

社食サービスとは?

社食サービスとは、従業員に提供する食事補助サービスのことで、働き方の多様化を背景に福利厚生の一環として注目が高まっています

人気のある「食の福利厚生」を充実させることで、社員の健康管理だけでなく職場への満足度向上も期待できます。

<社食サービスのタイプ>

  • 設置型(置き型):商品をオフィスに常備する
  • お弁当デリバリー型:お弁当を届けてもらう
  • チケット型(代行サービス):飲食店で利用できる食事補助

それぞれのタイプを比較すると以下のメリット・デメリットがあります。

  設置型 デリバリー型 チケット型
メリット 24時間いつでも
利用できる
できたてがすぐに
食べられる
利用店舗を選べる
デメリット 設置スペースが必要 提供時間が限られる 利用するには社外に
出かける必要あり

人気の社食サービスを一覧で比較!

社食サービスで扱われている商品は、お菓子や菓子パンといった軽食から健康に配慮された栄養バランスに優れたお弁当や惣菜までさまざま。

本ページで紹介する人気の社食サービスを一覧で比較するので参考にしてください!

提供スタイルトライアル有無企業の負担エリア金額(一品の目安)特徴
オフィスでごはん
設置型
無料試食あり
冷蔵庫(貸出)設置
全国
100円~
無添加や国産食材にこだわり
Office Premium Frozen
設置型
試食あり
不要~(エリアによる)
全国
100円~
化学合成添加物不使用の冷凍食品
社食DELI
デリバリー型
販売スペース提供
一都三県
550円~
8~10ブランドから選べて飽きない
オフィスおかん
設置型
無料サンプル
電子レンジ用意(貸与無し)
全国
100円(税込)※
冷蔵食品ながら30日以上の賞味期限
オフィスでやさい
設置型
無料試食あり
冷蔵庫(貸出)設置
全国
100円~
全国の多様なヘルシーフード
びずめし
チケット型
企業側の負担金額を設定
全国
利用店舗による
全国20万店舗以上で利用可能
ボスマート
設置型
⭕️
不要
全国
100円~
自販機での代金管理が安心

※オフィスおかんの購入金額100円は想定利用価格です。

下矢印
  • SaaS LOG

    独自調査の比較表

    がもらえる!

  • 比較表で

    一番安い

    サービスがわかる!

  • 機能も比較

    できてサービス選択に失敗しない!


複数サービスを比較することで、コスト・内容ともに納得できる社食サービスに出会えます!

ぜひ資料を確認して、検討にお役立てください。

必ず押さえておきたい!おすすめの社食サービス5選

オフィスでごはん(設置型)|健康的な食事を低コストで導入できる

画像出典元:「オフィスでごはん」公式HP

【無料】今すぐ資料をダウンロードする

特徴

「オフィスでごはん」は、添加物不使用・国産食材利用など健康にこだわった社食サービスで、導入するだけで健康経営を実践できます。

メニューのバリエーションが多く、従業員は1個100円から購入できるため使い勝手がよいです。

評価ポイント★★★
  • 管理栄養士が監修した無添加や国産食材にこだわった惣菜を月に1回配達
  • 冷凍保管で2カ月と日持ちが長い
  • 毎月新しいメニューに入れ替わるため飽きずに利用できる

 

サービス詳細

対応地域 内容 導入企業の作業 決済方法
全国
※クール便での配送
健康にこだわった
豊富な惣菜
冷蔵庫(貸出)の設置
商品の管理
YASAI PAY(電子決済)
または料金箱

 

料金プラン

常時5名以上から利用可能で、2ヶ月間のトライアル後 1年間の本契約となります。

お箸・スプーンなどは初回セット分のみ無料、 追加分は別途有料となります。

  月80個パック 追加注文40個パック
初期費用 60,000円
月額費用* 32,000円 16,000円

(税別)
※問い合わせから利用開始まで3〜5週間程度
*
商品はそのままの料金で従業員に販売、従業員が購入すると商品の料金が相殺されるため、実質的な負担額はなし

詳しくは資料をご確認ください。

【無料】今すぐ資料をダウンロードする

 

実際に利用したユーザーの口コミ

メーカー/製造

101人〜250人

 

人手がいるので人員豊富な企業向き

導入後も利用にあたっての相談などができる。商品の売上管理などは社員がやらなければならないため、人員コストがかかり小規模な会社では導入しずらい。何度か売上金と商品の数が合わないことがあった。万引き対策は必須であるため、神経をつかう。

輸送/交通/物流/倉庫

2人〜10人

 

メニューの数が少ない

仕方ない事だが、メニューの数が少ない。スープや麺類など、バリエーションを増やしてもらいたい。トライアル期間は解約出来ないのは分かるが、本契約して1年間以内に解約すると手数料がかかるのはすこし酷。


オフィスでごはんの口コミをもっと見る

 

Office Premium Frozen(設置型)|メニュー豊富な冷凍食品を常備


画像出典元:「Office Premium Frozen」公式HP

【無料】今すぐ資料をダウンロードする

特徴

「Office Premium Frozen(オフィスプレミアムフローズン)」は、食事をオフィスに常備できる法人向け宅配型社食サービス。

近くに飲食店が無い立地の企業などに特におすすめで、月額費用が定額のため予算が立てやすい点も魅力です。

評価ポイント★★★
  • 従業員数4人~1000人規模まで、広い導入実績あり
  • 化学合成添加物不使用で安全で美味しく、健康に配慮できる
  • 冷凍庫と電子レンジ貸与で用意の必要無し

 

サービス詳細

配送員サービス(一部の地域)も提供されています。

対応地域 内容 導入企業側の作業 決済方法
全国
※配送員サービスは
一部地域

約60点の冷凍食品 (商品の管理)
※配送員対応エリアは
作業無し
代金箱

 

料金プラン

初期費用 月間費用 消耗品
0円 39,600円
(月間利用商品数160個含む)
無償提供

(税込)
※最短2週間で利用可能
※冷凍庫の設置台数により変動

【無料】今すぐ資料をダウンロードする

 

 

社食DELI(デリバリー型)|ニーズに合わせたお弁当販売が可能 

 画像出典元:「社食DELI」公式HP

【無料】今すぐ資料をダウンロードする

 

特徴

「社食DELI(デリ)」は、累計販売数8,000万食を突破している法人向け弁当販売のサービスです。

オフィスやビルロビーでの対面販売・売店や食堂への卸販売に対応、8~10ブランドから選んで30種類以上の弁当を毎日販売できます。

評価ポイント★★★
  • 有名企業含め500社以上の導入実績
  • 販売スタイルはスペースや環境に応じて対応
  • 机や電子レンジなど、販売用の備品レンタル可能
  • 発注や商品選び・販売準備は不要でまるごとお任せ

 

サービス詳細

対応地域 内容 導入企業の作業 決済方法
東京都・神奈川県
千葉県・埼玉県
※デリバリーは上記+6県
老舗料亭のお弁当
和食・洋食
中華・エスニック
日替わり弁当等
販売スペース提供 販売プラン/
決済方法多数

 

料金プラン

社食DELIは初期費用0円、月額費用はシステム利用料・スタッフ派遣料・配送料がかかります。

以下は通常販売プランの料金の目安ですが、金額は各企業のニーズに合わせて相談可能です。

  • システム利用料:55,000円
  • スタッフ派遣料:33,000円
  • 配送料:22,000円

※販売場所の数やエリア、営業時間の長さなどにより変動
※利用食数の規模(200食以上/日)によっては、別途見積もり

  通常販売プラン デリバリープラン
特徴 スタッフが対面販売
(金額の一部を企業負担する補助販売も可能)
配達員がオフィスにお届け
企業が商品を一括買い取り
弁当販売数
(目安)
1日60食以上 要相談
対応エリア 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県 左記+大阪府・兵庫県・愛知県
広島県・宮城県・福岡県


トライアルに興味のある方は、資料を確認の上お問い合わせください!

【無料】今すぐ資料をダウンロードする 

 

オフィスおかん(設置型)|バランスの良いランチを100円(税込)で!

画像出典元:「オフィスおかん」公式HP

【無料】今すぐ資料をダウンロードする

特徴

「オフィスおかん」は、オフィスに設置した冷蔵庫に毎月美味しい惣菜が届く置き型社食サービス

好きな時に電子レンジで温めるだけ。社員は1品たったの100円(税込)※1で管理栄 養士が監修※2し、パートナー企業と開発・選定した商品を食べることができます。

評価ポイント★★★
  • 従業員数10名未満から10万名超※3まで、累計3,000拠点以上の導入実績※4
  • 管理栄養士が監修※2し、パートナー企業と開発・選定した商品、冷蔵品ながら30日 以上の賞味期限を担保※5
  • 定番商品・季節商品を組み合わせて毎月約20種類の商品を提供

※1 100円は想定利用価格
※2 レシピ等の内容や商品の選定の監督・指示を行うこと
※3 2023年7月時点での集計、2023年7月までにご導入実績のある企業の法人単位での従業員数
※4 2021年11月時点
※5 オフィスおかんサービスでは納品時点で、オフィスおかん便サービスでは出荷時点での日数となります。

サービス詳細

首都圏のみ、専用スタッフによるサービス提供が可能です。

対応地域 内容 導入企業の負担 決済方法
全国
※首都圏のみ専用スタッフ
主食・主菜・副菜 電子レンジの用意
(商品の管理)
現金・LINE Pay
PayPay・メルペイ
クレカなど

 

料金プラン

費用は届ける惣菜の量によって変動します。

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ

※最短2週間でサービス開始可能
箸などの備品もセットのため企業側で準備する必要なし

【無料】今すぐ資料をダウンロードする

実際に利用したユーザーの口コミ

非公開

101人〜250人

家庭的なメニューが多くどれも美味しい

栄養面でコンビニや外食よりバランスが取れている気がする。都内には飲食店は多いもののどこも並んでいて、休憩時間が短くなってしまうし、また外食は最近値上がりしているところも多いので、オフィスでおかんを利用することで時間もお金も節約できる。

不動産/建設/設備

101人〜250人

 

補充回数が少なく在庫がすぐに無くなる

在庫の補充が週に二度くらいしかないので、利用したいときに、「在庫がほとんどない」ということが良く起きます。ダイエットには良いのですが、量が少なくて物足りないです。電子レンジで温めて利用するので、時間帯によっては、かなり渋滞することがあります。

 

 
オフィスおかんの口コミをもっと見る

 

オフィスでやさい(設置型)|オフィスで新鮮野菜やフルーツが食べられる

画像出典元:「オフィスでやさい」公式HP

【無料】今すぐ資料をダウンロードする

特徴

「オフィスでやさい」は、サラダやフルーツ・サラダチキン・ヨーグルト・豆腐製品などのヘルシーフードやお弁当・お惣菜など、通常200〜300円する商品を100円程度で購入可能です。

オフィスに居ながら手軽に健康的な食事が出来るため、社員の健康経営も推進できます!

評価ポイント★★★
  • 専任の管理栄養士が、日本全国の多様なヘルシーフードを厳選
  • 安全安心の商品管理・新鮮にこだわった流通管理
  • 利用拠点数10,000拠点
  • 導入企業規模:10名~20,000名

 

サービス詳細

配達員サービス(一部地域)エリアでは、商品の管理までまるごとお任せできます。

対応地域 内容 導入企業の負担 決済方法
全国
※配達員サービスは
一部地域*

新鮮なサラダ・
フルーツ
無添加国産食材の惣菜
冷蔵庫(貸出)の設置
(商品の管理)
YASAI PAY(電子決済)
料金箱

*配達エリア外は、宅急便(クール便)でのお届け

料金プラン

常時5名以上から利用可能で、2ヶ月間のトライアル後 1年間の本契約となります。

  150個プラン
(週37個/週1回配達)
180個プラン
(週45個程度/週2回配達)
230個プラン
(週57個程度/週2回配達)
初期費用 60,000円
月額費用* 63,000円 72,000円 87,000円
利用人数目安 10〜50名 20〜70名 40〜80名

(税別)
※問い合わせから利用開始まで3〜5週間程度
*従業員が購入すると商品費用が相殺されるため、企業側の実質的な負担はなし

詳細は、資料をダウンロードしてご確認ください。

【無料】今すぐ資料をダウンロードする

実際に利用したユーザーの口コミ

サービス/外食/レジャー

11人〜30人

 

定期的に野菜を運んでくれ賞味期限の管理も不要

2日に1回ぐらい定期的に野菜を運んでくれるので、賞味期限の管理なども不要で非常に良い。メニューがいろいろあるので飽きない。コンビニ弁当より健康的で福利厚生として会社のアピールにもなると思う。

小売

31人〜50人

 

関東圏以外の会社は注文に工夫が必要

コンビニで購入するよりも値段がリーズナブルで社内でも好評。拠点ごとに所属人数に差があるため、人数の少ない拠点では50品のプランでも廃棄がかなり多く出てしまっています。関東圏以外の会社だと消費期限がかなり短い商品もあります。冷凍食品のみ注文や、期限が長めの商品の注文をおすすめします。

 
オフィスでやさいの口コミをもっと見る

 

【設置型社食サービス】いつでも食べられて便利!

置き型社食のメリットは、24時間オフィスで食事を提供できる点にあります。

朝早い出勤時の朝食、残業で遅くなったときの夕食など、いつでも食事が取れるため欠食改善に有効です。

出張食堂|省スペースで利用できる低価格のビュッフェ形式食堂!


画像出典元:「出張食堂」公式HP

 

特徴

出張食堂は、食に関する悩みを全国で1,000件以上解決してきた2nd Kitchenが運営する、ビュッフェスタイルの社食サービスです。

1人500円から食べられる栄養豊富な食事を、会議用テーブル2台程度の小さなスペースだけあればすぐに利用開始できます。

初期費用も固定費もかけず、従業員に健康的な食事を提供できるので、福利厚生として導入することで、従業員満足度向上や企業イメージアップにもつながります。

評価ポイント★★★
  • 1人500円からの利用が可能
  • 回収時間は配送当日か翌日か選べる
  • 初期費用や維持費、更新料不要
  • お弁当等は違う、温かくて健康的な食事の提供

 

サービス詳細

出張食堂が現在対応している配送エリアは、下記の1都2府6県です。

配送エリアは順次拡大しているので、関心のある方は問い合わせて確認してみましょう。

対応地域 内容 導入企業側の作業 決済方法
大阪府、京都府、
兵庫県、滋賀県、
奈良県、東京都、
神奈川県、福岡県、香川県
日替わりで提供される
バラエティ豊かで
栄養豊富なメニュー
会議用テーブル
2台分のスペース確保
PAY決済、
交通系ICカード、
社員証、食券販売

 

料金プラン

出張食堂では、3種類のサービスにそれぞれの項目を設定して、各企業の要望に応えています。

サービス種類 項目 費用
500円出張食堂 スタンダードプラン 500円
使い捨て容器 30円
出張食堂プレミアム プレミアムプラン 520円
使い捨て容器 30円
おしゃれ容器 70円
当日回収 1,500円/日
配膳セット 1,500円/日
現地スタッフ 6,000円/日
サラダバー 要相談
サブメインなし 40円減
弁当 弁当 500円
汁物 30円

(税別)

出張食堂 含む社食サービスの資料を一括DL 

 

パンフォーユーオフィス|パン職人による焼きたてパンを職場で!

 画像出典元:「パンフォーユーオフィス」公式HP

 

特徴

「パンフォーユーオフィス」は、厳選されたパンが冷凍で定期的にオフィスに届くサービス。

独自に開発した「パンを入れる袋」と「冷凍タイミング」の技術で焼き立ての味が楽しめます。

評価ポイント★★★
  • 冷凍パンなので30日と日持ちが長く管理の負担減
  • レンジで40秒で焼き立てパンの味を再現(電子レンジ要設置)
  • 無料試食あり!最短2週間で利用開始

 

サービス詳細

カフェプラン(⾸都圏・⼤阪・兵庫・京都の一部地域)では商品の管理もすべてお任せできます。

対応地域 内容 導入企業側の作業 決済方法
全国
(カフェプランは
一部地域のみ)
添加物の入っていない
厳選されたパン
カフェプランでは作業無し
(商品の管理)
PayPay/auPAY
楽天ペイ/
d払い/クレカなど
※現金決済不可

 

料金プラン

請求金額は、【⽉額管理費+パン販売個数×会社負担費⽤】となります。

オプションでパンフォーユーが厳選したスープを付けることも可能。

<カフェプラン>

⽉額管理費 パン単価 納品 (冷凍庫1台あたり)
冷凍庫1台あたり ¥30,000 ¥200/個 
※企業負担は100円を推奨
⽉1回納品*

*消費個数により配送回数が変動する場合あり
*専⽤スタッフが冷凍庫へ納品し、納品時すでに残っているパンを全て回収

実際に利用したユーザーの口コミ

メーカー/製造

1001人以上

 

パンのクオリティが高い

パンの種類が豊富で、バラエティ豊か。月替わりメニューなので飽きにくい。冷凍で長期保存可能なので、非常時の備蓄にもなる。「あのパンが美味しかった」など、会話のネタになり、スタッフ同士のコミュニケーションにもなるので良いなと感じた。

IT/インターネット/通信

101人〜250人

 

おまかせなので会社のニーズと一致しないときも

パンの種類がおまかせだったので、好きなパンがある月とない月がある。人気のないパンは在庫がはけないので、好きなパンがなかなか来ない。種類がおまかせなため、「このパン美味しかったからまた欲しい」といった要望も却下するしかなく困った。

 
パンフォーユーオフィスの口コミをもっと見る

 

うるのんウォーターサーバー|おいしくて安全な飲料水がいつでも飲める

 画像出典元:「うるのんウォーターサーバー」公式HP

特徴

「うるのんウォーターサーバー」は社食サービスと一緒に導入されることの多いウォーターサーバーで、災害時の備蓄にも。

業界最高水準の品質管理を実施している、美味しくて安全な飲料水がオフィスでいつでも飲めるようになります。

評価ポイント★★★
  • 静岡県富士宮市で汲み上げた「富士の天然水 さらり」を使用(モンドセレクション受賞)
  • 新規・乗り換え両方に向けたキャンペーンも実施
  • 配送ペースは2~4週間に2本からの偶数本単位で指定可能

 

料金プラン

一般的に費用がかかるサーバーレンタル量ですが、うるのんウォーターサーバーは無料です。

ボトル料は 1本12L/2,080円(税込)、月々3,960円(税込)/24L 2本から利用可能です。

新規/乗り換えの方向けのキャンペーンあり、法人の顧客には12L 2本分の無料プレゼント+紙コップホルダーの無料使用サービスが提供されています。

実際に利用したユーザーの口コミ

不動産

2人〜10人

 

来客対応には便利

不動産賃貸物件の仲介・斡旋を行う業者のため、社員のためというより来店するお客様のために導入しました。水を出したいときに、清潔感ある状態ですぐに出せるのは、お客様への印象がよくて便利だと思います。

非公開

2人〜10人

 

便利だが年契約のため検討してから導入を

定期コースにすることで面倒な注文もなく、毎月決まった日に天然水が届きます。月々の料金も一定なので費用の管理もしやすいです。年間契約の縛りがある為に一度導入すると途中解約には違約金が発生します。実際に導入した後にあまり使わない場合などはもったいないです。

 
うるのんウォーターサーバーの口コミをもっと見る

 

【デリバリー型社食サービス】作りたてランチをオフィスで提供!

昼食時間が決まっている・近くに飲食店が少ない・空きスペースがないという場合におすすめしたいのが、デリバリー型社食サービスです。

温かい食事が手間なく購入でき、ランチのバリエーションも増えるので従業員の満足度向上にもつながるでしょう。

OISEEQ|食事の実費だけで利用!オーダーメイドの品揃えが嬉しい

画像出典元:「OISEEQ」公式HP

特徴

「OISEEQ(オイシーク)」は初期費用・月額固定費ともに無料、注文した食事の実費だけで利用できるフードデリバリーシステムです。

導入前に希望する予算やメニューカテゴリなどの要件を丁寧にヒアリング、オーダーメイドの品揃えで近くの飲食店に飽きてしまった方にも!

評価ポイント★★★
  • ランチに限らず朝食から夜食、会議用ケータリングも可能
  • 様々なお店の食事を日替わりで選べる
  • 利用頻度不問なので導入しやすい

 

サービス詳細

対応地域 内容 導入企業側の作業 決済方法
主に東京23区西部
福岡県(小倉地区)
和食、洋食、中華
エスニック
なし 各種電子マネー・クレカ
請求書払い・
給料から天引きも対応

 

料金プラン

固定費用は完全無料、注文した食費分(1食540円〜×個数)で利用できます。

利用する飲食店毎に配達の最低金額が設定されており、金額は1,200円〜。

Uber Eatsなどのデリバリーサービスと違い配送料が無料なので総合的に考えても非常に安価で利用できます。

実際に利用したユーザーの口コミ

IT

251人〜500人

 

様々なジャンルの食事を楽しめる

お昼の時間帯だけでなく、仕事終わりの時間帯でもお弁当などを注文できるところが決め手となり、導入することになりました。1食だいたい500円~700円で利用。コンビニ弁当や外食と比べて彩り豊か、食事のバリエーションを増やして社員たちのモチベーションアップに繋げられるのでおすすめしたいです。

小売

2人〜10人

 

味が良くコスパも抜群

コロナ対策として外食の自粛のために利用しています。和洋中と豊富なメニューの中から選べるのと、冷凍ではなく当日調理した料理が届きますので味も満足です。時間指定できるため、自分のスケジュールに合わせて依頼できるので仕事の段取りも組みやすいです。

 
OISEEQの口コミをもっと見る

 

DeliEats DR|フロア内でランチ販売!実物を見て購入できる

 画像出典元:「DeliEats DR」公式サイト

特徴

「DeliEats(デリイーツ)DR」はオフィスフロア内でランチ販売を行ってくれるため、事前注文不要・実物を見て購入できます。

専用アプリからランチの希望をリクエストでき、翌営業日以降にはデータ分析に基づいてラインナップを改善してくれます。

評価ポイント★★★
  • 取り扱うランチ総数は1,000種類以上
  • レストランシェフによる出来立てランチなので美味しい
  • 専用アプリで昼食補助券も発行できる
  • QRコード決済でポイントが貯まる

 

サービス詳細

対応地域 内容 導入企業側の作業 決済方法
東京23区、埼玉県
神奈川県
毎日8種類以上
新鮮サラダや副菜も充実
スペース提供のみ QR決済か現金

 

料金プラン

初期費用、月額費用はともに0円。

ランチは1食380円*(税込)〜です。

試食会も可能なので、詳細はお問い合わせください。

*福利厚生プランとして昼食補助(一部企業負担)を適用させた場合、一食当たりのランチ代は税込195円~。
※注文必要個数70個/日以上(それ以下でも月額運営費の支払で導入可

実際に利用したユーザーの口コミ

エンジニア

251人〜500人

 

導入後の失敗のリスクが不安な会社におすすめ

自分の好きな料理をリクエストできて便利です。専用アプリでリクエストしたら数日でメニューに取り入れてもらえました。好きな料理も含めて栄養バランスよくお弁当を楽しめて良かったです。社員たちの食生活に対する取り組みを促進したいものの、何から始めればいいか分からない・失敗のリスクが不安という会社に特におすすめです。

 
DeliEats DRの口コミをもっと見る

 

mognowa|厳選食材で食生活をサポート

 画像出典元:「mognowa」公式HP

 

特徴

「mognowa(モグノワ)」は厳選された食材で従業員の食生活をサポートしたい企業におすすめの社食サービスです。

生産者と消費者との架け橋となって食材を選定しているので、mognowaの食を通して地域や社会にも貢献できます。

評価ポイント★★★
  • 自社調理のためリーズナブルな価格で提供
  • 添加物不使用(窒素充填技術により3日保存可能)・完全受注生産
  • 最低利用食数などのノルマなし

 

サービス詳細

対応地域 内容 導入企業側の作業 決済方法
ヤマト運輸の配送エリア カロリー・塩分・糖質
栄養バランスに配慮したメニュー
なし
(専用の冷蔵庫・電子レンジ貸出)
専用システムに個人の
クレカを登録して決済

 

料金プラン

お弁当代は1食853円(税込)運営費用として月額利用料金が発生します。

料金は配送地域や企業の規模・導入環境により異なるため、問い合わせが必要です。

トライアルで試食も可能なのでお問い合わせください。

実際に利用したユーザーの口コミ

ゲーム

51人〜100人

 

無添加で体に優しく健康的

無添加で味付けもよく、コンビニ弁当に比べてかなり健康的だと感じました。且つ量もあるし種類も豊富なのが良いと思いました。栄養士の監修のもと作られていて、費用も安く毎日利用しても飽きないのが良いです。

IT/通信/インターネット

101人〜250人

 

栄養バランスを考慮した食事を提供している

栄養バランスが考慮されており、健康的な食事を提供してくれる。食事に含まれるタンパク質、炭水化物、脂質などのバランスが取れており、栄養の摂取を意識せずに済む。従業員の健康を重視し食事プランを提供したい企業や、食事を効果的に管理して生産性を向上させたい企業に適していると思う。

 
mognowaの口コミをもっと見る

 

ごちクルNow|アプリで簡単注文!送料無料でデリバリー

 画像出典元:「ごちクルNow」公式HP

 

特徴

「ごちクルNow」は、当日10時までに各自でネット注文するとランチタイムにお弁当をデリバリーしてくれる便利なサービスです。

低価格のお弁当から有名店のお弁当まで、68店舗1026種類の品揃えで飽きることがありません。

評価ポイント★★★
  • アプリ・Webサイト・Slackから手軽に注文できる
  • 配送料無料
  • 出店は独自の衛生チェックをクリアした店舗のみで安心

 

サービス詳細

対応地域 内容 導入企業側の作業 決済方法
東京23区のみ 和食・洋食・中華
ヘルシー・有名店など
なし
(配送スタッフによる受渡しプラン有)
任意の決済方法
※福利厚生での全額/一部補助も対応

 

料金プラン

初期導入費用・月額利用料・送料全て無料

デリバリーのみの「通常プラン」と配送スタッフによる受け渡しつきの「プラスプラン」が用意されています。

【チケット型社食サービス】飲食店が社員食堂に!

最近増加しているチケット型社食サービスの魅力は、在宅勤務・移動や出張が多い社員でも平等に利用できる点にあります。

びずめし|街の飲食店を社食のように利用!

 画像出典元:「びずめし」公式HP

【無料】今すぐ資料をダウンロードする

特徴

「びずめし」は、オフィスや出先・社員の居住エリアにある街の飲食店を社員食堂のように利用できる社食サービスです。

直感的な操作ができる「びずめし管理システム」によって、簡単に社員登録や社食チケット発行・付与ができるため使い勝手が良いです。

評価ポイント★★★
  • 全国20万店舗以上で利用できる
  • 出前館と提携しているため飲食店のデリバリーにも対応
  • レシート読み取り機能で全国チェーン店やコンビニでも利用できる

 

サービス詳細

対応地域 内容 導入企業側の作業 決済方法
日本全国に
加盟店あり
飲食店・コンビニ 支給する昼食代を毎月設定
(店舗との金銭のやり取りは不要)
チケット提示+
店舗での支払い

 

料金プラン

サーバーやアカウント設定のための初期費用と、システム利用料が発生します。

従業員に支給するチケットに応じて社食チケット金額を支払います。

詳しくは以下の資料を無料ダウンロードしてご確認ください。

【無料】今すぐ資料をダウンロードする 

 

チケットレストラン|ICカード型チケットでランチが半額

 画像出典元:「チケットレストラン」公式サイト

特徴

「チケットレストラン」は、全国25万店舗以上で利用できる社食サービスで、利用率99%を誇っています。

食事補助の非課税枠として処理でき、従業員は半額の負担で飲食できるため現場が喜ぶ福利厚生を提供できます。

評価ポイント★★★
  • 導入企業は2,000社以上
  • 従業員にはICカードで配布されるため利用しやすい
  • Uber Eatsによるデリバリーでも利用可能
  • 精算時に現金と併用できないため不便との声あり

 

サービス詳細

対応地域 内容 導入企業側の作業 決済方法
日本全国に
加盟店あり
就業時間内に
飲食する物
に限定
ICカード発注
毎月1回のチャージ注文
ICカード支払い

 

料金プラン

従業員に配布するICカードには2種類あります。料金の詳細は問い合わせが必要です。

  • チケットレストランタッチ:食事補助の非課税枠を活用し、一定の条件下で福利厚生(経費)として扱うことができる
  • チケットミール:食事補助額の上限がなく、手厚い福利厚生を実現したい企業向けの

 

実際に利用したユーザーの口コミ

IT/通信/インターネット

11人〜30人

 

採用活動を行う際にとてもウケがいい

福利厚生の充実化の一環で、社員の経済的負担を減らすための「食事補助」を目的に導入しました。利用店舗数の多さ、会社と個人の折版の仕組みのため会社予算への影響が少ないことも決め手の一つです。「食事補助制度があって福利厚生が充実している」と宣伝できるため、採用活動を行う際とてもウケがいいです。

サービス/外食/レジャー

101人〜250人

 

使える店舗が限られておりスーパーでは使えない

利用できる店舗が限られており、スーパーや個人経営の店では使うことができないのも悲しい。電子カード(ID)だが、自身で入金することはできず、1日に使用できる金額が限られているため不便だと感じた。

 
チケットレストランの口コミをもっと見る

 

どこでも社食|小規模企業でも導入しやすい利用料!

 画像出典元:「どこでも社食」公式サイト

特徴

「どこでも社食」では、オフィス近くの商業施設に入っている店舗や飲食店を社員食堂のように利用できます。

働き方の多様化により社員同士の交流が減っている今こそ、ランチをコミュニケーションのきっかけにしたい企業におすすめです。

評価ポイント★★★
  • スマホに専用アプリをダウンロードするだけで利用できる
  • 希望の店舗と個別契約で対応してくれる
  • 食事補助の金額は予算に合わせて柔軟に設定できる

 

サービス詳細

対応地域 内容 導入企業側の作業 決済方法
日本全国15,000店舗 飲食店 食事補助額を設定
(店舗との金銭のやり取りは不要)
専用アプリで
スマホ決済

 料金プラン

月額費用:25,000円〜(詳細は要問合せ)

月に一度の請求書支払いのため、都度の経費精算などの面倒な経理処理も発生しません。

【オフィスコンビニ】手軽さNo.1!

ミニストップポケット|現金管理不要!充実の品揃えが魅力


画像出典元:「ミニストップポケット」公式HP

特徴

「ミニストップポケット」は、種類豊富なキャッシュレス決済と品揃えが魅力のオフィスコンビニ。

電子マネーや多くのRコード決済対応、キャッシュレス決済のみのため、設置企業の現金管理の負担もありません。

評価ポイント★★★
  • おにぎりやセルフコーヒーまで利用可能(セルフコーヒーはオプション)
  • 原則週1回の納品(売れ行きによって頻度は調整)
  • 就業者数により利用できるサービスに制限有

 

サービス詳細

対応地域 内容 導入企業側の作業 決済方法
ベーシック:
関東/大阪/名古屋/仙台

プレミアム:関東
菓子、飲料
食品、雑貨
不要 交通系電子マネー
楽天Edy・WAON
QR決済

 

料金プラン

最低契約期間の設定なし・電気代や水道代以外の負担なしのため導入負担なく開始できます。

  ベーシックプラン プレミアムプラン 定額プラン
商品内容 常温の食品ゴンドラ+飲料ケース ベーシック+
要冷蔵商品
ベーシックプラン
と同じ
初期費用 0円
月額費用
※別途電気代
0円 要問合せ
(+別途水道代)
50,000円(税抜)
予定利用従業員目安 100名以上 500名以上 100人未満
設置スペース 約1~3坪 5坪以上 約1~3坪

※申込み後、1ヶ月~2ヶ月程で導入可能

実際に利用したユーザーの口コミ

IT/通信/インターネット

501人〜1000人

 

支払い方法が複数ある

支払い方法が複数あり、手元に現金が無いときでも利用しやすい。WAONにチャージを忘れたときはd払い、など困ることがない。定期的に品物を補充してくれているので、売り切れが少ない。

小売/流通/商社

101人〜250人

 

普通のコンビニよりも値段が高め

普通のコンビニよりも値段が高いのが多いため、買う時に渋ってしまう。食べたいものが売り切れてしまうと結局は外のコンビニを利用するので、かえって購入までに時間がかかってしまい困る。

 
ミニストップポケットの口コミをもっと見る

 

ボスマート|導入費・月額費0円!運用はすべておまかせ!

画像出典元:「ボスマート」公式HP

【無料】今すぐ資料をダウンロードする

特徴

「ボスマート」は、サントリーが提供する自販機を活用した軽食販売サービスです。

使い方は非常に簡単で、食べたい商品を手に取り自販機のボタンから購入できる仕組みです。

評価ポイント★★★
  • 全国で14,000台の導入実績
  • 自販機で代金が管理されるため現金盗難リスクがない
  • 自販機での決済後に扉の開くセキュリティ対策什器あり(オプション)
  • 淹れたてコーヒーやアイスなどの販売も可能(オプション)

 

サービス詳細

対応地域 内容 導入企業側の作業 決済方法
47都道府県
※一部非対応地域あり
お菓子・パン
カップラーメン
なし 自販機による

 

料金プラン

ボスマートは導入・運用のコストは一切発生しません

サントリービバレッジソリューション(株)の自販機設置が導入条件となります。

トライアルで実際に運用の確認ができます。

【無料】今すぐ資料をダウンロードする 

 

社食サービスの選定ポイント3つ

1. 提供形式は働き方にフィットしているか

社食サービスの提供形式は、大きく「設置型」と「デリバリー型」「チケット型」に分けられます。

働き方・就業スタイルによって、最適な社食サービスが異なります。

  • シフト制などで食事の時間がばらばら→設置
  • 昼食の時間が決まっていて一斉に昼食をとる→リバリー型(事前注文/ 対面販売)
  • オフィス周りに飲食店が多い、在宅/ 外回りの社員が多い→チケット型

イベントを定期的に開催している場合、臨時の大量発注やケータリングに対応できるサービスだと便利です。

社員の働き方に照らして使い勝手のよいサービスか、よく検討しましょう。

2. メニュー内容・ラインナップの充実度

社食サービスは、同じようなメニューばかりだと飽きられてしまい、利用されなくなる懸念も。

ヘルシー志向などメニューに偏りがあると、「ボリュームが少ない・薄味」と物足りなく感じる社員もいるかもしれません。

社食サービスを導入する際は、メニュー数やバリエーション、ボリューム、定期的に提供元を変更できるかなど確認し、長く喜んで利用してもらえるサービスを選定するようにしましょう。

3. 企業側の負担を把握しておこう

社食サービスの中には、注文の取りまとめや支払い、食品の管理・廃棄、什器の設置スペースの用意など、導入企業側に作業が発生するものもあります。

企業側の負担が一見不要に見えても、使い勝手が悪い・しくみが分かりずらいサービスだと問い合わせ対応に手間がかかる可能性もあります。

導入後に社員がスムーズに利用できそうか、しっかりと確認しましょう。

社食サービス導入のメリット4つ

1. 食堂のスペースが不要

従来の社員食堂を導入するには、厨房と飲食のための大きなスペースの確保が必要となります。

社食サービスは、冷蔵庫や什器・販売のための少しのスペースがあれば導入でき、デリバリー型やチケット型ならスペースは不要です。

2. サブスクのように気軽に導入できる

社食サービスは、導入企業側の負担を最小限に抑えるしくみを整えています。

置き型社食なら、電子レンジ・冷凍庫の貸し出し、オフィスで対面販売する場合には、陳列から片づけまで全て請け負ってくれるサービスもあります。

3. 従業員の健康管理が行える

社食サービスには管理栄養士監修の商品もあるため栄養バランスの取れた食生活が実現、健康経営を目指す企業にもおすすめです。

単身の社員や高負荷な仕事を抱えている社員が多い企業は、特に社食サービスの導入を検討するとよいでしょう。

4. 社員間のコミュニケーションが増える

社食サービスを導入すると、異なる部署やプロジェクトの社員間にもコミュニケーションのきっかけを提供できます。

自席で食べるなら会話は増えないのではと思うかもしれません。

実際に導入した企業からは、新メニューの情報交換など「食という共通の話題」から会話が生まれたというポジティブな声が多く寄せられています。

社食サービス導入のデメリット2つ

1. サービスを享受できる社員に偏りが出る可能性も

社食サービスの中でも置き型とデリバリー型は、サービスを受けるにはオフィスに出勤する必要があります

在宅や移動の多い社員はメリットを感じられないため、場合によっては不満が出るかもしれません。

チケット型社食サービスなら、自宅近くや移動中に見つけた飲食店で利用できるため誰でも平等に食事補助を受けることができます。

2. 福利厚生費として計上するには条件がある

チケット型など、社食サービスを福利厚生費として計上するには条件があるので注意が必要です。

  • 全社員を対象として設定されている
  • 社員1人当たり月に3,500円(税抜)まで
  • 食事代の半分以上を社員自身が負担する

条件が満たされていない場合、福利厚生費ではなく社員の給与として扱われることになり、課税の対象となります。

まとめ

食事は社員の健康管理に直接的につながるものなので、福利厚生の一環として社食サービスを導入する企業が最近とても増えています。

ランチはお腹を満たすだけでなく、社員同士のコミュニケーションの場も提供してくれます。

忙しい社員は自席でさっと、リフレッシュしたい社員は外出したり複数人で一緒になど選択肢の幅を広げることも重要です。

魅力的な社食サービスは、当然ながら社員の職場に対する満足度向上・離職回避にも有効

福利厚生を見直して、社食サービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:O-dan

社食サービスに関連する記事

その他の社食サービス

ITサービス比較

社食サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ