リスティング広告運用代行サービスについて

【最新比較】リスティング広告は運用代行がおすすめ?費用や選び方を解説!

記事更新日: 2021/11/11

執筆: 木下千恵

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジン上に表示される広告を指します。

ユーザーが検索したキーワードに連動した内容の広告が表示されるため、より購買意欲の高いユーザーにリーチできるのが最大の魅力。

ですが、実際に自社で運用してみると効果を実感できないのも、よくあるケースです。

今回は、代行の費用や相場、おすすめのリスティング広告運用代行会社を選定ポイントとともにご紹介。

さらに、リスティング広告運用を代行会社に委託するメリット、デメリットについても解説していきます!

リスティング広告を委託すべき企業

そもそも、リスティング広告の運用で成果を出すには詳しい知識が必要です。

さらには多くの時間やコストがかかるため、社内にリスティング広告に詳しい人材がいるかどうかが、委託すべきか否かの分かれ道です。

加えて、運用リソースが確保できるのであれば、自社運用が可能でしょう。

しかし、社内リソースに余裕がなくリスティング広告に詳しい人材もいない場合は、運用代行会社へ委託するのがおすすめです。

リスティング広告を運用代行会社に委託すると、自社アカウントや広告の作成キーワードの選出など手間がかかる作業をすべて任せられます

自社運用より運用コストはかかりますが、代行会社へ委託してしまったほうが効果的なリスティング広告運用をできるでしょう。

リスティング広告の運用代行会社の3つの選定ポイント

1. 広告費+運用手数料が予算の範囲内か

リスティング広告の運用代行の費用は3つで構成されます。

1. 広告費:GoogleやYahoo!のリスティング広告費用そのもの

2. 初期費用:相場は5~10万円

3. 手数料:相場は20%

これらの合計が費用として必要ですので、予算を立てる際は、手数料や初期費用も加味しましょう

また、初期費用には出稿したい広告媒体ごとに費用がかかるケースもあるため、十分な確認が必要です。

2. リスティング広告以外の運用代行は必要か

リスティング広告の運用代行会社は、YouTubeやInstagramなどの広告運用代行も扱っている会社が多いです。

中には、事業でサイネージや電柱広告、マーケティングまでを扱っていることもあります。

自社のターゲットに適したSNSの広告運用代行があれば、マルチメディア戦略もとれるので、より効果的に運用してもらえるでしょう。

3. 解約時に違約金やアカウント権限の譲渡はあるか

リスティング広告の運用代行会社には最低利用期間を設けている会社が多いです。

利用期間経過前に解約する場合に必要となる期間や費用は事前に確認しておきましょう。

また、解約後に運用アカウントの権限を譲渡してもらえるのかも重要ポイントです。

譲渡が行われない場合、一から運用アカウントを作り直す必要があり、再び運用効果が得られるまで時間と手間がかかってしまいます。

将来的に自社運用を検討している、さまざまな代理店を試してみたい、といった場合は、運用アカウントの譲渡があるかどうかも確認してみてください。

おすすめのリスティング広告 運用代行会社3選

1.サイバーホルン 

画像出典元:「サイバーホルン」公式HP

特徴

サイバーホルンの最大の特徴は、「初期費用・広告予算下限・最低契約期間なし」と気軽に広告運用を始めやすい点です。

一般的なWeb広告代行会社は、契約期間や広告費の下限など契約に関する条件がありますが、サイバーホルンでは低予算・短期間での運用ができます

広告運用効果を確認するレポートもリアルタイムで確認が可能です。

レポートを確認しながら運用担当者に相談し、運用施策の変更も素早く対応してもらえます。

創業以来、幅広い分野・業種で100社以上の広告運用をサポートされていて、制約や規制の多い「美容・医療」といった専門分野の広告運用も成功させています。

また、サイバーホルンの運用者は全員が営業経験をしているため、マーケティング目線に立った広告運用も提案してもらえるでしょう。

料金プラン

手数料 20%
初期費用 0円(税対応不明)
認定(Google/Yahoo!) Googleのみ
最低利用期間 無し
アカウントの権限 共有可能/譲渡可能
レポート回数 毎日
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Instagram広告運用代行
  • LINE広告運用代行
  • You Tube広告運用代行

 

2.東電タウンプランニング

画像出典元:「東電タウンプランニング」公式HP

特徴

東電タウンプランニングは、東京電力グループの一つで、電柱広告などさまざまな広告事業を展開している広告運用代行会社です。

効率的にWeb集客を行うため、検索ワードに関連した広告を表示する広告連動型のリスティング広告を採用しています。

また、広告費用は広告がクリックされた分だけ課金される仕組みになっているので、広告表示だけであれば料金は発生しません。

初期費用を含め、低予算でリスティング広告運用が可能なため、広告費用を抑えたい中小企業や地域に密着したお店におすすめです。

予算変更はいつでもできるので、運用状況によって調整しやすいのもメリットの一つでしょう。

さらにクリックされた金額が予算の範囲内の場合、残金は翌月以降に繰越されるため無駄なく運用が可能です。

料金プラン

手数料
  • スタンダードプラン:月額10万円~(税抜)
  • プラチナプラン:月額30万円~(税抜)
    ※クリック数が予算(上記月額)内の場合、残金が翌月に繰り越し
初期費用 3万円
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間 1年間
アカウントの権限
レポート回数 毎月1回
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • 電柱広告運用代行
  • 医院開業支援広告

 

3.アナグラム株式会社

画像出典元:「アナグラム株式会社」公式HP

特徴

アナグラムは、リスティング広告以外にも幅広い運用広告を取り扱っている広告代行会社です。

プロの運用型広告チームが媒体にあった広告運用を行うため、リスティング広告以外にも広告運用を検討している企業におすすめです。

広告運用を相談した担当者が契約から運用まで対応している一気通貫な体制で、相談や質問をしやすいのもメリットでしょう。

また、運用コンサルティングを行っているアナグラムでは、Webに関する最新情報の提供、相談を受け付けているので、社内のWeb担当者の育成も見込めます。

さらに、日本語以外にも英語やドイツ語など多言語に対応しているため、海外プロモーションも可能です。

料金プラン

手数料 月額利用広告費の20%
初期費用
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間
アカウントの権限 共有可能/譲渡可能
レポート回数
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Instagram広告運用代行
  • Twitter広告運用代行
  • LINE広告運用代行
  • アマゾン広告運用代行 など

 

その他のおすすめのリスティング広告 運用代行会社

1.グラッドキューブ株式会社

画像出典元:「グラッドキューブ株式会社」公式HP

特徴

「グラッドキューブ」はリスティング広告代行会社の中でも特に豊富な広告運用実績を持っている代行会社です。

2017年に日本で初めて開催された「Google Premier Partner Awards」では、検索広告部門、ディスプレイ広告部門で国内史上初のダブル受賞を獲得した実績があります。

さらにYahoo!でも、2020上半期関西エリア初の広告運用認定パートナーに認定されていて、運用力や分析力はお墨付きと言えるでしょう。

料金プラン

手数料 広告費の20%(広告予算が25万以下の場合は5万円)
初期費用 0円
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間 無し
アカウントの権限
レポート回数 毎日更新
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Instagram広告運用代行
  • Twitter広告運用代行
  • LINE広告運用代行
  • You Tube広告運用代行
  • アプリ広告運用代行

 

2.デジマール株式会社

画像出典元:「デジマール株式会社」公式HP

特徴

デジマールは、2,000アカウント以上の運用実績を元に、無駄の無いPDCAサイクルで効率的な広告運用を行う代行会社です。

事業者目線に立ったマーケティングプランの立案・実行が得意な代行会社で、現在のマーケティングプランの課題や足りていないポイントの分析、相談ができます。

デジマールはリスティング広告成果を高めるために、担当企業とのコミュニケーションを重要視しているので、いつでも相談しやすい環境です。

料金プラン

手数料 広告費用の20%(広告予算が25万以下の場合は5万円)
初期費用
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間 3ヶ月
アカウントの権限 共有可能
レポート回数 月1回
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Instagram広告運用代行
  • Twitter広告運用代行
  • LINE広告運用代行
  • Amazon広告運用代行

 

3.株式会社リンクル

画像出典元:「株式会社リンクル」公式HP

特徴

リンクルは、Google Adwords検索広告部門で国内TOP3を受賞する実力を持った代行会社です。

広告運用を行う担当者は、Google・Yahoo!のリスティング広告に関する資格を保有しており、業界ごとに専門チームが設立されています。

また、リンクルは薬機法医療法遵守広告代理店認証を取得しているため、審査の厳しい薬機法や医療法の広告分やLPの制作相談もできるでしょう。

料金プラン

手数料 広告費用の20%
初期費用
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間 3ヶ月
アカウントの権限
レポート回数
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Instagram広告運用代行
  • Twitter広告運用代行
  • LINE広告運用代行
  • アプリ広告運用代行

 

4.株式会社ユニアド

画像出典元:「株式会社ユニアド」公式HP

特徴

ユニアドは、専門的知識と緻密な戦略、そしてクライアントの希望に寄り添ったリスティング広告運用を行っている代行会社です。

レポート提出は月1回の代行会社が多い中、ユニアドではリスティング広告の効果をクライアントがしっかりと感じられるよう、レポートは週1回提出されています。

ユニアドではインハウス支援も行われていて、短期間で効率的な広告運用ノウハウをわかりやすくレクチャーしてもらえます。

自社運用を開始しても別途サポートが受けられるため、リスティング広告を初めて学ぶ場合も心配ありません。

将来的にリスティング広告を自社運用に切り替えたい企業にオススメです。

料金プラン

手数料 広告費の20%
初期費用 8万円(税対応不問)
認定(Google/Yahoo!) Googleのみ
最低利用期間 無し
アカウントの権限
レポート回数 週1回
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Instagram広告運用代行
  • LINE広告運用代行
  • You Tube広告運用代行

 

5.株式会社デジタルトレンズ

画像出典元:「株式会社デジタルトレンズ」公式HP

特徴

デジタルトレンズは、初期費用の負担がなく、少額でリスティング広告を運用したい企業におすすめの代行会社です。

一般的な代行会社に多い最低利用期間もなく、広告費の下限もありません。(手数料は最低10万円必要です。)

低予算で運用が可能でありながら、LP分析やアクセス解析、毎月のレポートなど、しっかりとサポートしてもらえるので、リスティング広告を初めて行う企業も安心して利用できるでしょう。

料金プラン

手数料 広告費の20%
※最低10万円
初期費用 0円
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間 無し
アカウントの権限
レポート回数 毎月1回
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Instagram広告運用代行
  • Twitter広告運用代行
  • LINE広告運用代行

 

6.株式会社キーワードマーケティング

画像出典元:「株式会社キーワードマーケティング」公式HP

特徴

キーワードマーケティングは、月間運用アカウント300以上の運用実績を持つ実力ある代行会社です。

初期費用は広告媒体がいくつでも10万円で済むので、SNS広告も運用したい企業におすすめです。

キーワードマーケティングの最大の特徴は、対応可能業務と納期が記された「お品書き」で、スケジュールが明確で安心な点です。

15時までに依頼すれば、翌々営業日までに広告の変更、キーワードの追加が可能です。

代理店でよくある「キーワードの追加や広告の変更がいつまで経っても行われない」といったトラブルが起きにくいでしょう。

料金プラン

手数料 広告費の20%※最低広告費10万円(税抜)~
初期費用 10万円(税抜)
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間
アカウントの権限 共有可能/Googleのみ譲渡可能
レポート回数 毎日(オンラインレポート)
別途月次レポートあり
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Instagram広告運用代行
  • Twitter広告運用代行
  • LINE広告運用代行
  • アプリ広告運用代行
  • アドネットワーク広告運用代行

 

7.株式会社オーリーズ

画像出典元:「株式会社オーリーズ」公式HP

特徴

「オーリーズ」は、目標設定や設計、運用、改善など広告運用に関する業務を一貫して任せたい企業におすすめの代行会社です。

オーリーズは広告運用支援だけでなく、自社運用を目指すインハウス支援サービスも提供しており、実践的な広告運用を学べます。

インハウス支援サービスは手数料は100万円からと高額ですが、自社運用が実現できれば広告運用コストの削減につながります。

特に月の広告費用が1,000万円を超えている場合、外注コストよりも支援手数料のほうが割安になる可能性が高いでしょう。

料金プラン

手数料 100万円~(税対応不明)
※広告費用・ツール費用は別途
初期費用
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間 6ヶ月
アカウントの権限 共有可能
レポート回数
リスティング広告以外の広告運用代行サービス

 

8.株式会社リスティングプラス

画像出典元:「株式会社リスティングプラス」公式HP

特徴

リスティングプラスは、1,000社以上の集客実績から生み出した運用ノウハウを駆使し、スピード感あるマーケティングが特徴の代行会社です。

運用状況は毎日リアルタイムで確認が可能で、月に1度の定例MTGで定めた戦略がどのような状態になっているか、中間数値報告も行われているので細かく運用効果を実感できます。

運用行う担当は1クライアント3名体制になっているため、施策についての相談や方向性の変更などすぐに対応してもらえるでしょう。

料金プラン

手数料
  • 広告費100万未満:20万円(税対応不明)
  • 広告費100万以上:広告費の20%
初期費用
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間 6ヶ月
アカウントの権限  
レポート回数 毎日
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Amazon広告運用代行
  • Twitter広告運用代行
  • LINE広告運用代行

 

9.オンサイト株式会社

画像出典元:「オンサイト株式会社」公式HP

特徴

オンサイトは、運営機能全般をオールインワンパッケージとして提供している代行会社です。サイト運営支援事業のなかに、リスティング広告運用支援やSNS運用が含まれます。

実際に広告運用を依頼する前に、現状感じている課題や悩み、実現したい施策などをWeb運用や運営受託のプロに無料相談ができます。

手数料は、企業や組織内の予算・運用形態などによって、月額固定形式の他に売上のレベニューシェアなど成果報酬形式と柔軟な対応も可能です。

料金プラン

手数料 要見積もり
※月額固定形式・成果報酬形式とも対応可
初期費用
認定(Google/Yahoo!)
最低利用期間
アカウントの権限
レポート回数
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • SNS運用代行

 

10.株式会社KOSHIKI

画像出典元:「株式会社KOSHIKI」公式HP

特徴

KOSHIKIは、リスティング広告の運用代行だけでなく、広告の企画から運用、制作など広告に関するすべての業務を「MARU投げ」できるワンストップサービスが特徴の代行会社です。

MARU投げプランでは、代行を依頼する内容によって費用が異なり、代行する内容や制作量が多ければ多いほど月額費用は高額になります。

社内の担当者とチームを編成して、必要なパートだけ代行を依頼することも可能なので、自社にとって最適な広告運用チームの編成もできるでしょう。

料金プラン

手数料 広告費の20%
※広告費が25万円以下の場合は5万円(税抜)
初期費用 10万円(税抜)
認定(Google/Yahoo!) Googleのみ
最低利用期間
アカウントの権限
レポート回数
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Instagram広告運用代行
  • Twitter広告運用代行
  • LINE広告運用代行

 

リスティング広告を運用代行するメリット3つ

1.専門業者のノウハウや最新情報を活用できる

リスティング広告運用を代行業者に任せることで、Web知識がない企業でも最新情報に基づいた広告運用が可能です。

リスティング運用代行業者が培ってきたノウハウを生かした広告運用ができるため、効率よくWebマーケティングを行えるでしょう。

また、GoogleやYahoo!では最新広告ツールや情報の開放を認定業者に優先的に実施

認定業者に運用代行を依頼すれば、最新の手法を取り入れたリスティング広告運用が叶います。

2.社内リソースを割かずに最適な広告運用ができる

自社でリスティング広告を運用する場合、最低でも一人は担当者を置かなければなりません。

担当者は、リスティング広告運用の施策やデータ集計、分析など広告運用のために多くの時間がかかり、社員数の少ない中小企業の悩みのタネになってしまうでしょう。

リスティング広告運用を代行業者に依頼すれば、広告運用の主たる作業をすべて任せられるため、社内リソースを割かずに広告運用が可能です。

従来、広告運用にかかっていた時間を顧客対応など他の業務に充てられるので、対応のスピード感や質を高められるでしょう。

3.サイト運用や他媒体の運用アドバイスも受けられる

Web集客を効率よく行うためには、リスティング広告だけでなく他媒体と連動した広告運用が有効です。

リスティング広告の運用代行会社の中には、LP制作や他媒体の広告運用を行っている会社が多く、コンサルティングや相談ができる会社もあります。

特にリスティング広告運用を収益に繋げるには、集客したユーザーに適したコンテンツ表示・制作が重要になります。

効果的なコンテンツの制作相談や運用を相談できる代行会社であれば、より大きな利益に繋がるでしょう。

リスティング広告を運用代行するデメリット2つ

1.運用手数料がかかる

リスティング広告の運用を代行業者に依頼した場合、初期費用を含め運用コストがかかります。

運用手数料の相場は広告費の20%である代行業者が多いため、運用状況によっては利益よりも運用コストのほうが高くなる可能性があるでしょう。

依頼する業者や内容によっては、毎月100万円以上の高額な運用コストがかかる場合も。

さらに運用代行では最低契約期間など融通が効きづらい点もあるため、社内リソースに余裕がある場合は、本当に外注しなければならないのか検討する必要があります。

2.内容変更まで時間がかかる可能性が高い

リスティング運用代行では、自社運用に比べて配信停止や広告方針の変更などの対応が遅くなるケースがあります。

頻繁に広告内容を変更したり、広告効果によって施策変更したりと、スピード感ある広告運用は難しいでしょう。

中には、内容変更をすぐに受け付けてくれる場合もありますが、自社運用よりは時間を要する場合が多いです。

運用代行を依頼する場合は、内容変更にどの程度の時間を要するか確認しておくことをおすすめします。

まとめ

Webマーケティングに欠かせないリスティング広告は、運用代行会社へ委託することで気軽に効果的な運用が可能になります。

運用代行会社へ委託すれば、今までの実績やノウハウを生かした高い運用効果が期待できるでしょう。

また、将来的に自社運用を検討している場合も、運用代行会社のノウハウやアドバイスを得て広告運用ノウハウを蓄積させることもできます。

Web集客を成功させるためにも、今回ご紹介したリスティング広告代行会社の内容や特徴を参考に自社にあった代行会社を選んでみてください。

画像出典元:写真AC

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ