需要予測システムについて

需要予測システムとは?比較16選・おすすめ・選び方も解説

記事更新日: 2024/07/17

執筆: Mai Nemoto

AI技術の成長によって様々なデータを分析・未来予測ができる、需要予測システムが小売業や製造業など様々な業界で活用されています。

今後、ビッグデータを活用したデータドリブンな業務構築や経営戦略は広がっていくと考えられるでしょう。

本記事では、カスタマイズ性やサポートに優れた需要予測システムのおすすめ16選を紹介します。

さらには、需要予測システムの比較ポイントについても解説しているのでぜひ参考にしてください。

おすすめサービスの比較を無料で!

需要予測システムの資料を一括ダウンロード

 

需要予測システムとは

需要予測システムとは、過去の販売や出荷実績を基に、商品やサービスがどれくらい需要がありそうか予測できる技術を指します。

数値を基に必要な在庫や人材の確保が判断できるので、企業の収益アップを目指す上でも欠かせないシステムといえるでしょう。

需要予測システム導入でできること

人材配置や在庫・生産量の適正化 

需要予測システムでは、人材配置や在庫・生産量の適正化に繋げることが可能です。

過去の販売実績や来店者数などから未来の需要予測を割り出せるので、必要となる人材の確保や商品数を考える上で役立ちます。

顧客のニーズや属性、生産サイクルなどを自動で可視化できるため、利益を最大化するための経営戦略をデータドリブンで実現できます。

業務効率化

需要予測システムを活用すると、幅広い業務の効率化に繋げられます。

商品の仕入予測で割り出した数値からそのまま自動で発注業務を完了させたり、行動分析によって成約確率の高い顧客に優先的な訪問営業を行ったりすることも可能です。

属人的であった業務をAIによって自動化できるため、発注ミスや人材不足などといった人的ミスを減少させることも期待できます

おすすめの需要予測システム5選

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社「Prediction One」

画像出典元:「Prediction One」公式HP

特徴

「Prediction One」は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する需要予測システムです。

クラウド版はインターネットを利用できる環境下であれば、場所を問わずに利用ができるだけでなく、チームでのモデル共有なども可能

デスクトップ版であれば、自社の強固なセキュリティ下で顧客や業績のデータを使って需要分析を実行することができます。

機能

  • ソニー独自の自動モデリングにより高精度な予測を実現
  • 予測精度の評価結果と理由を可視化
  • 過去の分析結果をヒストリータブで簡単に比較できる

料金プラン

  スタンダード 法人プラン
年間利用料 217,800円〜/年
※1ユーザー分
要問合せ

(税込)

※30日間の無料体験あり
※クラウド版とデスクトップ版から選択可能

キヤノンITソリューションズ株式会社「FOREMAST」

画像出典元:「FOREMAST」公式HP

特徴

「FOREMAST」は、キヤノンITソリューションズ株式会社が提供する需要予測システムです。

特許取得済みの機能として、過去データを元に最適なモデルをシステムが自動的に提示する自動選択が可能であり、手作業でチューニングする手間を省いてくれます。

機能性に加えて、専門のコンサルタントが課題や要件を加味した上で自社にあった最適なシステムをカスタマイズして構築してくれるだけでなく、導入後の保守までしっかり支援してくれます。

機能

  • 予測精度改善を支援する機能が予め搭載
  • 予め緊急対応の発生する可能性をアラート
  • 予測が外れた場合に自動計算による在庫数の提案や適用

料金プラン

詳細については、お問い合わせが必要です。

株式会社トライエッティング「UMWELT」

画像出典元:「UMWELT」公式HP

特徴

「UMWELT」は、愛知県に本社を置くスタートアップ企業の株式会社トライエッティングが提供する需要予測システムです。

ノーコードAIによりスキルや知識がなくても利用が可能であり、導入時にはAIについての基礎知識やUMWELTの使用方法について講習会を実施してくれます。

自社のニーズによって高セキュリティプランや専任コンサルタントのサポートプランをオプションでつけることができます。

機能

  • 品番や任意の期間ごとに販売数量や来店客数の予測が可能
  • すぐに学習開始ができるアルゴリズム搭載済み
  • TableauやPower BIなど各種BIツールとの連携ができる

料金プラン

詳細については、お問い合わせが必要です。

株式会社日立ソリューションズ 「Forecast PRO」

画像出典元:「Forecast Pro」公式HP

特徴

「Forecast PRO」は、株式会社日立ソリューションズが提供する需要予測システムです。

世界12,500社(40,000ユーザ)以上で導入されている実績があり、高精度な予測モデルは必要に応じて調整可能となっています。

業務で使用しているPCとExcelなどによる販売実績があればすぐに利用ができるコンパクト設計であり、15,000品目 / 60秒ほどのスピーディーな結果表示を実現します。

機能

  • プロモーションや特別な休日などイベント調整モデルを搭載
  • 予測グラフや予測プロセス、外れ値検出などレポーティング機能の充実
  • 既存商品のトレンドや季節変動を利用した新商品の予測が可能

料金プラン

詳細については、お問い合わせが必要です。

AI inside株式会社「Learning Center Forecast」

画像出典元:「Learning Center Forecast」公式HP

特徴

「Learning Center Forecast」は、東京都に本社のあるAI inside 株式会社が提供する需要予測システムです。

直感的な操作ができる日本語のユーザーインターフェースとなっているだけでなく、導入後には実践型のDX/AI活用プログラムが用意されています。

自社で必要に応じて追加学習をさせて精度改善をすることもできます。

機能

  • クリック操作だけで14のアルゴリズムを活用した学習モデルを構築可能
  • 他サービスとAPI連携ができる
  • 値がかけているデータの自動補完などデータの前処理を自動化

料金プラン

  Standard Plan Premium Plan
月額利用料 300,000円/ 月 800,000円/ 月

(税表記なし)

その他おすすめの需要予測システム

需要予測AIサービス Deep Predictor

 画像出典元:「需要予測AIサービス Deep Predictor」公式HP

特徴

「需要予測AIサービス Deep Predictor」は、独自のAIシミュレーションにより、予測だけにとどまらず、根拠やするべきこと、見込める効果など、必要な情報をすべて提示してくれる需要予測システムです。

自動で高精度のAIモデルを構築してくれるので、データ分析にかかる時間・コストを削減。

UI画面はカスタマイズした可視化機能や、可視化UIの構築をしてくれるため、現場ですぐに使用することができます。

データサイエンティストが課題設計、導入・運用まで支援してくれるので、専門知識がなくても安心して導入できます。

機能

  • 数クリックで、高い精度の需要予測を再現
  • 誰でも簡単に運用できる環境の構築が可能
  • 専任のデータサイエンティストが導入前後ともに手厚くサポート
  • 低コストで高いパフォーマンスを発揮

 

料金プラン

料金プランについては、問い合わせが必要です。

費用を抑えたサービス活用方法に関する柔軟な提案も可能なので、予算やコストパフォーマンスが気になる方は、まずは相談してみると良いでしょう。

Deep Predictor 含む需要予測システムの資料を一括DL

 

 

xenoBrain 経営指標予測オプション

画像出典元:「xenoBrain 経営指標予測オプション」公式HP

特徴

「xenoBrain(ゼノブレイン)経営指標予測オプション」は、株式会社 xenodata lab.が提供する需要予測ツールです。

国内最大級の経済予測プラットフォーム「xenoBrain」の経済予測データと、自社製品のデータを元にした需要予測を掛け合わせて、精度の高い予測を実現しています。

また、1年先までの月次別予測が可能なので、在庫切れや過剰在庫を防ぎ、売上向上とコスト削減に貢献します。

予測対象の過去データは、最低5年間分が必要です。

さらにデータの精度をあげるには10年分以上が推奨されています。

機能

  • 自社データと経済指標を融合し、高精度な需要予測が可能
  • ノーコードで導入可能
  • 設定画面で予測したいデータを選択するだけで、AIが自動的に学習・予測
  • 1年先までの月次単位で需要予測ができる
  • 予測結果をグラフや表でわかりやすく表示

料金プラン

xenoBrain 経営指標予測オプションの料金プランは、公開されておりません。

見積もり、デモンストレーションなどの相談もできるので、詳細はxenoBrainまで問い合わせをしてみましょう。

 

xenoBrain 含む資料を一括DL 

 

ノウンズ株式会社「Knowns Biz」

画像出典元:「Knowns Biz」公式HP

特徴

「Knowns Biz(ノウンズ ビズ)」は、ノウンズ株式会社の提供するデータ分析ツールです。

独自の分析フレームワークで、従来の分析では見逃しがちな新たなビジネスチャンスを可視化します。

また、億単位の膨大なデータから、属性データと消費者意識データを掛け合わせた高度な分析で、顧客の潜在ニーズや行動を深く理解することができます。

さらに、料金体系は、利用アカウント人数によるため月額制ですきなだけデータの活用が可能です。

料金プラン

Knowns Bizの料金プランは下記の通りです。

  Lightプラン Basicプラン Proプラン
初期費用 10万円
月額利用料
(12ヶ月間契約)
10万円 20万円 50万円
月額利用料
(6ヶ月間契約)
11万円
22万円
55万円
アカウント利用人数 1〜3 1〜10 1〜40
分析機能※1
(オリジナルジャンル)
×
カジュアルリサーチの
自動ダッシュボード
×
オプション※2
特化型分析(CM分析)

(税表示なし)

※1 オリジナルジャンル 独自に選んだ自社と競合だけでのポジショニングマップなども制作可能。
※2 特化型分析 より専門的に分野を絞った分析。

また、下記の機能もオプションサービスとして提供されています。

  • カジュアルリサーチ
  • データ抽出
  • データ分析業務支援
  • CM分析 など

サービスの無料お試しも可能なので、導入前に利用してみましょう。

Knowns Biz 含むBIツールの資料を一括DL

 

 

株式会社Hakky「Hakky」

 画像出典元:「Hakky」公式HP

特徴

Hakkyは、「データでプロダクトを価値あるものにする」というミッションの元、データとAIの力でプロダクトをアップデートする企業で、需要予測システム開発のためにも役立てることができます。

  • データ・AIを自社プロダクトに取り入れたい
  • AIプロダクトの開発ノウハウを中長期的に内製化したい
  • 社内にAIエンジニアが不在でリソースがない

このような課題解決において、企業のデータ利用環境を最適化しサポートしてくれます。

機能

  • AWSとGoogle Cloudの両方に強みを持つエンジニアを擁している
  • データの収集から分析まで一貫して行うデータ基盤の構築
  • 低リスクで効率よくAIプロダクトを実用化
  • KGI・KPIの設計、データ抽出・可視化・分析などを通じてデータ活用をサポート

料金プラン

料金の詳細や見積もりについては相談・面談が必要となります。

詳しい内容について一度、問い合わせてみるのが良いでしょう。


Hakky 含む資料を一括DL 

株式会社DATEFLUCT 「​​​​​​Perswell」

画像出典元:「Perswell」公式HP

特徴

「Perswell」は、2019年に設立されたスタートアップ企業の株式会社DATAFLUCTが提供する需要予測システムです。

自社の課題や業務内容・保有データなどをヒアリングした上で、データサイエンティストがマッチした重要予測モデルを構築してくれます。

日常の業務で使いやすい直感的な操作ができるインターフェースであり、様々な需要予測に対応できるように業界固有の特徴を反映したテンプレートも用意されています。

機能

  • 過去データだけでなく外部データを活用できる最新の機械学習で予測
  • 外部システムとの連携が可能
  • 日時、週次、カレンダー表示等の様々なビジュアライズを実行可能

料金プラン

詳細については、お問い合わせが必要です。

ソフトバンク株式会社「サキミル」

画像出典元:「サキミル」公式HP

特徴

「サキミル」は、ソフトバンク株式会社が提供する需要予測システムです。

小売・飲食店に特化しており、SaaS型サービスとしたことで導入しやすい低価格設定となっています。

ソフトバンクの携帯電話による位置情報から店舗商圏エリアの人流を把握して、過去データ実績と併せた来店客数の予測をします。

機能

  • 日本気象協会の気象データとソフトバンクの携帯端末による人流統計データを活用
  • ソフトバンクと日本気象協会が共同開発した独自AIモデルで高精度な需要予測を実現
  • 来店客数を2週間先まで予測可能

料金プラン

初期費用
月額利用料 5,390円/1店舗

(税込)

日本電気株式会社「​​DCMSTORE-DF」

画像出典元:「AI需要予測システム」公式HP

特徴

「DCMSTORE-DF」は、日本電気株式会社が提供する需要予測システムです。

スーパーマーケット・量販店に特化しており、店舗や商品ごとに細かく需要予測をすることができます。

商品の特性に応じて在庫基準方式もしくは需要予測方式を選択し、最適な自動発注を実行させることも可能です。

機能

  • 様々なデータから精度の高い規則性を自動で発見し最適な需要予測を実行
  • 需要予測を元に自動発注を実施
  • AI自動再学習機能により常に高精度なモデルへ成長

料金プラン

詳細については、お問い合わせが必要です。

株式会社アイメイトソフトジャパン「AimeLytics」

画像出典元:「AimeLytics」公式HP

特徴

「AimeLytics」は、ベトナム社会主義共和国に本社を置く株式会社アイメイトソフトジャパンが提供する需要予測システムです。

数値データだけでなく、画像・映像・音声・テキストを処理できるマルチモーダルAIを活用した需要予測が可能。

経験豊富なAIエンジニア・データサイエンティストが自社のニーズや課題に併せて、カスタマイズやチューニングを実施してくれます。

機能

  • 様々な種類の情報を活用して判断できるマルチモーダルAIを搭載
  • SNSなどから感情分析や評判分析を実行
  • 信用スコアの計算が可能

料金プラン

詳細については、お問い合わせが必要です。

インフォアジャパン株式会社「Infor Demand Planning」

画像出典元:「Infor Demand Planning」公式HP

特徴

「Infor Demand Planning」は、アメリカ合衆国に本社を置くInforの日本法人・インフォアジャパン株式会社が提供する需要予測システムです。

需要予測を独自にSNSに公開することが可能であり、モバイルからのアクセスや最新予測を確認してコメントを追加することもできます。

幅広い業界に特化したテンプレートを搭載しているため、短期間での導入を見込めます。

機能

  • 需要パターンの差異を自動検出
  • 様々な種類の品目に適用するパターンを自動学習
  • 新商品などの新しい情報を考慮して予測を微調整

料金プラン

詳細については、お問い合わせが必要です。

株式会社ジーニアス「来客数予測データ提供サービス」

画像出典元:「来客数予測データ提供サービス」公式HP

特徴

「来客数予測データ提供サービス」は、金融業界を中心として、中小企業の業務コンサルティングなども手がける株式会社ジーニアスが提供する需要予測サービスです。

システムの販売ではなく、天候・地理学・過去データから分析して来客数の予測をしたCSV形式の報告書を納品してくれます。

1日の来客数データもしくは1日の販売数データを2年分ほど格納するだけで、全て実行してくれる手軽さが特徴です。

機能/サービス

  • 類似した天候を元に来客数の予測ができる
  • 近隣イベントや地理的状況を加味した需要予測もオプションで可能
  • 9日分もしくは19日分のデータをCSVファイルで納品

料金プラン

詳細については、お問い合わせが必要です。

SENSY株式会社「SENSY MD」

画像出典元:「 SENSY MD」公式HP

特徴

「SENSY MD」は、SENSY株式会社が提供する需要予測システムです。

人の感性を学習する独自のAI技術を活用して、顧客の購買行動から様々なデータを分析することが可能です。

多様な需要予測データから、品揃えや発注・価格・棚割り・物流などを最適にする施策に繋げる事ができます。

機能

  • 顧客の嗜好性を分析して需要予測を実施
  • 購買タイミングなどをAIが読み取り行動予測をできる
  • 外部データやIoTとの連携が可能

料金プラン

詳細については、お問い合わせが必要です。

需要予測システムの比較ポイント

外部データの提供はあるか

需要予測を実行するには、過去の来客数や販売実績などのデータに加えて気象データや人流統計データ・イベントデータなども必要となります。

外部データがシステムと併せて提供されるのかは比較する上で重要なポイントです。

運用難易度やサポートの充実

需要予測をするためのAI構築や操作方法など、自社だけで運用するのかベンダーが保守まで一気通貫で対応してくれるのかは比較ポイントです。

自社にデータサイエンティストなどがいない場合は、システムを活用するためにサポートの充実が必須となります。

導入方法

需要予測システムを活用するに当たって、読み込ませるデータに個人情報や業績などが含まれる場合も多くあります。

自社のサーバー下で管理したい場合は、セキュリティ対策としてオンプレミス型・BCP対策などの観点からクラウド型を希望するなど、導入方法も重要な比較ポイントとなります。

まとめ

今回ご紹介した需要予測システムの導入によって、データドリブンな経営戦略が可能となり売上の最大化に繋げられるようになります。

また、外部システムとの連携や機能によって発注の自動化などの業務効率化へ繋げることもできるようになり、生産性の向上も期待できます。

需要予測システムを活用したいと考えている方は、ぜひ今回紹介したツールを参考に導入を検討してみてください!

画像出典元:O-dan

その他の需要予測システム

ITサービス比較

需要予測システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ