データ分析ツールについて

【最新比較】おすすめデータ分析ツール8選!Excelとの違い・選び方

記事更新日: 2021/10/14

執筆: 川嶋志保

データ分析ツールは、膨大な社内データを一箇所に集約して、わかりやすく視覚化して、簡単に共有できるツールです。

データを集めるものの分析の手間に閉口している企業や、Excelでのデータ分析に物足りなさをお感じの企業にはうってつけのツールです。

この記事では、おすすめのデータ分析ツールや選び方のポイント、メリット・デメリット、利用する際の注意点を解説していきます。

 

Excelとデータ分析ツールどちらが使いやすい?

 Excelとデータ分析ツール、どちらが使いやすい?は作業内容によって異なります。

一言で言えば、 Excelは「扱うデータ量のボリュームが小さい作業」に向いていて、データ分析ツールは「扱うデータ量のボリュームが大きい作業」に向いています。

  Excel データ分析ツール
向いているシーン 扱うデータ量のボリュームが小さく、こまめに入出力を行って作成する、簡単な図表作成・データ分析 大容量のデータを扱い、複数のデータソースを集約して行う複雑な集計・分析
強み 世代を超え、多くの人が使ったことがあるという身近さ

社内基幹システム、ソフトウェア、SNS、クラウドサービスなど、あらゆるデータソースに連携できる

大容量のデータをらくらく扱える

データ分析に便利な機能

480超の関数

ピボットテーブル・ピボットグラフ

ダッシュボード

AIによる自動分析

Excelの関数・ピボットテーブルは大変優秀な機能で、日常の集計業務であればExcelで充分事足りる人の方が多いでしょう。

ただしデータ容量が多くなると算出の時間が長くなったり、そもそものデータ精度の担保ができない、という意味では、データ分析ツールのほうが秀でています。

複雑な分析を行う際にはAIが分析を支援してくれるツールも存在します。

普段や作業ベースの分析はExcelビッグデータを扱う分析やパワーユーザー向けにはデータ分析ツール、というように切り分けるとよいでしょう。

おすすめのデータ分析ツール3選

1. Microsoft製品を利用中なら!『Microsoft Power BI』

画像出典元:「Microsoft Power BI」公式HP

特徴

マイクロソフト社が提供するBIツールなので、すでにMicrosoft製品を利用中の企業におすすめです。

Microsoft製品以外でも、SharePointやSalesforce 、SNSなど数百ものオンプレミスやクラウドのデータソースに接続することが可能です。

特に、 Excelとの相性が抜群で、 現在利用中のエクセル全てのクエリ、データモデル、レポートを「Microsoft Power BI」に連携させ、主要ビジネスデータの収集から分析、探索を簡単に、かつスピーディーに行えます。

Windows、iOS、Androidに対応したBIアプリを使用すれば、あらゆるデバイスからの利用も可能です。

料金プラン

プラン 月額 ポイント
無料版 無料 個人利用、共有されているコンテンツを使用するだけなら、無料版がおすすめ。
Power BI Pro 1,090円/ユーザー

自分がコンテンツを配布する側ならば有料版を。
最大ストレージ10GB/ユーザーの制限でOKならばこちらがおすすめ

Power BI Premium

ユーザーベース:
2,170円/ユーザー

容量ベース
543,030円/400GB

ユーザーベース/容量ベースから、自社にあう使い方を選択

 

 

2. ドラッグアンドドロップの操作でかんたん!『Tableau』

画像出典元:「Tableau」公式HP

特徴

「Tableau」(タブロー)は直感的に使いこなすことができ、データのビジュアル分析に強いBIツールです。

アナリストだけでなく、デザイナーやユーザの視点もよく組み込まれているのが特徴で、分析フローを中断することなく視覚的なデータ検索を無制限に続けられたり、オシャレでデザイン性の高いダッシュボードが作成できるなど、どこまでもユーザファーストのBIツールであることが人気の理由です!

100万人以上のユーザが集まる「Tableau コミュニティ」では、国境を超えてユーザ同士サポートしあっているので、コミュニティに参加することにより、新しい発見も期待できます。

料金プラン

個人向け・組織向けのいずれも、14日間の無料トライアルが利用できます。
いずれも税抜き・年払いです。

1)個人向け
 102,000円/年・ユーザー

2)チーム&組織向け

プラン
/利用形態

オンプレミス・
パブリッククラウド
(/年・ユーザ)

ホスティング
(/年・ユーザ)

特徴
Tableau Viewer 18千円 22 参照とダッシュボード利用のみ
オプション
Tableau Explorer 51 60 データ検索と分析を行える
オプション
Tableau Creator 102千円 102

全ての機能が使える
契約必須(最低1アカウント/企業)

 

 

3. 対応ツールは7,000超!マーケティング強化には『Salesforce Datorama』

画像出典元:「Salesforce Datorama」公式HP

特徴

「Salesforce Datorama」は、セールスフォース社がサービス提供する「Marketing Cloud」の中の一つのツールで、全てのマーケティング情報を1つのプラットフォームに統合し、分析できるツールです。

Google AnalyticsやFacebook、Adwordsなど、API公開による対応マーケティングツールは7,000を超え、あらゆるデータソースに瞬時に接続、統合が可能です。

また、マーケティングに特化したAIにより自動で分析されるので、分析にかかる時間を大幅に短縮できます。

世界中の企業にクラウドベースのMAシステムを提供するセールスフォース社の製品なので、マーケティングの強化を狙うならおすすめです。

料金プラン

詳細はお問い合わせの必要があります。

 

その他のおすすめデータ分析ツール

QlikSense

画像出典元:「QlikSense」公式HP

特徴

Qlik Senseは独自の技術である「連想エンジン」によるデータ処理を特徴とするデータ分析ツールです。

収集された膨大なデータを、連想エンジンにより関連性をつないでいきます。

連想エンジンを利用することで、膨大なデータを無限に組み合わせて行くことができるため、クエリベースでは見落としがちな視点でのデータ活用が可能になります。

また、関連性のあるデータが自動で作成されるため、分析軸の定義設定や、事前のデータマートが不要になるなど、作業の効率化も期待できます。

料金

グローバル参考価格は30ドル/ユーザーです。

無料のお試し版がありますが、こちらの詳細についてはお問い合わせをする必要があります。

 

Dr.Sum

画像出典元:「Dr.Sum」公式HP

特徴

Dr.Sumは、6,400社以上での導入実績があるデータ分析ツールです。

特筆すべきはその処理スピード!なんと10億件のデータを約1秒で高速集計できます。

扱えるデータ件数は最大で20億件と、ビッグデータの分析にも安心して利用できます。

操作は直感的で、「BI の知識をまったく持たない人でも操作に戸惑うことがありませんでした。」という口コミもあります。

料金

オンプレミス版

基本となるDr.Sum エンジンの初期費用:345万円(1サーバー/初年度の保守費込/税別)

その他詳細についてはお問い合わせをする必要があります。

クラウド版
プラン 初期費用 月額 テーブル毎の最大データ件数
Entry 50万円 15万円 250万件/テーブル
Small 25万円 2000万件/テーブル
Medium 50万円 1億件/テーブル
Large 200万円~ 個別問合せ

 

 

SAP Analytics Cloud

画像出典元:「SAP Analytics Cloud」公式HP

特徴

SAP Analytics Cloudは、統計知識に疎い人でも正しい分析が可能となるような支援ツールが充実したデータ分析ツ―ルです。

例えばデータ作成時には、提示される質問に解答していくだけでクエリが生成されるサポート機能が便利です。

また機械学習機能により、データの関連性をもとにKPIに貢献する要因を自動で推測してくれるため、より迅速な意思決定が可能となります。

料金

ユーザー数 1人あたり月額
1〜25人 3,794円
26~200人 2,529円
201~500人 2,276円
501~1000人 2,024円
1001人~ 1,771円

90日間の無料お試し期間があります。

 

Looker

画像出典元:「Looker」公式HP

特徴

データ分析ツールを導入した企業からは、「一部の人しか使いこなせない」「データ定義が統一されない」といった課題をよく耳にします

Lookerはそのどちらをも解決できる第三世代のデータ分析ツールです。

特にデータ定義の統一に関し、LookerMLと呼ばれるモデリング言語で、自動的にsqlを生成して一元管理してくれる点が最大の特徴。

このLookerMLにより、部門ごとに指標の定義が違うなどのトラブルを避け、正確なデータ分析を実現します。

料金

詳細はお問い合わせをする必要があります。

 

FineReport

画像出典元:「FineReport」公式HP

特徴

「FineReport」は、Web開発未経験者でも扱いやすいExcelライクのデザインツールです。

分析結果を表す方法には、独自開発の70種類以上のHTML5 グラフも搭載されており、基本的な円グラフ・棒グラフなどは、もちろん、ガントチャート、ツリーマップ、漏斗チャート、散布図などの複雑なグラフにも対応可能です。

さらに、GoogleのGISマップとの連携により位置情報を連動できる他、フローマップ、ヒートマップなどの地図機能も利用できるなど、自社の目的に合わせた帳票管理・資料作成もスムーズに行えます。

料金

詳細はお問い合わせをする必要があります。

 

データ分析ツールの3つの選定ポイント

1. 使いやすい操作性&分析結果の見やすさ

Excelなど普段利用している集計ツールのデータをそのまま落とし込めるか、テンプレート機能が豊富で使いやすいか等、操作手順が少なく済むツールがおすすめです。

また、グラフやチャート、ダッシュボード、レポートのグラフィックはツールによって異なります。

部署・商品・日数など分析したい項目について詳細なカスタマイズが可能か、グラフィック自体がぱっと見てわかりやすいものか、無料プランやトライアルを利用してチェックしておきましょう。

2. 利用中のツール・システムと連携できるか

データ分析ツールの種類によって出力方法が異なります。自社で必要な出力方法に対応しているか事前に確認しましょう。

SFAやCRMなど既存システムからのデータ抽出(あるいは更新)を分析要件とする場合は、それらの既存のシステムと連携可能なツールを選択するとデータの整合性を担保できておすすめです。

選定時点で既存システムとの連携を検討していない場合も、将来的に連携の可能性を考慮しておきましょう。

3. 利用可能なデバイス

営業チームと共有して利用する場合は、外出先でも簡単に確認が可能なモバイルデバイス対応のツールがおすすめです。

データ分析ツールのメリット3つ

1. 様々なデータの収集・蓄積・統合が容易

様々なソフトウェアやクラウド上で展開されているシステムサービス、またはSNSなど、あらゆる種類のデータソースに接続できるので、より多くのデータを収集することで実用的な分析が可能になります。

また、自社内で統一した見解の形でデータを統合できるため、部署によって数字の定義が違うなどのトラブルを避けることができ、情報の信頼度も高まります。

2. データの可視化により意思決定が迅速に

手入力で情報を入力していくのではなく、データベースにより情報が管理されているので、データに直結するグラフや表、ダッシュボードなどを簡単に作成することができます。

また視覚的にも優れたデザインが採用されていることから、数字の変化や課題の把握がより容易になります。

スピーディーで正確な情報の可視化により、いち早く問題点や課題を把握することができ、また、意思決定のスピードもアップします。

3. 結果の共有が容易

 Excelやスプレッドシートなどで分析結果を共有する場合、どれが最新版なのか、混乱を生じることがあります。

しかしデータ分析ツールの共有機能であれば、チームメンバー全員がブラウザを通して同じ情報を同時に扱い、またコメントを反映することが可能です。

データ分析ツールのデメリット

1. データ接続には知識・スキルが必要

あらゆるデータソースへの接続が可能な一方で、データ統合やデータ分析の知識・スキルが必要です。

導入前には「実際の操作予定者の」ITスキルや統計に関するリテラシーをきちんと把握し、一部の従業員の無駄な負担とならないよう配慮しましょう。

2. 宝の持ち腐れになりかねない

よくあるのが、美しいダッシュボードに満足するだけで、ビジネスに活かせていない、というケースです。

例えば月次の定例報告用に、基幹システムから抽出したデータでグラフを作るだけの作業であれば、Excelで充分でしょう。

データ分析ツールは「PDCAをもっと早く回すため」のツールです。

どのようなデータを使ってどのような業務に活用していくのか、運用イメージを検討してから、必要かどうかを判断しましょう。

まとめ

今回ご紹介したデータ分析ツールを利用すれば、全社の企業情報を一箇所に集約し、分析するなど、大容量のデータでもストレスなく扱うことが可能になります。

運用イメージを固めたうえでの導入が、コスト対効果を生みやすいでしょう。

今以上に多くのデータソースを用いて、より良いビジネスへPDCAを早く回していきたい、という企業は、データ分析ツールを検討ください。

画像出典元:O-dan

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ