QuickQA

記事更新日: 2021/10/31

執筆: 編集部

編集部コメント

「QuickQA」は、株式会社エーアイスクエアにより開発された純国産のAI自動応答システムです。最先端の自然言語解析技術と機械学習を搭載し、日本語特有の表記ゆれにも強く、高い精度での自動回答が可能。特に、問い合わせ対応に強いAIチャットボットです。
初期費用に100万円、導入支援費用に30万円は、確かに高く感じますがAI型のチャットボットとしては標準範囲内です。
年間1,000時間の問い合わせ対応時間削減に成功したなど、確固たる実績も出しています。費用はかかっても、確実にAIチャットボットを導入し、確実に成果を出したい企業におすすめです。

AIチャットボットを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

AIチャットボットツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする8サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

少ない学習データでも適切に言葉のゆれに対応し、正確な回答を返します。また、専門知識のない従業員でも管理画面から簡単に機械学習を行える使いやすいUIです。

悪い点

初期導入に100万円、導入支援費用と月額料金がそれぞれ30万円からの「QuickQA」は、他のサービスと比較すると高額です。

費用対効果:

他社サービスと比較すると高額なサービスですが、アノテーション専門の部門からサポートを受けられ、年間約1,000時間の問合せ対応時間の削減に成功するなど、確実に成果を出せるサービスです。

UIと操作性:

本来なら特殊な技術を持つエンジニアにしか操作できないような機械学習も、管理画面から簡易に行うことが可能です。

社外連携:

SNSやビジネスチャットツール、また、音声認識エンジンとの組み合わせでオペレーション支援システムやスマートスピーカーとの連携が可能です。

サポート体制:

アノテーションセンターでの学習データ作成の代行も可能。AIチャットボットの導入から定着化まで一貫した支援が受けられ安心です。

QuickQAの特徴4つ

1.問い合わせ対応に強いAIチャットボット

「QuickQA」は最先端の自然言語処理技術を搭載。

少ない学習データでも言葉のゆらぎを吸収し、様々な言い回しで投げかけられる質問に対して、適切な答えを返すことができるAI自動応答システムです。

サービス運営元である株式会社エーアイスクエアにより開発された純国産システムであることも大きな強み。

日本語を得意とし、日本語特有の言葉や表記のゆれにも対応でき、精度の高い回答が可能です。

このような特徴から「QuickQA」は特に、問い合わせ対応に強いAIチャットボットだと言えるでしょう。

問い合わせ対応の工数削減、業務の効率化、顧客満足度の向上などを精度の高い自動回答により実現します。

次の章では問い合わせの中でも、特に「QuickQA」が得意とする人事総務に特化したAIチャットボットについてご紹介します!


様々な問い合わせにAIチャットボットが自動回答

2.HRアワード2021入賞!人事総務特化型の「QuickQA人事総務」

社内問い合わせ業務の多数を占める人事総務関連の質問に自動対応できるAIチャットボットです。

よくある問い合わせをまとめた7,500のQ&Aテンプレートがすでに用意されているので、すぐにでも導入可能!

Q&Aを一から準備する必要がなく、手軽に導入できる点が魅力です。


テンプレート例

AIチャットボットが自動対応するので、人事総務担当者が席を離れていても大丈夫!

担当者はできる限りの問い合わせ対応をAIチャットボットに任せ、本来のコア業務に集中することができるようになります。

特に問い合わせが増える年末調整や人事異動の時期には、絶大な効果が期待できます!


「QuickQA人事総務」の導入効果

肝心の回答精度は90%以上。

すでに大手企業50社で導入されていて、日本の人事部「HRアワード2021」への入賞も果たしました。

確かな実績で安心です。

3.簡単に扱える充実の管理機能

「QuickQA」の管理ツールは直感的な操作が可能。

専門知識を持つエンジニアしか取り扱えなかったような機械学習を、特別の知識のない従業員でも簡単に操り行えます。

たとえば、QAデータ、コーパス、同義語などの学習データを管理画面から簡単にメンテナンスできたり、同じく管理画面から、検索クエリやシナリオ操作などのログを把握し、追加学習を行えたり…。

簡易に行え、かつ充実した管理機能により導入・運用の負荷を最小化することが可能です。


簡単に操作できる分かりやすいインターフェース

4.万全の導入・運用支援

「QuickQA」をサービス提供するエーアイスクエア社には、万全の導入・運用を支援するためのアノテーションセンターが設けられています。

AIを効果的に活用するためには、質の良い学習データ整備とメンテナンスが必須。

アノテーションセンターは学習データ作成の代行も請け負い、AIチャットボットの導入から定着化までを一貫してサポートします。


「QuickQA」の導入スケジュール。しっかりと支えてもらえる。

QuickQAの料金プラン

QuickQAの初期費用は100万円かかります。

月額費用も30万円〜と、比較的高い料金設定だと言えます。

初期費用 月額使用料 導入支援費用
100万円 30万円〜 30万円〜

 

QuickQAの評判・口コミ

人事・給与、総務関連の問合せに「QuickQA人事総務」を採用
サントリーホールディングス

辞書型の他社チャットボットを導入しましたが、同義語登録等のメンテナンスに工数がかかり、また様々な言い回しやキーワードの検索に対して正しい回答が返せていなかったため、QuickQA人事総務にリプレース。年間約1,000時間の問合せ対応時間の削減に成功し、コア業務へ集中する事が可能になりました。正答率の向上によって利便性を高めた事によりチャットボット利用者数も増加しています。

「QuickQA人事総務」で、年末調整・労災・健保関連の問合せ対応時間を削減
社会保険労務士法人 大槻経営労務管理事務

クライアント企業からの年末調整・労災・健保関連の問合せに対し、「QuickQA人事総務」で対応。自動化による対応時間の削減・センター運営コストの削減に成功しました。また、導入にあたっての企業負荷軽減と早期の立ち上げを実現しました。

*「QuickQA」公式HP参照

まとめ

「QuickQA」は最先端の自然言語解析技術と機械学習を搭載した、日本語特有のゆれに強い純国産のAI自動応答システム

どのような話し言葉にも、高精度の回答を返すことができるので、問い合わせ対応に強いAIチャットボットであると言えます。

類似の他社サービスと比較すると高めの料金価格帯に属しますが、機能・扱いやすさ・サポート体制・実績は確実です。

多少費用がかかっても、確実にAIチャットボットの成果を出したい企業におすすめです。

画像出典元:「QuickQA」公式HP、「写真AC」

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

AIチャットボットの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

AIチャットボット
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ