DM発送代行会社について

おすすめのDM発送代行会社10選を比較紹介!料金相場も解説

記事更新日: 2021/10/14

執筆: 編集部

DM発送をどこかに依頼したいけど、送代行会社がありすぎて「結局どこがお得なのかわからない」「そもそも費用はどれくらいかかるの?」と悩んでいる方も多いとおもいます。

この記事では、DM発送代行会社に依頼した場合の料金相場を紹介し、特におすすめのDM発送代行会社10選を比較していきます!

選び方のポイント、メリット・デメリットもわかりやすく解説していくので、ぜひ参考にしてください!

DM発送代行会社を利用するメリット

常時膨大な数のDMを取り扱っているDM発送代行会社では、そのスケールメリットを活かし、自社で行うよりも低いコスト&スピーディーな発送が可能です。

これまでDM発送にかけていた工数・人件費・印刷代を削減できるうえ、より多くのターゲットにリーチできるため、効率的な販売促進が実現できます。

依頼した場合の料金相場は?

DM発送代行の価格は郵便物の種類をベースに、部数が多くなればなるほど価格が抑えられる仕組みとなっています。

印刷~発送までの作業を依頼した場合、種類別の費用相場は下記のようになります。

  はがき 圧着はがき 封書 カタログ
1,000通の場合の相場 約70円~/通 約90円~/通 約80円~/通 約400円~/通
10,000通の場合の相場 約55円~/通 約60円~/通 約65円~/通 約280円~/通
特徴 他と比べて最も低コスト。開封するひと手間がいらないのがメリットです。 糊で貼り合わせた紙面をはがすタイプのハガキです。プライバシー保護や、ハガキより多くの情報を記載できます。 クーポン券や商品サンプル、申込書などを同封でき、より多くの情報を届けることができます。 単価はあがるものの、用紙の種類や綴じ方、ホチキスの有無などカスタマイズが自由

 

DM発送代行会社の4つの選定ポイント

1. 発送までにかかる時間と導入実績

各サービスによって納品までのスピードが異なります。

急ぎの場合は、見積りが短時間で済むサービスや、納品までの期日が短いサービスを選択しましょう。

実際にどれくらいのスピードで納品できたか、自社と同規模の導入事例があるかチェックしておくと安心です。

2. 対応可能なロット数

50通の小ロットから100万通の大口対応可能なサービスまで様々あります。

常時少ない部数での利用を検討している場合は、コストを抑えられるため小口専門の会社が適しています。

一方、今後顧客が増える可能性がある場合は、小口~大口まで対応している会社のほうが柔軟に対応できるのでおすすめです。

3. 追跡調査を含めた発送以外のサービス

追跡調査はほとんどの会社でおこなわれていますが、基本料金でどこまで可能かはチェックしておきましょう

また、発送作業以外にも便利なサービスを提供している会社があります。DMの作成や、デザイン提案・テンプレートや素材が使えるサービスがあるので、DM自体の作成や企画段階から依頼したい場合はそれもチェックしておきましょう。

4. セキュリティなど安全性が高い会社か

大切な顧客の個人情報を受け渡すため、プライバシーマークを取得している、宛名のデータ送信には専用システムを使用している、リアルタイムで発送進捗が分かるようデータが共有可能など、セキュリティや安全性が高い会社を選ぶことをおすすめします。

おすすめのDM発送代行会社3選

※費用は印刷・宛名印字・はがき代・発送代行を含む最安単価(税込・編集部調べ)

1. 最安値かつ便利機能満載『ラクスル』

画像出典元:「ラクスル」公式HP

特徴

ラクスルでは印刷から発送までを業界最安値で依頼できることに加え、無料デザインテンプレートが使えてデザイン代がかからずトータルコストが抑えられます。

ネットで注文する際は4ステップと簡単。メールのやり取りが不要なため最短30分で完了でき、欲しい時にすぐに発注できる点も嬉しいポイントです。

自社システムから直に発注できるDM API連携サービスや、T会員名簿をDM送付先として活用できるターゲティングDMサービスなど、ラクスルには便利なサービスが揃っています。

推しポイント

・おすすめ3選の中では料金が最安
・無料テンプレートから簡単に印刷デザインができるオンラインデザインサービス
・自社システムからダイレクトにDM発注できるDM API連携サービス
・T会員にDM発送できるターゲティングDMサービス

料金プラン

・最安単価(印刷・宛名印字・はがき代・発送代行を含む。税込)
 ポストカード:49.0円/1通
 圧着はがき(V型):57.5円/1通
 OPP封筒(A4サイズチラシ封入):79.0円/1通
 OPP長3封筒(巻き3つ折りパンフレット封入):110.9円/1通

 

2. 不着リストで無駄を削減『ダイレクトメール発送ONLINE』

画像出典元:「ダイレクトメール発送ONLINE」公式HP

特徴

業界トップクラスの発送スピードと低価格が魅力のサービス。最短当日発送対応、50部からの小ロットにも対応が可能です。

届かなかったDMをリスト化して無駄なコストを削減できる不着DMリスト化対応があり、効率的なDM発送をサポートしてくれます。

新規顧客開拓に活用できる1,000万件以上の企業リスト提供サービスや、印刷から投函までのセットプランも提供しています。

推しポイント

・不着DMを精査して無駄なコストを削減できる不着DMリスト化対応
・新規顧客開拓に活用できる独自の企業リスト提供サービス
・手書き名簿のデータ移行

料金プラン

・最安単価(発送代行のみの場合。税別)
 はがき:52.4円/1通
 長型3号サイズ封筒(A4紙3枚封入):94.3円/1通
 角2封筒(カタログ2冊、チラシ3枚、返信封筒1枚封入):97.0円/1通

3. 小中ロットなら『ジャパンメール』

画像出典元:「ジャパンメール」公式HP

特徴

宛先企業リストの抽出からDMデザイン制作、印刷・発送までワンストップサービスを提供しています。小中ロットを専門に取り扱っており、100通からの注文も可能です。

企業リストの抽出では法人データベースから最適な送付先を選定できるので、より効果のあるDMを送りたい方におすすめです。

また、クロネコDM便をはじめ日本郵政や佐川急便、タウンメール便などさまざまな配送方法が選べるので、コストやニーズにもぴったりとマッチします。

推しポイント

・最適なターゲティングができる宛先企業リスト抽出サービス
・豊富な配送方法(クロネコDM便・ネコポス・宅急便・広告郵便・利用者区分郵便・タウンメール・タウンメールプラス・ゆうメール・特約ゆうメール)
・DMの反響をさらに効率的に高めるホームページ制作サービス

料金プラン

・最安単価(両面カラー印刷/宛名印字/区分/送料含む。税別)
 定形はがき(両面カラー):54.1円/1通 
 圧着はがき(V型/フルカラー):57.4円/1通
 A4版普通:78.6円/1通
 A4版ビニール封筒(2点封入):82.3円/1通

その他のおすすめDM発送代行会社7選

DM発送代行センター

画像出典元:「DM発送代行センター」公式HP

特徴

50通~5万通以下の小中ロット専門のサービスです。見積依頼を受けてから3営業時間以内のスピーディーな返答、専任担当制によるスムーズな取引を特徴としています。

進捗状況をこまめにメールしてくれるほか、ヤマト運輸のクロネコDM便を利用の場合には発送証明書・追跡調査を無料で受け取ることができます。

料金プラン

・最安単価(カラー印刷・発送含む。10万通の場合。税込)
 大判はがき(A4サイズ):78.1円/1通
 圧着はがき(A4サイズ):79.2円/1通
 封筒(1点封入):75.9円/1通

セルマーケ

画像出典元:「セルマーケ」公式HP

特徴

印刷データと宛先リストを用意するだけで、DM印刷~発送までをネットで楽に注文できるのが特徴のサービス。1通当たりの単価は業界最安値クラスです。

DM発送代行だけでなく、特定地域の人々のスマホに広告を配信できる「スマホ折り込みサービス」も行っており、チラシの様に利用できます。

JASDAQ上場企業が運営しているので個人情報保護などのセキュリティ面でも安心です。

料金プラン

・最安単価(印刷・発送含む。税込)
 ポストカード:53.2円/1通
 圧着はがき(V型):56.1円/1通
 OPP封筒(A4サイズチラシ封入):74.3円/1通
 長3封筒(3つ折りA4サイズチラシ封入):86.9円/1通

DM診断

画像出典元:「DM診断」公式HP

特徴

「発送だけ」「印刷から」「デザインから」の3プランすべてに送料が含まれていて、コスト負担が少ないのが嬉しいポイントです。全商品お急ぎ対応ができ、最短当日発送も可

実際のDM到達率やwebサイト誘導率などの効果検証や、QRコード付きDMからの訪問率を解析するサポートなども行っています。

料金プラン

・最安単価(印刷からプランの場合。税不明)
 はがき:48.49円/1通
 圧着はがき(V型):50.84円/1通
 圧着はがき(Z型):54.63円/1通
 封筒(A4サイズ・カラー両面チラシ1枚封入):67.6円/1通

リライ郵社

画像出典元:「リライ郵社」公式HP

特徴

自社にベストなDMの仕様・発送の提案や、DMを分析し反響率を高めるための提案もしてくれるため、DMの効果を上げたい方におすすめのサービスです。

宛名データと印刷データを提供すれば、印刷から投函までの一連の業務をネットで完結できます。100通から100万通まで対応可能です。

料金プラン

・詳細はお問い合わせが必要です

Challenge Life

画像出典元:「Challenge Life」公式HP

特徴

DM発送に必要な、宛先データ入力代行・印刷・宛名シール貼り・封入のほか、挟み込みなどの加工まで幅広く行っているのが特徴です。

100通の少数発送から10万通以上の大口依頼もOKで、全国対応で引き取りも行っています。DM発送後に発送伝票をFAXされるため、手元に発送履歴を残せます

料金プラン

・最安単価:65円/通(税不明)

DM発送おまかせ便

画像出典元:「DM発送おまかせ便」公式HP

特徴

本社所在地の福井県内で年間発送個数トップクラスの実績があり、独自の運輸ルートやヤマト運輸株式会社との契約などで低コストを実現。

そのほか、封入漏れをチェックする最新検査装置の導入や、追跡データ送付サービスがあり、高品質なDM発送が魅力です。

料金プラン

・最安単価(印刷・宛名印字・発送までの費用を含む。税込)
 はがき:61.52円/1通
 圧着はがき(V型):63.55円/1通
 紙封筒(定型外100g以内):75.35円/1通
 透明封筒(A4三つ折カラーチラシ1点封入・定形50g以内):87.56円

DM発送代行サイト

画像出典元:「DM発送代行サイト」公式HP

特徴

コスト重視の場合やスケジュール調整したい場合など、さまざまなニーズに合わせられる対応力の高さが特徴。丸々代行プランではDMの企画・制作から全て任せることができます。

封入するチラシ・カタログ・ポスターの印刷や、特殊DMの複雑な加工などにも対応しているので、さまざまなDMを作成できます。

料金プラン

・最安単価(印刷・宛名印字・発送までの費用を含む。税別)
 はがき:56.75円/1通
 A4はがき:80.3円/1通
 A4圧着はがき(V型):95.7円/1通
 透明封筒(A4カラーチラシ2点封入):91.4円

DM発送代行会社のデメリット2つ

1. 宛先リストのデータ化が必要

発送代行会社に依頼するにあたって、宛先リストのデータ化が必要です。顧客名簿が手書きの場合、宛先リストのデータ化は依頼前に済ましておきましょう。

自社でデータ化するのが難しい場合は、リストの入力代行まで依頼できる会社を選ぶと負担を減らせます。

2. 不着DMへの対策が必要

自社で宛先リストをしっかり作っていても、顧客からの住所変更連絡がなく、届けられないDMが出てきます。

これら不着DMにかかる無駄なコストを防ぐため、不着の宛先をリスト化するなど対策が必要です。中には不着DMの管理まで行ってくれる代行会社もあります。

まとめ

DM発送代行会社とひと口に言っても、スピード発送が得意な会社や小口専門の会社、制作から封入までワンストップサービスの会社など、それぞれ異なる特徴を持っています。

コストとのバランスを見ながら、自社の目的に合ったDM発送代行会社を見つけられるといいですね。

画像出典元:O-dan

 

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ