HiManager

3.5

記事更新日: 2021/03/26

執筆: 編集部

「HiManager」は、社員のマネジメント・評価を支援するサービスです。

まず最初に、株式会社シューマツワーカー 代表取締役CEO 松村幸弥氏に、起業ログ編集部がきいたHiManagerの評価を紹介します。

株式会社シューマツワーカー 代表取締役CEO

松村幸弥

その後、 2016年に株式会社シューマツワーカーを設立し、副業したい人と企業をマッチングするプラットフォームサービス『シューマツワーカー』を立ち上げる。登録者は、26,000人に達し、スタートアップから上場企業、地方企業まで500社以上とのマッチングをする。

「組織を見える化」するサービス

HiManagerは、簡単にいうと「組織を見える化」するサービスです。ちょうど先月からこのツールを利用し始めましたが、便利なので満足して利用できています。
 
弊社は従業員が現在25人(取材当時)で、これから拡大していきたいフェーズにあるため、こういったツールを導入して組織を強固なものにすることが重要になってきます。
 
このツールを導入してからは組織を見える化できるようになり、どこのエンゲージメントが低いのかを把握できたりと、現場と自分の認識との乖離を知ることができました
 
人事評価だけでなく、目標管理もこのツールで行うことができる点も便利だと感じています。

シューマツワーカー代表 松村幸弥がオススメするITツール4選

「HiManager」は人事評価や目標管理などをリモート化でもスムーズに実施可能にします。

この記事ではそんなHiManagerの特徴・評判・料金・口コミを詳しく解説していきます。

良い口コミ・評判

客観的なデータで確認しながら同じ情報を共有して話せる

リモートワークの中でも、月々の仕事の進捗や目標の達成状況を、グラフなどの客観的なデータで確認しながら同じ情報を共有して話せたので、スムーズに人事評価に関する話を進められる。その為、短時間でも1対1で現状と今後について深く話し合える。

悪い口コミ・評判

最新のフィードバックが届くまでに時間がかかる

人事評価が本格的に行われる時期でなくても気になったことがあればフィードバックを送信できるようになっているが、毎週など高い頻度で送信されて来るとなかなか最新のフィードバックが表示されず、翌日になってやっと届くということがあり、仕事に関するアドバイスを活かしきれないことがあったので不便だった。

編集部コメント

HiManagerは無料デモが利用できる人事評価システムです。月次や週次のサーベイはテンプレートが用意されているため、気軽にしかし的確に社員の状況を把握できます。もちろんリモートワーク従事者の状況把握も可能です。会社を成長させたい、チームをより良いものにしたい管理者にはおすすめのツールといえるでしょう。

人事評価システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

人事評価システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする12サービスの資料をダウンロードできます。

1. リアルタイム評価

称賛やフィードバックにより、リアルタイムで評価可能

2. リモートワークサーベイ

リモートワーク従事者に特化したテンプレートによるサーベイ

3. エンゲージメントサーベイ

テンプレートによるサーベイとさまざまな視点からの分析

良い点

会社やチーム、個人の目標設定を全員で把握し、お互いに評価し合うことで成長できます。個人の状況も把握可能で、リモートワークの社員にも利用できます。

悪い点

称賛やフィードバックは、少人数で行うには適していますが、規模が大きい場合は利用しにくいかもしれません。

費用対効果:

UIと操作性:

画面は直感的表示で使いやすいです。エンゲージメントサーベイでは豊富なテンプレートが利用できます。

サポート体制:

導入や運用についてのコンサルティングをはじめ、エンゲージメント向上や人事評価制度設計に関するコンサルティングもあります。

社外連携:

SlackやChatworkなどのコミュニケーションサービスと連携しています。

HiManagerの特徴3つ

1. リモートワークサーベイ

HiManagerの特徴の一つ目はリモートワークサーベイの提供です。

現在増えつつあるリモートワークにおける社員の状況をリアルタイムで把握します。

コロナ禍で増えつつある在宅ワークでは、社員の状況を把握することが難しく、また、評価に関する情報収集も困難になっています。

HiManagerではそのような社員に対し、簡単な質問を送付し、そこから状況を把握します。

月次のアセスメントサーベイでは、テンプレートとして質問事項が10問用意されており、その返信を多角的な視点から分析し表示します。

一方週次でパルスサーベイを行うことで、社員の調子を把握します。こちらは回答率を上げるために質問数を抑えたシンプルなものになっています。

質問内容はリモートワークに特化しており、企業に合わせたオリジナルの質問を3つまで追加できるようになっています。


リモートワークに特化したサーベイで状況把握

2. 徹底した見える化で社員を評価

次に紹介するHiManagerの特徴は、見える化です。

会社、チーム、個人の目標をツリー上に表示しすることで透明性を高め、社内全体で目標を把握し、進捗を確認しお互いを評価できる仕組みになっています。

評価は上司から部下に対してだけでなく、称賛機能を利用して社員同士でも行うことができます。日常業務中での行動や成果、貢献をお互いが褒め合う機能です。

これはHiManagerの中だけでなく、連携しているSlackやChatworkも利用できるため、気づいたときに気軽に行うことが可能です。

フィードバックされた内容は蓄積して見直すことも可能なうえ、評価や1on1でも確認できます。

管理者はこれらを利用して評価を行います。

直前に用意されたアジェンダのみでなく、全ての行動の結果をきちんと把握した上での評価になるため、評価される社員も納得して受け止め、今後の成長に繋げていくことが期待できます。

HiManagerの徹底した視覚化は、管理者の状況把握を簡単にするだけでなく、社員の成長にも大いに役立つ機能といえます。


メンバーからの評価も受けられます

3. エンゲージメントを高める

HiManagerの特徴3つ目は社員のエンゲージメントを可視化することです。それを可能にしているのが、簡単に行えるエンゲージメントサーベイです。

HiManagerでは、NPSと組織運営やマネジメントに関する8つの要素から多角的に情報を集めます。それらを分析し、可視化することで会社が取り組むことを明らかにします。

利用する企業状況に合わせてカスタマイズも可能なので、特有の課題を明らかにすることもできます。

返信された回答はわかりやすく表示されるため分析も簡単です。また、役職、雇用形態、職種など分析軸も豊富で、しかもワンクリックで変更して表示できます。

社員と会社の繋がりをさまざまな視点から洗い出し、可視化することで、今後の取り組みのヒントが得られます。


エンゲージメントを可視化

HiManagerの料金プラン

初期費用は不要です。

ツール利用料は1人あたり月額1,000円前後ですが、詳細についてはお問い合わせをする必要があります。

無料デモが用意されています。

HiManagerの評判・口コミ

IT

251〜500人

短時間で正確な評価が出来るようになった

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

初期費用は無料でした。月額費用は3万5000円でした。料金プランは企業の状況に関わらず一律のプランでした。 

利用期間 

2020年5月~2020年12月 

導入に至った決め手を教えてください。 

社員1人1人に対して細やかな人事評価を行うことができるような機能が整っていたところです。 

リモートワークが始まり、OJTトレーナーとなって立場の社員たちからトレーニーである新入社員たちと直接話す機会が少なく、人事評価をどう行えばいいか分からないという声が出て来るようになりました。 

そんな中で、新入社員たちを中心に社員たち1人1人が目標を共有してその達成度合いを確認するなどして人事評価を行いやすくすることができるところが決め手となり、導入することになりました。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

1対1で短時間でも現状と今後について深く話し合えるようになっていた点です。 

リモートワークの中でも、月々の仕事の進み具合や目標の達成状況などを、グラフなどの客観的なデータで確認しながら同じ情報を共有して話せたので、スムーズに人事評価に関する話を進められてありがたかったです。 

不便だと感じた点を教えてください。 

ツールを使用していて不便だと感じたことは、最新のフィードバックが届くまでに時間がかかったことです。 

人事評価が本格的に行われる時期でなくても、気になったことがあればフィードバックを送信できるようになっていたのですが、毎週など高い頻度で送ったり送られて来たりすると、なかなか最新のフィードバックが表示されず、翌日になってやっと届くということがあって、仕事に関するアドバイスを活かしきれないことがあったので、不便さを感じました。 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

Slackと連携して、人事評価に関する連絡が来ているかを簡単に確認できたので、連携しやすかったです。 

他の会社にもおすすめしますか? 

リモートワークが中心の状況であっても、個人個人が成長できているかどうかや部署や会社への貢献度を短時間で正確に評価できるようになるので、働き方が変化している中でも部署や社内全体で仕事へのモチベーションを向上させられるような人事評価を行いたいと考えている会社におすすめです。

金融

51〜100人

仕事の見える化をして評価出来る

利用期間 

2018年から 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

目標や仕事内容が見える化できることが便利です。どの部署の誰がどんな活躍をしているかをシステム上でしっかり確認できるので社員同士のモチベーションアップに役立てることができました。 

不便だと感じた点を教えてください。 

称賛やフィードバックをしやすいのは良いのですが、それを具体的にコメントやイイね機能などで「個人個人に評価が直接伝わる機能」をもっと充実させてほしいというように感じました。その点以外に関してはとても満足しながら使えています。 

他の会社にもおすすめしますか? 

社員同士のモチベーションを上げたり、仕事の見える化をしてそれぞれを評価していけるようになリます。業界や職種問わず「社員を育成するという意味も込めた評価ツールがほしい」という場合にオススメできます。

マスコミ

51〜100人

リモートワークに便利だが反映が遅い

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

月額費用はだいたい2万と聞いてます 

利用期間 

2020年5月から2021年10月現在も使用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

コロナでリモートワークが増えましたが、それでも正しい人事をしていくためです。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

リモートワークが一般的になった今でも、個人個人の仕事の進捗状況をグラフなどで確認できるようになりました。顔が直接見えない状況でも、同じ情報を共有しながら正しい人事評価をしていけるのがありがたいです。 

不便だと感じた点を教えてください。 

システム上に反映させたアドバイスなどのデータが、入力した翌日以降になってやっと反映されるなど、時間差が生じてしまうことが結構気になりました。リアルタイムで反映されるからこそできる話し合いや評価も大事なので、反映のタイミングが遅いのは不満です。

IT

2〜10人

まずは無料トライアルからお勧め

利用期間 

2020年4月〜2021年10月現在も利用中 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

通販売上の個人目標・チーム目標を、社内の他の部署も含めて全体で共有できます。リモートワークの導入を進めつつ、進捗状況なども詳細に確認ができ、評価基準に公平性が保てるのがメリットだと感じました。
 

不便だと感じた点を教えてください。 

フィードバック機能を活用する際に、たまに時間がかかってしまうことがあります。システム上の問題だったようですが、サポートに問い合わせたところ自動音声対応となり、担当者に繋がるまでに時間がかかりました。緊急時の連絡対応先などがあると助かります。 

他の会社にもおすすめしますか? 

無料トライアルもあるので、導入へのハードルは比較的低いと思います。中小企業など従業員が少ない会社向けのツールなので、まずはトライアルから始めてみると良いかと思います。

まとめ

この記事ではHiManagerの特徴・評判・料金を解説しました。

組織内での成果を全員で把握し成長に繋げたいと考えている管理者におすすめのツールです。

それは徹底した見える化で全体の進捗を把握していく工夫がされているのが、HiManagerの大きな特徴だからです。

上司と部下の間だけで行われるのではなく、社員同士でも気軽に称賛を遅れるようにするために、SlackやChatworkとの連携機能も搭載されています。

それらの評価を蓄積し1on1に活用するため、社員の成長を促す動機づけになります。

全員が目標を共有するため、小規模での活用が有効です。

これから会社を成長させたい、チーム内での目標達成を実現したいと考える管理者におすすめのツールです。

画像出典元:「HiManager」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

人事評価システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】人事評価システム選びのお役立ち資料
人事評価システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ