Keywordmap for SNS

記事更新日: 2021/08/27

執筆: 編集部

編集部コメント

「Keywordmap for SNS」はデータ分析を用いたTwitter運用プラットフォームです。アカウント分析/ツイート調査/ハッシュタグ分析/フォロワー分析/投稿管理機能/炎上対策のすべてに対応。ベンチマークアカウントの分析やコンテンツの感情分析など、他社にはない機能を駆使したTwitter運用は、エンゲージメント率を高めることで売上に繋げることが可能です。サポートも充実しているので、効果的なTwitter運用ができていないと悩んでいる企業にはおすすめのサービスです。

Twitter管理ツールを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

Twitter管理ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする1サービスの資料をダウンロードできます。

Keywordmap for SNSだけ知りたい方はこちら

Keywordmap for SNSの資料を請求
良い点

フォロワー数を増やすだけでなく、エンゲージメントの高いコンテンツの抽出やインフルエンサー分析を行うことで、自社ブランドに興味関心を持つフォロワーを獲得し売上に直結させる施策を打つことができます。

悪い点

マーケティングの対象としているのはTwitterのみです。データを有効に活用するにはトレーニングを受けることをおすすめします。

費用対効果:

年間契約の場合月額120,000円です。ポイント数や競合追跡アカウント数は自由にカスタマイズできますが、追加料金が必要になります。

UIと操作性:

指定キーワードに関連する語句をテーマ別に分類したクラスタリング分析など、分析結果は図やグラフで可視化されるためわかりやすいです。PC、タブレットのみでスマホでは利用できません。

導入ハードル:

ブラウザで利用できるため、インストールやダウンロードの必要はありません。

サポート体制:

ツールの利用に対しての質問にはメールや電話での対応があります。2ヶ月に一度ユーザー会が開かれ、利用者同士でのノウハウ共有が可能です。

Keywordmap for SNSの特徴3つ

1. ソーシャルリスニングでユーザーの「興味・関心」を詳細に分析

「Keywordmap for SNS」の最大の特徴として、単にフォロワー数や想定属性を調査するだけでなく、ターゲットがどのようなことに興味を持っているか詳細な調査が可能という点が挙げられます。

ソーシャルリスニングに関する機能として特徴的な機能は以下の3つの機能です。

①「デモグラフィック集計」

指定キーワードを含む投稿について「いつ」「誰に」「どのように」ツイートされているかが把握できるので、曜日/時間、男女比率、デバイス比率など自社に必要なデータを集計・詳細に分析することができます。

②「感情判定」

競合他社のツールにも搭載されているポジティブ/ネガティブ判定よりも、さらに深く踏み込んだ6つの感情を判定。

6つの感情は「愛情」「楽しみ」「ニュートラル」「怒り」「悲しみ」「恐れ」で、これらの感情別の投稿の内容や推移を読み込み、ユーザーニーズの発見に役立てます。

世論の動向、企業のブランドイメージへの変化を定量的に調査できるので、ユーザーから本当に求められている商品・サービスへと改善を行うために有効な機能です。

③「インサイトマップ」

キーワードに紐づく語句を分類する機能です。

キーワードに対して関連性の強い語句、エンゲージメントの高い語句を抽出し、関連性を線の太さ、エンゲージメントの高さを丸の大きさで視覚的に把握できるように表示。

単語だけでなくコンテキストを把握できるので、ユーザーのインサイトを正確に抽出し、ニーズに沿ったコンテンツの改善へ向けたアイデアを生み出すきっかけとしても有効な機能です。

「Keywordmap for SNS」にはこの他にも、Tweet投稿一覧機能(指定キーワードの投稿内容・投稿数の推移を表示)や、関連語抽出機能(指定キーワードの関連語句を自動抽出→ノイズ候補の自動抽出によりノイズ除去を瞬時に実行)など、ユーザーの潜在的ニーズまで詳細に把握できる機能が充実しています。

6つの感情でユーザーニーズをキャッチ

 
 

2. 他社にはないインフルエンサー分析

次に紹介する「Keywordmap for SNS」の特徴は、以下の3つのインフルエンサーに関する分析機能です。

①「インフルエンサー検索」

特定分野のインフルエンサー候補を無制限に抽出することで、各アカウントの定量・定性の調査ができます。

この機能は、 エンゲージメント獲得ユーザーの参考ツイートを抽出するのに役立つだけでなく、ユーザーとの距離感が近く影響力の高いマイクロインフルエンサーの抽出にも活用できるので、マーケティング施策の幅を広げるのに有効な機能です。

②「インフルエンサー調査」

本質的に影響力のあるアカウントを特定。

このようなインフルエンサーを活用することで、フォロワー数やエンゲージメント率にとらわれずに幅広いターゲットにリーチすることができ、潜在顧客の掘り起こしも可能になります。

③「Follower分析」

指定アカウントの影響力を調査できる機能で、インタレストグラフ調査やフォロワーの活動状況から、真の影響力を測定します。

この機能では、インフルエンサーのフォロワー属性や活動時間を分析したり、リーチが最大限獲得できるかという調査まで可能です。

以上のインフルエンサーの分析に関連する機能は、競合他社と比較しても特徴的な「Keywordmap for SNS」ならではの機能で、インフルエンサーの影響力が強いTwitterにおけるマーケティング施策には重宝する機能といえるでしょう。

インフルエンサーの動向を把握

 
 

3. 自社だけでなく競合分析もできて、投稿管理機能が使いやすい

「Keywordmap for SNS」の3つ目の特徴としては、自社アカウントの分析機能が充実しているだけでなく、競合分析・投稿管理機能まで使いやすいという点です。

①「多様なアカウント分析機能」

「Keywordmap for SNS」では、トレンドの動向をキャッチするための、トレンド分析やハッシュタグ分析の他にも便利な分析機能が搭載されています。

・セグメント分析…指定セグメント(最大100名)の共通キーワードや共通の属性を抽出できるので、急上昇ニーズやニーズの変化を調査したり、Twitter広告のコンバージョン対象アカウントの属性調査まで対応可能です。

・全量ツイート調査…条件と期間の指定によりツイートされた100%のデータを取得できます。

こちらは、UGCの発生数が少ない場合や特定アカウントを深掘りしたいという場合に役立つ機能です。

②「競合分析」

「Keywordmap for SNS」では、自社アカウントだけでなく、競合の指定アカウントの状況を定点観測できます。

アカウント数は最大6アカウントまで登録可能。

複数の競合アカウントに関する定期レポートの作成やフォロワー数の増加原因の調査に利用することができます。

③「投稿管理機能」

ツイートの投稿管理機能としては、 Twitterタイムラインのプレビューを表示することができます。

また、 投稿カテゴリ設定をおこなうことで、ワンクリックでデータ分析が可能。タイムライン上でどのように見えているか確認しながら希望の時間に自動で予約投稿を実施することができます。

さらに、カレンダー形式で全ての投稿を一覧表示することも可能です。

投稿数が少ない日をチェックし直接予約投稿を設定することができるので、日による投稿数のバラつきを緩和することができます。

競合分析も可能

 

4. サポート体制が充実

さまざまな分析機能が搭載されている「Keywordmap for SNS」ですが、サポート体制が充実しているという点も利用者にとって大きなメリットです。

導入前には、課題やニーズのヒアリングを行うことで、要望に沿った最適な活用方法を提案。

導入後には、勉強会やトレーニングを行うことで、社内で効果的に運用するための使い方サポートも実施しています。

KPIやマニュアルの設計、改善施策の提案など、カスタマーサクセスを導く具体的な方法をアドバイスしてもらうことができるので、初めて利用する企業や具体的な施策を思いつかないという企業でも利用しやすいです。

Keywordmap for SNSの資料を無料ダウンロード

 

Keywordmap for SNSの料金プラン


初期費用として150,000円必要です。

利用料金は年間契約の場合、月額120,000円でこちらがもっとも選ばれているプランです。

ポイント数や競合追跡数についてはカスタマイズで追加できますが、その場合追加料金が必要です。

7日間の無料トライアルがあります。

詳しくは以下の資料からご確認ください。

Keywordmap for SNSの資料を無料ダウンロード

 

Keywordmap for SNSの評判・口コミ

インプレッション数が4倍増加
ウォンテッドリー株式会社

以前からSNSマーケティングには力を入れていましたが、専任担当者不在だったため、PDCAサイクルも回せておらず、工数もかかっていました。導入の目的はTwitterを強化するためでした。フォロワーやハッシュタグの分析、全量ツイート調査を利用しています。具体的にはキャンペーン展開後に全量ツイート機能で反響を調べるなど行っています。工数が削減できたうえに、インプレッション数が4倍弱になるなど、目に見える成果が得られています。

分析結果を視覚的に把握できる
八橋装院株式会社

Twitterは新作入荷やキャンペーンのお知らせに終始してしまい、効果的な運用ができていませんでした。「Keywordmap for SNS」を導入した決め手は、フォロワー属性やエンゲージメント率の高さがひと目見れば瞬時にチェックできるということでした。このままフォロワーを増やして、ブランドの認知度を高めていきたいと考えています。

*「Keywordmap for SNS」公式HP参照

まとめ

この記事ではKeywordmap for SNSの特徴・評判・料金を解説しました。

Twitterを効果的に運用し売上アップに繋げたいと考えている企業にはおすすめです。

それは詳細なデータ分析をもとにエンゲージメント率を高めるためのマーケティング支援を行う、というのが「Keywordmap for SNS」の大きな特徴だからです。

フォロワーはいるけれど売上アップにつながらない、アカウントはあるものの運用まで手が回らないなどの悩みを抱えている企業にとって効果的な役割を果たすツールです。

多角的な視点からのデータに基づく的確な運用は、広告費をかけずに最大のマーケティングを行うというSNSの強味を実感したい企業におすすめのツールといえるでしょう。

Keywordmap for SNSの資料を無料ダウンロード

 

画像出典元:「Keywordmap for SNS」公式HP

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

Twitter管理ツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するTwitter管理ツール
Twitter管理ツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ