シナジーHR

記事更新日: 2022/01/19

執筆: 編集部

編集部コメント

「シナジーHR」は"人事業務の効率化と組織の生産性向上"を実現する人事クラウドサービス

「シナジーHR」は人事業務を効率化し、個人だけでなく組織全体の生産性向上を実現する人事クラウドサービスです。

社内のコミュニケーションを円滑化し、個々の活躍や行動を見える化することで、組織全体の課題を改善します。

マニュアル不要のシンプルな操作で、ITリテラシーが低い人でも使いやすいと評判です。

基本機能に必要な機能を追加し組み合わせて利用することができますが、内容によっては他ツールよりもコスト高となる点は注意が必要です。

人事評価システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

人事評価システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする10サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

「シナジーHR」は情報の一元化で人事業務を効率化し、組織全体の課題改善を実現。初期費用なしで導入することができ、無料トライアルもあるため気軽に利用できます。

悪い点

基本機能は最低限の機能のみとなっています。必要な機能をすべて追加した場合、他ツールより料金が高くなる可能性があります。

費用対効果:

登録人数と利用ツールに応じた料金体系。基本機能もツールの追加もユーザー数ごとの加算です。初期費用がかからず、無料トライアルもあり導入しやすいです。

UIと操作性:

直感的でわかりやすいUI。マニュアル不要で誰でも使いこなすことができます。パソコンはもちろん、スマートフォンだけでも可能です。

導入ハードル:

14日間の無料トライアルが用意されており、導入しやすいです。初期費用不要ですぐに利用開始することができます。

シナジーHRの導入メリット4つ

1. 評価情報の見える化で評価制度の運用を効率化

 

「シナジーHR」は、情報の見える化により人事情報の管理や評価制度の運用を効率化できるところが魅力です。

 

紙やエクセルで管理していた情報をクラウド上に一元化することで、評価制度の運用にかかる時間を大幅に軽減することができます。

 

評価制度をクラウド上で運用することで、評価情報の見える化とともに過去の評価やフィードバック内容を蓄積することができるのも嬉しいポイント!


全体の作業状況もひと目でわかるため、評価制度の運用作業を大幅に効率化することができます。

2. 使いやすさ抜群で汎用性が高い

抜群の使いやすさを誇るシステム設計も「シナジーHR」の魅力のひとつです。

シンプルな操作性で、誰でもマニュアル不要で使い始めることができます。

また、1人あたり月額700円から導入可能というリーズナブルな価格設定ですが、機能が充実しており高品質。

「シナジーHR」を導入すれば、高いコストパフォーマンスを発揮することが期待できます。


簡単操作で導入しやすい

3. 評価制度の効率化で育成重視のマネジメントを実現

「シナジーHR」は、評価制度の効率化により育成重視のマネジメントが実現可能です。

紙やエクセルでの評価・管理を大幅に効率化し、個々の評価状況を見える化。

評価業務にかかる作業工数を軽減し、創出された時間で人材育成に注力することができます

また、既存の評価制度をそのまま「シナジーHR」上で運用することもできるため、独自の評価制度をより効率化することも可能です。

評価シートイメージ


 

4.会社の評価制度を利用でき、導入後すぐの運用が可能

「シナジーHR」は自社で運用中の評価制度をそのまま利用できるところも魅力です。

評価シートの項目や運用フローなどは自由に設定可能。

会社の評価制度も仕組みもそのまま続けることができるため、クラウド上での評価制度の運用をすぐに開始することができます。

また、さまざまなテンプレートが用意されているため、初期設定や評価シート・ワークフローの作成など、導入時に発生する作業を省力化することも可能です。

配布・提出もボタン一つで運用可能
 


画像出典元:「シナジーHR」公式HP

シナジーHRのデメリット2つ

1.評価ツールの利用には基本機能の契約が必須

「シナジーHR」を利用するには、基本機能を契約する必要があります。

評価ツールのみの導入することはできないため、基本機能が不要な会社にとっては余分な機能も契約することになります。

しかし、基本機能は必要最低限の機能となっており、社内コミュニケーションを活性化させることもできるため、評価ツールとあわせて活用できれば一石二鳥です。

2.ユーザー登録や利用権限の付与に手間がかかる

「シナジーHR」ではユーザー登録や利用権限の付与を自由におこなうことができ、詳細な設定が可能です。

しかし、ユーザー数に応じて導入時の初期設定や登録作業が必要なため、従業員数の多い大規模企業では時間を要する場合があります。

なお、一括登録機能を利用することで、セットアップの手間は軽減できます。

シナジーHRの料金プラン

基本料金は1ユーザーごとに月額700円(税込770円)です。

1ユーザーから利用可能ですが、最低利用ユーザー数は10ユーザーからとなります。

評価ツールを利用するには基本機能の契約が必要です。

  基本機能+評価機能
1ユーザーあたりの月額費用(税込) ¥770~
契約期間 1か月~
その他 2週間無料トライアルあり

 

競合製品との料金比較

「シナジーHR」は1ユーザーごとに料金がかかる設定なので、コストの無駄なく利用できます。

導入時の初期費用や最低利用年数もなく、競合サービスと比べても低コストで利用できるでしょう。

なお、基本機能以外の追加機能は別途料金がかかるため、ユーザー数や契約内容によっては競合サービスを利用した場合より総額が高くなる可能性もあります。

  シナジーHR ヒトマワリ HiManager
初期費用 0円 0円 0円
月額費用 770円~
(1ユーザー)
10,000円~ 1,500円~
(1ユーザー)

 

シナジーHRの評判・口コミ

エクセルと紙の運用をクラウド化することで、制度運用にかける時間が削減
製造業

従来はエクセルと紙の運用で評価制度を運用していたため、評価シートの配布と取りまとめだけでも多くの時間がかかっていました。クラウド上での運用にしたことで、評価シートの配布や取りまとめ作業がなくなったことや、作業状況も瞬時に把握できるようになったことで、評価制度の運用にかかる作業時間が削減されました。

スマートフォンからでの評価入力でパソコンがないスタッフにも好評
サービス業

1人1台パソコンがあるデスクワークではないため、スマートフォンからの入力ができる点が便利でした。紙で印刷して持ち歩く必要もなく、必要な情報はスマートフォンで確認できるため、作業が効率的になりました。

*「シナジーHR」公式HP参照

シナジーHRを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

従業員数100名以上の会社

幅広い規模の会社で導入されてはいますが、やはり100名以上の規模の会社は「シナジーHR」の導入をおすすめします。

「シナジーHR」なら、全体の評価状況をひと目で把握することができるため、社内メンバーの状況を把握しきれない大規模な会社にはうってつけです。

評価シートの配布や提出などの手間を軽減でき、評価制度の運用作業を大幅に効率化することができます。

リモートワークなど多様な働き方を取り入れている会社

「シナジーHR」は場所や時間を選ばずに使える人事クラウドサービスです。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットにも対応しており、在宅勤務やリモートワークなど多様な勤務形態に対応可能

共有パソコンが1台のみというような会社・店舗などでも利用することができ、あらゆる会社で業務の効率化が期待できます。

向いていない企業

フルカスタマイズのサービスを希望する会社

「シナジーHR」は現時点ではカスタマイズには対応していません。

そのため、細かい設定をおこなう時間が取れず、導入から設定までを丸ごと任せたいと考えている会社には不向き。

導入から運用開始までの期間は従業員数により異なりますが、導入担当者や担当部署に業務負荷がかかることがあります。

まとめ

「シナジーHR」は、機能的にもセキュリティ的にも安心して利用できる人事クラウドサービスです。

社内のコミュニケーションの活性化や人事業務の効率化を重視する企業にふさわしいサービスだと言えます。

また、クラウドサービスのため導入作業の手間もかからず、すぐに使い始めることができます。

「シナジーHR」を導入すれば、人事業務の効率化により創出された時間で育成マネジメントを強化することができます。

画像出典元:「シナジーHR」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

人事評価システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】人事評価システム選びのお役立ち資料
人事評価システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ