Instagram分析ツールについて

<最新比較>管理が楽になるInstagram分析ツールおすすめ9選!

記事更新日: 2022/06/16

執筆: 木下千恵

マーケティングツールの一つとしてInstagramの企業アカウントを活用している企業が増えていますが、うまく運用できている企業はどれだけ存在するのでしょうか。

実際にInstagramによってマーケティングの成果を出すためには、アカウント管理における分析が必要となります。

しかし、Instagramの分析の経験がなければ、どのようにしたら良いのかわかりませんよね。そのような場合には、Instagramの分析ツールを使うことをおすすめします。

この記事では、Instagramの分析で重要なポイントやInstagramインサイトについて、編集部が厳選したおすすめのInstagram分析ツールもご紹介。

分析可能な範囲や料金プランについても掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること

  • Instagramの分析で重要なポイント
  • Instagramインサイトでできること・できないこと
  • おすすめのInstagram分析ツール
  • Instagram分析ツールのメリット・デメリット

Instagramの分析で重要なポイント5つ

Instagramを管理する際に、確認すべき重要な指標があります。Instagramの管理がはじめてで、どこから考えればよいか分からない、という方は、以下の5つの指標を把握しておきましょう。

競合他社のInstagramアカウントでこれらの指標の値がどうかを調査し、そこを目標とするのも一つの手です。

1. エンゲージメント率

2. フォロワー数

3. いいねの数・コメント数

4. ハッシュタグ

5. 競合アカウントの分析

 

1. エンゲージメント率

Instagramの投稿に対して、どれだけ反応(エンゲージ)があったかをみる指標のこと。

いいねやコメント数を、投稿が表示された回数(インプレッション数)または投稿を見たユーザーの数(リーチ数)で割った数値で判断します。

2. フォロワー数

フォロワー数は、Instagramの企業アカウント運用に欠かせない指標の一つ。アカウントの認知度や人気がダイレクトに表れるため、必ずチェックしておく必要があります。

3. いいねの数・コメント数

いいねの数やコメント数も、重要なポイントです。質の良い写真の投稿がいいねの数に、コメント数はフォロワーからのエンゲージメント率に影響します。

4. ハッシュタグ

より多くのユーザーにリーチするためには、ハッシュタグの分析も必要です。過去の投稿の中から拡散力の高いハッシュタグの特徴を把握することで、効果的な発信が可能になります。

5. 競合アカウントの分析

自社アカウントの質を高めるためには、競合する他社のアカウントを分析することも重要。競合アカウントの動向や人気の高い投稿の分析が、自社アカウントのレベルアップに繋がります。

Instagram公式が無料提供「Instagramインサイト」

Instagramアプリでは、公式に「Instagramインサイト」という分析ツールを無料提供しています。

アカウントのフォロワーの年齢や性別、男女比、オンラインの時間帯のほか、投稿した画像や動画の閲覧回数など、自社のアカウントに関する詳細なデータを見ることができるツールで、アカウントの分析に役立てることが可能です。

Instagramインサイトでできること

Instagramインサイトでは、自社アカウントや投稿に関して、次の3つのカテゴリの数値を確認することができます。

コンテンツ

フィードやストーリーズ、動画への投稿について、ユーザーが閲覧した数を見ることができます。反応が高い投稿やユーザーの傾向などが確認できます。

アクティビティ

投稿した画像や動画へのリーチ数、インプレッション数のほか、プロフィールへのアクセス数、ウェブサイトのクリック数など、自社アカウントに対する反応も確認することができます。

オーディエンス

アカウントのフォロワーに関する数値の確認も可能です。過去7日間と過去30日間に関するフォロワーの増減、年齢構成や性別、平均滞在時間、最もアクティブな曜日などを見ることができます。

Instagramインサイトでできないこと

アカウントや投稿内容に関して多くの数値が確認できるので、大変便利なInstagramインサイトですが、以下の点に注意しておく必要があります。

Instagramインサイトでできない部分は、Instagram分析ツールで補うことをおすすめします。

Instagramアプリからでしか利用できない

Instagramインサイトは、Instagramアプリにログインしないと利用できません。パソコンから直接利用できないので注意してください。

オーディエンスの確認はフォロワー数100人以上が必要

フォロワーに関する分析を行うには、オーディエンスのデータの活用が重要です。しかし、Instagramインサイトでオーディエンスのデータを閲覧するためには、フォロワー数が100人以上でなければなりません。

データの外部出力ができない

Instagramインサイトのデータは外部出力ができません。CSVのダウンロードができないため、月単位での指標の推移やグラフ化など、データの加工・分析が必要な場合は手入力しなければなりません。

Instagram分析ツールおすすめ3選

1. SINIS

画像出典元:「SINIS」公式HP

特徴

テテマーチ株式会社が提供する「SINIS」は、スマートフォンアプリでしか閲覧できなかったInstagramアカウントのインサイトデータをパソコンで管理することができる分析ツールです。

フィード画面が視覚的に見やすくなっていて、エンゲージメント率やフォロワー数などの重要な指標について、見た目にも分かりやすいグラフで確認することが可能です。

分析データをCSV形式でダウンロードできるため、過去データについて期間指定して確認することもできます。

無料プランの提供はあるものの、分析可能な指標が限られるため、しっかりと高度な分析をしたい場合には有料プランを利用する必要があります。

分析できる項目

  • フォロワー数増減と他の指標との関係性の分析
  • ハッシュタグ分析
  • 競合アカウント分析
  • @メンション投稿の収集・分析

 

料金プラン

プラン LITE STARTER PROFESSIONAL ENTERPRISE
初期費用 無料 無料 要お問い合わせ 要お問い合わせ
月額費用 無料 1万円(税対応不明) 5万円(税対応不明) 要お問い合わせ


無料プランあり(契約期間なし)

2. Aista

画像出典元:「Aista」公式HP

特徴

notari株式会社が提供する「Aista」は、累計導入社数5000社を誇るInstagram分析ツールの一つです。

ハッシュタグ分析を強みとし、ハッシュタグ数別のエンゲージメント分析や、同時頻出のハッシュタグを表示させることが可能です。

Instagramキャンペーン用のハッシュタグから、フォロワーや想定最大リーチ数を表示するなどの効果測定もできます。

決済方法が、通常版がクレジットカードのみ、プレミア版が銀行振込となっているので、多少面倒な点も。

分析できる項目

  • ハッシュタグ分析
  • フォロワー推移などの効果測定
  • Instagramキャンペーンの効果測定
  • 競合アカウントの動向把握

 

料金プラン

プラン Slooooth PRO Aistaプレミア
初期費用 無料 要お問合せ
月額費用 8,800円(税込) 30万円(税対応不明)


Slooooth PRO:無料トライアルあり(1ヶ月)

3. UnionMetrics

画像出典元:「Union Metrics」公式HP

特徴

「Union Metrics」は、Instagramのほか、Twitter、Facebook、Tumblrにも対応する分析ツールで、幅広くSNSを運用している企業におすすめです。

無料プランでもフォロワー数やエンゲージメント率などを分かりやすく分析。有料プランではさらに競合アカウントやリアルタイムデータの分析まで行ってくれるため、大変便利です。

公式ホームページはブラウザの言語切り替えで閲覧可能ですが、ツール内には英語表記が多いため注意が必要です。

分析できる項目

  • ソーシャルプロファイル分析
  • リアルタイムデータ分析
  • 競合アカウント分析
  • ハッシュタグ分析

 

料金プラン

プラン LITE Social Manager Social Maketer Marketing Team
初期費用 無料 要お問い合わせ 要お問い合わせ 要お問い合わせ
月額費用 無料 49ドル(税対応不明) 99ドル(税対応不明) 199ドル(税対応不明)

無料プランあり

 

その他おすすめのInstagram分析ツール

1. Insight Suite for Instagram

画像出典元:「Insight Suite for Instagram」公式HP

特徴

スマートシェア株式会社が無料提供する「Insight Suite for Instagram」は、自由に期間を指定してフォロワーやエンゲージメントなど重要な指標の推移を確認することができます。

Instagramインサイトのデータでは物足りないがコストはかけられない企業には、おすすめの分析ツールです。

分析できる項目

  • 指定期間のフォロワー増加数・エンゲージメント率
  • 競合アカウント分析
  • インフルエンサーアカウントの分析

 

料金プラン

無料プランのみ

プラン 無料プラン
初期費用 無料
月額費用 無料

 

2.MASAI

画像出典元:「MASAI」公式HP

特徴

株式会社パスチャーの「MASAI」は、国内企業5000社の利用実績がある「PONY」の最新版として2020年9月にリリース。

100以上の指標データにより分析が可能で、競合アカウントの数値動向も確認できます。

但し、利用するブラウザによって、正常に動作しない事例が報告されている点には注意が必要です。

*推奨ブラウザ:Google Chrome 最新版、Safari 最新版

分析できる項目

  • フォロワー数の推移
  • 曜日・時間別の保存数
  • アカウント内検索
  • トレンド分析
  • 他社アカウントの分析

 

料金プラン

プラン スターター ベーシック プロ
初期費用 なし 10万円(税対応不明) 10万円(税対応不明)
月額費用 1万円(税抜) 5万円(税抜) 10万円(税抜)


無料トライアルあり

3.Social Insight

画像出典元:「Social Insight」公式HP

特徴

株式会社ユーザーローカルの「Social Insight」は、自社のInstagramアカウントだけでなく、他のSNSアカウントも複数まとめて管理可能な分析ツールです。

主要なSNSに対応し、2600万以上ものアカウントデータを蓄積していることから、より詳細に自社や競合アカウントに関する分析ができます。

オンラインマニュアルや問い合わせ用のチャットポットなどのサポート体制が充実しているため、安心して利用することが可能です。

なお、無料版ではデータ抽出に時間を要することがあります。

分析できる項目

  • ハッシュタグキャンペーンのデータ抽出・効果測定
  • アカウント・ユーザー分析
  • 時間帯分析
  • 競合アカウント分析
  • 口コミにおける特定キーワードの分析

 

料金プラン

プラン 無料版 ビジネス版 エンタープライズ版
初期費用 無料 要お問い合わせ 要お問い合わせ
月額費用 無料 要お問い合わせ 要お問い合わせ


無料トライアルあり

4. ICONSQUARE

画像出典元:「ICONSQUARE」公式HP

特徴

「ICONSQUARE」はInstagramのAPIと連携して、自社アカウントの分析だけでなく、競合他社、ユーザー、インフルエンサーのアカウントデータまで定量的に把握可能な分析ツールです。

すべてのプランに14日間の無料トライアルがついているため、実際に利用してから自社に合ったプランを選択することができます。

必要な分析データに関するデイリーレポートのメール配信も特長の一つ。ツール内が英語表記となっているため、導入する際には注意が必要です。

分析できる項目

  • ユーザー分析
  • 競合分析
  • エンゲージメント分析
  • ハッシュタグ分析

 

料金プラン

プラン スタータープラン プロプラン アドバンストプラン エンタープライズプラン
初期費用 要お問い合わせ 要お問い合わせ 要お問い合わせ 要お問い合わせ
月額費用 9ドル(税対応不明) 49ドル(税対応不明) 79ドル(税対応不明) 139ドル(税対応不明)


無料トライアルあり(14日間)

Instagram分析ツールのメリット

1. Instagramアカウントの効率的な運用

Instagram分析ツールを利用することで、効率的に企業アカウントを運用することができます。

投稿への反応だけでなく、曜日や時間帯別の閲覧状況も確認できるため、その傾向や特徴から効果的にエンゲージメント率をアップさせることも可能です。

2. 競合アカウントの分析

Instagram分析ツールでは、自社アカウントだけでなく、特定ユーザーの投稿内容やフォロワー属性なども調査することができます。

そのため、競合するアカウントにおける戦略的マーケティングや、他社との差別化にも役立てることが可能です。

3. 顧客やフォロワーの声を可視化

Instagram分析ツールには、企業名や商品名、タグなどのキーワードを指定して、投稿内容をリストアップする機能があります。

その機能を利用すれば、顧客やフォロワーの声を可視化させて、今後の事業展開や改善にも活かすことが可能です。

Instagram分析ツールのデメリット

1. 情報の精査の難易度が高い

日々多くのInstagramユーザーにより、膨大な数の投稿が行われていることから、自社に必要な情報だけを抽出するのは簡単ではありません。

同じ商品やサービスでも、すべてのキーワードやタグを拾い上げるのはなかなか困難です。

分析ツールの上位プランを選択すれば、絞り込みや高度な検索も可能となるケースもあるため、導入時にはその機能の有無を検討してみるとよいでしょう。

2. ユーザー属性の把握が難しい

分析ツールでは、フォロワーの性別や年齢構成、居住地域などの属性を分析できますが、これはあくまで、ユーザーが登録するプロフィールを基にしたものです。

一般的にInstagramでは、ハンドルネームで登録しているケースが多く、完全にユーザー属性を把握するのは困難といえます。

まとめ

今回ご紹介したInstagram分析ツールを導入すれば、Instagramによる効果的なマーケティングのほか、企業の担当者の業務負担を減らすことも可能となります。

Instagram分析ツールの導入を考えているのであれば、ぜひとも今回ご紹介したツールを検討してみてください。

画像出典元:o-dan

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ