LaKeel BI

記事更新日: 2020/01/29

執筆: 編集部

編集部コメント

BIツールの導入を考えてはいても、「使い方か難しいのでは?」という不安を抱えていると二の足を踏んでしまうこともあるでしょう。今回は「LaKeel BI」というBIツールをご紹介していきますが、この製品はサポートや研修制度が整えられているため、BIツール初心者でも不安なく使いこなすことができるでしょう。

1. データベースの構築

分散して存在しているデータをデータベース化して一元管理できる

2. 分析

ドラッグ&ドロップでレポートを作成でき、画面上で分析結果を確認できる

3. 権限設定

各単位ごと、各役職ごと、エリアごとなどでの権限設定が可能

良い点

「LaKeel BI」は導入時にサポートや研修を受けることができるため、BIツールがどのようなものか知らない方でも一から学習でき、使いこなせるようになります。また、これまでエクセルで管理してきたデータも簡単に移行でき、データを一元化することで集計や分析のコストの大幅削減に役立つというメリットもあります。

悪い点

サポートや研修制度が充実しているということは、全体の理解や操作方法に慣れるまでにはある程度の時間がかかる可能性があるということです。ただ、BIツールはそう簡単に切り替えるものではありませんので、デメリットと捉えるかどうかは利用者の考え方次第といったところでしょうか。

費用対効果:

導入で効率的なデータの集計・分析効果を見込めます。

UIと操作性:

サポートや研修制度を利用できるため、操作性については問題ないでしょう。ULに関してはヒアリング後の導入となるため、少々時間がかかる可能性があります。

社外連携:

社外連携には対応していません。

LaKeel BIの特徴3つ

1. 一元化により素早い集計・分析・可視化が実現

「LaKeel BI」は、いたるところに分散して存在しているデータを1カ所に集積させ、短時間で集積や分析、可視化を実現できるBIツールです。

また、このツールで集計できるデータは、基幹システム、情報系システム、エクセル、CSVなどの形式を問わず対応できます。これらのデータの形式をすべて一種類に統一しなければならない場合では、それだけで莫大な手間がかかりますが、「LaKeel BI」ならその心配はいりません。


あらゆる形式のデータに対応、一元化を実現

2. 豊富なテンプレートで使いやすさ抜群

「LaKeel BI」には、経営分析テンプレートや人事分析テンプレートなど、分析内容ごとのテンプレートが用意されています。これらのテンプレートは、必要なデータをセットすればその場ですぐに使えるようになります。

なお、テンプレートには経営や人事に関わる種類だけでなくカテゴリ別売上チャートや製造ライン管理レポート、予算管理など多岐に渡る種類が用意されています。


経営分析テンプレート
 

人事分析テンプレート
 

多種多様なテンプレート

3. サポート・研修制度が充実

「LaKeel BI」には、導入前のサポートや研修制度が用意されていて、グラフ作成やデータ分析を体験できます。さらに、導入前のセミナーも用意されていますので、BIツールについての理解を深めたいという方は、まずはこちらに参加してみて導入を検討するというのもひとつの方法でしょう。

なお、セミナーでは実際にグラフレポートの作成やダッシュボードの作成のほか、製品の構成や導入事例についても詳しく学習できます。


理解を深められるセミナーも開催

 

LaKeel BIの料金プラン

料金プランは公式HPからお問い合わせください。

LaKeel BIの評判・口コミ

人事面談前の人材情報の整理や把握の時間の50%削減を実現
キリンホールディングス株式会社

「面談時も、従来はばらばらな人事情報を画面に差し替えて見比べていましたが、現在は各種データを単一画面に集約し、必要な情報を切り替えながら表示できるようになったので、質の高い面談が可能になり、面談時間の短縮も実現しています」

データベースの分析時間の短縮に成功
株式会日立製作所様

「今のところは、「LaKeel BI」を使って現状分析を行っていますが、やはり各HR部門の担当者が興味を持っているのは、 将来どうなっていくかのシミュレーションや、あるべき姿と予算との乖離の比較といった分析です。こうした分析を、「LaKeel BI」で手間をかけずに実現していくことが、次のステップだと考えています」

*「LaKeel BI」公式HP参照

まとめ

BIツールは理解が難しく、使いこなせるか心配な方は多いことでしょう。しかし、「LaKeel BI」なら導入前のサポートや研修制度、セミナーなどが用意されているため、BIツールの使用が初めての方でも不安なく導入できるでしょう。

BIツールを導入すれば、これまでのエクセルによる集計や分析にかかっていた手間や時間を大幅に削減できます。より合理的にデータの集計や分析を行いたいなら、この機会に「LaKeel BI」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「LaKeel BI」公式HP

その他のBIツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ