HRMOS評価

3.5

記事更新日: 2020/11/16

執筆: 編集部

良い口コミ・評判

候補者の管理が楽にできる

候補者の情報を自分たちで入力する手間が省きつつ、管理がすごく楽に行えるというところがメリットです。

ある程度のスキルがある人材を求めているのであれば、この人事評価システムは利用でます。

応募者一人一人の選考フェーズがグラフなどでひと目で確認できるところは良いと思います。

悪い口コミ・評判

人が集まらないと費用対効果が悪い

メール間での紐付けがうまく行われておらず 、Gmailのやり取りや採用媒体の管理画面上のやり取り履歴などを残せない点は不便だと感じます。

月額料金が高めなのがネックです。特に、人が集まらない時期は費用対効果が悪いと感じました。

最低利用料金が設定されているのも1つの理由かと思います。

編集部コメント

ビズリーチ社が提供するHRMOS評価は、幅広い制度に対応した人事評価システムです。目標設定に加えフィードバック内容を日常的に記録できる機能を備えています。HRMOS採用管理・HRMOS Coreとあわせて利用すれば、採用時から入社後までの情報を一元管理し、可視化できるようになります。

人事評価システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

人事評価システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

1. 目標管理

目標管理項目や公開範囲を自由にカスタマイズ。

2. 評価管理

目標に対する評価だけでなく、360°評価やコンピテンシー評価など様々な評価の統合が可能。

3. 業務自動化

メールに関するアカウントの作成削除や転記作業など、人事が抱えるオペレーション業務を自動化。

良い点

先進企業で取り入れられている「リアルタイム・フィードバック」を積極的に運用し、従業員やチームの成長に取り組んでいます。

悪い点

1年ごとの契約になります。公式HPでは情報が少ないので、詳細はお問い合わせが必要になります。

費用対効果:

クラウド型で初期費用がかからず、用途や企業規模に応じたプランを提供しています。

UIと操作性:

一部機能の利用がパソコンのみで、モバイルには未対応です。

導入ハードル:

ソフトウエアのインストールやパッケージの購入が不要で、Webブラウザからアクセスすればすぐに利用できます。最短翌日から導入可能です。

HRMOS評価の特徴3つ

1. あらゆる評価方法に対応

HRMOS評価は、MBOやコンピテンシー評価など多くの評価方法に対応し、役割や役職に応じて評価シートを設定できる高いカスタマイズ性があります。

また、リマインダー設定や集計作業といった評価のプロセスも自動化し、生産性を向上させます。


カスタマイズできる評価シートのイメージ

2. HRMOS COREによるデータの一元化で業務を効率化

過去からの評価と考課を蓄積し、人材活用プラットフォームのHRMOS CORE(ハーモスコア)を使用して様々なデータを一元管理します。

HRMOS COREを使うことで採用した人材がどのような活躍やパフォーマンスを発揮しているか分析ができ、今後の採用に大きな役割を果たします。


様々なデータを一元化したHRMOS COREのイメージ

3. 評価する従業員の負担を大きく軽減

上司と部下や、従業員同士が対話する1on1(ワンオンワン)を使ってフィードバックの内容や能力開発のための活動を記録します。

記録は一括で把握され、未入力者には自動的にリマインドされるほか、組織改編などのタイミングで評価者を1クリックで更新できます。

評価に関わる従業員の負担を大きく軽減できるシステムです。


リマインドのイメージ

HRMOS評価の料金プラン

初期費用は498,000円~、月額費用は85,000円~で、無料デモが用意されています。

詳細はお問合せをする必要があります。

HRMOS評価の導入事例

情報管理がしやすくなり、社内連携がスムースになった
WILLER EXPRESS株式会社

営業拠点が全国に複数あり情報管理が煩雑になっている企業は、導入する意義があるのではないでしょうか。また、人事異動や事業部間の連携、人材活用が活発な組織にもおすすめだと思います。

情報の一元化で業務時間の大幅な削減ができた
株式会社GA technologies

社員の経歴や評価状況の把握が難しかったのですが、情報が一元化されたことで4~5人分の業務時間の大幅な削減につながり、人的リソースの活用という点でも非常にありがたいです。

*「HRMOS評価」公式HP参照

HRMOS評価の評判・口コミ

医薬品

251〜500人

システマティックな人事が可能に

使いやすいと感じた点を教えてください。

HRMOS評価は、候補者の情報を自分たちで入力する手間が省け、候補者の管理がすごく楽に行えるというところが1番のメリットだと感じられます。入力機能など各種媒体からの自動的な取り込み、そういったものが完全自動化されているのでシステマティックに人事を行うことができました。

不便だと感じた点を教えてください。

多少メール間での紐付けがうまく行われておらず 、Gmailのやり取りなどと、採用媒体の管理画面上のやり取り履歴などを残すことができないというところです。

他の会社にもおすすめしますか?

多種多様な人材を募集しているのではなく、ある程度の決まったスキルを持った人材を所望しているのであれば特にこの人事評価システムは利用できると思います。そうでなくても、システマティックに人事を行えるため、ぜひオススメしたいです。

IT

101〜250人

便利でも月額料金高めなのはネック

利用にかけた費用

かかっている費用は、初期導入費0円、月額約12万円程だったと思います。

使いやすいと感じた点を教えてください。

応募者一人一人の選考フェーズがグラフなどで確認でき、ひと目で状況を把握できたところは良かったと思います。

また採用に関する全ての情報を集約できるツールのため、別ツールを使用することがなくなりました。

不便だと感じた点を教えてください。

月額料金が高めなのがネックです。新卒募集時期など応募者の人数が多いときは管理の面でかなりの時間短縮になり効率化が図れていましたが、人が集まらない時期は費用対効果が悪いと感じました。

最低利用料金が設定されているのも1つの理由かと思います。

 

まとめ

この記事ではHRMOS評価の特徴・評判・料金を解説しました。

HRMOSシリーズの中でも新しく生まれたHRMOS評価ですが、シリーズ固有の画期的なシステムであるHRMOS COREの導入により、既に満足度の高いツールとして評価されています。

属人化させることなく常に客観的な視点が必要な評価というジャンルにおいて、柔軟性のある評価方法や管理の一元化は欠かせない項目ですが、それがスムーズに実現できていると言えます。

社員増加で業務が散乱しがちになっている企業におすすめです。

画像出典元:「HRMOS評価」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

人事評価システムの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の人事評価システム

人事評価システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ