Sapo-Ru.

記事更新日: 2023/11/28

執筆: 編集部

編集部コメント

業務工数の削減や採用難の解決に活用できるサービス

「Sapo-Ru.(サポる)」は、バックオフィス周りの事務作業をはじめとした営業やマーケティングまで幅広い業務を支援することで、社員のリソースを確保することができるサービスです。

他のオンライン秘書サービスやバックオフィスの代行サービスと比較しても、低コストで導入することができる点が特徴となります。

「事務スタッフの急な欠員の補充」、「社員のリソースを確保してコア業務に集中できる環境を整えたい」等、様々な課題感に合わせて有効活用することができる点も特徴です。

オンラインアシスタントを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

オンラインアシスタントを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする11サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

アシスタントのビジネススキルに加え、コミュニケーションを最もチェックしています。契約期間3ヶ月からの利用が可能で、社内の状況によって柔軟に活用できる点が魅力です。

悪い点

コミュニケーションコストがかかる可能性があります。スタッフへの指示出しや確認に工数がかかる場合もあります。

費用対効果:

幅広い事務作業を低コストで依頼することができる点が魅力です。

UIと操作性:

オンラインでの対応が基本ですが、顧客のコミュニケーション方法に合わせて対応することができます。

導入ハードル:

3ヶ月からの利用が可能です。他サービスと比べて低価格・短期間で利用することができます。

 Sapo-Ru.(サポる)の導入メリット4つ

1. 付加価値の高い業務に集中できる

Sapo-Ru.(サポる)を活用することで、事務作業に投下しているリソースを、より付加価値の高い業務に集中させることが可能になります。

経理代行や細かな事務業務をサポートすることができるサービスです。また、日々発生する定型業務や事務作業等の社内でやる必要がない業務をアウトソーシングすることができます。

Sapo-Ru.(サポる)を活用し、社員のリソースを確保することで、売上拡大に向けた仕事や業務効率化や社内プロジェクトの推進等のコア業務に集中できる体制を構築することができるでしょう。

幅広い業務をアウトソーシング

2. 退職リスクがなく継続的に利用できる

Sapo-Ru.(サポる)は、退職のリスクを気にすることなく、継続して利用することができるサービスです。

社員の退職の都度発生する引き継ぎコストや新入社員へのレクチャー等の教育コストをかけることなくSapo-Ru.(サポる)を利用することができる点が魅力です。

また、事務作業を社員が担う場合、そもそも要件にマッチしたスタッフの採用ができない場合もあります。

採用する代わりにSapo-Ru.(サポる)を活用することで、採用難の解決や退職や育成にかかるコストの削減が期待できるでしょう。

採用できない問題を解決する

3. 導入ハードルが低めで利用しやすい

Sapo-Ru.(サポる)は、派遣社員の採用やオンライン秘書サービス等と比較して、低価格で導入することができます。

20時間で59,800円(税抜)で利用することができます。他のサービスでは、月額料金最低が10万円以上となっているものも少なくありません。

単発の依頼が可能

4. 支援範囲が広い

Sapo-Ru.(サポる)は、経理やその他の事務作業・営業サポート等の幅広い業務のサポートができる点が魅力です。

オンライン秘書や経理代行等の他のサービスでは、引き受けできる業務に制約があったり、担当者のスキルによってサービス品質にバラツキが出てしまうこともあります。

ビジネススキルやコミュニケーションスキルを備えたスタッフが顧客の支援を行うため、営業やマーケティング領域での業務支援もできる点が魅力です。

煩雑な業務を幅広くサポート
 

 Sapo-Ru.(サポる)のデメリット2つ

1. 専門的な業務に向いていない

Sapo-Ru.(サポる)を活用する場合、専門性が問われる業務の支援を依頼したい場合は注意が必要です。

幅広い業務に対応できる点が魅力である一方、社内の独自ルールがある業務やオペレーションが複雑な業務等には不向きです。

上記のような業務では、Sapo-Ru.(サポる)スタッフへの指示を出すのに工数がかかる可能性があるため、定型業務を中心に支援を依頼すると良いでしょう。

2. コミュニケーションコストがかかる

Sapo-Ru.(サポる)を活用することで、自社のリソースを確保することができますが、依頼する業務によってはコミュニケーションコストがかかってしまう場合があります。

顧客が使用しているコミュニケーションツールや電話での対応が基本ですが、基本的にはオンラインで対応します。

そのため、チャットのやり取りを密に行い、認識齟齬やコミュニケーションによる不和が発生しないように注意すると良いでしょう。

 Sapo-Ru.(サポる)の料金プラン

Sapo-Ru.(サポる)は、実働20時間で税抜き59,800円の料金です。

時間超過した場合、時給単価の1.2倍の割り増し料金が必要になります。

  利用プラン
月額費用
(税込)
59,800円
実働時間 20時間まで

 

競合製品との料金比較

他のサービスと比較しても低価格で利用することができます。

契約期間も短く、スポットでの利用もできる点が特徴です。

  Sapo-Ru.(サポる) CASTER BIZ Remobaアシスタント
月額費用
(税込)
44,000円 132,000円 105,600円
実働時間 20時間 30時間 30時間
契約期間 3ヶ月 6ヶ月 6ヶ月

 

 Sapo-Ru.(サポる)を導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

・従業員数が少ない企業

Sapo-Ru.(サポる)は、従業員が少なく社員一人一人のリソースを確保する必要がある企業におすすめのサービスです。

活用することで、事務作業等の工数がかかる業務を切り離すことができます。

社員には付加価値の高い業務に集中させたいという企業におすすめです。

・スタッフの採用が難しい企業

Sapo-Ru.(サポる)は、スタッフの採用が上手くいっていない企業にもおすすめです。

導入することで、事務作業を担当するスタッフを採用する必要がなくなります。そのため、採用や育成にかかるコストの削減にも期待ができます。

採用難の解決策として、Sapo-Ru.(サポる)を活用することができるでしょう。
 

向いていない企業

・業務の専門性が高い会社

依頼したい業務の専門性が高い企業での導入はおすすめしません。

Sapo-Ru.(サポる)に依頼する業務の専門性が高ければ、その分スタッフへの指示や業務のチェック等に工数がかかってしまう場合があります。

導入前に、依頼する業務内容や必要なスキル要件等を整理しておくと良いでしょう。

 

 まとめ

Sapo-Ru.(サポる)は、従業員数が少なく社員のリソースが足りていない企業や事務職の採用難に困っている企業におすすめのサービスです。

バックオフィス業務をはじめとして、営業やマーケティング等の幅広い業務のサポートができる点が魅力です。

事務作業にかけるリソースをSapo-Ru.(サポる)で補填し、社内のリソースをより付加価値の高い業務に投下することができるようになるでしょう。

画像出典元:「Sapo-Ru.(サポる)」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

オンラインアシスタントの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

比較検討におすすめのお役立ち資料
オンラインアシスタント
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ