Twitter管理ツールについて

【2020年版】おすすめのTwitter管理ツール15選を徹底比較

記事更新日: 2020/03/17

執筆: 編集部

あなたの企業では、Twitterアカウントを持っていますか?

Twitterはアカウントを持っているだけでは意味が無く、頻繁に興味をひく記事を投稿したりフォロワーからのコメントに返答したりするなど、都度手をかけていくものです。

しかし人員不足の昨今、毎日Twitterだけに対応する訳にはいきませんね。

そんな時にぜひご検討いただきたいのが、Twitter管理ツールです!

Twitter管理ツールとは、コメントの追記・返答の他、増え続けるフォロワーの管理をしたり逆にフォロワーがほとんど付かないことによりアカウント凍結対象とならないよう、定期的に監視・対応したりする機能を持つツールです。

今回は世間に数多く展開されているTwitter管理ツールの中から特徴をそれぞれまとめたので、比較検討する際の参考にしてください。

おすすめのTwitter管理ツール3選

1. 運用アカウント20万突破!『Socialdog(ソーシャルドッグ)』

画像出典元:「Socialdog」公式HP

特徴

Socialdogは、効果的に平均以上のフォロワー数を獲得するためのアプローチを行ってくれるツールです。

忙しく十分な時間が取れない企業でも管理できるよう、フォロー返しや予約投稿などの自動化機能が満載。

フォローバック率やフォロワーの分析にはAI技術を取り入れ、傾向と対策を行える機能や複数Twitterアカウントもまとめて管理する仕組みなど、長期的にTwitterを運営するサポート機能が心強いツールです。

機能

・投稿やフォロー返しの自動化
・Twitter反応に対するAI分析機能
・万全のセキュリティ対策

料金プラン

  Free Basic 企業向け
月額費用 0円 980円 4,980円

 

2. 誰でも簡単操作!『icotile3(アイコタイル)』


画像出典元:「icotile3」公式HP

特徴

icotile3は、フォロワーやフォローしている人に対してのケアを重点にTwitter運営サポートを行ってくれるツールです。

フォロワー一覧リストの作成で、一人ひとりに細かい対応が可能。フォロワーごとに細かいメモを取る機能、キーワード絞り込みなどの検索機能も充実。

もちろんリスト内容の追加・削除などの操作も簡単に行えます。スマホ操作にも対応しているので、とにかく手軽にTwitter管理を行いたい方におすすめです。

機能

・スマホ対応
・フォロワー一覧リスト作成
・フォロワーごとにメモを残せる

料金プラン

無料で利用できます。

3. ログイン不要!『えごったー』


画像出典元:「えごったー」公式HP

特徴

えごったーは、スマホから簡単に確認できるTwitter分析アプリです。もちろんPCからも利用可能。フォロワーが外れた時にはメールでお知らせが来るので、素早く対応が行えます。

検索結果も10秒前後で素早く表示してくれるので現状がすぐにわかります。

フォローのみ行っている「片思いチェック」フォローを解除されたメンバーが確認できる「リムられチェック」など、ネーミングもユニークな機能が満載。とりあえず一度Twitter管理ツールを試してみたい方にも導入の敷居が低いツールです。

機能

・フォローのみ行っている関係を洗い出す「片思いチェック」
・フォローを解除されたメンバーが確認できる「リムられチェック」
・一定期間ツイートしなかったメンバーを確認できる「最近いない人検索」

料金プラン

  フリー ベーシック エンタープライズ
月額費用 0円 980円 要問合せ

 

その他のおすすめTwitter管理ツールサービス

whotwi(フーツイ)


画像出典元:「whotwi」公式HP

特徴

twitter IDを入れるだけで、誰でも簡単にフォロー・フォロワーの分析ができます。

 高速で一括フォロー返しや一括フォロー解除が可能。

わかりやすいダッシュボードで、リム通知・予約投稿・キーワードツイート自動通知などの機能が搭載されています。

料金プラン

お問い合わせが必要です。

片思いチェッカー

画像出典元:「片思いチェッカー」公式HP

特徴

検索・一覧・詳細確認・片思いをフォロー解除もしくは片思われをフォローといった一連の作業を簡単に行うことができます。

長い間つぶやいていないアカウントやFF比が偏っているアカウントの発見も可能です。面倒なフォロー整理・フォロワー整理に最適です。

料金プラン

お問い合わせが必要です。

ManageFlitter(マネージフリッター)


画像出典元:「ManageFlitter」公式HP

特徴

複数のソーシャルアカウントを簡単に管理できるツールです。事前にツイートを正確に整理して最適なスケジュールを組み実行できます。

Twitterの状況を可視化できる分析機能にも定評がありますが、公式HPが英語のため、翻訳後も少々分かりにくいのが難点です。

料金プラン

無料で利用できるプランは最大サイズが50GBまでという制限があります。

アカウント数 1 10 20
月額費用 12ドル 24ドル 43ドル 79ドル

 

ひすったー


画像出典元:「ひすったー」公式HP

特徴

Twitterのフォロー・被フォローの整理・管理を便利に行えるツールです。

片思いフォロー・片思われフォロー・相互フォロー・ブロック済みなどを整理して一覧表示することも可能です。ひすったーへのログイン頻度が高ければ高いほど、履歴データの獲得精度は向上します。

フォロー・フォロワーが7万を超える場合は利用できません。

料金プラン

お問い合わせが必要です。

フォローチェック for Twitter


画像出典元:「フォローチェック for Twitter」公式HP

特徴

Twitterのフォロー・被フォローの整理・管理を携帯で行えるアプリです。webで管理するよりも簡単・手軽に操作できることが魅力です。

料金プラン

無料で利用できます。

Croudfire(クラウドファイアー)

画像出典元:「Croudfire」公式HP

特徴

Twitterの整理・管理にとどまらず多彩な機能を搭載したツールです。

記事や画像のキュレーション(必要な情報を収集・選定)機能・気に入ったWebサイトの最新情報を常に得られるRSSフィード機能・投稿するベストタイムをカスタマイズする機能などが挙げられます。

料金プラン

  フリー プラス プレミアム VIP
月額費用 無料 7.48ドル 37.48ドル 74.98ドル

 

Janetter(ジャネッター)


画像出典元:「Janetter」公式HP

特徴

気になるタイムラインを自由に追加し、欲しい情報をスワイプ操作だけで簡単に取得できます。一歩進んだTwitter体験ができるアプリです。

シンプル操作で直感的に扱えます。

料金プラン

無料で利用できます。

HootSuite(フートスイート)


画像出典元:「HootSuite」公式HP

特徴

投稿を自動的にスケジューリングでき、24時間365日Twitterをアクティブな状態にできます。

数100を超えるソーシャルメディア投稿でも、CSV形式で一度にアップロード・編集・スケジューリングでき、管理工数を大きく削減できます。

料金プラン

  プロ チーム ビジネス 企業
月額費用 3,425円 14,000円 66,100円 要問合せ

 

つぶやきデスク


画像出典元:「つぶやきデスク」公式HP

特徴

複数人でTwitterを管理する場合におすすめです。多くの企業に導入されており、実績のあるツールです。

メンバーへの代理返信依頼・ブログへの自動つぶやき・フォローアカウントのグループ化など必要な機能は全て揃っています。

料金プラン

  ベーシック ビジネス エンタープライズ
月額費用 0 240,000円 1,200,000円

 

Saezuri(サエズリ)


画像出典元:「Saezuri」公式HP

特徴

シンプルな操作画面が最大の特徴です。タイムライン表示も非常にみやすいと好評です。

多機能搭載されているだけでなく、見た目のカスタマイズもできるので、楽しみながらTwitter管理ができるでしょう。

料金プラン

無料で利用できます。

Crowy(クロウィ)


画像出典元:「Crowy」公式HP

特徴

Facebookにも対応しているツールです。Yammer・youRoom・サイボウズLiveといったグループコミュニケーションサービスにも対応可能です。ストレスフリーにグループのアクティビティ確認やコメント投稿を行えます。

料金プラン

無料で利用できます。

TweetDeck(ツイートデック)


画像出典元:「TweetDeck」公式HP

特徴

複数のタイムラインを統合して、Twitterを見やすく使いやすくする機能が搭載されています。

複数のTwitterアカウントの管理・ツイートの予約投稿・ツイートのコレクションの作成などTwitterを最大限に活用するための機能が満載です。

料金プラン

無料で利用できます。

自社にあうTwitter管理ツールの3つの選定ポイント

1. 目的にあったツールか

Twitter管理ツールというジャンルでくくられていますが、取り扱う内容はツールそれぞれです。

ツイート内容を重視するもの・ツイート/フォローする人に焦点を当てたもの・フォロワーの動向を分析するものなど、管理範囲は広いです。

企業Twitterとして運営管理する上でフォローの整理・フォロワーの管理・フォロワーの獲得など、導入の目的によって得意とするツールを選ぶようにしましょう。

2. 無料プランの内容

Twitter管理ツールはTwitter自体が手軽に利用できるツールのためか、無料プランを用意しているツールが多いです。

そのため、導入時には複数のツールを試してから一番使いやすいツールを選べます。

有料プランは取り扱うアカウント数の上限UP、予約投稿数の増加など企業Twitterとして使いやすい機能が多くなります。

導入時には、無料プランとの差分もチェックしておきましょう。

3. 操作性

Twitter管理ツールはPCからの操作はもちろん、スマホからも操作可能なツールが多いです。

やはりフォロワーへの対応は迅速に行いたいので、スマホ対応は便利です。

ただし、スマホ版とPC版では一部機能が含まれていないなど、制限があるツールもあります。

また誰もが操作出来るからと言って、セキュリティリスクを伴うような運用は厳禁です。

管理者アカウントは特定担当者しか利用できないようにパスワードを設定するなど、取り扱いには十分注意しましょう。

Twitter管理だけで良い?

Twitter管理ツールと名前が付いていますが、昨今は複数のSNSがリンクして利用できるようになっている場合が多いものです。

そのためTwitterとともにFacebookやGoogleアカウントなどの管理も一緒に行いたい場合、そうした複数アカウントを一元管理できるツールもあります。

ただし、多機能になると操作も煩雑になりがちですし、コストも上がります。

導入する際には、利用シーンや重要性を良く検討しましょう。

Twitter管理ツールのメリット3つ

1. フォローされた時に素早い対応が可能

人間の心理としては、自分の投稿に反応が来るのは嬉しいものです。

投稿してすぐに反応があったり、発言に賛同してくれるフォローが付いたりすればなおさらです。

スマホ対応のTwitter管理ツールを利用すると、こうした人間的な要求に対応できるタイミングが増えます。

そうするとフォロワーが増え、アカウントの評判が良くなります。同時にこの企業は何をしているの?という興味を持ってもらえる機会が増え、たくさんの優良顧客を育てられるチャンスに結び付きます。

2. 企業Twitterの管理が容易になる

個人アカウントならばともかく企業アカウントですから、Twitter管理は必ずしも楽しいことばかりではないでしょう。

他の業務で時間が無いのにTwitterに投稿記事を書く、多くのフォロワーのコメントに都度反応する、など手間も時間もかかるものです。

Twitter管理ツールを使えば予約投稿やフォロワー管理などを自動で行ってくれる機能が満載ですので、作業の合間に仕掛けておくなど、効率良くTwitter管理ができるようになります。

3. Twitter分析で企業ターゲットが明確になる

Twitter管理ツールの中には、一定期間監視してフォロワーの増減数や投稿内容の分析機能を備えているものもあります。

こうした分析結果を利用すれば、今自社にどのようなユーザーが興味をもっているのか、何を希望しているのかなどを把握できるようになります。

ここからニーズをくみ取って新商品やサービスに反映するなど、様々なシーンに活用できるでしょう。

Twitter管理ツールのデメリット2つ

1. それでもマメにチェックは必要

Twitter管理ツールには予約投稿やフォロワー管理など、自動で行ってくれる機能を多く備えているとはいえ、任せっきりにするのも考えものです。

予約投稿記事をまとめて書いておくのは良いですが、時には時事情報や話題になっているニュースに触れた記事をリアルタイムで載せたほうが効果的な場合もあるでしょう。

不思議なもので、ネット上ながらも「このアカウントはいつも良く管理されているな」というのは、フォロワーからも判ってしまうものです。

Twitterの投稿内容はあっという間に流れて行ってしまいます。

少なくとも毎日数回は確認しておくことをお勧めします。

2. セキュリティリスクの増加

Twitter管理ツールを利用するとは言っても、やはりリアルタイムでのレスポンスには返したいところ。

そのため、スマホ対応はありがたい機能です。

しかし外で企業アカウントを操作することになると、思わぬ方面から内容を盗み見される危険性も高くなります。

外出先では決してFree Wi-Fiをそのまま利用せず、パスワードログインや暗号化など、きちんとセキュリティ対応を行った回線を利用しましょう。

まとめ

Twitter管理ツールの導入によってより有意義なTwitter運営が可能になり、企業アカウントを今まで以上に集客や告知に有効利用できるようになります。

フォロワーが増えれば、より企業の評判が拡散するため宣伝効果が高く、かつ宣伝費用も削減できるという嬉しい効果を期待できます。

一度Twitter管理ツールを活用してみたいと考えている方は、ぜひ今回紹介したツールを始めとしたTwitter管理ツールの導入を検討してみることをおすすめします!

画像出典元:O-dan

Twitter管理ツールのITツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ