WiMS

記事更新日: 2021/12/28

執筆: 編集部

編集部コメント

「WiMS」は、評価業務効率化と丁寧なサポートが魅力の人事評価サービス

「WiMS」は、きめ細やかなヒアリングで企業のニーズをしっかりと把握し、企業が抱えている課題に効率的な支援を行う人事評価サービスです。


評価運用プロセスの自動化で、人事担当者の負担を軽減することはもちろん、円滑な評価フローの実現も可能にしています。


給与システムとの連携もスムーズで、人事評価後のフィードバックや昇格、昇給通知も利用可能です。しかし、100名以上からの利用しかできないため、登録する社員数の少ない企業は利用できない点は残念といえます。

人事評価システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

人事評価システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする11サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

評価運用プロセスの自動化、評定値の自動計算など、人事担当者の手間を削減。また評価シートの紛失や流出も防げます。

悪い点

100名以下の企業は利用できず、また社員数が多い企業もコストが高くなりやすいです。

費用対効果:

一般的な人事評価サービスと比較して、平均的な料金感です。パック料金ではないため、人数に応じてコストがかかります。

UIと操作性:

勤怠システムや給与システムとの連携が容易かつ、最終評定値を自動計算してくれるため集計作業が不要になります。

サポート体制:

複数名の自社担当が設定できるため、いつでも相談可能。現在利用している人事評価サービスからの移行サポートもオプションも利用できます。

WiMSの導入メリット3つ

1.ペーパーレス化で作業効率アップ

「WiMS」は、多くの企業が課題としている人事評価プロセスの運用を自動化するために、評価シートの入力はすべてWeb画面で行っています。

紙やExcelの送受コストの削減だけでなく、人事評価の進捗はリアルタイムで一覧確認できるのでどこで評価が止まっているのか一目瞭然です。

評価シートの未提出者一覧、未評価者一覧がリスト表示できるため、評価担当者も進捗管理を手作業で行う必要がありません


クラウドで評価シートの一元管理が可能

また、評価シートから評定値の集計を自動化できるため、人事担当者の作業負担を大幅に削減できます。

今までExcelやシステムへ入力していた分を別の業務に時間を充てられるため、より円滑な人事評価業務が叶うでしょう。

2.自社にあった人事評価内容にカスタム可能

「WiMS」には、人事評価シートのテンプレートが搭載されていますが、より自社にあった評価シートへカスタマイズが可能です。

現在利用している評価シートをベースに、大手企業の人事評価運用で培われた経験を生かしたシートレイアウトが提供してもらえます。

自社に適した評価シートの活用は、社員の適正評価、ポテンシャル分析を行う上で欠かせません。


細かなシートレイアウトが可能に

多くの評価実績がある「WiMS」のテンプレートの活用は、適正な人事評価を行う上で大きなメリットに感じられるでしょう。

3.評価の偏りを防ぎ、従業員の経年推移をグラフ化

「WiMS」は、過去から現在までの評価値の推移グラフが確認できるため、今までの評価担当者の甘辛分析の平均も確認できます。

今まで蓄積してきたデータをグラフやチャートで確認できるため、評価の偏りの是正が可能です。

勤怠データと連携したハイパフォーマー分析も可能で、社員が何にどれだけ時間をかけたのか可視化ができます。


過去のデータも含めた推移をグラフ化
画像出典元:「WiMS」公式HP

業務内容と時間の可視化により、社員の能力だけでなく、業務の見直しが負荷分散の必要性など改善ポイントも把握できるようになるでしょう。

WiMSのデメリット

100名以上からの契約になるため、規模の小さい企業は契約できない

「WiMS」は100名以下の契約は受け付けていないため、社員数の少ない100名未満の企業は利用できません。

また、競合サービスにあるような月額料金固定パッケージプランもないため、登録ユーザーが多ければ多いほどコストが高くなります。

毎月の利用料金は一般的ですが安価なわけではないので、自社の評価制度と上手く運用できるか検討する必要があります。

WiMSの料金プラン

「WiMS」は、1ユーザーあたり年額3,600円と一般的な料金です。

サービスを利用するための初期設定費用は、企業ごとに異なるため問い合わせしてみてください。

また、「WiMS」は従業員100名以上から契約を受け付けており、登録人数に上限はありません。

サービス初期設定料 個別見積もりが必要
1ユーザーあたりの利用料(税別) 年額3,600円
登録ユーザー数 100名以上無制限

 

競合製品との料金比較

WiMSは、競合サービスと比較しても平均的なコストで運用できます。

初期費用は競合サービス同様に企業・導入規模によって異なるため、問い合わせが必要です。

また、無料トライアルは1ヶ月利用できるので、機能や操作性、自社のシステムと連携できるかしっかりと確認できるでしょう。

  WiMS SmartHR sai*reco
初期費用 別途見積もり 別途見積もり 40万円(税対応不明)
月額費用 300円(年額3,600円) 別途見積もり 100名以下は一律18,000円
※100名以上は一人当たり180円
無料トライアル あり(1ヶ月) あり(15日間) あり
従業員規模 100名以上の企業 10名程度の中小企業
から100名以上の大企業まで

10名程度の中小企業
から100名以上の大企業まで

 

WiMSの評判・口コミ

会社目標の達成と社員個々が望むキャリアプランの両立、エンゲージメント向上
昭和電工マテリアルズ株式会社

評価者層に参加してもらう社内研修でも、拠点総務を招く会議においても、今回のシステム導入効果について、高い評価を得ることができました。 短期間での導入だったために、使い勝手や操作性よりもスケジュールを優先した面がありましたが、複数部門が参加者となる調整会議用の資料作成作業がなくなるなど、Excel作業がかなり削減できたという声が届いています

適時評価の実現へ
東京建物リゾート株式会社

評価シートの提出状況が一目でわかり、現場の進捗管理ができるようになりましたし、評価結果の算出・集計も以前は手作業だったため1~2週間かかっていましたが、WiMS/SaaSが自動で集計してくれるため集計業務自体が不要になりました。また、他システムへの反映のためのデータ抽出も容易に行えますし、全体を通して、人事評価の業務効率が非常に向上しました。

*「WiMS」公式HP参照

WiMSを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

人事評価のプロセスを自動化したい企業

「WiMS」を導入すべき企業は、人事評価プロセスの課題である評価シートの配布・収集・集計などの管理業務の手間を削減したい企業です。

すべてを評価プロセスの運用をすべて自動化できるため、今まで紙やExcelで管理していた手間を効率化できます。

また、評価シートの分析も自動集計されるので、評価の偏りや法則性の可視化など、より適切な人事評価が叶います。

向いていない企業

従業員数100名以下の企業

「WiMS」は、最低100名から契約ができる人事評価サービスのため、100名以下の企業には向いていません。

また、「WiMS」にはパッケージプランがないため、コストをできる限り抑えたい場合も別のサービスを選定するほうがいいでしょう。

まとめ

「WiMS」は、人事評価に関わるプロセスを自動化し、業務効率化を叶える人事評価サービスです。

多くの大手企業で活用された人事評価シートを自社用にシートレイアウトしてもらえるため、より有益な評価運用が可能になります。

また、過去の評定値の偏りなどをグラフなどで可視化できるので、組織分析評価是正に役立つでしょう。

最終評定値を給与システムへの反映も可能なので、人事担当者の負担も軽減できるでしょう。

 

画像出典元:「WiMS」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

人事評価システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】人事評価システム選びのお役立ち資料
人事評価システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ