HiManager

記事更新日: 2020/11/16

執筆: 編集部

編集部コメント

HiManagerは無料デモが利用できる人事評価システムです。月次や週次のサーベイはテンプレートが用意されているため、気軽にしかし的確に社員の状況を把握できます。もちろんリモートワーク従事者の状況把握も可能です。会社を成長させたい、チームをより良いものにしたい管理者にはおすすめのツールといえるでしょう。

人事評価システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

人事評価システムツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

1. リアルタイム評価

称賛やフィードバックにより、リアルタイムで評価可能

2. リモートワークサーベイ

リモートワーク従事者に特化したテンプレートによるサーベイ

3. エンゲージメントサーベイ

テンプレートによるサーベイとさまざまな視点からの分析

良い点

会社やチーム、個人の目標設定を全員で把握し、お互いに評価し合うことで成長できます。個人の状況も把握可能で、リモートワークの社員にも利用できます。

悪い点

称賛やフィードバックは、少人数で行うには適していますが、規模が大きい場合は利用しにくいかもしれません。

費用対効果:

UIと操作性:

画面は直感的表示で使いやすいです。エンゲージメントサーベイでは豊富なテンプレートが利用できます。

サポート体制:

導入や運用についてのコンサルティングをはじめ、エンゲージメント向上や人事評価制度設計に関するコンサルティングもあります。

社外連携:

SlackやChatworkなどのコミュニケーションサービスと連携しています。

HiManagerの特徴3つ

1. リモートワークサーベイ

HiManagerの特徴の一つ目はリモートワークサーベイの提供です。

現在増えつつあるリモートワークにおける社員の状況をリアルタイムで把握します。

コロナ禍で増えつつある在宅ワークでは、社員の状況を把握することが難しく、また、評価に関する情報収集も困難になっています。

HiManagerではそのような社員に対し、簡単な質問を送付し、そこから状況を把握します。

月次のアセスメントサーベイでは、テンプレートとして質問事項が10問用意されており、その返信を多角的な視点から分析し表示します。

一方週次でパルスサーベイを行うことで、社員の調子を把握します。こちらは回答率を上げるために質問数を抑えたシンプルなものになっています。

質問内容はリモートワークに特化しており、企業に合わせたオリジナルの質問を3つまで追加できるようになっています。


リモートワークに特化したサーベイで状況把握

2. 徹底した見える化で社員を評価

次に紹介するHiManagerの特徴は、見える化です。

会社、チーム、個人の目標をツリー上に表示しすることで透明性を高め、社内全体で目標を把握し、進捗を確認しお互いを評価できる仕組みになっています。

評価は上司から部下に対してだけでなく、称賛機能を利用して社員同士でも行うことができます。日常業務中での行動や成果、貢献をお互いが褒め合う機能です。

これはHiManagerの中だけでなく、連携しているSlackやChatworkも利用できるため、気づいたときに気軽に行うことが可能です。

フィードバックされた内容は蓄積して見直すことも可能なうえ、評価や1on1でも確認できます。

管理者はこれらを利用して評価を行います。

直前に用意されたアジェンダのみでなく、全ての行動の結果をきちんと把握した上での評価になるため、評価される社員も納得して受け止め、今後の成長に繋げていくことが期待できます。

HiManagerの徹底した視覚化は、管理者の状況把握を簡単にするだけでなく、社員の成長にも大いに役立つ機能といえます。


メンバーからの評価も受けられます

3. エンゲージメントを高める

HiManagerの特徴3つ目は社員のエンゲージメントを可視化することです。それを可能にしているのが、簡単に行えるエンゲージメントサーベイです。

HiManagerでは、NPSと組織運営やマネジメントに関する8つの要素から多角的に情報を集めます。それらを分析し、可視化することで会社が取り組むことを明らかにします。

利用する企業状況に合わせてカスタマイズも可能なので、特有の課題を明らかにすることもできます。

返信された回答はわかりやすく表示されるため分析も簡単です。また、役職、雇用形態、職種など分析軸も豊富で、しかもワンクリックで変更して表示できます。

社員と会社の繋がりをさまざまな視点から洗い出し、可視化することで、今後の取り組みのヒントが得られます。


エンゲージメントを可視化

HiManagerの料金プラン

初期費用は不要です。

ツール利用料は1人あたり月額1,000円前後ですが、詳細についてはお問い合わせをする必要があります。

無料デモが用意されています。

HiManagerの評判・口コミ

サーベイの活用で新たな気づきが得られました
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社

エンゲージメントの可視化やメンバーのキャリア志向の把握のために導入しました。導入の決め手は月次のエンゲージメントサーベイや週次のパルスサーベイが活用できることと、それに対する改善策機能が一つのツールで手軽に行えることでした。導入したことで新たな気づきがえられ、組織の状況の把握ができました。

継続的な1on1の実施に成功
株式会社atta

1on1を仕組み化して定着させたいと思い導入しました。Slackに連携しているのも決め手の一つです。導入後のワークショップで、メンバーの理解が得られ、意識が高まりました。実施率が数値化されるため、継続できているかもわかり、また、称賛機能があるので、前向きなコミュニケーションが生まれる雰囲気ができます。

*「HiManager」公式HP参照

まとめ

この記事ではHiManagerの特徴・評判・料金を解説しました。

組織内での成果を全員で把握し成長に繋げたいと考えている管理者におすすめのツールです。

それは徹底した見える化で全体の進捗を把握していく工夫がされているのが、HiManagerの大きな特徴だからです。

上司と部下の間だけで行われるのではなく、社員同士でも気軽に称賛を遅れるようにするために、SlackやChatworkとの連携機能も搭載されています。

それらの評価を蓄積し1on1に活用するため、社員の成長を促す動機づけになります。

全員が目標を共有するため、小規模での活用が有効です。

これから会社を成長させたい、チーム内での目標達成を実現したいと考える管理者におすすめのツールです。

画像出典元:「HiManager」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

人事評価システムの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の【人事評価システム】のツール

起業ログが厳選する人事評価システム
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
HRBrain
sai*reco
あしたのクラウド™️
識学
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ