Actionista!

記事更新日: 2020/01/29

執筆: 編集部

編集部コメント

セミナーや会議参加者の名簿、各種レポートなどの資料、どうやって管理していますか?多くの企業が採用している資料の管理方法、それはエクセルによる管理ではないでしょうか。しかし、エクセルで項目ごとに資料を管理していると、その集計に莫大な時間がかかり、情報同士をつなげるにしても、莫大な時間と手間がかります。そこでおすすめなのが、今回ご紹介するBI(ビジネスインテリジェント)ツール・「Actionista!(アクショニスタ)」なのです。

1. 分析画面の作成

ダッシュボード内で分析画面を簡単に作成できる

2. 集計・分析

ボタンやリスト、カレンダーなどから資料を集計して分析できる

3. 分析結果のリポート作成

集計・分析結果をそのまま用いてレポートを作成できる

良い点

情報の集計や分析には専門的な知識が必要という考え方が一般的でしたが、「Actionista!」は特に専門的な知識を必要とせず、誰でも使いこなせるツールです。また、バラバラに存在していたデータを1カ所にまとめて集計や分析できるというメリットもあります。

悪い点

「Actionista!」は膨大なデータを1カ所にまとめることができるツールのため、中小企業または大企業に適しています。そのため、資料がもともと少ない零細企業の場合では「Actionista!」よりもエクセルでの集計や分析のほうが合理的かもしれません。

費用対効果:

導入によってあちらこちらに散らばっているデータをひとまとめにできるため、データ集計の時間を大幅に削減できます。

UIと操作性:

専門知識は不必要、誰でも簡単に操作できます。

社外連携:

社外連携には対応していません。

Actionista!の特徴3つ

1. ブラウザのみでの簡単操作が可能

「Actionista!」はプログラミング不要で使用できるツールのため、開発環境や専用のクライアントの導入は必要なく、WEBブラウザのみであらゆる操作を行えます。また、集計や分析というと専門的な知識が必要になるイメージがありますが、「Actionista!」は専門的な知識を持たないかたでも簡単に操作できます。

ダッシュボード(分析画面)を開くとクイックピポットや分析ウィザードの項目があり、クイックピポットではドラッグ&ドロップと集計方法を選択するだけで集計表を作成できます。

また、分析ウィザードでは分析シナリオを選択すするだけで高度なグラフを作成できます。

簡単操作で集計や分析を行える

2. 集計・分析結果のレポートを素早く共有

「Actionista!」は、マニュアルに頼ることなく画面を確認しながら直観的に操作できるツールで、集計や分析結果のレポートは社内で素早く共有できます。

なお、「Actionista!」は3つのプランから選択できますが、どのプランもユーザー数に制限をかけられることなく利用できます。

ただし、プランによって対応できるデータ件数が異なりますので、企業の規模に合わせてプランを選択する必要があります。

集計・分析レポートを素早く共有

3. 1カ月間の無料トライアルサービスあり

これまでにBIサービスを利用したことがない方にとっては、簡単だといわれても、操作や機能面、使い方などで不安が残るのではないでしょうか。

しかし、「Actionista!」は1カ月間無料で使用することができ、操作方法については専任の担当者によるレクチャーを受けられます。これなら、BIがどういうものかわからない、操作方法に不安があるなどの方も、安心して利用できるでしょう。


1カ月間の無料トライアルサービスあり

 

Actionista!の料金プラン

料金プランについては公式HPからお問い合わせください。

まとめ

エクセルで資料を作成していると、いつの間にか膨大な数に膨れ上がり、集計や分析を行う際に莫大な時間を費やさなくてはならないことがあります。また、エクセルデータの集計や分析を行うためには専門知識が必要不可欠で、誰もができるものではないというデメリットがありました。一方、今回ご紹介してきた「Actionista!」なら、プログラミングが不要で、WEBブラウザを開くことができれば、誰でも簡単に操作できるというメリットがあるのです。こちらのツールは1カ月間無料で試せますので、まずは1カ月間の無料トライアルサービスを利用してみて、実際に導入するかどうか検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「Actionista!」公式HP

その他のBIツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ