AnyManager

記事更新日: 2024/03/14

執筆: 編集部

編集部コメント

あらゆるデジタルコンテンツの収益化を支援するAll-in-Oneプラットフォーム

「AnyManager」はWebメディア・アプリ・ゲームあらゆるデジタルコンテンツの収益化を支援するプラットフォームです。

収益化支援のためのあらゆる機能を一つのプラットフォームに集約し、各ウェブコンテンツの収益最大化をサポートしてくれます。

サービス利用継続率は97%以上(2021年2月時点)で、幅広いウェブメディア企業の導入実績があります。

マーケティングツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

マーケティングツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする11サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

運営会社は3月に新規上場した「AnyMind Group」で、横断的なデータの活用を得意とする高品質なサービスです。

悪い点

サービスの利用には料金がかかります。無料で利用できるプランもありますが、サービス内容が限定されてしまう点に注意が必要です。

費用対効果:

高品質なサービス内容なため、メディア/アプリのLTVを最大化できる費用対効果は大きいでしょう。

UIと操作性:

全てのプラットフォームの情報を一元管理できます。情報を可視化できるから、改善点も見つけやすいでしょう。

導入ハードル:

無料で利用できるプランがあるため、気軽に導入できます。また、業務の効率化を目指す場合は有料プランも選べます。

AnyManager の導入メリット3つ

1. 開発工数不要で国内外のアドネットワークに複数接続

Webメディア向けには専用のjsタグを1行、アプリ事業者向けにはパッケージSDKを導入することで、開発工数をかけることなく国内外のアドネットワークに複数同時接続することができます。

多くの事業者が利用しているGoogle AdExchange、AdmobをはじめPrebidや動画広告にも対応。より高い単価での広告表示を行うことで、収益の最大化を実現します。

毎日の収益状況のレポーティングにかかる時間も削減。広告枠別×Bidder/アドネットワーク/SSP別にインプレッション数やCPM、収益を確認することができます。

広告収益確認や定例での数値報告はAnyManagerで1分で完結

2. 広告単価向上以外にもさまざまな機能を搭載

Webメディア様向けには、広告単価を向上させるだけでなく、UX向上によってサイト内での滞在時間の延長に貢献する機能を搭載しています。

Googleの設けるCore Web Vitalの指標をモニタリングし、UXを改善するべきタイミングが可視化されることに加え、デバイス最適な画像の最適化をオートメーションで行う機能や、プッシュ通知を送ることでユーザーへの導線を増加させることができます。

 UX改善施策のパフォーマンスを可視化

3. アプリ開発者向けにはASO対策機能も提供

アプリ開発者様向けには、アプリの分析とASO対策を行うための機能も搭載。

自社アプリ/競合アプリ分析機能ではスクリーンショットやレビュー、ストアキーワード情報を視覚することで、

競合アプリとの比較分析を通じて、より上位表示を狙うための戦略を立てることができるようになります。

スクリーンショット・レビュー・ストアキーワード情報を視覚化し、競合アプリと比較

AnyManager のデメリット

1. 広告による収益化を行なっていない会社はメリットが少ない

広告による収益化を行なっていないメディア・アプリ開発者企業にはメリットが薄いでしょう。

GA4なども連携可能で、広告からの収益以外の数値も確認はできますが、そのためだけの利用の場合は費用対効果が少ないでしょう。

AnyManagerの料金プラン

AnyManagerの料金プランは導入するプラン、サービスにより変動します。

詳細は問い合わせをする必要があります。

競合サービスとの料金比較

類似サービスと料金内容を比較しました。

  AnyManager BALTAN WriteUP
初期費用 要問い合わせ 10万円 要問い合わせ
月額費用 要問い合わせ 5万円 要問い合わせ


SNS運用やマーケティングの方針により料金が大きく変わることもあります。

そのため、料金プランを未公開・要問合せと設定しているケースも少なくありません。

詳しい料金プランが気になる場合は各社に直接問い合わせをしましょう。

AnyManagerを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

・広告による収益化を行なっているメディア・アプリ事業者

「AnyManager」は、収益情報に加えて、メディア(ウェブサイト・モバイルアプリ)のデータを集約し、多くの角度から分析・施策立案をすることが可能です。GAなどのグーグルサービスと連携し、多様なフォーマットと配信方法により効果的で簡単にマネタイズをすることができます。

ニュースメディアをはじめファッション誌、生活誌、漫画まであらゆるWebメディア運営会社や、複数のメディア・アプリのデータをまとめて管理したい会社に、特に効果を発揮できるおすすめのサービスです。

向いていない企業

・広告費に予算が限られているメディア・アプリ事業者

AnyManagerは、プランにより利用できるサービスに制限があります。

そのため、お金をかけずに「マーケティングの効果を高めたい」と考えている企業には不向きです。

費用を取るかサービス内容を取るかを明確にし、自社の目的に合わせて利用するツールを決めることが大切です。

まとめ

「AnyManager」は、全世界のデジタルコンテンツに対して、各市場に精通した専門家チームが、最大限の収益化を支援してくれるプラットフォームです。

ウェブサイト・アプリの価値最大化、SEO向上、ウェブサイトのスピードアップ、生産・EC構築・物流領域など幅広いD2Cソリューションなど、多様な支援でサポートしてくれます。

あらゆるWebメディア・アプリ開発者、企業におすすめのサービスといえるでしょう。

画像出典元:「AnyManager」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

マーケティングツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

マーケティングツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ