HRMOSタレントマネジメント

3.5

記事更新日: 2021/07/01

執筆: 編集部

良い口コミ・評判

候補者の管理が楽にできる

候補者の情報を自分たちで入力する手間が省きつつ、管理がすごく楽に行えるというところがメリットです。ある程度のスキルがある人材を求めているのであれば、この人事評価システムは利用でます。応募者一人一人の選考フェーズがグラフなどでひと目で確認できるところは良いと思います。

悪い口コミ・評判

人が集まらないと費用対効果が悪い

メール間での紐付けがうまく行われておらず 、Gmailのやり取りや採用媒体の管理画面上のやり取り履歴などを残せない点は不便だと感じます。月額料金が高めなのがネックです。特に、人が集まらない時期は費用対効果が悪いと感じました。最低利用料金が設定されているのも1つの理由かと思います。

編集部コメント

ビズリーチ社が提供するHRMOSタレントマネジメントは、1on1、目標管理、組織診断など多彩なシーンで活用できる人事評価システムです。目標設定に加えフィードバック内容を日常的に記録できる機能を備えています。人事評価に関する業務だけでなく、定型業務の自動化まで対応しているのも嬉しいポイント!HRMOS採用とあわせて利用すれば、採用時から入社後までの情報を一括管理できるのが魅力のシステムです。

人事評価システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

人事評価システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする5サービスの資料をダウンロードできます。

1. 目標管理

目標・評価シートをシステム上で配布・回収し、進捗は一覧で確認できます。未提出者には自動リマインドできるのが便利です。

2. 組織情報管理

従業員の入社時からの異動履歴など過去~現在までの情報を一括管理。配置や組織構造の振り返りが可能です。

3. 業務の自動化

各種アカウント作成・削除や転記、メール送付作業等を自動化。勤怠管理等を扱う他サービスのデータとの自動連携も可能です。

良い点

提携業務の自動化から人事評価・移動履歴のデータ整理、1on1や適切な人材配置まで、このシステム一つで完結できます。レポートやデータも見やすく使いやすいのが魅力です。

悪い点

1年ごとの契約になります。公式HPでは情報が少ないので、詳細はお問い合わせが必要になります。

費用対効果:

利用人数、使用したい機能によって異なります。

UIと操作性:

従業員情報は、組織改編時や異動時も1カ所を変更すれば関連する箇所に自動反映されるため、常に最新のデータに保つことができます。

導入ハードル:

申し込みから中5営業日後に利用開始できます。

HRMOSタレントマネジメントの特徴3つ

1. あらゆる評価方法に対応

HRMOSタレントマネジメントは、MBOやOKR、コンピテンシー評価など多くの評価方法に対応しているだけでなく、1on1や組織診断サーベイなど人事評価業務をサポートする機能が充実しています。

たとえば、目標設定機能では従業員データベースと連携し簡単に閲覧権限を設定できたり、評価シートでは、役割や役職に応じて目標・評価シートを詳細に設定できるなど高いカスタマイズ性が魅力です。

また、1on1支援機能では、「Slack」との連携でトピックや実施時間のリマインドを設定したり、目的・テーマに合わせ、1on1のアジェンダの選択も可能なので、メンバーに事前にトピックを共有することで、効果的な1on1を実施することができます。

組織診断サーベイでは、専門家が設計した設問群をそのまま使用できたり、各設問のスコアとeNPS SM(従業員の満足度を図るリサーチ方法)との関係性のマッピングによって、優先して改善すべき項目をすぐに確認することも可能です。

このように、各メンバーの目標管理・評価だけでなく、組織全体としての目標達成に役立つ機能も豊富というのが、HRMOSタレントマネジメントの最大の特徴です。

2. バラバラな従業員情報を一括管理

HRMOSタレントマネジメントでは、以下の機能によって、社内で管理がバラバラになりがちな従業員情報を一括管理できます。

従業員データベース

紙やExcelなど、複数ツール上に点在している従業員情報を集約できます。
組織改編時や異動に際しても、1カ所の変更だけで関連する箇所に自動で反映されるので入力の負担を大幅に軽減。

組織情報管理機能

顔写真付きで組織図を作成可能。
過去の組織図や従業員の移動遍歴を確認できるため、組織全体の変遷をデータとして蓄積できます。

分析レポート

組織の構成や従業員情報などの経営指標に関する情報を可視化することができます。
レポートはテンプレートが豊富なので、レポート作成時間を短縮することが可能です。


 
顔写真付きの従業員データベース

 

3. 評価する従業員の負担を大きく軽減

HRMOSタレントマネジメントでは、人事評価に関するあらゆる業務を自動化・効率化できます。

▼オートメーション機能

人事担当者のオペレーション業務である、各種アカウント作成・削除、転記、メール送付作業等を自動化できます。
また、勤怠管理等を扱う他サービスとの従業員情報も自動連携できるのが便利です。

▼データ更新ワークフロー

入社時や身上変更時は、従業員自身がデータ入力できるので、人事担当者の負担を大幅に軽減できます。

▼目標・評価管理機能

目標・評価シートを配布・回収し、進捗は一覧で確認可能。未提出者には自動リマインドされるので、提出漏れを防ぐことができます。
柔軟にカスタマイズできるので、自社のルールに則った評価管理が可能です。



また、1on1におけるフィードバックの内容や能力開発のための活動を記録することができます。

1on1支援機能では、目標変更履歴や1on1の運用状況もデータ化されるので、メンバーの進捗状況を簡単に確認できるだけでなく、1on1の定着状況を組織・個人単位で可視化することも可能となり、人事評価に関するデータ化作業を大きく軽減できるのが嬉しいメリットです。

従業員情報が登録がされるとSlackで関係者に自動通知

 

 

HRMOSタレントマネジメントの料金プラン

利用した企業によると、初期導入費用は0円~、月額費用は120,000円~です。

利用想定人数や、使用したい機能に合わせて費用が異なるため、詳細はお問合せをする必要があります。

HRMOSタレントマネジメントの評判・口コミ

医薬品

251〜500人

システマティックな人事が可能に

使いやすいと感じた点を教えてください。

HRMOS評価は、候補者の情報を自分たちで入力する手間が省け、候補者の管理がすごく楽に行えるというところが1番のメリットだと感じられます。入力機能など各種媒体からの自動的な取り込み、そういったものが完全自動化されているのでシステマティックに人事を行うことができました。

不便だと感じた点を教えてください。

多少メール間での紐付けがうまく行われておらず 、Gmailのやり取りなどと、採用媒体の管理画面上のやり取り履歴などを残すことができないというところです。

他の会社にもおすすめしますか?

多種多様な人材を募集しているのではなく、ある程度の決まったスキルを持った人材を所望しているのであれば特にこの人事評価システムは利用できると思います。そうでなくても、システマティックに人事を行えるため、ぜひオススメしたいです。

IT

101〜250人

便利でも月額料金高めなのはネック

利用にかけた費用

かかっている費用は、初期導入費0円、月額約12万円程だったと思います。

使いやすいと感じた点を教えてください。

応募者一人一人の選考フェーズがグラフなどで確認でき、ひと目で状況を把握できたところは良かったと思います。

また採用に関する全ての情報を集約できるツールのため、別ツールを使用することがなくなりました。

不便だと感じた点を教えてください。

月額料金が高めなのがネックです。新卒募集時期など応募者の人数が多いときは管理の面でかなりの時間短縮になり効率化が図れていましたが、人が集まらない時期は費用対効果が悪いと感じました。

最低利用料金が設定されているのも1つの理由かと思います。

 

まとめ

この記事ではHRMOSタレントマネジメントの特徴・評判・料金を解説しました。

属人化させることなく常に客観的な視点が必要な評価というジャンルにおいて、柔軟性のある評価方法や管理の一元化は欠かせない項目ですが、それがスムーズに実現できていると言えます。

社員増加で人事評価業務が複雑化している、データが散乱しがちになっている企業におすすめです。

画像出典元:「HRMOSタレントマネジメント」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

人事評価システムの資料を一括ダウンロード

その他の人事評価システム

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】人事評価システム選びのお役立ち資料
人事評価システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ