リスティング広告運用代行サービスについて

【最新比較】リスティング広告は運用代行がおすすめ?費用や選び方を解説!

記事更新日: 2022/12/05

執筆: 挾間章子

Web広告の1つで、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンに「広告」の文言と共に上位表示される検索連動型広告であるリスティング広告。

リスティング広告は、自社運用も可能ですが、社内でノウハウを持つ人がいない、人手が足りないといった場合は、運用代行会社に委託することが最も一般的です。

この記事では、おすすめリスティング広告運用代行会社比較、代行の費用や相場、メリット・デメリットを解説していきます!

このページの目次

リスティング広告運用代行会社に頼めること

自社運用することもできますが、リスティング広告のノウハウをもつ社員がいない、人手が足りないなどの課題がある場合は、リスティング広告(Web広告)運用代行会社に委託することがおすすめです。

リスティング広告運用代行会社に依頼できることは、

  • アカウント開設・構成
  • キーワード選定
  • 広告文作成
  • 入稿
  • 運用
  • 予算管理
  • レポート作成
  • 改善策考案

等が挙げられます。

また、運用代行会社では、画像・動画広告のディスプレイ広告や、SNS上に表示されるSNS広告など、その他のWeb広告の運用代行も併せて行っているところが多いです。

おすすめリスティング広告運用代行会社 全18社比較表

この比較表からもわかる通り、多くの運用代行会社では、広告運用代行費用を『広告費の20%』に設定をしています。

つまり、値段はどこも大差がないということで、そのほかの点で比較して検討していく必要があります。

運用代行会社の選び方について先に確認したい方は、こちらをご覧ください。

少額からリスティング広告を始めたい企業におすすめ

初期費用が無料で、広告費に制限がなかったり、定額制の料金プランを採用しているような少額でリスティング広告が始められる運用代行会社をご紹介します!

1.圧倒的な低価格!『リードプラス株式会社』


画像出典元:「リードプラス株式会社」公式HP

リードプラスの特徴

  • 初期費用、広告費完全無料
  • 運用代行費用も月額3万円~と超リーズナブル
  • 独自開発したAI搭載の広告運用プラットフォーム

 

リードブラスの料金プラン

手数料 月額30,000円~
初期費用 0円
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間 2ヶ月~
アカウントの権限 要問合せ
レポート回数 毎日
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Instagram広告運用代行

 

リードプラス 含むリスティング運用の資料を無料DL

 

 

2.Yahoo!特別認定パートナーで安心!『株式会社プラセム』

画像出典元:「プラセム」公式HP

 

プラセムの特徴

  • 初期費用完全無料
  • Webマーケティングに関する業務を一括でお任せできる
  • Yahoo!特別認定パートナーやGoogle Premier Partnerなど、権威あるライセンス認定を受けている

 

プラセムの料金プラン

手数料 要問合せ
初期費用 0円
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間 要問合せ
アカウントの権限 要問合せ
レポート回数 月次
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • 各種SNS広告運用代行
  • SNS運用代行(Facebook、Instagram、Twitter、 YouTube、LINE等)
  • 動画広告
  • レコメンド広告
  • ネイティブ広告
  • SEO、MEO対策


プラセム 含むリスティング運用の資料を無料DL 

 

3. 少額から始めたい初心者でも安心『サイバーホルン』 


画像出典元:「サイバーホルン」公式HP

サイバーホルンの特徴

  • 初期費用・最低予算額・最低契約期間全てゼロ!
  • 運用責任者全員が5年以上の経験者
  • 運用者全員が営業経験者で顧客ニーズをつかむ
  • 広告配信の制約規制が多い「美容」「医療」の分野でもノウハウあり!

 

サイバーホルンの料金プラン

手数料 20%
初期費用 0円(税対応不明)
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間 無し
アカウントの権限 共有可能/譲渡可能
レポート回数 毎日
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Instagram広告運用代行
  • LINE広告運用代行
  • You Tube広告運用代行

 

4. 中小企業に人気『東電タウンプランニング株式会社』

画像出典元:「東電タウンプランニング」公式HP

 
 
 

東電タウンプランニングの特徴

  • 東京電力グループ
  • 中小企業の顧客が多い
  • 月額11万円からと低予算で利用できる
  • 広告がクリックされた分だけ課金される「クリック単価制」

 

東電タウンプランニングの料金プラン

手数料

月額11万円~(広告費+運用代行費)

初期費用 3.3万円
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間 1年間
アカウントの権限
レポート回数 毎月1回
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • 電柱広告運用代行
  • 医院開業支援広告

 

5. 広告費の制限なしが嬉しい『株式会社デジタルトレンズ』

画像出典元:「株式会社デジタルトレンズ」公式HP

 
 

デジタルトレンズの特徴

  • 制作、運用、解析まで通気一貫で提供
  • 初期費用0円、広告費の制限なしで少額からのリスティング広告向き
  • 累計1,000社超の支援実績
  • 窓口が全て実務担当者

 

料金プラン

手数料 広告費の20%
※最低10万円
初期費用 0円
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間 無し
アカウントの権限
レポート回数 毎月1回
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Instagram広告運用代行
  • Twitter広告運用代行
  • LINE広告運用代行

 

リスティング広告を初めて導入する企業におすすめ

初めてリスティング広告を導入する企業にも安心の手厚いサポート体制、事前のヒアリング・コンサルティング力の高い運用代行会社をご紹介します!

1. 企業からの要望に迅速に対応!『広告の貴公子』

画像出典元:「広告の貴公子」公式HP

 
 

広告の貴公子の特徴

  • 検索連動型広告・ディスプレイ広告・成果報酬型広告
  • 1人の担当者が全行程をサポート
  • 契約期間は1カ月から
  • 広告運用アカウントの無料開示
  • デジタルマーケティングを知り尽くしたプロ集団

 

広告の貴公子の料金プラン

手数料 広告費用の20%
初期費用 50,000円


※詳しくは以下の資料を無料ダウンロードしてご確認ください。

広告の貴公子 含む広告運用代行サービスの資料をDL 

 

2. BtoCにも強い『株式会社キーワードマーケティング』

画像出典元:「株式会社キーワードマーケティング」公式HP

 
 

キーワードマーケティングの特徴

  • BtoBだけでなくBtoC含め取扱業種118業種
  • オペレーション専門チームを持っている
  • 初期費用に媒体数の制限がないので、リスティングだけでなくSNS広告などもできる
  • 国内でも数十社しかいないFacebookとTwitterの正規代理店

 

キーワードマーケティングの料金プラン

手数料 広告費の20%※最低広告費10万円(税抜)~
初期費用 10万円(税抜)
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間
アカウントの権限 共有可能/Googleのみ譲渡可能
レポート回数 毎日(オンラインレポート)
別途月次レポートあり
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Instagram広告運用代行
  • Twitter広告運用代行
  • LINE広告運用代行
  • アプリ広告運用代行
  • アドネットワーク広告運用代行

 

3. 多言語対応も出来る『アナグラム株式会社』

画像出典元:「アナグラム株式会社」公式HP

 
 

アナグラムの特徴

  • 広告がクリックされた分だけ課金される「クリック単価制」
  • コンサルから運用まで一気通貫体制
  • 日本語以外にも英語やドイツ語など多言語に対応

 

アナグラムの料金プラン

手数料 月額利用広告費の20%
初期費用
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間
アカウントの権限 共有可能/譲渡可能
レポート回数
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Instagram広告運用代行
  • Twitter広告運用代行
  • LINE広告運用代行
  • アマゾン広告運用代行 など

 

4. 3年連続Google Adwords受賞『株式会社リンクル』

画像出典元:「株式会社リンクル」公式HP

 
 

リンクルの特徴

  • Googleより 国内リスティング広告代理店7000社からTOP10に選出された実績
  • 広告運用だけでなく、「売る仕組み」をコンサルティング
  • 業界別管理体制
  • 薬機法医療法遵守広告代理店認証を取得し、審査の厳しい医療系にも強い

 

リンクルの料金プラン

手数料 広告費用の20%
初期費用
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間 3ヶ月
アカウントの権限
レポート回数
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Instagram広告運用代行
  • Twitter広告運用代行
  • LINE広告運用代行
  • アプリ広告運用代行

 

リスティング広告を既に利用している企業におすすめ

既に運用代行会社を利用したことがあり、現在利用している企業に何らかの改善したい点がある企業に特におすすめの運用代行会社をご紹介します!

1. Webマーケティングのあらゆる領域での成果創出が期待!『SYUKYAKU

画像出典元:「SYUKYAKU」公式HP

SYUKYAKUの特徴

  • 広告運用のマージンは一律10%
  • 制作・SEO対策・運用代行などWebマーケティングのあらゆる領域でサポート
  • 元大手企業出身のマーケター2名体制でハイレベルなコンサルタント
  • 競合他者と比較して低コスト

 

SYUKYAKUの料金プラン

支援領域によって価格が変動する料金体系になっています。

広告運用代行は一律10%になっていますが、サイト作成やSNS運用代行等は個別に問い合わせが必要になります。

プラン 料金(税抜)
広告運用代行 一律10%
SNS運用代行 15万円〜
サイト&LP制作 15万円〜
SEOコンサルティング 20~50万円
インフルエンサー施策 案件による

 

SYUKYAKU 含む広告運用代行の資料を一括DL 

 

2. 広告運用者と直接やりとりができる『グラッドキューブ株式会社』

画像出典元:「グラッドキューブ株式会社」公式HP

 
 

グラッドキューブの特徴

  • 広告運用担当者と直接やりとりができる
  • 運用状況のレポートは毎日更新
  • 初期費用・最低契約期間なし
  • 2017年度Google Premier Partner Awardsで、検索広告部門、ディスプレイ広告部門で国内史上初のダブル受賞を獲得

 

グラッドキューブの料金プラン

手数料 広告費の20%(広告予算が25万以下の場合は5万円)
初期費用 0円
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間 無し
アカウントの権限
レポート回数 毎日更新
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Instagram広告運用代行
  • Twitter広告運用代行
  • LINE広告運用代行
  • You Tube広告運用代行
  • アプリ広告運用代行

 

3. 2,000アカウント以上の運用実績『デジマール株式会社』


画像出典元:「デジマール株式会社」公式HP

デジマールの特徴

  • 事業者目線に立ったマーケティングプランの立案・実行が得意
  • 2,000アカウント以上の運用実績を元にベストプラクティスを提供
  • 顧客生涯価値(LTV:Life Time Value)を踏まえた費用対効果を最大化するためのデータ解析が得意

 

デジマールの料金プラン

手数料 広告費用の20%(広告予算が25万以下の場合は5万円)
初期費用
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間 3ヶ月
アカウントの権限 共有可能
レポート回数 月1回
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Instagram広告運用代行
  • Twitter広告運用代行
  • LINE広告運用代行
  • Amazon広告運用代行

 

4. 経験豊富なコンサルタントの支援で自社運用へ!『THECOO』


画像出典元:「THECOO」公式HP

THECOOの特徴

  • 自社で広告運用ができるよう、経験10年以上のコンサルタントがサポート
  • Google や大手広告代理店で運用型広告の経験を積んだプロフェッショナル集団が支援
  • Slack、ZOOMを活用したスピード感のあるサポート
  • 新規だけでなく既存のアカウントを分析、最適な構成への再構築が強み

 

THECOOの料金プラン

手数料 要問合せ
初期費用 要問合せ
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間 6ヶ月~
アカウントの権限 要問合せ
レポート回数 定例ミーティング開催
リスティング広告以外の広告運用代行サービス Facebook広告運用代行
Twitter広告運用代行
LINE広告運用代行

 

 

5. 広告代理・コンサル・Web制作を一括支援『デジタルアスリート株式会社』

画像出典元:「デジタルアスリート株式会社」公式HP

 
 

デジタルアスリート(旧株式会社リスティングプラス)の特徴

  • 広告代理・コンサル・Web制作を通気一貫で行える会社
  • 1,800社以上の支援実績
  • 広告運用だけでなくLP制作で効果的にCV率アップ
  • 代表取締役長橋真吾氏執筆のリスティング広告入門書はAmazon第1位を獲得

 

デジタルアスリート(旧株式会社リスティングプラス)の料金プラン

手数料 要問合せ
初期費用 要問合せ
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間 要問合せ
アカウントの権限 要問合せ
レポート回数 毎日
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Amazon広告運用代行
  • Twitter広告運用代行
  • LINE広告運用代行

 

6. 5つの報酬形態から選べる『株式会社オーリーズ』

画像出典元:「株式会社オーリーズ」公式HP

オーリーズの特徴

  • 顧客責任者(営業/窓口担当)と運用責任者(戦略検討/運用作業者)は同一者が担当
  • アカウントを資産と考え、クライアントがアカウントは保有しアクセス権で作業する
  • 報酬形態も5つから選べる

 

料金プラン

手数料 100万円~(税対応不明)
※広告費用・ツール費用は別途
初期費用
認定(Google/Yahoo!) Google・Yahoo!両方あり
最低利用期間 6ヶ月
アカウントの権限 共有可能
レポート回数
リスティング広告以外の広告運用代行サービス

 

その他のおすすめのリスティング広告 運用代行会社

1. 自社運用を目指す企業にもおすすめできる『株式会社ユニアド』

画像出典元:「株式会社ユニアド」公式HP

ユニアドの特徴

  • 顧客とのヒアリング・戦略立案に力を入れている
  • 最低契約期間なし
  • Google広告少額コンサルティングやインハウス支援など様々なサービスあり
  • 将来的には自社運用を目指す企業にインハウス支援もあり

 

ユニアドの料金プラン

手数料 広告費の20%
初期費用 8万円(税対応不問)
認定(Google/Yahoo!) Googleのみ
最低利用期間 無し
アカウントの権限
レポート回数 週1回
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Instagram広告運用代行
  • LINE広告運用代行
  • You Tube広告運用代行

 

2. Web制作・運用をMARU投げできる『株式会社KOSHIKI』


画像出典元:「株式会社KOSHIKI」公式HP

株式会社KOSHIKIの特徴

  • Web制作・運用を「MARU投げ」できる
  • 運用担当者は10アカウント以上は担当しないので丁寧な運用ができる
  • 制作は別料金がかかる

 

株式会社KOSHIKIの料金プラン

手数料 広告費の20%
※広告費が25万円以下の場合は5万円(税抜)
初期費用 10万円(税抜)
認定(Google/Yahoo!) Googleのみ
最低利用期間
アカウントの権限
レポート回数
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • Facebook広告運用代行
  • Instagram広告運用代行
  • Twitter広告運用代行
  • LINE広告運用代行

 

3. Webサービス全般の運営支援『オンサイト株式会社』

画像出典元:「オンサイト株式会社」公式HP

オンサイトの特徴

  • 運営支援したサイト1,500サイト以上
  • メディア・ECサイト・システムの運営支援を柱とする
  • 運営機能全般をオールインワンパッケージとして提供

 

オンサイトの料金プラン

手数料 要見積もり
※月額固定形式・成果報酬形式とも対応可
初期費用
認定(Google/Yahoo!)
最低利用期間
アカウントの権限
レポート回数
リスティング広告以外の広告運用代行サービス
  • SNS運用代行

 

リスティング広告運用代行会社の費用の目安

リスティング広告運用代行の費用は基本的に3つで構成されます。

1. 広告費:GoogleやYahoo!のリスティング広告費用そのもの

2. 初期費用:相場は5~10万円

3. 運用代行手数料相場は20%

1. 広告費

基本的にリスティング広告の広告費は前払い制です。

決まった金額を先にYahoo!やGoogleといった媒体に先に支払い、その中からクリックされた分が広告掲載料金として引かれていく仕組みです。

運用代行会社では、代行の際に最低広告費を設けているところもあります

2. 初期費用

運用代行会社では、リスティング広告を始めるにあたり準備にかかる費用を、初期費用として徴収する企業もあります。

初期費用に含まれる内容は、以下のようなものがあります。

  • アカウント作成
  • キーワード選定
  • 広告文の作成 など

これらは、初期費用としてではなく、運用代行費用として徴収する企業もあります。

3. 運用代行手数料

1. 手数料率型

最も多いのがこのパターンで、広告費に応じて手数料の金額が算出されます。

多くの企業で、広告費の20%という設定をしています。

広告費が高くなれば、効果がどうであれ手数料も上がっていきます。

2. 定額型

広告費に関係なく、月額(年額)で一定の手数料がかかるタイプです。

広告費が高くても、運用代行には決まった額だけ支払えばよいというメリットがあります。

3. 成果報酬型

コンバージョン数など成果に応じて手数料が決定するタイプです。

明確な費用対効果が分かります。

リスティング広告運用代行会社の選び方

1. 費用が妥当か

広告費は、目標コンバージョン(CV)単価や平均クリック単価などから算出できます

そこに、プラスで運用代行手数料20%がかかるとして、費用として自社内で捻出できるか確認しましょう。

例)1個50,000円のバックを20個販売する際の広告費を算出する

50,000円(販売価格)-20,000円(原価)-10,000円(確保したい利益)=20,000円(1CVに使える目標CV単価)

広告費=20,000円(1CVに使える目標CV単価)× 20(CV数)=400,000円

広告運用代行手数料=400,000円(広告費)×20%(手数料)=80,000円

総合計=480,000円

 

2. 最低広告手数料、最低契約期間などしばりがあるか

最低広告手数料、最低契約期間など運用代行会社によって契約内容にしばりがあるものがあります

よくあるのが、広告費25万円以上なら手数料は広告費の20%、以下なら手数料定額5万円などというしばりです。

また、最低契約期間も、3~6カ月程度設定している企業も多くあります。

しばりを良く確認した上で、運用代行は選びましょう。

3. 運用チームの編成を確認する

リスティング広告運用代行会社のHPを確認すると、顧客のニーズにタイムレスで対応するため営業と運用が通気一貫などを掲げている企業も多いでしょう。

営業担当者と運用担当者があなたの企業の専任チームを組んで対応することは良いことですが、もしチーム内で営業と運用が兼任しているといったケースでは、注意が必要です。

業務過多や、どちらかに業務の比重が偏ってしまうなどの問題が発生し得るため、選ぶ際にはどのような運用体制なのかを確認しましょう。

4. リスティング広告以外の広告運用ができるか

リスティング広告の運用代行会社は、Web広告全般を広く扱っている企業が多く、ディスプレイ広告、SNS広告、サイネージや電柱広告などその他のサービスも利用できる場合があります。

自社のターゲットに適したSNSの広告運用代行があれば、マルチメディア戦略もとれるので、担当とよく相談しましょう。

5. 解約時に違約金やアカウント権限の譲渡はあるか

どんな契約でも言えますが、解約時に違約金が発生するかどうかは確認が必須で、特に最低契約期間を設けている企業の場合は、必ず確認しましょう。

また、解約後に運用アカウントの権限を譲渡してもらえるのかも重要ポイントです。

譲渡が行われない場合、一から運用アカウントを作り直す必要があり、再び運用効果が得られるまで時間と手間がかかってしまいます。

将来的に自社運用を検討している場合は、特にこの点も確認しておきましょう。

※比較表に戻りたい方はこちら

リスティング広告運用代行会社を使うメリット3つ

1.専門業者のノウハウや最新情報を活用できる

リスティング広告運用代行会社を使えば、Web知識がない企業でもノウハウや最新情報に基づいた広告運用が可能です。

リスティング運用代行会社が培ってきたノウハウを生かした広告運用ができるため、的確なリスティング広告が実行できます。

また、GoogleやYahoo!では最新広告ツールや情報の開放を認定業者に優先的に実施しているので、認定業者に依頼すれば、より効果的なリスティング広告が可能になります。

2.社内の人件費や時間が削減できる

リスティング広告を自社運用する場合、最低でも一人は担当者を置き、運用の施策やデータ集計、分析など広告運用のために多くの時間をかける必要があります。

リスティング広告運用を代行会社に委託すれば、広告運用の主たる作業をすべて任せられるため、社内リソースを割かずに広告運用が可能です。

従来、広告運用にかかっていた時間を他の重要な業務に充てられるので、業務効率が格段に上がるでしょう。

3.サイト運用や他媒体の運用アドバイスも受けられる

Web集客を効率よく行うためには、リスティング広告だけでなく他媒体と連動した広告運用が有効です。

リスティング広告の運用代行会社の中には、LP制作や他媒体の広告運用を行っている会社が多く、コンサルティングを提供する会社もあります。

特にリスティング広告運用を収益に繋げるには、集客したユーザーに適したコンテンツ表示・制作が重要になります。

効果的なコンテンツの制作相談や運用を相談できる代行会社であれば、より大きな利益に繋がるでしょう。

リスティング広告を運用代行するデメリット2つ

1.運用手数料がかかる

リスティング広告の運用を代行業者に依頼した場合、初期費用を含め運用コストがかかります。

運用手数料の相場は広告費の20%である代行業者が多いため、運用状況によっては利益よりも運用コストのほうが高くなる可能性があるでしょう。

さらに運用代行では最低契約期間など融通が効きづらい点もあるため、社内リソースに余裕がある場合は、本当に外注しなければならないのか検討する必要があります。

2.内容変更まで時間がかかる可能性が高い

リスティング運用代行では、自社運用に比べて配信停止や広告方針の変更などの対応が遅くなるケースがあります。

頻繁に広告内容を変更したり、広告効果によって施策変更したりと、スピード感ある広告運用は難しいでしょう。

運用代行を依頼する場合は、内容変更にどの程度の時間を要するか確認しておくことをおすすめします。

まとめ

Webマーケティングに欠かせないリスティング広告は、運用代行会社へ委託することで気軽に効果的な運用が可能になります。

運用代行会社へ委託すれば、今までの実績やノウハウを生かした高い運用効果が期待できるでしょう。

また、将来的に自社運用を検討している場合も、運用代行会社のノウハウやアドバイスを得て広告運用ノウハウを蓄積させることもできます。

Web集客を成功させるためにも、今回ご紹介したリスティング広告代行会社の内容や特徴を参考に自社にあった代行会社を選んでみてください。

画像出典元:写真AC

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

リスティング広告運用代行サービスの資料を一括ダウンロード
起業ログが厳選するリスティング広告運用代行サービス
リスティング広告運用代行サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求

その他のリスティング広告運用代行サービス

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ