MicroStrategy

記事更新日: 2020/01/29

執筆: 編集部

編集部コメント

BIツールを使用している際に、「もっと簡単に素早く情報を表示できたら…」と感じることはないでしょうか。今回ご紹介する「MicroStrategy 2019」は、表示されたアプリケーション画面の任意の位置にカーソルを合わせるだけで必要な情報を表示できるため、ストレスなく分析結果を確認できるでしょう。

1. カレンダー機能

カレンダー機能で、過去、現在、未来すべての会議やイベント関連情報にアクセスできる

2. ゼロクリックアナリティクス機能

MacとPCに対応、ゼロクリックで情報を確認できる

3. モバイル拡張機能

アプリケーションはモバイルにも対応、外出先からでもアクセス可能

良い点

MicroStrategy 2019は高性能BIツールで、従来のBIツールでは見られなかったゼロクリック機能が搭載されています。そのため、クリックでページを切り替えるストレスから解放された状態で、見たい情報をその場で素早くチェックできます。また、モバイルにも対応しているため、全ての従業員が外出先からでも情報を確認できるというメリットもあります。

悪い点

従来のBIツールとは仕様が大きく異なるため、他のBIツールから切り替える場合では操作方法で迷う可能性が考えられます。

費用対効果:

ビジネスユーザー、アナリスト、管理者および快活者向けの機能が充実していてどの機能も素早くスタートできるため、集計や分析、配布にかかる時間を大幅に削減できます。

UIと操作性:

直観的な操作が可能で、特別な技術は必要としません。

社外連携:

社外連携には対応していません。

MicroStrategy 2019の特徴3つ

1. 使いやすさにこだわったビジネスユーザー機能

「MicroStrategy 2019」は、データの集計や分析の知識を持たないビジネスユーザーに向けた、簡単かつ使いやすさにこだわったツールです。

カレンダー機能やゼロクリック機能に加えモバイルにも対応、従業員全員が状況に応じてすぐに情報を確認できる仕組みが確立されています。


使いやすいビジネスユーザー向け機能

2. エンタープライズに特化した機能が充実

「MicroStrategy 2019」は個人ごと、部門ごと、組織全体など、さまざまなアプリケーションの配信先に対して、素早く情報を提供できるツールです。

このツールのダッシュボードは個人や部門ごとに設定でき、その他自動配信機能や機械学習アプリケーションなどの機能も充実しています。

なお、これらの機能はあらゆるデバイスに対応しているため、使い慣れたデバイスで都合の良いタイミングで情報を確認できます。


必要な機能が全て集約された充実した機能

3. 数ある情報の一元化を実現

「MicroStrategy 2019」は小規模体制の企業から大規模体制の企業にまで対応でき、数千人にも及ぶユーザーがいる場合でも、個々にパーソナライズされた統計をスピーディーに配信できます。

また、膨大な情報もツール内で一元管理でき、アプリケーションの移行やデータ品質の検証、リアルタイム監視の簡素化を実現できます。

そのため、データの集計や分析にかかるコストを最小限に抑えながら稼働状態を維持できるのです。


コストを抑えた状態での情報の一元管理が可能に

 

MicroStrategy 2019の料金プラン

料金プランは公式HPからお問い合わせください。

MicroStrategy 2019の評判・口コミ

意思決定の迅速化が実現
Gilbane Building Canpany様

「ゼロクリックの枠組みで、私たちが構築するアプリケーションのタイプや、経営役員から現場の監督まで、すべてのユーザーの情報へのアクセスの仕方が根本的に変わり、瞬間ごとの意思決定が迅速になりました」

すべてのユーザーに素早く情報を提供
engie様

「私たちは多くのデータベースとアプリケーションを情報源とした重要なKPIを含むカードを構築し、すべてを30分以内で実行しユーザーの手元に届けています」

*「MicroStrategy 2019」公式HP参照

まとめ

「MicroStrategy 2019」はゼロクリックで必要な情報を確認できるBIツールで、これまでのBIツールよりもスピーディーかつ簡単に操作できるという特徴があります。

また、モバイルにも対応しているため、組織全体の従業員に対してくまなく情報を配信できるという特徴もあります。「BIツールは操作方法が難しいのでは?」というイメージがあるかもしれませんが、「MicroStrategy 2019」を導入すれば、そのイメージは払拭されることでしょう。新たにBIツールの導入をお考えの方はもちろんのこと、現在使用しているBIツールから他のBIツールへの移行をお考えの方も、この機会に「MicroStrategy 2019」の導入を検討してみてはいかかがでしょうか。

画像出典元:「MicroStrategy 2019」公式HP

その他のBIツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ