SAINモニタリング

記事更新日: 2023/06/30

執筆: 井上歩

編集部コメント

長年のインサイドセールス活動から開発された独自のAI業務支援サービス

SAINは独自開発のAI分析により、スコアリングによるターゲットを絞ったアプローチや、会話録音から顧客の要点/会話改善の可視化など、インサイドセールの成果向上/運用効率化が可能となるサービスです。

今回ご紹介する機能の一つ「モニタリング」は、顧客とのコール内容の指導と改善を、「ロールプレイング」「コールログモニタリング」「コールログ共有」「フィードバック」を通してPDCAサイクルで業務をサポートします。

主に、会話音声データをテキスト化し、営業スキルの土台となる顧客とのコミュニケーション、会話状況の把握、適切な指導を促す機能を提供しています。

自然言語処理AIにより会話内容を自動で分類する機能を提供するなど、多様な検索機能を具備することで、コミュニケーション課題の根本原因や改善点、重要ポイント、顧客反応などの”気づき”の発見を支援します。

指導すべき会話・お手本が見つからず会話の指導改善に一苦労している、顧客の本音や意見を踏まえて会話をしたいなどといった悩みを持つ企業におすすめのサービスです。

類似サービスと比較したい方はこちら

まとめて請求する

インサイドセールスツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする12サービスの資料をダウンロードできます。

この製品について詳しく見たい方はこちら

製品を請求リストに追加する
良い点

インサイドセールス業界において長期に渡り活動し、実績や知見が豊富。あらゆる大手IT企業との取引実績があり、信頼性の高いサービスです。

悪い点

独自開発のAI機能なため、導入費用や概念実証費用が高額となります。費用対効果は高いですが、予算に見合った活用ができるか確認する必要があります。

費用対効果:

料金詳細は問い合わせをする必要があります。

UIと操作性:

運用前に概念実証(PoC)を行い、応用可否の検証があります。フィードバック検証を繰り返すことで、実装後の精度が上がり成果が出やすくなるでしょう。

サポート体制:

SAINの操作や設定方法に関する問い合わせはE-Mail対応です。連絡確認後、返信は通常3営業日内となります。

SAINモニタリングの導入メリット4つ

1. 様々なコールのコンディションを、視覚的に分かりやすい形で見える化

SAINモニタリングではWebアプリケーション内でテキスト化されたデータが保存され、様々なダッシュボードによる情報の可視化を行うことができます。

データの可視化により、傾向やパターンの把握、品質の判断や意思決定のサポートが可能です。 


ダッシュボード

2. 豊富な検索機能で、見つけたいコールや発話を逸早く抽出

保存されたデータは使いやすいインターフェースを通じてアクセスでき、必要な情報を素早く見つけることができます。

多くの検索条件により、対象コールを容易に見つけ出します

Salesforce連携項目も表示可能(連携時)

3. 会話内容をテキスト表示、スピーディーな内容把握を実現

録音された会話音声をAIの音声認識技術を活用してテキスト化します。

音声をテキストデータに変換することで、テキスト検索や出現ワードの可視化はもちろん、具体的な会話内容を容易に確認できるようになり、音声確認の時間削減や実態把握の生産性アップが狙えます。


ヒアリング工数の削減に繋がる

4. AIによる自動カテゴリ分類

テキスト化されたデータは自然言語処理機能を使用して自動的にカテゴリ分類(タグ付け)されます。

AIがテキストデータを解析、カテゴリを特定します。これにより、重要な発言の箇所をピンポイントで抽出するなど、検索の効率化が図られます。 

また、インサイドセールス活動の実態把握のための高度検索により、重要な顧客の声をいち早く検索でき、切り返しトークや会話の改善検討を支援することができます。カテゴリ別に手本フレーズ、過去顧客の声などのナレッジ登録することも可能です。

汎用的カテゴリ分類

  • 共通:予算、決裁権、ニーズ、商流、顧客現状
  • インサイドセールス(営業):提案説明
  • 顧客:深堀ポイント、断り文句、予算なし

重要な発話をAIで教示

 

資料請求リストに追加する

SAINモニタリングのデメリット2つ

1. AI導入のため初期費用が高額

SAINの料金プランは非公開ですが、リリース情報などから判断するとライセンス費用なども含め高額な料金体系です。

自社予算に見合った活用ができるか、一度問い合わせで確認するとよいでしょう。

2. 導入から運用開始まで一定の期間がかかる

SAINは運用前に概念実証(PoC:Proof of Concept)があり、導入までの時間は確保しておく必要があります。

本格的な運用が開始されるのは、早くてもPoCで半年期間は見積もっておいた方が良いでしょう。

SAINモニタリングの料金プラン

SAINの公式サイトには料金プランの掲載はありません。

一般的なインサイドセールスサービスでは、ユーザー件数ごとやアポイント数で料金設定が組まれていることが多いですが、

SAINは業界初のAIによる業務支援なので、他サービスとは異なる料金設定の可能性があります。

検討前に一度問い合わせをしてみましょう。

競合サービスとの料金比較

他サービスでも、一部の業務にAIを使用した機能を提供しています。

SAINの業務支援AIの機能とは異なるので、自社のニーズに合わせて選択しましょう。

  SAIN GeAIne UKABU
費用 要問合せ 月額4万円~ 月額2万円~
特徴 AIによる
・ターゲティング
・モニタリング
・コールナビ
・受注確度の高いリストを自動抽出
・設定した文章パターンから効果が高いものを自動選出
・問合わせフォーム等を発見した企業に自動でメールを送信
・AIによる顧客情報の収集
・最適なスクリプトを作成

 

資料請求リストに追加する 

SAINモニタリングの評判・口コミ

SAINモニタリングの導入効果、利用ユーザの声は、公式資料で紹介されています。

  • 手本コールや言い回しの参考として、テキスト化による確認の大幅な時間短縮に繋がってます!
  • 施策やISR毎の特徴もタイムリーに把握でき、成功事例等のチーム共有の場も増加して即反映できています!
  • 商材ごとの顧客の真の声(意見や反応)を抽出できるようになりカウンター対策を早く打てるようになりました!
  • 話者比率の見える化により、いかに一方的に話をしていたのか省みる良い機会になりました!
  • テレワーク運用時にも活動状況が可視化され、会話内容はもちろん、ダッシュボードでコール状況や User’sワード出現が見えることでコンディションも分かるので大活躍しています!

*「SAIN」公式資料参照

まとめ

営業リソースの減少や働き方改革により、非対面活動を中心としたインサイドセールスのニーズが増えています。

インサイドセールスは“人”を相手にする仕事ですが、人に何かを伝えることは一朝一夕では難しく、より顧客の反応や意図を理解した提案が必要となり、高度なセールススキルが求められます。

また、他社との差別化において、顧客の生の声を拾いつつ提案や訴求に反映することも欠かせないポイントとなってきています。

そのためには日々のコール活動を可視化し、レビューなどの指導改善や戦略の見直し等が重要となりますが、時間的制約、指導の属人化等、運用には多くの課題があります

その課題を解決するためのツールが、SAINモニタリングです。

資料請求リストに追加する 

画像出典元:「SAIN」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

インサイドセールスツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

インサイドセールスツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ