MotionBoard Cloud

3.8

記事更新日: 2022/06/09

執筆: 編集部

編集部コメント

MotionBoard Cloudは、ニーズの多い業種・業務向けのテンプレートを提供しているBIツールです。

国内シェアはNo.1、導入社数2800社以上。チャートの種類も豊富なため業種特有のニーズに応えてくれるのが大きなメリットです。

BIツールでは珍しい「入力機能」や「ボタン機能」が搭載されているため、予算や見込み、活動記録や顧客情報などのデータ収集に役立ったり、トップ画面を作成することで全社でデータ共有するための最適なプラットフォームを構築することも可能です。

また、国産メーカーであり、サポート体制も充実しているので初めて導入を検討している企業にもおすすめです!

BIツールを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

BIツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

MotionBoard Cloudだけ知りたい方はこちら

MotionBoard Cloudの資料を請求
1. データの可視化

社内のデータをダッシュボードで可視化

2. リアルタイムで状況を把握

データを監視しリアルタイムで反映

3. 多彩なデータ分析

高度な分析ロジックが標準で利用可能

良い点

プログラミングの専門知識がなくても、簡単操作でデータの分析が可能です。素早くダッシュボードが作成できるので、スピード感をもってビジネス戦略が立てられます。

悪い点

10ユーザー以上は月額料金とは別に費用が掛かるので、使う人数が多ければその分コストがかかる可能性があります。

費用対効果:

月額料金は一番高いプランでも約10万円程度と抑えられていますが、ユーザーが10人以上の場合は別途料金が必要です。

UIと操作性:

マウス操作だけでダッシュボードの作成ができます。直感的な操作と多彩なチャートデザインで分かりやすくデータを可視化します。

デザイン:

円、棒などのベーシックなチャートだけでなく、レーダー・ゲージ・シグナル・散布図といった豊富なチャートデザインがあります。

MotionBoard Cloudとは?

社内外の様々なデータを最適な形で可視化

MotionBoard Cloud(モーションボードクラウド)は、システム毎に分散しているデータをひとつのダッシュボードにまとめ、可視化します。

種類や軸の異なるデータのチャートを重ねて表示することもできるのでその使い方は多彩です。

ボードストーリー機能があるので、ダッシュボードのフォーカスポイントなどを効果的に伝えることができます。

また、コメントが付加できるので、具体的な気づきや指摘も共有でき、分析結果についてのコミュニケーションを促進します。


ダッシュボードイメージ

 

MotionBoard Cloudの3つの特徴

1. 業種業務に沿った可視化・分析シナリオやノウハウが充実

MotionBoard Cloudは、ニーズの多い業種・業務向けのテンプレートを提供しています。

テンプレートを参考にすることで、単にデータを確認するだけでなくアクションにつなげるためのチャートの見せ方など、ノウハウを取得できます。

チャートの種類も豊富なため業種特有のニーズもカバーしており、日本企業特有の細かなグラフ・集計表ニーズにも対応可能なのが魅力です。

ダッシュボード作成には、専門的で複雑なプログラミング知識は必要なく、ダッシュボードのレイアウトやフォント、色、スタイル設定などもマウス操作のみで行えます。

以下は、製造や営業の現場における、MotionBoard Cloudの活用シーンの紹介動画になります!

【製造編】

 

【営業編】

 

2. 分析に必要な補足データの収集も可能

MotionBoard Cloudは、BIツールでは珍しい「入力機能」や「ボタン機能」が搭載されています。

「入力機能」を活用すると、データの集計・分析だけでなく、データベースやファイルへデータ入力することが可能になり、予算や見込み、活動記録や顧客情報など、データ分析に欠かせない補足データを収集できます

また、「ボタン機能」の活用やイメージ画像の挿入で、トップ画面を作成することで全社でデータを共有するために最適な業務プラットフォームをつくることも可能です。


データ入力機能

 



トップ画像作成イメージ

 

3. 純国産メーカーならではの安心サポート

国産メーカーのため、サポートサイトやトレーニングサイトはもちろん日本語。

日本語で直接サポートを受けられるのは安心ですね。

MotionBoard Cloudでは、カスタマーサクセスが導入後の活用・定着化まで伴走するサービスを選択することが可能です。

またユーザーコミュニティーも充実しており、コミュニティサイトではユーザー同士のQAが盛んで、ツール導入後に、データ活用を社内で推進していくために必要なノウハウ共有も行われています。

サポート体制も万全であんしん

 

資料請求リストに追加する

 

MotionBoard Cloudの料金プラン

  Standard
Edition
Professional
Edition
loT
Edition
月額費用
(10ユーザー)
30,000円 60,000円 90,000円
データストレージ
Excel/CSVファイル
データベース接続  
リアルタイム
API連携
   

※料金プランは税別価格です。

料金プランは利用できる機能によって、上記の3通りあります。

Professional Editionでは、外部DBの接続やファイルコネクター、IoT Editionでは、リアルタイム集計などの機能が追加されます。

資料請求リストに追加する

 

 

MotionBoard Cloudの評判・口コミ

サービス

251〜500人

情報共有に課題がある会社におすすめ

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

月額4万円 

使いやすいと感じた点を教えてください。

元データがデータベースの配置になっていなくても、一度の設定で、自動的に処理しやすい配置に変換してくれるところです。入力ツールとしても使えるのも良いと思いました。

不便だと感じた点を教えてください。

ボードを開発するうえで自由度がは高いですが、意図した設計を指定するUIが若干わかりにくいです。また、ボードに配置するチャートの量にもよりますが、読み込みに時間がかかることがあります。開発する際、キーボードのショートカットが設定されていないためストレスを感じます。 

外部連携はしやすいと感じましたか?

グレードによっても異なりますが、Excel、CSVとの連携にストレスはありません 

他の会社にもおすすめしますか?

業種にかかわらず、情報共有に課題を抱えている会社におすすめできます。数人のチームで開発することが可能ですが、サポート体制も充実しているため、1人の担当者で開発することもできるでしょう。 

その他

11〜30人

電子化により情報が見やすくなった

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

初期費用:10万円 月額料金:5万円 

利用期間 

2021年4月〜2021年10月現在も利用中 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

データの分析と表記がとにかく優れてます。膨大のな営業データを集計した上で、実績や継続率などのグラフ化、進捗状況などが全て一括管理されている為、課題解決のプラン作成が立てやすいです。 

不便だと感じた点を教えてください。 

高機能な分、便利にこなす為にも専用の担当者を一人決めなくてはいけません。ユーザー全員が使いこなせるようになるまでにはかなりの研修期間と実用期間が必要となるので、専門のプロフェッショナルを一人育成するのに手間がかかります。ある程度必要機能のみに絞って万人に扱いやすい方が良いような気もします。 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

Excelファイルとの連携ができるので、従来のツールをそのまま活用することができます。 

他の会社にもおすすめしますか? 

おすすめします。データ管理はは営業活動に必要不可欠な為、電子化することで必要な情報をいつでも見やすく閲覧可能となります。サポートに関しては担当者が専属でついてくれますので問題ありません。

IT

251〜500人

データを素早く分析して営業戦略に活かせる

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

初期費用は10万円。月額費用は3万円。 

利用期間 

2019年5月~2019年12月 

導入に至った決め手を教えてください。 

導入に至った決め手は、部署を越えてデータを共有して新たな取り引き先の確保に繋げられる仕組みが整っていたからです。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

データ分析に長けた社員がいなくても、メールに返信をもらえた件数などのデータをグラフなどで数分で表示して、即座に営業戦略に活かせるのはありがたいです。 

また、ツールを使った際に分からなかった部分を尋ねた際に、すぐにサポートして頂けた点も助かりました。グラフの種類を変更したい方法が分からなかった際に問い合わせたところ、数分でカスタマーサクセスの方に連絡が繋がって、グラフの種類の変更の仕方はもちろん、その他の機能についても詳しく解説して頂けました。 

不便だと感じた点を教えてください。 

データの編集を行った際に上手く変更が反映されないことがあったことです。分析したデータを、色の変更などを行って編集したことがありました。変更後に何度も保存したにも関わらず、次に見直した際に変更前のデータのままになっていたので、不便さを感じました。 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

Excelと連携して、分析した大量のデータを編集も含めて共有できたので、連携しやすかったです。 

他の会社にもおすすめしますか? 

営業活動を中心に豊富なデータを持っているものの、うまく事業拡大できていない会社におすすめです。営業活動で使うデータを迅速に分析して、数種類のグラフなどで視覚的に分かりやすく把握できるようになります。

郵送

501〜1000人

利用ユーザー/経理

ケアレスミスをなくしてスピーディな対応が出来る

あなたはそのツールの「導入決定者」、「利用ユーザー」のどちらの立場ですか?

利用ユーザー/経理 

利用期間 

2020年4月から2021年8月 

導入に至った決め手を教えてください。 

会社の様々な会計データをグラフ等の可視化や過去実績を参照するにあたり、有効なツールとして導入。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

経営層から「5年前から当社の業績はどう推移してきているか」という質問が下りてきた際、当ツールを駆使して推移をグラフ化して示すことができ、経営層のスピーディーな判断に貢献した。 

不便だと感じた点を教えてください。 

データの取り込み方法について、ある程度経験がないと希望通りにいかないと感じた。特に取り込み用フォーマットに数字や情報を転記する際、どのスペースにどのような書式で入れる必要があるか、制約が多いため、エラーによる転記やり直しが発生すると不便に感じられた。 

他の会社にもおすすめしますか? 

他社にもおすすめしたい。特に経営層が数字や指標にうるさい会社に。定型的な指標を表す資料を作る際、エクセルなど自分の手を動かす場合に生じる手間やケアレスミスしてしまうリスクを抑えることができるため。

IT

101〜250人

事務

様々な集計業務に向いている

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

初期費用 10万 月額3万 

利用期間 

2020年5月から2021年11月現在 

導入に至った決め手を教えてください。 

会社要員の工数管理を目的に部署や仕事の単位で集計表示できるものを検討 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

集計単位の切り替えが早くでき、またログイン種を変えることでもあらかじめ設定した集計が短時間で選べるのは使いやすい。視覚的にも優れている
 

不便だと感じた点を教えてください。 

・若干動作が重く感じる。 

・キー設定にめんどくささがある。ある程度の知識がないと使いこなせない。一度設定してしまえば普段使いに問題はないが、特殊なケースや変更に時間を要してしまうことがある。 

・全体的に、操作性がもう少し上がるともっと使い勝手がよくなるのではないかと感じる。 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

社内ツールとの連携であるためよくわからないが、エクセルの出力などは便利 

他の会社にもおすすめしますか? 

いろんなパターンでの集計を試すような作業には向いていると思う。規定的な業務ではエクセルなどで十分なので、BIを使うことで仕事の幅が大きくなり、多角的な見方ができるようになる

サービス

51〜100人

営業

必要な時に情報をすぐにデータ化出来る

利用にかけた費用 

初期費用が10万円、月額費用が3万円 

利用期間 

2019年9月~2021年11月現在も利用 

導入に至った決め手を教えてください。 

数値の可視化と分析を充実させるため 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

それまで蓄積してきた散在してきたデータを用途に合わせて瞬時に数値化することができるのでデータに向き合い分析にかける時間の大幅な短縮をすることができました。また、IT関連などの特別な知識がなくても比較的操作しやすいところは魅力的です。 

不便だと感じた点を教えてください。 

表示するデータの量が増えれば増えるほど読み込みや数値化する時間がかなりかかってしまうというのは懸念点です。必要以上の待ち時間で作業が思うように進まないことがなんどもありましたのでキャッシュなどの機能性をもたせてサクサクと処理を進めていけるように改善してほしいです。 

他の会社にもおすすめしますか? 

莫大な情報量を持っていればいるほどMotionBoard Cloudの機能性を充実させることができると思います。必要なときに必要な情報をすぐさまデータ化することができるので数字に常に向き合う職種にオススメです。

メーカー

1001人以上

クリックひとつで実績が拾え、システム全体が見やすい

利用期間

2021年6月〜2021年11月現在も利用中。

 

導入に至った決め手を教えてください。

今までは別のシステムを利用していたのですが、当システムの方がより簡単に実績を見ることができ、会社全体の方針として利用しはじめました。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

クリックひとつで実績が拾えること。システム全体が見やすいこと。
抽出条件を保存できること。Excelと似てる感じで馴染みがあること。
過去のツールはシンフォというツールでした。設定もややこしく、抽出条件もややこしく全体的に使いにくかったです。

 

不便だと感じた点を教えてください。

データ抽出条件を名前をつけて保存することができるためわざわざ毎回条件を拾う必要がないのですが、保存でエラーが出たりすることが多く、不便に感じることが多かったです。過去のツールでは保存でエラーが出ることはありませんでした。

 

他の会社にもおすすめしますか?

今のツールを他の会社にもおすすめします。細かい実績をたくさんのデータで拾う必要がありデータ抽出する頻度が高い会社は、当ツールは管理もしやすくおすすめできます。

メーカー

1001人以上

誰でも触れて学習コストが低いのでオススメ

利用にかけた費用

1アカウント作成:3万円、それ以降の画面増加は3000円

 

利用期間

2018年4月から2021年4月

 

導入に至った決め手を教えてください。

多くの会社名でIT化、DX化の流れがあり、その流行に従って、見える化を推進する目的で導入した。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

MotionBoardの使いやすい点は誰でも触れて学習コストが低い点になる。
従来の見える化システムでは、エンジニアがプログラミングを行い、画面開発をしていたが、このBIツールでは、基本的にはドラッグアンドドロップで画面が作成でき、データソースも簡単に設定出来るため、使用するユーザー自身が見たい画面を開発できるという利点がある。

 

不便だと感じた点を教えてください。

細かい要望に応えた画面設計ができないことが不便だと感じる。
例えば、複数のコントールで一つのデータソースを適用し、それぞれのコントロールに対してフィルタをかけたい場合等が存在するがフィルターを適用すると全てのコントールに同じ条件が適用されるため、コントール一つ毎にデータソースを作成しないといけない手間がある。
また、閲覧するデバイスのディスプレイサイズに応じて画面設計をしないといけやい点が不便。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

画面自体をExcelに出力したり、また特定の信号を受け取り、アラームを発生させたりと外部ツールとの連携は柔軟に出来るため、その点は連携しやすいと考える。

 

他の会社にもおすすめしますか?

見える化が進んでいない職場や、システム開発者が少なく、そこまで手が回らない会社等におすすめする。
このツールは素人がある程度勉強すれば簡単に画面を作成出来るため、非常におすすめ。

医療

1001人以上

営業

ツールの更新期間はデータを参照できず不便

利用期間

2018何1月〜2022年2月現在も利用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

リアルタイムかつ精度の高い市場分析ツールを求めて当ツールの採用に至った。SEサイドの細かい調整も可能であり、その時々に応じたデザインに変更が可能な点も大きい。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・データ反映までの時間が短く、従来2ヶ月かかっていたデータ分析が翌月には反映されるのでより短いスパンで施策の検証が可能になった。

・エクセルへの出来もボタン一つでできる為会議資料は勿論、通常の部下との面談でも定量的なデータを元に根拠がある納得感の強い改善指示が出せる。

 

不便だと感じた点を教えてください。

・ややツール自体が重く動作がスムーズとは言えない。

・オンラインのPCでのみ利用が可能であり、シームレスでは無い。

更新期間中に該当箇所が参照不可になってしまう為、更新時は別サーバーで行えるようなシステムにならないとシステムとしては不十分。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

エクセル、PNG等にデータを出力可能であるので連携も容易

 

他の会社にもおすすめしますか?

分析ツールとしては有用、特に扱うデータが多ければ多いほど、多角的に分析が、定量的に可能となるのでおススメ。データを基に戦略を立てる、施策を変える、基本的な動作にどうしても必要になってくるツール。

IT

501〜1000人

営業

位置情報により近くの顧客を探し出せる

利用期間

2019年3月〜2022年2月

 

導入に至った決め手を教えてください。

顧客データの管理

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・iPadでも利用できたので外出中でも顧客データを確認できた所が非常に便利でした。

営業中、アポイントとアポイントの間の時間に現在地付近の顧客も知ることが出来たので時間を有効活用出来ました

・セキュリティ面がしっかりとしていたので安心して利用出来ました。

 

不便だと感じた点を教えてください。

入力時に半角全角などの指定が多かったです。

・新規顧客の入力をしていた時に、同じ電話番号で違う顧客を入力したかったが出来ませんでした。

・位置情報で検索した時は郵便番号毎の表示だったのである程度の距離までの顧客を全て確認しようとするとかなり時間がかかりました。

 

 外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

VPNを利用してiPadで利用していましたが、動作も良好でストレスなく利用出来ました。

 

他の会社にもおすすめしますか?

営業会社には是非おすすめしたいです。

現在地周辺の顧客を検索できる機能は他にあまりないものだと思いますし、何より登録されている顧客データはかなりありましたが、動作がスムーズでした。

まとめ

データの集計・分析などに多くの時間を費やしている会社にピッタリのツールです。

専門的な知識がなくてもテンプレートを提供しているので、誰にでも使いこなせるのが大きな魅力です。

データの分析や把握が迅速に行えるので、的確な判断がスピーディーに行えるでしょう。

資料請求リストに追加する


画像出典元:「MotionBoard Cloud」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

BIツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

BIツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ