株式会社INITIAL BRAIN JAPAN

記事更新日: 2023/06/21

執筆: 仲田エミ

編集部コメント

体験コンテンツを軸にショート動画制作に定評あり

株式会社INITIAL BRAIN JAPAN(以後INITIAL BRAIN JAPAN)は、ショートムービーに特化したSNSデータマーケティング・コンサルティングを請け負う会社です。日本のベンチャー業界活性化をビジョンとして掲げ、2021年に設立されました。

既に100社以上の実績があり、SNS動画(Youtube,Tiktok)のコンテンツ制作や運用サポート、インフルエンサーマーケティングに力を入れています。

インフルエンサーが無料でコンテンツを作成でき、最低15万再生保証、成果保証がされています。プラスで料金がかからないため、コストパフォーマンスが良いでしょう。

自社に最適な運用方法で代行してくれるため、「どのような投稿が自社サービスのPRに最適かわからない」などの課題を抱えている企業におすすめです。

SNS運用代行サービスを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

SNS運用代行サービスを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする24サービスの資料をダウンロードできます。

株式会社INITIAL BRAIN JAPANだけ知りたい方はこちら

株式会社INITIAL BRAIN JAPANの資料を請求
良い点

ショート動画制作を得意としていますが、分析・アカウント運用代行・広告運用まで幅広いサポートが可能。最短で契約から1ヶ月で広告運用まで完了します。

悪い点

導入後の問い合わせ窓口やサポート体制については、掲載が無いため確認が必要となります。

費用対効果:

クリエイティブ制作で他社サービスと比較すると良心的な価格設定といえます。効果検証や動画撮影などを依頼すると費用は上がるので、依頼する内容を精査しましょう。

UIと操作性:

相談や問い合わせなどの連絡の取りやすさや、ミーティングなどの情報共有に使用する手段については掲載が無いため、問い合わせが必要となります。

知名度:

2021年6月に設立されたばかりではありますが、既に100社を超える商品プロモーションやSNS運用代行の実績があり、対象は業種・業態・規模を問いません。

INITIAL BRAIN JAPANの導入メリット3つ

1. インフルエンサーによる広告クリエイティブ制作が可能

INITIAL BRAIN JAPANでは、商材に最適なインフルエンサーの選定・起用の依頼が可能です。

特にTikTok運用代行では、PV数保証(PV数はプランによる)かつクリエイティブ制作費無料で対応してくれるため、費用を抑えた運用が実現。

コンテンツ制作は体験」に重きを置いており、ユーザーの興味喚起やコンテンツの納得感、さらに訴求効果アップが期待できます。

インフルエンサーのアカウントをフォローしているユーザーにも情報が拡散される点もメリットです。

2. 徹底したデータ分析とレポーティングで納得の運用

INITIAL BRAIN JAPANでは、社内アナリシスチームが様々な角度からSNSアカウント内に投稿するコンテンツに対してデータ分析を行い、運用の最適化を提案してくれます。

SNS動画のコンテンツ評価のアルゴリズムを徹底分析しているため、バズる動画の制作から効果的なアカウント運用までしっかりとサポート可能です。

ショート動画の運用は、自社アカウント開設・インフルエンサーの活用・媒体内広告運用による購入導線設計など、サービス内容や状況によって最適な方法が異なります。

INITIAL BRAIN JAPANなら、最も効果の期待できる組み合わせを検証してアカウントを運用してくれるため、安心して依頼できます。

 ショート動画運用はそれぞれのメリットをうまく活用することが重要

3. ショート動画コンテンツに強い

<ショート動画のメリット>

  • 視覚的に伝わりやすい
  • レコメンド機能の精度が高い
  • 1ユーザーあたりの閲覧コンテンツ数が多い


INITIAL BRAIN JAPANでは、短時間でユーザーの心を掴むショート動画制作が可能なため、動画広告市場のトレンドに乗り遅れることなく、効果的なSNS運用が実現できるでしょう。

資料請求リストに追加する

INITIAL BRAIN JAPANのデメリット

施策の分析/評価はオプション対応となるプランもある

SNSの運用は、施策の成果を正しく分析・評価し、次の施策に活用しているサイクルが重要となります。

INITIAL BRAIN JAPANの部分サポートプランでは、コンテンツ制作のみの提供となるため、自社で成果を分析するか、オプションにて依頼する必要があります。

ターゲット、tiktokが分からない、何も知らない方々に向いています。具体的にどのような分析軸で効果測定を行うのかなどを踏まえ、事前に確認することをおすすめします。

INITIAL BRAIN JAPANの料金プラン

INITIAL BRAIN JAPANの料金プランは以下となります。

  ライトプラン スタンダードプラン プレミアムプラン
プラン料金 200,000円 500,000円 1,000,000円
最低保証PV 150,000 PV 400,000 PV 900,000 PV
運用代行費 広告費×35% 広告費×33% 広告費×30%

(税表示なし)

競合サービスとの料金比較

競合サービスとして、TikTokの運用代行会社と比較しています。

トピカの月当たりのクリエイティブ制作本数は問い合わせが必要ですが、金額が公開されているサービスの中ではINITIAL BRAIN JAPANは良心的な価格設定といえます。

さらに、INITIAL BRAIN JAPANはショート動画制作を得意としており、再現性のあるバズりを産み出せるノウハウがあります。

アカウント開設/インフルエンサー起用/媒体内広告運用から、自社に最適な組み合わせを検討し、運用を行ってくれるでしょう。

  INITIAL BRAIN JAPAN pamxy 株式会社
トピカ
費用 月8本の動画制作
20万円~/月
要問合せ クリエイティブ制作
20万円~/月
特徴 ショート動画に強み
コンテンツは全て体験をベースに制作
IP事業による知見を活用
登録者100万人超の
自社チャンネル有
年間およそ1,000本の
動画制作
有名企業との取引が多い

 

資料請求リストに追加する

INITIAL BRAIN JAPANの評判・口コミ

公式ホームページには、サービスを利用したクライアントから口コミは掲載がありませんでした。

導入事例は掲載されており、

  • ロング動画を約1分のショート動画に変更したことにより、視聴可能回数が約16倍に変更
  • 新規アカウントでもレコメンド流入が獲得しやすくなった

などが成果としてあげられていました。

*「株式会社INITIAL BRAIN JAPAN」公式HP参照

まとめ

INITIAL BRAIN JAPANは、ショート動画制作やインフルエンサーマーケティングに強みがあるSNS運用代行サービスを提供しています。

設立からわずか1年で100社を超える利用実績から、商品プロモーション力やSNSアカウント運用の実力が垣間見れるでしょう。

INITIAL BRAIN JAPANの強みとは、
  • インフルエンサーに無料でコンテンツ作成、投稿もできる。
  • tiktokをやらない人向け、コストを抑えて運用できる。
  • 事例も申し分なく目標に対して達成できている。

過去にSNSアカウントをインハウスで始めたがうまくいかなかった、始めてみたいがリソース的に余裕がないといった課題はありませんか。

日本のベンチャー業界活性化をビジョンとして掲げている会社なので、小規模企業でも一度問い合わせしてみることをおすすめします

資料請求リストに追加する 

画像出典元:「株式会社INITIAL BRAIN JAPAN」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

SNS運用代行サービスの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

比較検討におすすめのお役立ち資料
SNS運用代行サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ