Sisense

記事更新日: 2024/03/12

執筆: 編集部

編集部コメント

高い操作性と多様なデータ可視化を実現できるBIツール

「Sisense」は、世界4,000社以上が導入している第三世代のBIテクノロジーを活用したBIツールです。

100種類以上のコネクターを活用したデータ連携が可能であり、一般的なBIツールよりも100倍の処理速度があることも魅力。

開発拠点がイスラエルであるため公式ドキュメーションは全て英語となっていますが、日本語設定も可能なので、初めて導入する方も安心して運用できるでしょう。

BIツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

BIツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

オンボーディングやトレーニング・定例MTGなどにより、専任の担当者が手厚くサポートしてくれるのは安心です。

悪い点

SQLが書けなくてもドラッグ&ドロップでマッシュアップを実現できますが、ローコードの専門知識は必要となります。

費用対効果:

世界4,000社以上が導入する第三のBIテクノロジーを利用でき、ローコードで開発費の削減にも繋がります。

UIと操作性:

SQLが書けなくてもローコードにより直感的な操作が可能なだけでなく、権限やデータ定義を細かく設定できます。

社外連携:

約100以上のコネクターが用意されているため、業種や職種を問わずに数分でデータ連携を実現します。

Sisenseの導入メリット4つ

1. ローコードにより直感的な操作が可能

Sisenseは、ローコードの活用により開発に必要な期間や開発コストを削減できるBIツールです。

大量のテンプレートコードが用意されているため、OEMでSaaSプロダクトを開発することも数日で可能です。

多様なローコードにより開発時間を短縮できるSisenseを導入すれば、短期間でデータ管理ができるでしょう。

個人で完結できるBIツール

2. 世界最先端BIの活用によりデータ管理を実現

Sisenseは、世界最先端BIの活用により大容量データに向いているだけでなく、データの定義・拡張性の高さに優れたBIツールです。

世界4,000社以上が導入する第三世代のBIテクノロジーを採用しているため、従来の約100倍の処理速度を実現します。

独自のAIアルゴリズムにより手間の掛かるデータ成形を必要としないSisenseであれば、簡単にデータの可視化が実行できます。

最先端BIで事業の成長に繋がる

3. 100以上のコネクターと数分で連携可能

Sisenseは、マーケティング・データベース・SNS・コラボレーションソフトウェア・DRM・ERPなどと連携が可能なクラウドDBです。

国内外を問わず100以上のコネクターと数分でデータ連携が可能なだけでなく、常に開発拡充を進めているため掲載がないものと連携したい場合も相談ができます。

シームレスに連携と高度な分析ができるSisenseであれば、様々なデータを活用して事業成長に繋げることができるでしょう。

様々なデータをスピーディーに可視化

4. 充実のサポート体制

Sisenseは、導入前後の課題となる部分を専任担当者の手厚いサポートにより解消できるデータ活用プラットフォームです。

まずオンボーディング・トレーニングを実施してくれるので、ビジネスの状況や目標の確認・Sisense活用のトレーニングを専任担当者がサポートしてくれます。

次に定例MTGにより利用状況の確認や質疑応答・事例共有なども、専任担当者とSisenseサポートチームが一丸となって支援してくれます。

年間を通して手厚いサポートをしてくれるSisenseであれば、不安点を常に解消しながらBIツールの活用を進めることができるでしょう。

親身なサポートで安心できる

 

Sisenseのデメリット2つ

1. 一定の専門知識は必要

Sisenseでは、ローコードを使用して埋め込みやデータのマッシュアップが可能ですが一定の専門知識が必要な点には注意が必要です。

ローコードの活用方法を理解していないと、自社が求めるデータの可視化を抽出することはできません。

自社に専門知識のある担当者がいない場合は、オンボーディングやトレーニングでどこまでできるようになりそうか一度Sisenseへ相談してみることをおすすめします。

2. 公式のドキュメーションが英語

Sisenseの開発拠点はイスラエルであるため、日本国内用には作られておらず表示言語は全て英語となっています。

公式のドキュメンテーションは英語となっていますが、ユーザーやパートナーによる日本語の記事が活用できます。

日本語の設定は自身で簡単に設定できますが、英語の読解でBIツールを理解できない時は、Sisenseのサポートを活用してみると良いでしょう。

 

Sisenseの料金プラン

導入費用については、Sisenseへ問い合わせて確認が必要ですが、製品のデモンストレーションやPOCの実施について相談が可能です。

初期費用 要問い合わせ
月額費用 要問い合わせ

 

競合製品との料金比較

Biツールは、FineReportやLaKeel BIが有名ですが、細かいデータ定義や100以上のコネクターにより簡単にデータ連携ができるのはSisenseだけです。

  Sisense FineReport LaKeel BI
初期費用 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ
月額費用 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ
特徴 権限やデータ定義を細かく設定ができるだけでなく、100以上のコネクターにより簡単にデータ連携が可能 帳票・グラフ・地図連携・動画など様々な表現手段でデータを可視化できる 経営分析や人事分析をはじめとし、具体的な業務を想定したテンプレートが多数ある

 

Sisenseを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

・高精度なBIツールを導入したい会社

業種や部署を問わずに大容量データの可視化をしたい企業は導入すべきです。

世界4,000社が導入する第三世代のBIテクノロジーにより高精度な分析が可能なだけでなく、一般的なものよりも約100倍の処理速度でデータの可視化を実現します。

独自のAIアルゴリズムにより手間のかかるデータ成型を必要としないSisenseを導入し、簡単にデータを抽出して活用できます。

・BIツールの導入前後に手厚いサポートが必要な会社

データ活用プラットフォームの導入に不安がある企業は導入すべきです。

専任の担当者がSisenseサポートチームと一丸となってオンボーディングやトレーニング・定例MTGまで実施してくれます。

Sisenseを導入し、ビジネス状況や目標の確認・利用状況の確認を担当者と共有することでBIツールを最大限に活用できます。

向いていない企業

・英語の読解が苦手な会社

英語の読解ができる担当者がいない企業は導入が難しいかもしれません。

世界最先端BIの提供と名だたる会社の導入実績がありますが、日本企業より外資企業の導入が多いです。

英語習得者が担当部署にいない場合、操作していて何か理解できない箇所があった場合には、サポートで相談に乗ってくれるのでSisenseに一度相談してみることをおすすめします。

まとめ

IT担当者のリソースが足りていない場合は、Sisenseを活用することがおすすめです。

ローコードでデータのマッシュアップができるだけでなく、100以上のコネクターへシームレスにデータ連携が可能です。

オンボーディングやトレーニングなどの支援も充実しているSisenseで、大容量のデータを可視化して自社の成長に繋げてください。

画像出典元:「Sisense」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

BIツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

BIツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ