パンフォーユー・オフィス

記事更新日: 2019/10/31

執筆: 編集部

運営コメント

パンフォーユー・オフィスは忙しいオフィスワーカーのために全国の職人さんが作るおいしいパンをお届けしてオフィスに笑顔を増やす、地域のパン屋との橋渡しを担う今までにないサービスです。 パンフォーユー・オフィスで手軽な社内カフェテリアを実現することで、社内のコミュニケーション活性化にも繋がります。

1.月替わりでオフィスにお届け

各地から集まる最大8種類のパンを月替りでお届け

2.いつでも手軽に

レンジで約30秒いつでも焼きたてのおいしさを

3.セットプランでお得に社内カフェ

スープとセットで手軽なワンコインランチ

良い点

サンプルで試食することができるため、味や手軽さを確認してから導入を検討できます。月8種類のパンが月替わりで変わるので味に飽きることはありません。

悪い点

温めないで食べるパンには対応できない(フルーツがトッピングされているものなど)という点がデメリットとして挙げられます。使用できる素材が限られます。

費用対効果:

月額の費用負担額は0円から可能です。オフィスにある冷凍庫が利用できる場合は、冷凍庫の貸出料がかかりません。

使いやすさ:

それぞれの会社のパンの売れ行きを把握し納品してくれるので、利用者は何もせず常においしいパンが食べられます。

社外連携:

スープやコーヒー、ドリンク、アイスなど、パンを中心に手軽に社内カフェを設置することが可能です。

パンフォーユー・オフィスの3つの特徴

1. 長期間保存可能な冷凍のまま月替りメニューで納品

冷凍のパンと聞くと、あまりおいしくないのではないかと思う方が多いでしょう。しかし、パンフフォーユー・オフィスが提供するパンは、百貨店で売っているようなおいしくおしゃれなパンです。

見た目だけではなく味もびっくりするくらいおいしいと評判のパンですので、食べるのが楽しみになります。パンは、パンフォーユーが厳選した毎月最大8種類のパンが月替りで納品されます。

また、出来立てをすぐに冷凍するため、パンを長持ちさせるための保存料や添加物を使用しなくてすみます。そのためパンフォーユーの提供するパンは安心して食べることができるのです。

冷凍パンは電子レンジで約30秒温めるだけですぐに食べることができるので、小腹がすいたときのおやつ代わりやランチにと手軽に食べたいときに最適です。

2. オプションのスープやドリンクで手軽な社内カフェテリアを

オプションとして、パンに合う冷凍スープやドリンクなども用意されているため、手軽な社内カフェテリアを実現できます。カフェテリアがあることで社内コミュニケーションが多くなるでしょう。


社内コミュニケーションのイメージ

社内コミュニケーション活性化のためのきっかけづくりや、ツールを探していたり、社食や社内カフェテリアの導入を検討したいが、スペースや予算に悩んでいるお客様におすすめです。

3. 冷凍庫を借りて管理をおまかせするプランがおすすめ





冷蔵庫設置のイメージ


冷凍庫の設置、商品補充から在庫・賞味期限・売上などの管理まですべてお任せできます。

キャッシュレス決済(クレジットカード・Suica、PASMOなど交通系電子マネー)となっているため、お金の管理にも困りません。

また、冷凍庫はオフィスにあるものを利用する場合は月額0円からサービスの利用が可能です。パンが箱詰めされてオフィスへ到着。冷凍庫への格納・販売や廃棄などは自分たちで運用する形です。

パンフォーユー・オフィスの3つのメリット

1. 手軽にクオリティの高いパンが食べられる

パンフォーユー・オフィスのパンは、全国の職人が作っていて、百貨店で選ばれているクオリティです。

コンビニ等でパンを買うのは手間もかかってしまいますよね。パンフォーユー・オフィスなら、オフィスに届けてくれるので、買いに行かずに美味しいパンが楽しめます。

2. ランチ難民回避!

「お昼の時間帯は会社近くの飲食店が混んでいる」「そもそも会社付近に飲食店があまりない」このように、ランチに関して困ったことはありませんか?

昼休みの時間を気にしながらランチをするのはあまり気分が良くありませんよね。

パンフォーユー・オフィスならば、並ぶ時間や買いに行く時間を気にすることがないので、ランチ難民を回避することができます。

3. バラエティ豊富なパン

パンフォーユー・オフィスのパンの種類は、とてもバラエティ豊富です。

クロワッサン等のメジャーなものから、低糖質チーズやわさびフランス等のオリジナリティ溢れるものもあります。

毎月最大8種類のパンが月替わりで納品されるため、自分にとってお気に入りのパンが見つかるでしょう!

パンフォーユー・オフィスのデメリット

段ボール等のゴミが出る

パンフォーユー・オフィスのパンは段ボールで届くため、捨てる必要があります。

しかし、コンビニ等で買ったとしてもゴミは必ず出るため、気にしないという方も多いでしょう。

長時間放置すると固くなりやすい

パンは冷凍保存されているため、必ず解凍が必要になります。

電子レンジで解凍して長時間放置すると、少しは固くなってしまうのが難点です。

【レビュー】実際に編集部でパンを頂きました!

今回は本記事執筆のため、実際に編集部でパンを頂きました。ここからは、パンフォーユー・オフィスのパンの食レポをしていきたいと思います!

1. 段ボールに入ってパンが到着!

段ボールに入ってパンが到着します。パンフォーユー・オフィスのロゴが入っているため、一目でパンが届いたとわかります。

2. 気になる中身は…?

中身はパンとスープが1つひとつ袋に入っています。また、3通りのリベイク方法が書いてある説明書きも入っているので、その日の気分やシーンに似合った方法を選ぶことができます

パンのリベイク方法は以下の通りです。スープは、500Wで4分・600Wで3分30秒温めると食べごろです。

リベイク方法 所要時間 注意点
電子レンジ+トースター レンジ30秒+トースター2分 電子レンジで加熱しているため固くなりやすい
電子レンジ 40秒~ 電子レンジで加熱しているため固くなりやすい
自然解凍 60分~ 気温によって解凍時間が異なる

3. 電子レンジで温めます

編集部にはトースターがないので、電子レンジのみで温めました。

電子レンジで40秒ほど温めるだけで簡単に温かいパンになりました。温めすぎると危険なので注意してください

4. いざ、実食!

実際に食べてみると、温かくとても美味しかったです。中にクリームチーズが入ったパンは、チーズが固まっている部分がなくとろとろで、とても冷凍パンとは思えませんでした!

パンの種類も豊富なため、飽きずに楽しむことができます。

編集部では、「カレー味のオニオンパンと、グラタンパンは、ボリュームあって満足度高い!」と人気がありました。

実際に食べてみた感想

1番のメリットはやはり、最短30秒で食べれるということです。忙しいビジネスマンのランチに是非お勧めしたいです。冷凍保存なため、食べ損ねたとしても日持ちします。

また、毎月最大8種類のパンが届くため、飽きずに楽しむことができますし、ランチ時の話題にもなるでしょう。

パンフォーユー・オフィスの料金プラン

料金プランは2通りあります。

1. おまかせプラン 30,000円~/月

商品の補充・在庫管理まですべて任せられるプランです。キャッシュレス決済にも対応しています。導入の際は、無料で試食会ができます。その後プランを検討・相談してから導入となります。

2. セルフプラン 0円~/月

オフィスにある冷凍庫を使って冷凍パンを保存するプランです。できるだけ経費を抑えて導入したい場合におすすめのプランです。

サービス内容・料金の詳細は資料をご参照ください。

 

パンフォーユー・オフィスの評判・口コミ

パンフォーユーのファンクラブができるほど大人気
株式会社Cygames様

今ではパンフォーユーさんのパンが大人気でファンクラブができるほどです。今まで朝ごはんを食べる習慣がなかった方が、パンがおいしいと朝ごはんを食べるようになったり、今まで交流がなかった社員同士がパンを通じてコミュニケーションを取るようになったのもよかったと思います。

パンを通して社員同士のコミュニケーションが広がった
株式会社フォーイット様

導入したのは冷凍庫貸出のプランですが、冷凍庫に会社のロゴを入れてもらったので社内の雰囲気にぴったりです。社員たちからも冷凍庫のデザインは好評です。普段はお菓子を食べていた社員がパンを食べるようになったので、健康のためによかったと思います。パンを通して社員同士のコミュニケーションが広がってきたので、それが発展して生産性向上に繋がったらいいなと思います。

※「パンフォーユー・オフィス」公式HP参照

まとめ

朝早く出勤して会社で朝食をとる社員も多くなっているため、出勤前に添加物が入っていないパンが食べられるのは嬉しいサービスです。

また、業種によって土日出勤することもある会社では、社内でお菓子ではなく健康的なパンを提供してもらえることは社員の健康維持に役立ちます。

パンフォーユーはオフィス側だけでなく、高齢化により店舗を閉めることになったパン屋の工房を再利用するなどして、地域のパン屋の活性化に貢献するサービスとなっています。

画像出典元:「パンフォーユー・オフィス」公式HP

その他の【社食サービス】【オフィスコンビニ】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ